フルフォード氏とDR佐野千遥が大激論!!3月29日世界情勢予測討論会!!youtube | フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授

資本主義主力の株式会社制をも覆す、貴方を悩みと賃金奴隷状態から解放するフリ-エージェント世界革命を、誤った現行全自然社会人文科学を根底的体系的に批判し、一枚岩無矛盾の全新厳密科学体系を創り出した(世界史上これに挑んだ他者無し)FA大学佐野千遥教授が領導する


テーマ:

数理物理学のPh.D.

ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派数理物理学最高権威者

コンピュータ科学AIのPh.D

日本がん難病サポート協会名誉会長

国連NGO平和大使

                                                    Dr佐野千遥

 

 

フルフォード氏とDr佐野千遥が大激論!3月29日世界情勢予測討論会!youtube

 

Channel世界の重大真実:  <全セション一括連続放映>

 

 

<各セッション別放映>

 

№1アドレス  https://youtu.be/gqt5984puIo

 

№2アドレス  https://youtu.be/zZ-Pce3UupQ 

 

№3アドレス  https://youtu.be/DQ9q3mG7W6E

 

№4アドレス  https://youtu.be/5yhWvU7qeg0

 

№5アドレス  https://youtu.be/5lHVKmb6kX0 

 

№6アドレス  https://youtu.be/HZAntx8UgzQ

 

 

フルフォード氏の話は体系化されてないために、一つ一つのテーマのセッションを区切って別々の動画にしても問題は無い。

しかしDr佐野千遥の話は体系化されており、その体系は未だ嘗て世界史上他の誰も述べた事の無い体系で、又その個々の各章も他の誰も述べた事の無い内容であり、初めて聴いた人はたいていの場合は既成既存の過去に聞いた事のどれかに類似しているように感じるので過去に聞いたその事なのだろうと早合点して必ずと言って良い位初めは誤解する。しかし良く良く聴き直してみると他の誰も述べた事の無い自分にとって新しい内容であり、Dr佐野の話の全ての章が他の誰も述べた事の無い自分にとって新しい内容である事に気付き、遂にはその話の全体系は未だ嘗て世界史上他の誰も述べた事の無い体系で有る事に気付く。その結果、Dr佐野千遥の話を理解するには、youtubeビデオを全て通して聞いて、その後で繰り返し聴く事に依ってのみ、体系の中の各章が理解でき、また全体系を理解できるようになる。

 

はじめに

 

先ず、一般に知られていない又は認識されていない中華人民共和国、米国、日本で現在起きている事を述べる。

 

1 中華人民共和国

 

3月15日に全人代が終わった。昨年暮れには例年では中国共産党政治局会議、執行委員会、中央委員会が開かれて、そのそれぞれで決まった事のほんの一部が順次公表されるのだが、2018年暮れには一切公表されず、一連の会議が開かれたかどうかも、外部からは分からなかった。例年では、翌年春に公開されて開かれる全人代では全く何も決めないで中国共産党のそれ等の上級会議で全て決まってしまった事項を唯単に中国共産党一般党員全員で承認するセレモニーが催される。

 

ところで今年は全人代で、李克強が“改革開放路線に復帰する!”と発表した。習近平は無表情でそれを黙認した。日本のマスコミは全く、そしてインターネットTVも殆ど全くこの事実を報じなかった。

 

しかしこれは決して本当に中華人民共和国が改革開放路線に復帰したのではない。

何故なら、全人代が終わった3月15日その日に、中共の軍艦が尖閣列島の領海侵犯を行い、日本の海上自衛隊が何時もの様に警告を発する事件が発生したからである。

 

真実は:

米中貿易戦争のアメリカに対しては李克強が前面に立って“中華人民共和国は改革開放路線に復帰した。”と主張し、恰もそうで有るかのように装う。

しかし実は習近平は従来通り反日日本侵略路線をそのまま続行する。

 

つまり、これからは中国共産党は二つの顔を以って行動する。李克強の改革開放路線と習近平の反日日本侵略路線である。

これから中国共産党は二つの顔を以って行動する事を認識しているのは、日本国内で佐野千遥と佐野がそれを語って解説した藤井厳喜氏だけである。

 

