アルファフットボールアカデミージャパン公式ブログ_ALPHA FOOTBALL ACADEMY JAPAN_東京都豊島区池袋・新宿区神楽坂・杉並区阿佐ヶ谷

アルファフットボールアカデミージャパン公式ブログ_ALPHA FOOTBALL ACADEMY JAPAN_東京都豊島区池袋・新宿区神楽坂・杉並区阿佐ヶ谷

「ALPHA 3on3 FOOTBALL」メソッドを構築し、U-12ジュニア年代からフィニッシュのスタンダードを追求する。スクール活動を通じ、東京都サッカー少年の競技レベル向上をサポートします。アルファFAの活動風景を、より身近に感じていただけるよう配信していきます。

Alpha FA 神楽坂校に2022年の初テーマは「クローズコントロール」です。コーチ自身にとって、ジュニアサッカーに対してとても大事な課題です。狭いところでも、混んでいるところでもボール取られないために使う技術です。

 

子供が難しい環境にボール受けたら、慌てて早すぎてドリブル・パス・シュートしたい傾向があります。もちろん、プレースピード高める意志は良いですが、状況に寄る「スピード」ではなく、「コントロールの正確さ」に優先しなきゃといけない。その時にクローズコントロールを実施するべき。

 

このテーマに対して練習は2度目ですから前回と比べたら、個人的な成長 (技術、意識) が良く見られる。結局、ハードワークの結果が絶対に出ますとのことを覚えながら毎回全力でご参加下さい。

 

※ このレポートは「ドリブル & フェイント」と 1vs1 に関して記事となります。数的優位・不利ゲームとスモールサイドゲームに関して、今後に配信するレポートをご覧ください。

 

1週間目 & 2週間目の練習ハイライト:

障害物を避ける

 

 

コーチングポイント:

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

・両足の全て面 (インサイド、アウトサイド、足裏、インステップ) を使う。

・突破コースを見つける。

・周り見る+リアクション (相手とぶつけないようにコースの修正)。

 

スラロームドリブル

 

コーチングポイント:

・両足を使う。

・リズム感。

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

・角度 (コーンに対して身体の向きを変える)。

 

8の数字

 

 

コーチングポイント:

・両足を使う。

・軸足の位置 (ボールと距離を伸ばさない)。

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

・細かいタッチ (たくさん、強く触る)。

 

ドリブル+クローズコントロール

 

 

コーチングポイント:

・スピード調整 (広いの方にスピードアップ、狭いの方にスピード落とす)。

・落ち着く難しい技術にこだわる (慌てない)。

・軸足の位置 (ボールと距離を伸ばさない)。

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

 

ドリブル+クローズコントロール+1vs1アクセント

コーチングポイント:

・スピード調整 (広いの方にスピードアップ、狭いの方にスピード落とす)。

・周り見る (相手の位置確認)。

・落ち着く難しい技術にこだわる (慌てない)。

・軸足の位置 (ボールと距離を伸ばさない)。

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

 

複数ゴール 1vs1

 

コーチングポイント:

・スピード調整 (広いの方にスピードアップ、狭いの方にスピード落とす)。

・周り見る (相手の位置確認)。

・軸足の位置 (ボールと距離を伸ばさない)。

・相手がいないゴールへ目指す。

 

グリッド内 1vs1

・ボール動かす (キープではない)。

・身体の全部 (上半身、下半身) で相手より有利の状態を作る。

・ボールと足離れない (足とボールの接触時間を伸ばす)。

 

この二週間で相手なしと相手一人の環境にてクローズコントロールに対して必要な技術を磨いて、生徒たちが出来ること増やした。
特に「ボールと離れない」原則に対して「触りながらボール動かす」能力と「クローズコントロール」から「ドリブル」から再度「クローズコントロール」とのスピード調整の部分に大きな改善見えました。

これから数的有利・不利とスモールサイドゲームの環境にどこまでクローズコントロールが出来てる確認行います。
 

皆様、

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

やっと幼稚園クラスメンバーと会えました!

子供たちは相変わらずに元気でサッカー頑張ってます。

 

みんなはあと少し1年生になるのでサッカー質がドンドン高くなりますが、U-6 のカテゴリーですので楽しさを忘れずに楽しくやってます!

 

まだまだ空きがありますので身体動かしたい、上手になりたいサッカーが大好きな子供はぜひ、体験に来てください!

 

 

 

セレクションゲームクラスは、新年より担当コーチが増え、テーマを細分化し実施しています。

 

・セレクションゲーム高学年

・セレクションゲーム低学年

・提携チーム交流戦

・提携チームTR練習参加

・テーマ別TR_パス&コントロール

・テーマ別TR_ドリブルテクニック

・テーマ別TR_フィニッシュ(ストライカー)

・テーマ別TR_1vs1強化

・テーマ別TR_守備の基本

・テーマ別TR_ゴールキーパー

・テーマ別TR_スプリントトレーニング

・テーマ別TR_体幹フィジカル(ゴムバンド)

・その他必要に応じ設定

 

 

 

 

活動の質を担保するために、定員を少人数で設定しています。

ただし、ユニフォーム会員の皆様は、定員に限らず自由に参加する事ができるメリットがあります。

 

 

SGC/セレクションゲームクラスだけの、オリジナルユニフォームには、SGCを通じワンランクアップ「↗︎」できます様にと願いを込めて、フロント右下部分から左肩にかけて「↗︎」を描いています。

 

 

更には個人名がプリントされ、1番~999番(空き番号)の中から好きな番号を選んで自分だけのユニフォームが完成。かっこいいユニフォームを着て、モチベーションUPで取り組みましょう。

 

 

今回は、提携チーム「UnaPrimaveraFC」のトップチーム(5-6年生※登校日と都トレ選手以外)の通常トレーニングに練習参加と言う形で、SGC定員3名+ユニフォーム会員メンバーが参加してくれました。

 

 

テーマは「フィニッシュインテグラル」。

アルファFAでも取り組んだことのあるテーマですが、アカデミーと提携チームとでは多少アレンジを加えています。

 

 

 

 

当然ながら「ひとつのミスがピンチを招く。」普段見逃しがちな、ほんの些細なミスが失点に繋がる。

動画ではあまり良いシーンが撮れておらず、シュートシーンを外してしまっているので、提携チームの選手もまだまだトレーニングを積まなければなりません。

 

SGCの選手達と提携チームの選手達が、切磋琢磨する事で高め合い、それぞれの希望の進路に近付いていく。

SGCを通じワンランクアップ「↗︎」できます様に。

そんな環境を作っていきたいです。

 

みんなで頑張っていきましょう!