他人に振り回されない

テーマ:

いつも他人に対して不平や不満ばかり言っている人は、他人に振り回されている人だと言えます。


「こんなことを言われた」「こんなことをされた」などと、他人の言動にいちいち腹を立てていては、まったくキリがありません。

「自分はこうしたいのに、なかなかできない」と、自分のことで悩むのはとても良いことですし、悩みがなければ成長もありません。


でも他人に「こんなことをされた」というのは、自分の問題ではなく、他人の問題です。他人の問題をいくら気にしても、自分のためにはなりません。


それに、いちいち他人の問題をあげつらう人は、向上心がありませんし、自分の欠点は棚に上げてしまうものです。

世の中には、他人が傷つくようなことを平気で言う人はいます。
自分の周りだけでなく、誰の近くにも平等にたくさんいるものです。

また、愚痴をこぼさず、いつも笑顔で明るく生きている人もたくさんいます。
だから、他人の言動でストレスを溜めるか、溜めないかは、周りの環境ではないんです。

自分の心の持ち方で決まるんです。

光は暗闇を照らすことはできますが、暗闇が光を消し去ることはできません。
暗闇とは、単に「光がない状態」のことです。実体のない暗闇というものが、光を奪うことはできません。


明るい人は、暗い人から悪い影響などまったく受けないのです。

人間としての価値は、「ひとりの人にどう扱われるか」によって決まってしまうほど、ちっぽけなものではありません。

自分自身と向き合うだけで、他人に対しては、親切や気遣いに感謝だけすれば良いんです

View this post on Instagram

繁盛店にしたければ店長は仕事を楽しめ スゴイ!店長の条件、今回は「仕事を楽しむ」です。 飲食店は、お客様に感動していただき思い出を作るお手伝いをする場所でもあります。 だから、店長は仕事を楽しむことが大切なんです。 仕事を苦痛に感じやらされてるような仕事をしているスタッフの居るお店から感動は生まれるでしょうか? お客様に喜んでいただこうという想いはマニュアルからは生まれません。 スタッフ1人ひとりが、お客様のことを真剣に思い、楽しんで頂こうという気持ちが、お客様が感動することにつながっていくんです。 店長はその楽しむチームの見本となる存在なんです。 だから、店長自身が仕事を心から楽しむことが必要なんです。 #飲食店#飲食店経営#飲食店店長#仕事を楽しむ#感動していただく#お客様満足#思い出 #店長は見本#自ら楽しむ #スゴイ!店長育成塾#人材育成#研修プログラム#研修カリキュラム#ロールプレイ#コンサルティングオフィス服部#人材育成の無料相談受付中

スゴイ!店長育成塾 / 塾長 服部直紀さん(@sugoten44)がシェアした投稿 -

すべて意味がある

テーマ:
自分の身に起こることはすべて意味のあることだと言われています。

そして、出来事が起こるタイミングも決められてるそうです。

嬉しいことも辛いことも悲しい出来事もすべて神様の決めたスケジュールに従って起こってるんです。

そんな出来事には深い意味が込められているんです。
たとえば、自分の過去を振り返り、乗り越えられた過去を思い出してみると、不思議とどれもベストタイミングであったことに気付くと思うんです。

あとになって、あの時あの出来事があってちょうど良かったと思え、ベストタイミングであったことに気付くんです。

だから、辛いことや悲しいことがあっても、ちゃんと自分が幸せになるために必要な出来事なんだと思うことで、人生をより意味のある生き方ができるのではないでしょうか。

View this post on Instagram

社長はナンバー2を特別扱いしろ! 社長は、常にナンバー2を特別扱いし尊重しなければいけません。 ナンバー2を他の社員と同じように扱っていて、ナンバー2としての自覚を持てと言われて、自覚なんか持てる訳がありません。 社長はナンバー2を社員の一人として見るのではなく、ナンバー2として扱い、特別扱いをする必要があります。 たとえ、副社長や専務などの役職を付けたとしても社長の扱いが変わっていなければ、本当のナンバー2とは言えません。 重要なことはナンバー2だけを呼んで相談しなければいけません。 たとえ、その時に的外れつなとんちんかんな答えが返ってきたとしても、社長の結論とそこに至った理由を、ナンバー2が納得いくまで説明することです。 特に会社の方針を伝える際には、時間をかけて理解してもらえるように話をする必要があります。 こういった過程無くしてナンバー2との意思疎通はありませんし、ナンバー2として成長するはあり得ません。 この時にもし、これは俺が決めたことだから、というトップダウンをした瞬間、ナンバー2は永遠に口を閉ざすでしょう。 だから、社長はナンバー2を特別扱いすることが会社の発展につながっていくんです。 #会社#社長#経営#組織#ナンバー2#副社長#専務#特別扱い#自覚#相談#結論#方針#説明#納得#意思疎通#成長#人材育成 #ナンバー2養成#経営コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#人材育成システム#無料相談受付中

ナンバー2養成コンサルタント/服部直紀さん(@404naoki)がシェアした投稿 -

セミナー告知

テーマ:

人に困らない店つくり


スゴイ!店長の条件、今回は「スタッフに困らない」です。


スゴイ!店長の店舗には自然とスタッフが集まってきます。


ベテランのスタッフが楽しく仕事をして、新しいスタッフにも全員が心から歓迎して仲間を迎え入れるので居心地が良くなります。


スタッフが学生の場合、卒業で退職する際も後輩を紹介するので人手不足に悩むこともありません。


だから、店長を含めて店舗スタッフ全員が余裕があるので、お客様への気配りや心配りに専念でき、新しいスタッフへのトレーニングにもしっかり時間が取れるので優秀なスタッフが育っていきます。


お客様もスタッフの温かな雰囲気に集まってきます。


スゴイ!店長とは「チームをつくり、お客様をつくり、売上をつくる」人のことを言います。


そんなスゴイ!店長になるためのセミナーを開催します。 


まだ空きがあります。

参加されたい方はメッセージください。


#人に困らない店つくり

#飲食店店長

#飲食店スタッフ

#辞めない店つくり

#居心地

#新しいスタッフ

#歓迎

#新しい仲間

#卒業

#後輩

#温かな雰囲気

#チームをつくり

#お客様をつくり

#売上をつくる

#飲食店開業再生支援セミナー

#飲食店開業再生支援チームえん

#minna no kaishaセミナールーム

#無料相談会あり

#人材育成

#スゴイ!店長育成塾

#コンサルティングオフィス服部

#名古屋