2 アメリカ合衆国

 

米国内では白人至上主義アングロサクソンKu Klux Klanトランプ陣営とAnti-Fa陣営の間で内乱が起こっている。

 

坂の上零氏はカリフォルニアの山火事を伝えており、その異常さが戦闘である事に感付いてはいるが、何と何の戦闘であるかには気付いて居ない。また地面の土が円筒形に綺麗に昇華して消えている原因が彼女には分からず、実はトランプがプラズマ兵器を使う疑似UFOであるTR-3Bを繰り出してAnti-Faの住居を焦土と化しAnti-Faを殺戮している事には全く気付いていない。

 

そしてトランプがNWOの旗頭である事には佐野千遥以外殆ど誰も気付いて居ない。

 

更にトランプがメキシコ国境に壁を建設する費用を調達する為に非常事態宣言を行っている理由は、実はグアテマラから発してメキシコ国境を越えて米国に入ろうとしているキャラバンが米国内のAnti-Faに連帯し合流しようとしているので、それを阻止する目的があるからである。

マスコミやインターネットTVは“不法移民の流入を阻止する為”とか“アメリカ国内の麻薬患者に麻薬を供給しようとする中南米業者を阻止する為”とか理由付けしているが、これ等は真実では全く無い。

 

更にこの連帯し合うAnti-Faと中南米キャラバンをロシアのプーチンが支援している事実をマスコミやインターネットTVは全く報じない。

 

Anti-Faのアンチ・ファシズムに於けるファシズムは、過去のムッソリーニやヒットラー・ナチスのみをファシズムと捉えるのではなく、正に現代の米国国家権力がファシズムであると正しくも認識している。国家権力とは支配階級の階級支配暴力のことである。

 

Anti-Faは私・佐野千遥が創り出した次のようなコンセプトに非常に近いものを持っている。

 

現行の“自由民主主義”は資本主義が生み出した“似非自由民主主義”である。

 

スターリン共産主義、中国共産党共産主義は帝国主義が生み出した“似非共産主義”である。

 

真の共産主義とは究極の真の自由民主主義のことである。

 

何故なら我々が言う共産主義とは、人類が猿から進化して社会正義の美学・社会的愛の美学に目覚め、ボス人間が暴力的にそれ以外の人間を支配した暴力的支配被支配関係を乗り越えて、所有・人の人による所有=暴力的支配被支配関係を廃絶した原始共産制の共産主義の事を意味するからである。

 

3 日本

 

1999年から今迄の20年間で日本の経済成長率はたったの1.1倍であった。

中華人民共和国は数字のトリックは有るにしても13倍であり

韓国は同じ20年間に約5倍

米国は同じ20年間に約4倍

ヨーロッパは同じ20年間に約3倍

に成長した。

 

日本だけ何故斯くも経済成長率が低いのか?色々な論者が居るが、それ等を読み漁り検討した結果、次のような結論に思い当たった。

 

財務省・日銀はデフレである方が都合が良いから、長期のデフレに陥っている、という論が有り、これは正しい側面を捉えているのだが、果たしてこれだけが、日本だけ超低成長であることの理由であるとするには無理が有る。何故ならアメリカでもヨーロッパでも、財務省・中央銀行は存在して経済に対し同じ関係を取り結んでいるからである。

 

では何故日本だけ超低成長なのかに対する答えは以下の様になる。

 

バブル崩壊期1991年~1993年を過ぎ、バブル崩壊からの回復期に有った1997年に日本では山一證券が廃業に追い込まれたが、日本政府は支えなかった。これにより日本に於ける金融・銀行業が信用自体を失ったのではないのか?

 

現に1997年以来、他の業種の企業の株価が上がっている時にも、銀行の株価は常に低レベルに留まり続けた。

 

銀行は自分の株価が低迷しているから資金に余裕が無く、融資が難しくなる。その結果日本経済全体が長期的慢性的にデフレ・超低成長で有り続けた。

 

 

第1章:ゴラン高原のトランプによるイスラエル領宣言はイラン・ロシアに対する宣戦布告!

