源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

格差が広がる社会情勢の中、

お金をかけずに、いつでも誰でも古文の学習ができるよう、

心をこめて、【源氏物語イラスト訳】を描いています。


よかったら日々の勉強にお役立てください。

初めての方はこちら からどうぞ☆


* 主な4つのカテゴリ(ほぼ毎日更新)

1.イラスト訳

2.イラスト解釈

3.重要古語

4.アメンバー記事(不定期更新)

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年01月16日

源氏物語イラスト訳【夕顔337】初めより

テーマ:┗【夕顔】イラスト訳

「…初めより、あやしうおぼえぬさまなりし御ことなれば、『現ともおぼえずなむある』とのたまひて、『御名隠しも、さばかりにこそは』と聞こえたまひながら、…」

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

 

「…初めよりあやしうおぼえぬさまなり御ことなれ

訳)「…初めから不思議で思いがけない状態であっ御関係であるので

 

 

おぼえなむあるのたまひ

訳)『現実の事思われないことであるわ』おっしゃっ

 

 

名隠しさばかりこそ聞こえたまひながら、…」

訳)『名前を隠されるのもその程度の関係であるのだ申し上げなさりながら…」

 

 

【古文】

「…初めよりあやしうおぼえぬさまなり御ことなれ、『おぼえなむあるのたまひ、『名隠しさばかりこそ聞こえたまひながら、…」

 

【訳】

「…初めから不思議で思いがけない状態であっ御関係であるので、『現実の事思われないことであるわ』おっしゃっ、『名前を隠されるのもその程度の関係であるのだ申し上げなさりながら、…」

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【初め】

■【より】

■【あやしう】

※【あやし】

■【おぼえぬ】

※【おぼえず】

■【さま】

■【なり】

■【し】

■【御―】

■【こと】

■【なれ】

■【ば】

■【現(うつつ)】

■【と】

■【も】

■【おぼえ】

※【おぼゆ】

■【ず】

■【なむ】

■【ある】

■【と】

■【のたまひ】

※【のたまふ】

■【て】

■【御―】

■【名隠し】

■【も】

■【さばかり】

■【にこそは】

※【に】

※【こそ】

※【は】

■【と】

■【聞こえ】

※【聞こゆ】

■【たまひ】

※【たまふ】

■【ながら】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

「さばかり」の内容は、諸説あるようですね。

 

「ながら」を継続でとるならば、

上のイラスト訳のように、「その程度」と訳せばいいですが、

 

「ながら」を逆接ととるならば、

「さばかり」は「光源氏ほどの身分」というふうに

捉えるべきかもしれませんね;

 

チュー

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次へ

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス