第1回住田町つながりトレイルランニング大会 | そばにArt   25¢

そばにArt   25¢

  そばにArtを感じて。。蕎麦、Art、焼きそば、TRAILRUN、城
 
   百聞よりは一見がいい。

10月下旬。岩手県住田町で開催された、

住田つながりトレイルランニング大会に参加してきました。

 

この大会は、東日本大震災後、町外、県外からたくさんのボランティアやサポーターが

住田町に入っており、その“つながり”から生まれた大会。

ランナー、ボランティアとしての参加を通して、交流することを目的としている。

友人がこの町の出身で縁があり、今回参加する運びとなりました。

 

住田町ってどこ?

住田町は、岩手県東南部にある人口5,000人程の林業が盛んで、

北上市と釜石市の間の山間にある町です。

岩手県も台風や大雨の被害がありました。

この大会の前日も、けっこうな雨だったのですが、当日は見事に晴れました。

コースは約20km。いざスタート!

町を抜けると、天照御神社の急階段!

この階段はけっこう長くキツい。

神社のある小山を上って下り、川沿いに進むと、町の方のおもてなしエイドが。

甘酒。美味い。

ここからが本格的な山岳路。

林道の上り下りと聞いていたのですが、想像していたより勾配がある。

ドーンと現れる壁のような急斜面。

ここをつづら折りに登っていく。はは..乾いた笑いが出てしまう。

壁を登りきっても、まだ登りが続く。

道が開けた場所で、空には飛行機雲が。

住田町の街並みが望めました。

素敵な風景。

途中、給水エイドが1か所設けてありました。

一息つけたので、また走り出す。

雨上がりということもあり、山々が美しく見えました。

友人から、けっこう寒いからね~と聞いていたのですが、暑い!

この登りに、体力を削られました。

犬頭山(いぬがしらやま)山頂付近は、トレイルが不明瞭な箇所もあり、

誘導テープが張られていました。

草木と倒木や苔が織りなす美しいトレイル。

ふかふかで走りやすい。

きれいに植林された木々が生い茂る。

雨のせいなのか、普段から流れているのかわからないけど石清水。

飲めそう。。だけど、どうなんだろう。

雨の影響で、ところどころ川になっていました。

日向にでると、ほんとに暑かった。

左の若者は、ちょっとがんばりすぎて足が攣って小休憩。。

下りの林道は、走りやすい勾配。

切通し。

数か所、こんな感じに山を切通してあり、道になっていた。

山を抜けた。この砂利道まで来ると町はもうすぐ。

最初のおもてなしエイドまで帰ってきました。

行きは甘酒だったが、帰りは甘酒を凍らせたアイス。

これも美味しかった。(写真ボケてるけど。。)

あともうひとふんばり。。なんですが、

舗装路に出た瞬間から、急に力が抜けてペースダウン。

気持ちの問題かな!?

フィニッシュ手前では、子供たちがお出迎え。

ハイタッチに気づかず一度通りすぎてしまい、子供達ふくれる。。

そんな子たちが純粋でかわいかった。

ちゃんとハイタッチしてフィニッシュ!

フィニッシュ後のお振舞いは豪華で、

肉や魚、焼きそば等たくさん焼かれていました。

鮎も美味しかったけど、住田町特産の鶏ハラミは美味しかったなぁ。

入賞者(1位~3位)が貰える盾。1の数字は第1回の意味。

参加賞のTシャツ。シンプルでかっこいい。

会場にひらりと落ちていた楓。

住田町の方々もおもてなしが温かく、とても素敵な大会でした。

今年が第1回でしたが、ずっと続いてほしい大会です。

また機会があれば参加したい。

 

住田町トレイルランニング大会の高度とコース