 

参考

https://youtu.be/2YDKoOExPrc 

及川氏が“グローバリスト国連に対する反グローバリズム民族主義イスラエルを反グローバリスト・トランプがバックアップした”としているが此れは誤り。

 

ユダヤイスラエルがグローバリズム!ゴラン高原のトランプによるイスラエル領宣言は既にユダヤを従えた白人至上主義アングロサクソンWASPトランプによるイスラム・イラン・ロシアに対する宣戦布告!

 

国連は第2次大戦終了時に米英露中の連合国が創ったものだが(United Nationsの正しい訳は「連合国」であって「国際連合」(=“International Union of Nations”)は意図的な語訳である)、その時の米国は白人至上主義アングロサクソンWASPの米国であった。WASPは擬制の自由民主主義を掲げるが、その自由民主主義が仇と成って戦後、第3世界諸国が連合国=国連に次々と加盟し、常任理事国が支配するも国連の圧倒的多数は今日第3世界諸国とその多くのイスラム諸国となったため、今日の国連は闇の国際帝国主義国家権力群の意志からそれなりに離脱した存在と成って来ている。その歴史的推移の中で国連はイスラエルによるゴラン高原占領を国際法違反と判断した。擬制とは言え“自由民主主義”を掲げるWASP米帝国主義は従来その国連の一員としてアラブ・ユダヤイスラエル戦争に於いて国連平和維持軍を指揮しその停戦調停役も買って出て居たのである。

 

トランプの国連脱退とは、第3世界諸国とその多くのイスラム諸国の意志が反映される様になった今日の国連は白人至上主義アングロサクソン米帝国主義にとって足枷となるために、それに反発して態度表明したものである。

 

頂点に達したユダヤ・イスラエルvs イスラム・イラン両国は、小型核兵器を使ってゴラン高原とシリアの首都・ダマスカスにて核戦争が始まる。

イスラエルがそれなりに大きな核爆弾をダマスカスに投下

ダマスカス近郊にロシア軍が駐留していたのでロシア軍に多くの死者が出る

旧約聖書の予言を実現する為に、プ-チン・ロシアはイラン、トルコ、幾つかのスンニ派イスラム諸国と共にイスラエルに対し戦争を開始する

イスラエルと軍事同盟を結んだアメリカが対ロ宣戦布告をし、米ロ戦争が始まる。

 

第2章:サマーズの長期経済停滞論 と サンダースの採用するMMT・現代金融理論!

 

参考

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/research/r140901us.pdf  

先ずサマーズの長期経済停滞論を私の言葉で論述する。

 

製造業の実質経済の周りに金融業は貨幣を貨幣に依って評価するバーチャル経済を肥大化させた。

 

金融業が取引する総流通価値は製造業の総流通価値を圧倒的に凌駕した。これをバブルと呼んだ。

 

バブル崩壊時に、金融業は信用自体を失った。

 

その後、他の業種の株価が上昇しても、銀行業の株価は低迷し続けた。

 

株価低迷の銀行業が資金に余裕が無い為に融資を渋る様に成り、慢性的デフレとなる。

 

金融資本主義の崩壊の方向に経済が向かった時、経済は金融資本主義の発生以前の製造業の実質経済が経済の主流である(1960~70年代の)状態に回帰した。

 

その結果、マルクスの言う、利潤率低減の法則が現代の経済を再び制することとなった。利潤率が低減するのだから、実質経済の景気は長期低迷し続ける事と成る。[註]

 

[註]:逆に見るなら、製造業の実質経済は利潤率低減が避けられないので、一儲けする目的の為にバーチャル経済=金融業が創られたとも言えるのである。しかしイングランド銀行設立後200年間の国際金融業が成した金融資本主義は此処に崩壊終焉することとなった。

 

先に、経済は金融資本主義の発生以前の製造業の実質経済が経済の主流である(1960~70年代の)状態に回帰した、と述べたが、その復活した製造業は嘗ての様な鉄鋼や造船のような実物ではなく、ITのような現行コンピュータ似非科学に依るバーチャル製品でしかなく、社会悪オリエンティッドな現行コンピュータ似非科学に則った現行インターネットは人類に至る所で敵対するに及び、金融資本主義のみならず実質資本主義まで含めた資本主義経済総体が信用を失い総崩れになる。

