店舗前通行量は多ければ良い訳ではありません。


大手チェーン店が出店の際に物件の交通量調査を行ないますが、その通行量が多ければ良いというわけではないんです。


どの種類の車がどれだけ物件の前を通ってるかを確認しています。

どれだけ多くてもトラックやダンプや商用車が多い場合はその物件に飲食店が開業してもお客様になる可能性が低いため、通行量調査の評価は低くなります。


逆に通行量が少なくても自家用車が多く買い物や外食のために通る目的がある場合は評価は高くなります。

因みに、トラックなどが多い道路を産業道路、自家用車が多い道路を生活道路と呼んで区別しています。


そして、自動車用道路だけでなく、人が通る歩道や路地も通勤や通学で人通りが多い場合も素通りだけの通行量で評価は低くなります。


物件を選ぶ際には、このような店舗前通行量の性格や質なども考慮して判断することが非常に重要です。


物件を正しく選んでいますか?


飲食店開業で一年以内に40%が廃業しています。


その大きな理由は物件の選び方を間違ったことなんです。

特に選び方も不動産業者とだけで決めた場合がほとんどです。

人通り、家賃、居抜きを気にするぐらいで決めてしまっています。


物件を選ぶ際には、物件情報以外にも商圏分析(人口・年齢構成・世帯数・事業所・学校など)や競合店分析を行い、売上予測や利益予測が事業として成り立つかどうかを判断する必要があります。


飲食店開業は起業して独立するハードルが低く思われてるため、参入する方が多いのですが、思ったように集客出来ず、最後は資金繰りが悪化(給与未払い・仕入れ代金滞納・賃料滞納など)し廃業に追い込まれます。


飲食店経営は店舗というハード面の初期投資が大きく簡単には移転などやり直しが効かないため、最初の物件選びが重要なんです。


物件を探す場合、専門家による第三者の調査やアドバイスも必要な投資です。


開業予定の方はぜひご相談ください。

https://www.co-Hattori.jp/

「役職」は役割や責任でしかありません


良い組織はそれぞれの役割分担がしっかり出来ているものです。


社長は社長としての役割を演じてるし、店長は店長としての職責を果たすための役割を演じているものです。


役職が上だからと言って「偉い」わけではないし、社長がスーパーマンである必要もないんです。


企業として成長するためには、それぞれの役割を明確にすることが不可欠です。


成長できない組織は得てして、社長や上司が何でも自分でしてしまうことがあります。


でも、そうすることでその時点では良くても、長い目で見ると結局部下は成長しないし、いつかは組織が崩れていくものです。


良い組織にするために、まずはそれぞれの役割を明確にして、それぞれが責任をしっかりと果たす組織作りをしてほしいものです。

お金の感覚を磨く

テーマ:

「お金」の感覚を磨く


経営で大切なことは、「お金」を残すこと、つまり利益を上げられなければ経営ではありませんし、それが出来ない人は経営者とは呼べません。


そのために大切なことは「お金」の感覚を磨くことです。


売上金の「お金」は経営者の「お金」ではありません。

あくまで、材料費や人件費や家賃など必要経費を払う前の預かり金なんです。


でも個人経営者の多くが自分の「お金」と勘違いしてレジから「お金」を抜いたり、レジから支払うことも珍しくありません。

そんな店舗に限って資金繰りに苦しむものです。


また、開業の際に金融公庫や銀行から借りた「お金」も自分の「お金」と勘違いして開業前に湯水のように使う経営者も目立ちます。


借入金は通帳に入るために口座に何百万円もあると「気」が大きくなり、簡単に使っていった結果、運転資金が足りなくなり、オープン景気が終わる3ヶ月辺りから資金不足に陥ります。


「お金」にはそれぞれ意味があります。

経営する上で余ってる「お金」などないはずです。

何のために使う「お金」なのかを常に考えることが必要であり、そういった感覚を磨くことが店舗経営の成功に繋がっていくと思います。