人とわんこのホームセラピスト

高橋恵美です。

 

 

我が家の新入り

ぐりとぐらも、すっかり馴染んで

のびのびと成長しています。

 

 

そんな中、

ものすごく久しぶりにワクチンセミナーに参加してきました。

 

今回は、人のワクチンを考える勉強会

 

この講師陣のスペシャルな顔ぶれは

貴重なチャンス。

 

朝9時から17時までという

ものすごく長丁場ながら

一瞬も気を抜けない大切な話しばかりで

こんな時だけど

こんな時だからこそ

参加して良かった。

 

 

そもそも、このセミナーに即申し込みしたのが

よしりんこと

吉野敏明先生が登壇するから。

 

よしりんは、

医師としては日々診療、オペをする傍ら

系列病院の理事長を務める超多忙な毎日なのに、

 

愛犬の、黒柴のりちゃんをはじめ

愛猫たちのご飯を手作りするという

超愛犬愛猫家

 

 

 

著者

【僕はノリちゃんである】

 

 

よしりんだけでなく、

主催の池田市議以外は

全員医師ということもあって

今騒がれている、ワクチンについて

いったいどうなのか?

打つべきなのか?

打つのは危険なのか?

 

その答えを知りたくて

参加したのが本音。

 

「どっちがいいのか教えてください」

そんな気持ち。

 

 

専門家からのワクチンの話しは

 

ひえー!とのけぞる話から

背筋が凍る話まで…

 

免疫の話し

ウィルスの話し

 

日本の話し

世界の話し

人類の歴史まで

本当に深くて壮大で

深すぎる話しばかり。

 

 

その中で全ての先生が共通して

何度も訴えていたことは

 

「みんな考えようよ」

 

「みんな学ぼうよ、調べようよ」

 

「自分の頭で考えてみようよ」

 

正直なところ

セミナーに参加したら

ワクチンは打つべきなの?

やっぱり危険なの?

その答えを知りたかったんだけど。

 

(もちろんその答えに繋がる

深い話しはたくさんあったけど)

 

人それぞれ

置かれている立場も違っていて

いろんな事情もちがう。

ゆえに、答えも人それぞれ。

 

 

だからこそ、

メリットを知り

デメリットも知る。

 

その中で

メリットが上回れば打つ

 

いやいや

デメリットの方が多いでしょ。

となったら打たない。

 

 

結局、自分の頭と心で考えないと

本当の答えは出ないよね。

 

 

 

リアルセミナーの良いところで

セミナーが終わってから

講師の先生に直接お話しを聞ける時間を

いただけました。

 

 

 

小児科医の本間真二郎先生は、

ノートに図を書いて

難しい内容をとても丁寧に

解説してくださって

難しい内容もすとんと腑に落ちたー

 

 

愛犬家よしりん

吉野先生にも、犬猫のワクチン接種への

見解を丁寧に教えていただきました。

 

 

それは、私の考えていた意見と同じだったので

迷わずその方針でいこうと思います。

 

みんなが打つから、

わたしも打つ。

 

旅行に行けるのなら

ワクチン打つ。

 

ワンニャンも

ハガキが来たから

毎年健康診断とセットで受ける

 

ワクチン証明がないと

トリミングもドッグランも行けないから

毎年ワクチンを打つ。

 

本当にそれでいいのだろうか?

 

あ、ワクチンを打つのが良い悪いのではなく

 

何も考えず

何も調べずに

打っていいのだろうか?

 

 

 

我が家のマロンは、

飼い主の私が何も考えずに

ワクチンを接種させていたら

接種後に、死にそうになりました。

 

このまま死んじゃうの?

そう思うくらいぐったりして

本当に、本当に恐怖でしかなかった。

 

 

病気にかからないために打つはずのワクチンが

こんなに死にそうになるって

どうなってるの?

 

 

その時初めて疑問に思って 

いろいろ調べ始めました。

 

 
こんなに大きさの違う
メイサとBeeなのに
ワクチンの量が同じってどうなの?
 

 

 

その病気、

住んでる地域でリスクあるの?

 

打つ時期は、

この時期でいいの?

 

疑問に思うことが

たくさん出てきました。

(狂犬病は別)

 

ワクチンセミナー

どれだけ行っただろうか。

 

獣医さんのワクチンカウンセリングも

受けたこともあります。

 

これは、人も動物も同じこと。

自分で調べて、学んで

そして決めることが大切。

 

 

SNSでは、書けないことがとても多くて

もやもやするんだけど。

 

だからこそ、

「ここだけの話し」

を聞くために、セミナーに参加するのです。

 

 

本間真二郎先生が

 

「自分だけが自分を救える」

 

そう話されていました。

 

犬猫におきかえると、

 

「飼い主だけが、いぬねこを救える」

 

 

 

春は、わんこ達も

ワクチン接種の季節

 

人間も、新型コロナワクチン接種が

身近になってきましたね。

 

本間真二郎先生 Facebookの発信もとても勉強になります。

 

ワクチン賛成!反対!ではなく、

自分にとって必要なものかどうか

考えるきっかけになりますように・・・

 

 

emily

 

 

我が家のドーベルマンBeeくんの大好きな遊び

ディスク🥏遊び。
 
 
華麗にジャンプする姿は、
惚れ惚れしちゃうくらいなんだけど
 
怪我も多いのです・・・
 
 
この日は強風だったので、
不安定な動きのディスクを追いかけていて
脚をざっくり負傷
 
痛みに強いドーベルマンも
「ヒャン!」
と泣いてた〜
 
 
こんな時にはクレイの出番!
 
