日本人の奥さん(私)がいても日本語がいっこうに上達しないアメリカ人夫 | アメリカ産天然夫との国際結婚的日常。通訳翻訳者・英語コーチのエバンス愛のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

アメリカ産天然夫との国際結婚的日常。通訳翻訳者・英語コーチのエバンス愛のブログ

広島出身、アメリカ出身の夫(マイク)と2006年に国際結婚。夫婦で2013年に会社を設立して起業しました。英語指導、英語のコミュニティ運営をしています。高い英語力と大和魂を持った人をたくさん育てるのが目標です!

こんにちは。

英語コーチ&通訳翻訳者のエバンス愛です。

 

 

はじめましての方へ:

私のプロフィールはこちらです。
おすましペガサスエバンス愛のプロフィール

 

 

 

アメリカ人の夫・マイクは、
日本に住むようになってもう10年以上になりますが、
最低限の日常会話レベル以上の日本語がいっこうに身につきません。





「マイクは日本に来てもうずいぶん経つのに、

 全然日本語が上達しないね」
 

「あなたが甘やかしすぎなんじゃない?」

と言われることも、あります。
よく、あります。



やっぱり、一般の人には

「日本人の奥さんがいて、日本に住んでるんだから、
 日本語もめきめき上達して当たり前」


と思われているようです。



もちろんマイクの努力不足が一番の原因ですが、
それ以外にもマイクの日本語が上達しない理由は、いくつかあります。


一つ目:彼のこれまでの仕事で、ボスも同僚も全員英語が通じました。
    今は自営業ですが、基本的に日本語は必要ありません。


二つ目:彼はほとんど正式な日本語教育を受けていません。
   (もちろんゼロから独学でマスターした方もいらっしゃるでしょう。
    なかなかできないことだと思います。尊敬します。)


三つ目:何より、私があまり日本語を話す機会を、彼に与えていません。



日本に住んでいるのだから、家でも日本語で話して、
彼の日本語のレベルアップを図ればいいではないか、

と、多くの方はお思いでしょう。


でもですね・・・


それが、本当に、難しいんですよ。


だって、二人が日本語で会話すると、
同じ内容を英語で話すときの


10倍は余計に時間がかかります。



それに、彼と日本語でしゃべっていると、
私まで怪しいガイジンさんになってしまうのです笑い泣き




「はい。あなた、お皿洗います。

 お願いします。ネ!!!」

とか。

(皿を洗ってくれ、と言いたいだけなんですが。)




外国人と日本語で話していると、
とりあえず、「ネ!!!」と語尾につけたくなる、あの謎現象。


あれは一体何なんだろう。



だから、「甘やかしてる」と散々言われるのですが、
私としても、いろいろやってみてはいるのです。


たとえば、銀行口座を一人で作らせるとか。


そういう時には、何と言えばいいのか
事前に教えて、練習します。



「いい、こうやって言うんだよ。
『口座を作りたいんですけど。』」



マイクは、黙っています。


「わかった?
『こうざを、つくりたいんですけど。』





・・・




・・・・





そして、見つめあう二人。





「・・・」

 



「・・・」






そして、マイクが、ついに口を開く。








「What???」









わっと???

 

じゃないだろーーー!!!






「何でちゃんと聞いてないの?

 

 だーかーらー、

『こうざを、つくりたいんですけど!!!!(怒)』









「I know that!!!

(それは分かってるよ!!!)(怒)

『こうざを、つくりたいんですけど』、WHAT???」








「は??(怒)」







まったく会話がかみあってない二人。






マイクが言いました。





「I want to open an account, but, what???」
 

(口座をつくりたい、でも、何??)








わ、わ、わかったぞーーーーーー!!!!!





私が、最後に、「けど(but)」と言ったので、
マイクは、続きがあると思ったらしいのです。



確かに、そうですよね。
英語ではbutと言えば、必ず続きがあります。

でも、日本語では、そうではない。
言葉の終わりに「~なんですけど。」って言いますよね。



私もいつも、使ってますけど。

続きが何もなくっても、「けど」って言いますけど。




でも、銀行の窓口で、




「口座が、作りたいです!!」

「口座を、作ってください!!!」





って言う人、あんまりいない。笑い泣き笑い泣き







そんなわけで、

日本語を身内に教えるって、ほんとに大変なんです。

こんな風に、しょうもない誤解から、喧嘩しちゃうんです。
そして、貴重な体力・気力を消耗するんです。


二人が英語でしゃべった方が、すべてがスムーズに行き、
つまらない誤解が生じることもなく、家の中が平和なんです。


だから、

知り合いの外国人が日本に長く住んでるのに
ちっとも言葉が上達しないとか、

そういうことがあっても、
暖かく見守ってあげて欲しいのです。


決して、怠けているわけでは、ないのです。
(本当に怠けている人もいるかも知れませんが。)


ま、そうは言っても、
マイクが日本語ができるようにならないと困るから、
これからも頑張らなきゃいけないんですけどね。

 

 

<次のエピソード>

 

 

まじかるクラウン人気記事乙女のトキメキ おすましスワン アメリカ人の夫マイクの日本語力編(更新中)
ぽってり苺 アメリカ人夫のマイクってこんな人編(更新中)
ぽってりフラワー 過去の失敗談・痛い話編(更新中)

 

ゆめみる宝石 私がTOEIC500点から通訳になるまで実践した具体的な英語学習法を公開中キラキラ
  →エバンス愛の英語が身につく独学英語ブログ

 

 

 

留学経験なし、英文科卒でもない私が、TOEIC980点、英検1級を取得し
外資系役員秘書、翻訳者、通訳者になった方法を公開します。

 

英語って何からどう勉強したらいい?

仕事が忙しくて勉強する時間がない・・・

そんなお悩みを解決する無料メール講座に、3000人以上が参加中です!

 

独学で英語を身につけ、英語を武器に仕事ができるようになった秘密