こんにちは。

親子関係改善のプロ、コミュニケーション トレーナー藤井由美子です。

ご訪問下さり、ありがとうございます音譜

 

早くも6月になり、蒸し暑い日が増えてきました。

マスクをするのも辛い季節ですねあせる

熱中症と3密に気を付けて、梅雨の時期を乗り切りましょうビックリマーク

 

 

     

 

 

さて、昨日は兵庫県で大学生が家族をボーガンで殺害する事件が起きました。

 

コロナ禍で家族が密な状態で長時間過ごさざるを得ないので、このような事件も起きやすくなっているのでしょうか。。。

 

青森でも35才の息子が母親を殺害する事件があったばかりです。

 

 

 

親は子どものために一生懸命、子育てをします。

 

生まれたばかりの時は、それこそ自分の身を削るくらい献身的に。

 

 

でも、もしかすると、そこに落とし穴があるのかもしれません。

 

 

子どもが泣けば、何を欲しているのかを察知し

 

オムツを替えたり、ミルクを飲ませたり、抱っこして寝かしつけたり

 

まさにあ、うんの呼吸でわが子の欲求を満たします。

 

 

その感覚をずっとず~っと持ち続け

 

この子のことは、私が一番よくわかっているとなる。。。

 

 

 

私もかつてはそうだった。

 

自分で産んだ子だから、私が一番よくわかっている

 

喃語だって、パパはわからなくても、私はちゃんとわかる

 

こんな風に思って、自分と子どもの境界線がなくなり

 

いつしか一心同体化していく。。。。。

 

 

 

でも、子どもは親の所有物ではない

 

親子であっても別々の人間

 

そんなの当たり前じゃないビックリマークと思うかもしれないけれど

 

 

このことを頭ではなく、心で分かることが大切だと思う

 

 

 

 

親は子どものためを思えばこそ

 

いろいろな能力を開花させたいと思い

 

様々なお稽古事をさせる

 

「あなたのために、あなたのために」と言って。。。。

 

 

今の子どもたちを見ていると

 

学校や塾、お稽古事と忙しく生活をし

 

物を考えたり

 

創造力を働かせて遊んだり

 

ボーっとしたりする暇もなく過ごしているように感じる

 

 

これって、もしかして魂の殺人にならないのかな。。。

 

 

親の「あなたのため」という言葉は

 

一体誰のためなんだろう。。。

 

 

兵庫県の事件はこれから真相がわかっていくだろうが

 

子どもが親を殺害するには

 

それだけの理由があるはず。

 

 

「あなたのため」は誰のためなのか

 

親は真剣に考えて欲しい。

 

 

親が「あなたのため」と言って、子どもにいろいろさせることは

 

子どもが頼んでいないこと

 

 

親の「子どものために良かれ」という思いだけでしていることだ。

 

 

子どもが頼んでもいないことを

 

どんどん押しつけられたら

 

それも「あなたのため」という殺し文句で押しつけられたら

 

子どもは壊れて行くだろう。。。

 

 

 

 

子どもには自分が生きたいように生きる権利があることを受け入れ

 

親は自分の人生を一生懸命に生きれば

 

押しつけなくても

 

子どもは親の姿を見て育って行くだろう。。。

 

 

親殺し、子殺しがなくなる社会になることを心から願いますドキドキ