乾燥性敏感肌におすすめの純石鹸③ 白雪の詩 | 海藻パック・タラソパックのアルガアイ
新型コロナウイルスに関する情報について

海藻パック・タラソパックのアルガアイ

タラソテラピーとは、海水や海藻・海泥などの海洋資源を利用した、効果的なスキンケア術です。フランス・ブルターニュの伝統に基づくアルガ・アイのタラソテラピー製品は、リゾートホテル様やエステサロン様での業務用の他、自宅用としても人気です。


   

   

前回の記事 では桶谷石鹸さんの名品、「愛源A(アイゲン)」について書きました。今回はねば塾さんのベストセラー、「白雪の詩」について書きたいと思います。 

 

 手にとって見られた方はもうご存知だと思いますが、この石鹸はいわゆる「化粧石鹸」ではありません。表示のとおり、台所用石鹸と位置付けられています。包装の側面には、「この石鹸は、薬事法による薬用石鹸、化粧石鹸ではありません。」との、但し書きがされています。じつはこの表示は、お役所からの指示によるものだそうです。目的は、化粧石鹸と雑品としての石鹸を、区別するためです。 
 
化粧石鹸は薬事法に基づくもので、製品の欠陥や瑕疵によって万一お肌にトラブルが生じると、石鹸の製造販売元が責任をとることになります。そのためには製造販売元は、薬剤師またはそれに代わる者を、会社に配置しなければなりません。それはコストがかかるために、小規模事業所では、無理があるわけです。じつは数年前のねば塾さんでも、薬剤師またはそれに代わる者を、設置していませんでした。それがこの表記の始りだそうです。この表記があるから、万一肌トラブルが生じても、それは消費者の自己責任となるわけです。

 

Shirayukinouta01  

 

 

 


 
しかし実際にお店では、ボディーケアコーナーに陳列されています。このネジレ現象は、法律的位置づけと実際の位置付けのひずみによるものです。この「白雪の詩」をお使いになられたことがおありの方はおわかりだと思いますが、とてもとてもお肌に優しい優れた純石鹸なのです。とても高品位なパーム油やパーム核油が、使用されていていると思われます。ニオイも無臭です。

 

 

 


 
あくまでも私個人的な見解ですが、へたなパーム油主体の化粧石鹸(純石鹸)を使うぐらいなら、白雪の詩のほうがはるかに安全だと思います。過去の記事にも書きましたが、パーム油主体で化粧石鹸と称した純石鹸の中には、化学物質的な強い香気を放つものもあります。強い香気は、アレルギーを起こす危険性があります。

 

 

 


 
今では製造販売元としての要件を満たされて、化粧石鹸も製造販売されているようです。「白雪の詩」の雑品としての位置付けがご心配の場合は、ねば塾さん製造の化粧石鹸という選択肢もあります。

 

 

 


 
製品というものは、製品そのものの良さだけでなく、それを生みだしている思想・バックグラウンドも大切だと思います。ねば塾さんはもともと障害者福祉施設の小規模作業所が前身であったようです。ほとんどの小規模作業所さんが自治体から補助金等の援助を受ける中、ねば塾さんは補助金受けることなく、各個人がお互いの不得手な分野をカバーし合いながら、完全な企業化を果たしました。ほんとうに、立派な企業様です。

 

 

 


 
これからは手荒れが気になる季節です。台所洗剤も合成洗剤から白雪の詩に、切り替えてみられてはいかがでしょうか。とくにハンドクリームにかぶれてしまう方には、この白雪の詩が救世主となることもあります。

 

 

 


 
弊社製品で手作り化粧水を作られるお客様にも、よくこの白雪の詩をご紹介する機会がありますが、洗顔用としても台所用としてもたいへん好評です。ただし先ほども記述しましたが、洗顔用としての使用の場合は、自己責任で! またお肌がたいへん弱い場合は、オリーブ油や牛脂主体の純石鹸のほうが適する場合があります。

 

 

 


 
2012年10月24日付けcocolog記事 より転載) 

 

はてなブログ縮小版記事

 

 

 

公式サイト内のオリジナル記事

  
 


 
 
公式サイト 内の人気記事集 肌トラブル編》
 

濃グリセリンとグリセリンの違い

 

パラベン vs フェノキシエタノール

 

ローズマリー葉エキスの安全性

 

1,2-ヘキサンジオールの安全性

 

グリチルリチン酸2Kでお肌がたるむ!?

 

グリチルリチン酸2Kはくすみの原因
 
グリチルリチン酸2Kでデコボコ肌に
 
エチルヘキサン酸セチルで額剥がれる
 
低分子ヒアルロン酸で顔カビの危険性
 
「アレルギーテスト済」の過信は禁物
 
石膏パック 不慣れな施術で低温火傷
 

ピールオフパックとピーリングパックの違い

 

  
【サブ公式サイト・ブログ等】
 
サブ公式サイト
 
BLOGGER

 

FACEBOOK
 

INSTAGRAM

 
TWITTER