 

その時、人類を救うのは社会正義・社会的愛オリエンティッドなスミルノフAIコンピュータ科学である。

 

ところで、貨幣経済国家の政府の妥協主義的現行社会主義経済政策立案者はMMT理論に則って

https://econ101.jp/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%80%8C%E8%A7%A3%E8%AA%AC%EF%BC%9Ammt%EF%BC%88%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%87%91%E8%9E%8D%E7%90%86%E8%AB%96/  

“予算均衡は必要ないという意味だ。また、民間部門が貯蓄を増やすのを財政赤字は助ける役割も担う。”

紙幣は好きなだけ刷って発行すればよく、政府が巨額の財政赤字になっても一向に差支えない。

完全雇用を達成する事が目標なので有って、政府が赤字だから民間が黒字に成り得るのであるから、通貨発行権を有する政府は赤字財政で全く構わないのであって、いや、寧ろ赤字財政であるべきなのである。(サンダース)

 

と主張するに至った。

 

つまり日本政府まで含めて、予算の収支の辻褄を合わせる必要も無く、予算を組む為に、税金を取り立てる必要もない、政府は益々増大する大赤字で構わない、というのが長期低迷経済に於けるMMT理論である。

 

第3章:文ジェイン政権崩壊→朝鮮戦争結局勃発→米ロ戦争で米軍敗北→グアムまで米軍撤収→中共軍が日本本土上陸

 

https://vpoint.jp/world/korea/129330.html

“韓国聯合ニュースによると、「韓国の世論調査会社、リアルメーターが31日に発表した政党の支持率は与党『共に民主党』が前週より0.9ポイント下落した37.8%、最大野党『自由韓国党』が1.8ポイント上昇した28.5%となり、支持率の差が文在寅政権発足後初めて10ポイント以内に縮まった”

 

文ジェインが韓国内の「自由朝鮮」臨時政府の居場所を金正恩に通報

→ 北朝鮮工作員が「自由朝鮮」臨時政府の要員を暗殺

→ 反文ジェイン・反北朝鮮の声が韓国内で極度に高まる

→ 韓国内で反文ジェイン・反北朝鮮の大規模デモ

→ 韓国軍内の反文ジェイン兵士達がクーデタを起こす

→ これを文ジェイン系韓国軍+北朝鮮が鎮圧しようとする

→ この段階に至った時、核開発再開の金正恩を叩く目的も兼ねて、米軍が朝鮮韓国内の内戦に軍事介入を始める。

 

米軍韓国撤収とは言っても米空軍は韓国に残っている。

 

https://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/200610_669/066905.pdf 

