足・太陽・膀胱経筋のルート

 

・小指先から始まり外側のくるぶしを越えて上昇、膝の外側に結ぶ。

・一方の枝は外側のくるぶしの下で分離してかかとで結び、それからアキレス腱に沿って膝窩の外側を上る。

・別の枝がふくらはぎの中でこの枝から分離する(腓腹筋の2つの頭部)そして膝窩の内側を上る。

・2つの枝は臀部で合流し、上昇して結ぶ

・そこから経路は背骨の外側に沿って首のうなじまで上がり、そこで枝分かれし貫通して舌の根元で結ぶ

・主な上行する枝は上向きに続いて後頭骨で結び、そして頭頂部を越えて鼻の上で結び、それから目を取り囲み頬骨で結ぶ

・背中で分かれた分枝が後ろの腋のシワの内側を通って上昇し、肩ぐう穴(LI15)で結ぶ

・もう一方の枝は脇の下を横切り、胸を上昇し鎖骨の上のくぼみ(鎖骨上窩)に出てきて、そこから上昇し耳の後ろ完骨GB12の辺りで結び、そして最後に別の枝が鎖骨上窩から出た後、鼻の側の頬骨に上昇する。

 

 

膀胱経筋の症状
・足の小指の緊張
・かかとの痛みや腫れ
・膝窩部の筋緊張
・体が反り返る(ex反弓緊張)
・首の盆の窪周辺の緊張やケイレン
・肩が上げられない
・腋の下の緊張
・鎖骨の上のくぼみの痛みや緊張で首を回せない

 

 

治療法

焼き針をすぐに抜く。

回数は知覚するまで。

痛みがあると治る。

その名前は仲春痺という。

 

 

 

 

便宜上番号を振りました。

ブログにはこの順番に書いていきます。

古典で書かれている順番は違います。