使うクレイは
グリーンイライト
 
傷をお湯で綺麗に洗った後は、
 
たっぷりとペーストをつくって
クレイパックをします。
 
ポイントは
直接傷にクレイを乗せること
 
 
 
ペーストを乗せたら、
綿のガーゼで保護
 
image
この日は30分くらいパックしました。
 
そしてもう一つ大切なこと!
 
クレイペーストが乾く前に外します

外したクレイペーストの中には
クレイが血液や、滲出液を
ぎゅーっと引き出して
クレイの中に閉じ込めてくれています。
 
このクレイは、
ものすごく熱くなっていて
熱も吸収してくれてました。
 
クレイペーストを外したら、
お湯の中でクレイを洗い流して
image
 
タオルで水分を拭き取ります。
 
ちょっと傷口が
小さくなっていますね。
 
image
 
そのあとは傷口に
グリーンイライトクレイを
粉のままたっぷり付けます。
 
 
写真でもわかるような、
クレイの粉がすぐに傷口の滲出液を吸ってくれています。
 
傷が治るまでは、
少し時間がかかりそうですが
クレイを使うことで
傷の回復がかなり早くなります。
 
そして何より
痛みが楽になるのが嬉しい♪
 
動物たちは、ちゃんと自分に必要なものがわかっていて
本当にビー君は
クレイをやるときは自分から手を出すのです。
 
「はいどうぞ・・」
 
こんな感じで
クレイを乗せて
ちゃんと横になって休んでいます。
すごいよね。
 
 
一応
メイサ姐さんもあくびしながら励ましてるワン♪
 
 
傷が落ち着くまで
もうしばらくクレイのケアを続けていきます。
 
人もペットも
もしもの時に使える選択肢が多いと
安心ですね。
 
emily
 
 
 
 

2月22日は、ニャンニャンニャン

猫の日なんですね。
 
image
 
我が家に、保護猫兄弟ぐりとぐらがくるまで
猫の日は知らなかったのですが、
愛猫家の仲間入りをしたので
今年からは猫の日バンザイ〜です♪
 
 
さて、ぐりとぐらが家族になって
5ヶ月が過ぎました。
えっ?まだ5ヶ月?
というくらい、馴染んでいます。
 
うちに初めて来た日の
 
白猫オッドアイのぐら
image
 
白猫ブルー愛のぐり
 
image
2匹ともちっちゃいね〜
 
この日から5ヶ月・・
 
まだまだ「お猫さま」の生態には慣れず
犬との違いに戸惑いつつ
 
ぐりとぐらが
猫らしく、猫としての居場所を見つけられるよう
毎日が試行錯誤の連続。
 
 
image
 
猫ご飯🐈もそう。
猫の栄養学も学んでいたので
とにかく1歳までに、
出来るだけ多くの食材を
受け入れてもらいたい。
 
お猫さまは、本当に
仔猫の間が勝負なのだ!
 
image5
 
お肉の種類も、加熱、生、半生
内臓も骨も、カットする大きさも
いろんなパターンを食べられるように
少しずつ
少しずつ
バリエーションを広げていきました。

最終は、今まで食べていたドライフードに
ほんの少し茹でたお肉をトッピング
 

そこから、お肉をすこしづつ増やし
ドライフードから手作りごはんに移行
 
魚を加熱して丸ごと与えたり
 
image

 
 
お正月には、ニャンコお雑煮も作りました。
 
image
 
今では、理想的なホールフードのうずらを
 
image
 
ぐりとぐらで半分づつにして
image
生でしっかり消化吸収できるようになりました
 
image
 
それでも、最近は
苦手な食材や食感が出てきて
 
しれ〜っと残したりする生意気ぶりも。。
 
わたし、燃えるタイプなので
残そうとするニャンズと知恵比べ中(笑)
 
クレイバスもすっかり慣れて
 
image
image
 
ふわっふわの白い毛が自慢です。
 
そして何より嬉しいのがこの姿
 
 
ドーベルマンのビー君と
すっかり仲良し
 
種族を超えた繋がりが
ものすごく嬉しいです。
 
 
メイサ姐さんは、
 
女王様なので
こんな感じ
 
image
 
これが我が家の
オールスターズ♪
 
image
 
まだまだ
いろいろ解決しなくてないけない問題があるんだけど。
 
焦らず
ゆっくりと
 
猫たちとの暮らしを楽しんでいきます。
 
ぐりとぐら
うちに来てくれて
ありがとね。
 
image
 
emily