不加算名詞について英語で考えよう、続き! | 英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。


テーマ:

 

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。宜しければ読者登録もお待ちしています♪

※※※※※※※

 

スタッフHです、お久しぶりです(^^;)

 

平成最後に、一つブログをアップするつもりでいたのですが、すでに時は令和になってしまいました。

 

気持ちを新たに、がんばります!

さて、前回(平成最後の)スタッフHのブログは、不可算名詞についてのオハナシ。

 

こうして整理すれば、不可算名詞って難しくないかも~!

・・・って、いう内容だったのですが、今回は、不可算名詞の謎が深まってしまうかも知れません。

 

あしからず~!


そんなわけで、まずは、前回お話した、不可算名詞の概念、覚えていますか?

Most noncount nouns refer to a whole group of things that is made up of many individual parts, a whole category made up of different varieties.

でしたね。

many individual parts の例:chairs, tables, beds, desks,

 

a whole group of things の例:furniture

つまり、furnitureは、chair, table, bedなどの総称、ということになります。

 

そして、chairやbedなどは可算名詞で、furnitureは不可算名詞、ってことになるわけですよね。

うん、ここまではOKよ。


でもAzarの本によると、

A language is not always logical. 

 

という1文が。。。。

どーゆーこと?

 

下の文を見てください。

Vegetables are good for our health. (vegetableは可算名詞)

Fruit is good for us. (fruitは不可算名詞)

vegetable も fruit も、 

 

a whole made up of many individual parts 

 

のはずなのに、
野菜は可算名詞で、果物は不可算名詞。・・・・って?!

なんで~~~???

もうわけがわかりません。

こういう部分が、日本人の数の感覚と合わず、日本人が覚えるのに苦労する部分なんでしょうね。


Native speakerの人々は、ここはやっぱ、感覚で覚えて使いこなしているんでしょう。

vegetable と fruit を辞書で引いてみると、さらにややこしい!!!

 

わけが分からなくなるので、ここでは辞書の内容には触れませんが、例えば、

 

【新鮮な果物と野菜】

 

と言うときは、

Fresh fruit and vegetables

 

と言うのが普通のようで、

 

furit は fruits にはならないみたいです。

今度海外に行ったら、スーパーの野菜売り場とかで、どのように表記をしてあるか、しっかり確認してこようと思っています。

今日は、謎が深まってしまった不可算名詞のオハナシでした。

次回は、軌道を元に戻して、もう少し細かく、不可算名詞を、英語の説明で掘り下げてみたいと思います。

 

また見てくださいね~!

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に武蔵野市、横浜市港北区、戸塚区の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________

アクティブ英語先生ネットワーク イシダ+αさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