赤ら顔や酒さ用化粧水 診断無しでスキンケアする危険性 | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。

 

先日2名様のお客様より、弊社が販売している手作り化粧水用材料のお薦めレシピで手作りした化粧水は、酒さや赤ら顔には大丈夫であるかとの、お問い合わせを頂戴しました。。

 

弊社は医療機関でもなく、ただ単なる化粧品企画販売/メーカーであるため、「まずは主治医の先生とご相談の上で。」と、お客様にお伝えしました。また、お薦めレシピでは、グリチルリチン酸ジカリウム等の血行を阻害する化粧品成分を使用しないため、血色が良くなる可能性についても、お伝えしました。

 

そのうちのお一人のお客様はお医者様とご相談され、後日ご注文を頂戴しました。ご購入後間もなく、使用感も良く問題なく使用できているとの、ご連絡を頂戴しました。

 

弊社アドバイザー医師の北廣美先生(奈良県三郷町 医療法人やわらぎ会理事長/代替医療分野で超有名な先生)によれば、酒さや赤ら顔の症状がある場合、とくにスキンケア製品の制限はないとのことです。ただし合成界面活性剤や防腐剤/保存料等の刺激物が、赤ら顔や酒さの原因となったり悪化を招く可能性は、あるとのことでした。

 

そして北先生が酒さや赤ら顔で最も気をつけなければならない点として、内臓疾患等の内部的な問題の可能性とのことでした。そのためにも表面的な症状だけにとらわれずに、しっかり診察を受けておくべきだとのことでした。

 

以上のことからも、あから顔や酒さの場合は、早期に診察を受けましょう。もちろん弊社製品をお使いになられたい場合は、やはり主治医の先生とのご相談の上で、お願いしたく存じます。なぜなら、お医者様としっかりした信頼関係を築くことは、疾病の改善や治癒への最善の近道です。

 

2017年8月15日付けcocolog記事より商業性を排して転載)

  

はてなブログダイジェスト版記事

 

公式サイト内のオリジナル記事

 

 


 
 
公式サイト内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

ピールオフパックとピーリングパックの違い

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
BLOGGER

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER