サラリーマンをやめると退職金がない。

これから独立する起業家の方は、このような不安を感じたことが

あるかもしれません。

そういった経営者の方のために、法律に基づいて、国の外郭団体である中小企業基盤整備機構が、制度を運営してくれているのが

小規模企業共済です。

もちろんサラリーマンの退職金は経営者が準備してくれますが、

経営者は、経営者が自ら積み立てることになります。

「なんだ、自分で払うのか」と思った人も多いかもしれませんが、

掛金1千円~7万円をこつこつと積立していくと、その掛金の全額を毎年の確定申告で控除してもらえます。

また掛金は運用されたうえで、退職所得として、安い税率で受け取ることもできます。

不動産オーナーとして独立した人でも加入できます。

掛金の支払期間も退職金の税金に関係しますので、

創業したばかりの人は、是非1千円からスタートしてみてください。

 

 

 

 

AD

税務関係書類に係るスキャナ保存制度の要件緩和についてです。


契約書や領収書といったスキャナで保存できる重要書類の金額基準が

緩和されることに決定しました。

現在は、3万円未満の書類のみスキャナ保存可能だったのが、

一定の要件を満たした場合について、

3万円以上のものについても認められるようになります。


一定の要件とは、適正な事務処理についての規定の整備と、

これに基づき事務処理を実施していることとなります。

なお、この制度の適用に際しては、事前に承認申請が必要であり、

平成27年9月30日以後に行う承認申請について適用となりますで、

申請時期や手続きにご注意ください。

この件について詳しくお聞きになりたい方は、


森本経営会計事務所までお問い合わせください。

森本経営会計事務所

 名古屋市天白区古川町150番地 G-UP野並301

 電話番号:052-899-6770

AD

高年齢者雇用安定助成金とは…



企業内における高年齢者の活用促進を図るため


一定の要件を満たした環境整備計画書を策定し


その計画書を実施の3ヶ月以上前までに


(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構に提出し


認定を受けた上でその計画を実施することにより


支給対象経費(上記の計画に要した費用)の2/3(大企業は1/2)


のうち一定額の助成金を受けることができます。


この件について詳しくお聞きになりたい方は、

森本経営会計事務所までお問い合わせください。





森本経営会計事務所

 名古屋市天白区古川町150番地 G-UP野並301

 電話番号:052-899-6770


AD