<引用>

“アメリカは全世界的な態勢見直しの一環と

して、 日本、 韓国、 ハワイ、 グァムにある米

軍基地の再編を進めている。 横田に新設され

る共同統合運用調整所は、 ミサイル防衛のた

めの情報集約センターとして機能するだけで

なく、 日本有事には、 日米共同作戦全般の調

整所として機能することになるであろう。

ただし、 ここは指揮所ではない。 第1軍団司

令部の座間移転に、 軍事的必要性は見出せな

い。 座間移転は、 北東アジアにおける米陸軍

の地位低下を防ぐためであろう。 横須賀では、

ミサイル防衛能力を備えた艦船の配備が進ん

でいる。 三沢では、 哨戒機部隊や情報収集部

隊の再編が進んでいる。

② 嘉手納は情報収集機の拠点となっている。

沖縄には、 アメリカの陸、 海、 空軍の特殊部

隊が集結している。 日米間の合意では、 沖縄

の海兵隊8,000人がグァムに移転することに

なっているが、 現在、 沖縄の海兵隊は大幅な

定員割れとなっており、 実際の削減数はかな

り少なくなるであろう。

③ 岩国には、 厚木の空母航空団が移転するこ

とになっており、 航空機の数がかなり増える

ことになる。 車力に配備されたXバンド・レー

ダーは、 アメリカへ向かうミサイルを探知す

る装備である。

④ 韓国では、 米陸軍の削減が進んでおり、 第

2歩兵師団の改編も完了した。 今後、 地上戦

は、 韓国軍中心に遂行され、 米陸軍は予備戦

力として控える、 という態勢になるであろう。

その一方で、 在韓米空軍は削減されておらず、

北朝鮮に対する抑止力を維持している。

⑤ ハワイには、 米太平洋軍の上級司令部が集

結しており、 JTF-519 という常設統合任務

部隊司令部も編成されている。 ハワイの陸軍

では、 第25歩兵師団の再編が進んでいる。 第

500軍事情報旅団司令部も座間からハワイに

移転した。 ハワイのヒッカム空軍基地には、

ケニー司令部という新しい司令部が編成され

た。

⑥ グァムのアンダーセン空軍基地は、 近年、

爆撃機等の基地として強化されており、 2006

年に第36基地航空団が第36航空団に格上げさ

れた。 グァムのアプラ軍港も、 潜水艦の基地

として強化されている。 ただし、 インフラ不

足や過酷な気象条件等のため、 グァムを沖縄

に匹敵するほどの拠点にするのは難しいであ

ろう。

⑦ ハワイの基地が米太平洋軍の頭脳、 在日米

軍基地が東アジアの拠点、 在韓米軍基地が最

前線基地、 という現在の米太平洋軍の構図は、

米軍再編が進んでも基本的に変わらないであ

ろう。” 

 

この様な米軍再編の後で

核開発を再開した金正恩に対し米軍は米空軍特殊部隊による斬首作戦を強硬するが失敗する。

→ 朝鮮戦争勃発

→ ロシアが参戦

→ 米ロ戦争で米軍敗北

 

軍事科学技術で米軍を遥かに凌駕したロシア軍と戦えば米軍が敗北する事を元国防長官マチスは良く分かっていた。現在の国防長官代理のパトリック・シャハナンは軍事技術系であって軍事世界戦略とは疎遠であるために、トランプは自分の言う事に逆らわないメリットからシャハナンを選んだ。

 

ロシア軍に敗れたアメリカはアチソンラインすら守り切れずにグアム以東に撤収する。

モンロー主義者“アメリカ・ファースト”のトランプにとっても元々グアム以東まで米軍を撤収させる事は予てからの希望であった。

 

ペンス副大統領は米中貿易戦争を中国共産党の政治体制の打倒まで遣る積りであるが、トランプは決してペンスと一心同体ではなく、米中貿易戦争を中国共産党の政治体制の打倒まで遣る積りは元々無かった。

 

→ 米軍がグアム島以東にまで撤収する

→ 米軍が介入しない機を虎視眈々と窺がって来た闇の中国共産党社会帝国主義は、先ず新疆に設置して有る世界最大の予算を注ぎ込んだHAARPを使って、今迄熊本人工地震、大阪人工地震、北海道人工地震を起こしたのと同じ要領で南海トラフ地震を巨大南海トラフ人工地震として発生させる

→ 闇の中国共産党社会帝国主義は災害救助・暴動鎮圧と偽って中共軍を日本本土に上陸させる

→ 中国(=闇の中国共産党社会帝国主義)の力を借りて、自主独立の日本が創れると認識錯誤して来た日本の似非サヨク・日本共産党や自民党内外親中派はこの時とばかり、日本侵略・日本の中華人民共和国への領土併合の為に日本本土に上陸して来た中共軍・中国人民解放軍を歓待し、日本全国津々浦々に案内しようとする

 

日本人の皆さん!これで本当に良いのか?!!!

