大手の塾が掛けている広告費ってどのぐらい? | 英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。


テーマ:

(画像は本文とは関係ありません。先日丸の内の会社に営業に行ってきました!いい天気!)

 
ご訪問有難うございます!
アクティブの石田ですにこにこ
英語&英会話教室・個人塾その他英語の先生全般にお役立ちの情報を発信していますニコニコ
 
今日も、前回に引き続いて、教室運営にまつわる数字が出てきますよ!
 
 
上場しているような大手の塾。
 
個人教室としてがんばっているようなスクールからすれば、
 
「ふん、大手塾は、お金の力にものを言わせちゃって!!
 こっちの方ががんばっているのに!!」
 
なんて、ついついひがんでしまうことも多いかもしれませんね。
 
 
確かに、大手の塾は、お金をかけてバンバン広告をしています。
 
どれぐらい、お金をかけているかというと・・・・・
 
なんと、平均で売り上げの7%以上。
 
多いところでは、11%を超える塾もありました。
 
 
例えば、生徒が100人いる教室の場合、
1年の授業料を仮に20万円とすると、売上は2,000万円です。
 
この塾が、広告費に10%をかけた場合には、
年間で200万円も広告・広報にお金を使っているということになります!
 
 
一方、小さな個人教室で生徒数が30人の場合、
授業料を同じと仮定すると、売上は600万円ですね。
 
この塾が広告費を10%、60万円掛けているかというと・・・・・・
 
たぶん、そんなに広告費はかけていないと思います。
 
 
もちろん、それでは、大手並みに売り上げの1割を広告費に回せば大手に対抗できるのか、というと、そういうことでもありません。
 
 
ただ、広告費をかけたくない、という場合には、
 
自教室について、
 
「大手の塾・教室とは別の魅力」「自教室ならではの強み」
 
というものを、もっともっと引き出していかないと絶対に勝てない。
 
ということを認識していく必要はあるかな、と思います。
 
 
次回も、もう少しだけ教室運営にかかわるお話を続けたいと思います。
 
またお読みくださいねー!!
 

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に目黒区、世田谷区、横浜市鶴見区の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________

アクティブ英語先生ネットワーク イシダ+αさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス