オーガニック化粧品はなぜ高価い? 激安コスメがない理由 | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ
新型コロナウイルスに関する情報について

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。


 

 

 

 

この一連の記事は、オーガニック化粧品や自然派化粧品の、悪口を書くものではありません。いわゆる自然派化粧品に対する過信による健康被害を避ける、または重篤化を免れていただくのが目的です。あらかじめお断りしておきます。。

 

オーガニックコスメの真実シリーズ⑬ 

 

前回の記事 では、天然色素であるコチニールによる健康被害が意味することについて書きました。今回はオーガニック化粧品が、効果にならざるをえない理由について書きたいと思います。 

 

弊社製品でも、化粧品に陸上植物を用いる場合は、オーガニック認証の素材を使用することを基本としています。良質な原料というものは、どうしても高くつきます。 

 

たとえば弊社は、バラ(オーガニックローズ)を化粧品や入浴料に使用しています。バラの値段の差は大きく、たとえばドライフラワーレベルのものに比べて、弊社が使用するバラは10倍程度高くなります。その上過去の記事のように、念の為にロット毎に農薬検査をかけるため、さらにコストは上がります。 

 

コストは高くはなりますが、安全性を高めないわけにはまいりません。なぜならドライフラワーやハーブの用途で使用されるバラでは、猛毒の白アリ駆除剤が検出されることなどは、あたりまえなのです。食用のバラについても、しかり・・・。こういうわけでオーガニック化粧品は、多少なりとも高くならざるを得ないでしょう。 

 

そういうわけで、本物のオーガニック化粧水やオーガニックコスメのご購入の検討をされる時は、販売者に農薬検査等の根拠を示してもらうのも、ひとつの方法でしょう。過去の記事にも書きましたが、販売者や製造販売元が「オーガニック」と称すれば、それがオーガニック化粧品になってしまうのが現実です。「オーガニック」と称すれば、高い値段で販売できるからという手法の可能性もあります。 

 

なお本物のオーガニック化粧品だからといっても、安全性が担保されたわけではありません。過去の記事のように、単なる肌荒れを通り越したアレルギー皮膚炎や、生命にかかわるアナフィラキシーショックの健康被害の可能性は残ります。そのあたりはしっかりと、吟味しましょう。 

 

 

 

2013年5月26日付けココログ記事 より転載)

 

 

 

公式サイト内のオリジナル記事
 

 

 


 
 
公式サイト 内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

ピールオフパックとピーリングパックの違い

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
BLOGGER

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER