心の闇

テーマ:

こんにちは。

親子の心をつなぐコミュニケーション・トレーナー 藤井由美子です。

ご訪問下さり、ありがとうございます音譜

 

台風が近づいて、朝からずっと雨かさ雨

わんこneneの散歩もままならず、ショックにとっては泣くの時期です。

 

さて、一昨日東海道新幹線の中で、殺人事件が起きました。

全く何の落ち度もない方が亡くなられ、本当に心が痛みます。

少しずつ容疑者の周辺事情が分かりつつありますが、

父親と祖母がインタビューに答えるのを聞いて、違和感を覚えました。

 

あのような事件を自分の子どもや孫が起こしているのに

なぜ取り乱しもせずに話ができるのでしょう。。。

 

 

もちろん事件を起こしたのは父親や祖母ではないですが

22年間容疑者と関わった身内とは思えない反応のように感じます。

 

 

親子の縁は切れていたようですが

容疑者からすると、親に見捨てられた感が強いのではないかと思います。

 

 

哲学書を読みながら引きこもっていたようですが

誰も容疑者の気持ちを理解し

話を聞く人がいなかったのでしょうか。。。

 

 

その時その瞬間に感じる気持ちを誰かに聞いてもらい

受け入れてもらう経験があれば

自分の本当の気持ちを闇に葬ることはなかったでしょうに。。。

 

 

最近特に、自分の本当の気持ちに気づけない人が増えているように感じます。

 

 

SNSの進歩により

簡単に人と繋がれるけれど

自分の根っこの部分では繋がれない

 

時間はどんどん流れていく

 

そして、いつしか自分を見失う

 

そんな社会になってしまった。。。

 

 

わが家の近くにも困った人がいて

真夜中に駐車場の支柱をカンカン叩き

何か喚きます

 

その家の隣に新しい家が建ってからいいことがない

ということが理由のようです

 

 

本当は何に怒っているのでしょうね

何十年かの人生で我慢してきたことが

タガが外れて噴き出したのでしょうか。。。

 

 

それでも夜中の3時4時に叩き起こされるのはたまりません怒り

こちらの方が睡眠不足で、どうにかなってしまいそうです怒る

 

 

今夜もまた

あのおばさんの心の闇に付き合わされるのか。。。

 

 

心に闇を作る前に

自分の心に自分が寄り添える

そんな人が増える社会になるといいな