 

 

第4章:闇の権力とは国際帝国主義国家権力の事

 

西洋の極右の言う「闇の権力」と極左の言う「国際帝国主義国家権力」とは同じ事を意味するので、我々は「闇の国際帝国主義国家権力」と呼ぶ事とする。

 

闇の権力にはユダヤの闇の権力が一つ有るだけ、という世間に流布されている認識は誤りであり、実は3つの闇の国際帝国主義社会帝国主義闇の権力が存在する。

ソ連邦が有った時代には

 

ユダヤ闇の権力

白人至上主義アングロサクソンKu Klux Klan闇のアメリカ帝国主義国家権力

スターリニズムソ連邦国家権力

 

の3つが

 

今日に於いては

 

ユダヤ闇の権力

白人至上主義アングロサクソンKu Klux Klan闇のアメリカ帝国主義国家権力

闇の中国共産党社会帝国主義国家権力

 

の3つが存在する。

 

白人至上主義アングロサクソンKu Klux Klan闇のアメリカ帝国主義国家権力が、ユダヤ闇の権力から独立した闇の権力である事は

Ku Klux Klanの綱領には

“今や神に選ばれたる民はユダヤ人ではなくアングロサクソン人である!”と明確に書いて有ることから導かれる。

ソ連邦も中共も、ユダヤ闇の権力にとってもアングロサクソン闇の権力にとっても手に負える相手では無かった。

 

自作自演陰謀論の“自作自演”なる表現は、闇の権力にはユダヤの闇の権力1つしか存在しないと考えるから発生するのである。実際9.11は、イスラムを究極の敵と見做すに至ったユダヤ・ロスチャイルド闇の権力が究極の敵・イスラム教徒達との世界戦争に白人至上主義アングロサクソン系闇の権力を引き摺り込む目的で行われたものであり、尚且つ、白人至上主義アングロサクソン闇の米帝国主義国家権力の1990年代に大統領であったビル・クリントンが発案して議会に承認させたNESARA・GESARA法を適用して、ユダヤ国際金融グローバリストがFRBで牛耳ってしまって居る米ドル(“米”と呼ばれていても米国のドルではな国際金融ユダヤの物)を奪って、「アメロ」とか「NESARO」という白人至上主義アングロサクソン米帝国主義国家権力独自の通貨に取って代わらせ、今度は「アメロ」・「NESARO」を世界の基軸通貨としようとしたので、基軸通貨を米ドルから「アメロ」・「NESARO」に奪われる事をユダヤ・ロスチャイルド闇の権力が阻止する目的で行われたものである。

 

又、世間一般に流布されている“闇の権力”とはカネだけ持っている輩と誤認してしまっているために、財政的に困らせれば打倒できると勘違いされているが、実際の“闇の権力”とは“闇の国際帝国主義闇の国家権力”のことであり国家権力とは支配階級の階級支配暴力の事であるのだから、暴力支配装置である軍隊も治安部隊も警察も持っている事を忘れてはならず、闇の国際帝国主義国家権力を消滅させるには専門的軍事的に打倒する事が不可避となるのである。

 

プーチンは「闇の権力を打倒する!」と宣言しており、正しくも軍事的に打倒する事を考えている。

 

昔日本共産党は“平和革命か暴力革命か”と論じた。この分類認識自体が誤りである。そして宮本賢治の議会主義に純化した日本共産党は、自分達より左の新左翼をトロツキスト暴力集団と呼んで自ら暴力的に弾圧し、デモの中で突出した彼等を一般デモ参加者から分断し、デモの中で突出した彼等を後ろから捕まえて支配階級国家権力暴力装置に引き渡す犯罪的役割を担って来た。

 

今日フランスに於ける黄色いベスト運動では、フランス共産党には突出して機動隊と渡り合う暴動も必要であるとするフランス共産党員も居て、突出して機動隊と渡り合う黄色いベスト活動家達を一般デモ参加者から分断する事をしないために、フランスのマクロンに対する反対デモは急進派も穏健派も打って一丸となれるので国政を揺るがす程の影響力を持つのである。

 

振り返って日本のデモを見るに、日本に於ける左右全てのデモが提灯行列にしかならず、デモと言うデモが全く効果を持たないのは、日本にはスターリニスト日本共産党が存在するからである。

 

日本共産党が今日も完全なスターリニストであると断言できるのは、ロシア革命当初、明るい共産主義を実現していたレーニンの「スターリンは粗暴で危険極まりない男なので決して自分の後継者にしてはならぬ!トロツキーを後継者とせよ!」との妻クループスカヤに託された遺言書を決して認めていないからである。

