WHO基準のコンバージョン教育プログラムである「臨床カイロプラクティックプログラム」(Clinical Chiropractic Program)がいよいよ11月1日開講します。

東京カレッジオブカイロプラクティックへ運営委託していた安全教育プログラム、JCR試験受験資格プログラムを経て、日本カイロプラクターズ協会主催による新たなコンバージョンプログラムです。

9月30日(金)午後9時から説明会がオンラインで開催されます。詳細はホームページをご覧ください。

 

●最短:1年9か月、最長:3年間のプログラム

●WHOガイドラインに準拠した11科目群のカリキュラム

●ZOOMとGoogleクラスルームを活用したオンライン講座と実技実習(集中講座)

●各科目3回のレポート課題およびオープンブックによる小試験

●講座修了時に日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録試験受験資格証およびDiploma of Chiropractic Science修了証取得

●卒業試験として、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)による日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録試験受験

●早期割引、有資格者対象の減額制度、セミナー受講などの特典あり

 

 

 

先日、急性腰痛=ギックリ腰で来院された方が、「他では安静にと言われた。」とのことでした。

 

急性腰痛で安静はダメです。

何故なら、筋肉が落ちてその後の回復に時間がかかるから。

 

アメリカとイギリスでは安静にした群と、動ける範囲で動いて貰った群では後者の方が回復が早かったとの報告が出されています。

急性腰痛の痛みは主に炎症反応からのものなので抑えてしまっても構いません。

耐えられないのなら痛み止めを処方して貰ったり、コルセットを巻いたりしてください。

症状が回復していけば、コルセットも何か作業する時だけにすれば長時間の使用は抑えられるはずです。

 

急性腰痛になるには何らかの下地があることが多いです。

不良姿勢、疲労、寝不足などなど。

不調を感じたら急性腰痛になる前に出来ればケアしてあげてください。

カイロプラクティックの施術も予防に効果的です。

 

ただ以下に当てはまる場合は速やかに医療機関へ受診されてください。

・じっと横になっていても痛い

・動作に関係なく痛い

・楽な姿勢、時間帯がない

・寝ていても痛みで起きてしまう、または痛みで眠れない

・痛みが起こる前に転んだ、ぶつけた等の外傷履歴がある

・熱がある

・胸の痛みも伴う

・失禁や脱糞をしてしまう

・肛門周囲に感覚がない

 

多くの腰痛は改善しますので、お気軽にお問い合わせください。

カイロプラクティック ケアはオピオイド処方を受けるリスクを軽減することが最新の研究で報告されています。

 

世界中で何万人ものオピオイド関連の死亡と入院があり、北米の研究では、新型コロナウイルス感染症パンデミックの最中に増加したことが示されています。 

Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics (JMPT誌) に最近発表された研究では、非がん性脊椎関連疼痛の患者の場合、カイロプラクティック ケアを受けた人は受けなかった人よりもオピオイドの処方を受ける可能性が低いことが示されました。

 

混合メソッド法分析を含むこの後ろ向き研究では、945 人の患者の記録を調べ、14 人の患者と 9 人の総合診療医に対してインタビューを実施しました。

非がん性疼痛患者 945 人の うち24% がオピオイド処方を受けており、カイロプラクティックを受けている人は、受けていない人よりもオピオイド処方を受ける可能性が 52% 低いことがわかりました。

 

参考文献:https://www.jmptonline.org/.../S0161-4754(22.../fulltext

先日、患者さんから小顔矯正はできますか?と質問されました。

結論から申しますと、むくみは一時的にとれるけど、顔が恒常的に小さくなるのは解剖学的にあり得ません。

大人の頭蓋骨、顔の骨の縫合線は完全に閉鎖しているからです。

また、頭蓋骨は中に脳を有しているわけですから、中身が空洞ではありません。

中身が詰まっているので、これを小さくすることは無理なのはお分かりに頂けると思います。

 

消費者庁からも、

「マッサージで瞬間的に小顔になることは考えられるが、骨が詰められる、持続するといった表示には合理的根拠がない」

との見解が発表されています。

 

出来ます!と言って集客につなげたかったのですが(笑)、残念ながら浮腫みを取る一時的な効果になりますので、ご理解ください。

 

 

40歳 男性 デスクワーク

めまいの症状が時々でる。

以前、脳神経外科で検査したが異常はなかった。

顔を左後ろに振り返る動きをするとめまいが起きる事があるとの事。

それ以外に肩こり・首こりがあり。

 

脳・神経系の異常はないと言うことなので、頚部の血管の流れをチェックしたところ今回は異常なかった。

ただ時々その検査の姿勢をとるとめまいが起きることもあるそうなので、頚部への強い刺激は行わず、大きく丸まってしまっている胸椎をメインに施術した。

結果、3回の施術でめまいは起きなくなり、肩こり・首こりも改善した。

現在、施術後から半年経過したが症状の再発もなし。

 

今回の施術では症状の原因は頚部だと考えられるが、頚部への施術はリスクがあるので、胸椎が大きく丸まることにより間接的に頚部へ負荷を掛けていたと仮定し、胸椎メインにアプローチしました。

 

結果、頚部に負荷を掛けることなく、リスクを抑えて改善させることが出来、良かったと思います。

この患者さんの場合、座っている時の姿勢が大きく丸まっていました。

立った時は問題なくても、座ると大きく姿勢が崩れる方が結構いらっしゃいますので、座った姿勢も気を付けてみてください。

 

 

アケダカイロプラクティック大井町店
0354611227
https://akedachiro.com/
予約状況がtwitterとエキテンさんで確認出来ます。
twitter
https://twitter.com/akedachiro
エキテン
https://rsv.ekiten.jp/shop_248935/?rsv=1
Line@からも予約出来ます。
Line@
https://line.me/R/ti/p/%40xax3528p …