ヴーヴクリコ ホワイトラベル・ドゥミセック | 目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記

目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記

旨いもの大好き! そして、旨い酒大好き! 自宅で呑むのもいいけれど、知らない酒に出会う為に飲み歩いている今日この頃! お店で呑んだ、これは!という酒を、ジャンル問わずに公開していきまっせぇ。

先日、良く行くBARのマスターと、キックボクシングの試合を見に行ってきました。

ひょんなことから、チケットが手に入ったらしく、誘ってもらって行きました。

試合の詳細をここで書くと、それだけで二日分くらいのブログ量になるので、今回は省きますが、久しぶりに血が湧いた、有意義な時間でした。


その試合で、マスターと、「全7試合中の赤・青の勝敗予想で賭けないか?」と誘われました。

ふっ、元ボクサーの俺にそんな挑戦をしてきますか?

リングから降りてもう10年は経っていますが、目利きはまだまだ衰えてないですよん。

ちゅうことで、賭けの詳細を書いても三日分のブログになるので、細かいことは省いたとして、結局俺が勝利しました。


さて、その賭けの商品とは、

「甘口で、美味しいシャンパンを探して欲しい」という指令。

試合後二週間ほどで、マスター見つけてくれました。

サンキュー!


それがこいつ!

ヴーヴクリコ ホワイトラベル・ドゥミセック

ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ドゥミセック


えっ?! ヴーヴ・クリコ でホワイトラベルなんかあるの?

黄色しか見た事ないわいさ。

マスター曰く、スパークリングワインで

ブリュット=辛口

ドゥミセック=甘口

だそうです。


で、このホワイトラベルは、ヴーヴクリコ社が昔から造りつづけている甘口のシャンパン。

スパークリングワインで下手に甘いシャンパンを買うと、飲み口はいいけど、後味にあまったるーいのが残ってしまう事があるんですが、こいつはさすがに違います。


まず繊細なフルーツの甘みが口の中全体を襲います。

ものすごく口当たりが柔らかくて、呑みやすい。

その後、炭酸がその甘みをサッと洗い流されて、後味はほんとにさっぱりです。

最後には、フルーツの香りが残って、シアワセーな感じでした。

デザートから食後酒としても最適でしょう。


いやー、ただ酒でこんなにいい酒のましてもらって、マスターありがとう!

それにしても、甘口のシャンパン・・・はまるかもしれん。

この間、ネットで、「モエ・エ・シャンドン・ネクター・アンペリアル」という文字を見た!

どうも、ドゥミセックのモエ・シャンらしい。

入手せねば!