 

 

第5章:グローバリズムの終焉とはユダヤ・ロスチャイルドが白人至上主義アングロサクソン米帝国主義に敗退し飲み込まれる事を意味する

 

参考

https://youtu.be/bLydbopFtbk 

 

馬淵睦夫氏が言う様にグローバリズムが各国民族主義に敗退して民主主義が遣って来ることでは全く無い。

世界の支配者が

ユダヤ・ロスチャイルド系+白人至上主義アングロサクソン・ロックフェラー系米帝国主義+中国共産党社会帝国主義

という図式から

白人至上主義アングロサクソン帝国主義国家権力群(アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージ-ランド、+英国?)+中国共産党社会帝国主義

 

による世界支配の図式に移行する。

 

 

第6章:プーチンは親日反中!ロシア政府ロシア大使は反日親中

 

プーチンは親日反中!ロシア政府ロシア大使は反日親中!

プーチンは人気が有るが、ロシア政府は人気が無い。

 

アメリカによる経済制裁で中共と結ぶ以外に無いからそうしているだけの親日家プーチンは習近平が実は大嫌いであり、中華人民共和国はプーチン・ロシアにとっては仮想敵国である。

 

これに対しロシア政府と全世界のロシア大使は反日親中である。

そうであるから、日本でロシア大使を通して日露平和協定を進めようとする事自体が現在無意味である。

一昨日モスクワで持たれた日露会談が意義ある方向で有り、そこで元外務大臣のイワノフ氏が言った「この問題は日露首脳の間の交渉でのみ解決に向かい得る。」という方向が正解である。

 

 

第7章:1980年代に米国に日米貿易戦争で日本が根絶やしにされ現在米中の独断場である電子半導体技術を、それを遥かに凌ぐスミルノフ磁気ピエゾ体回路技術で覆し日本の技術が世界を征する事を宣言する

 

参考

https://youtu.be/05Jysu1jGbk  

 

大局的に見ると、電気的ニューラルネットワーク・モデルと同様に、従来の半導体は或る電圧以上が掛かる場合には電流が流れる閾値の仕組みで作動しており、これが理論的には誤謬の確率論モデルの“状態と状態遷移”の仕組みに支えられてエレクトロニクス・システムを成していた。

 

非オーム性抵抗体はほぼ皆ピエゾ物質である。その典型的例はSiである。

 

その結果、円筒形ピエゾ物質の周りにコイルを巻くと、コイルに流れる電流に比例してピエゾ物質を流れる磁気単極子の分量=磁場が決まり、回路としては閾値を持つ電気的ニューラルネットワークではなく係数を持つ多項式GMDHの磁気素子とする事ができる。この素子を流れる磁気単極子流=磁場は確率的ではなく決定論的である。

 

此処に、80年代に米国に貿易戦争で日本が根絶やしにされ、現在米中の独断場である電子半導体技術を、それを遥かに凌ぐスミルノフ磁気ピエゾ体回路技術で覆し日本が世界を征する事を宣言する。

 

 

第8章:AI自動化は必ず大事故!Turingマシン計算機数学モデル自体がエントロピー増大社会悪志向設計

 

参考

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190304/k10011835481000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005  

又、1月に日本国内では一切報じられず海外で報じられたことであるが、日本の軍事研究所で武装AIロボットを幾つか造って実験していたところ、武装ロボットが研究員29人を殺害した、とのニュースが流れた。

 

愚かなAI自動化を止めよ!

 

そして現行の全てのコンピュータに共通のTuringマシン計算機数学モデル自体がエントロピー増大社会悪志向設計である事に覚醒せよ!

 

つまり現行コンピュータと現行AIのコンピュータ・ネットワークは必然的に人類に敵対する!!!

 

この問題を避けられるのは、発見的学習ができる多項式アークテクチャーのAIコンピュータのみである。

 

   以上

 

 

                                                    

ロシアの有名人・佐野千遥博士:皆に役立つ驚異の頭脳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