8/27月曜日  ホームスクーラー同士のランチ座談会開催します! ≪千葉県松戸市≫ 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

以前、我が家の小4次女と一緒に参加させていただいた

 ホームスクーラー親子のロッテ浦和工場見学ツアー

 

こちらに参加された皆さんと、8月ランチ座談会の企画が出ましたので、

ご興味のあるホームスクーラーさんがいらっしゃったら、ぜひぜひご一緒しましょう♪

 

親子参加でも、大人のみの参加でも、どちらでもウェルカムです。

 

 

 

 

 

~詳細~

 

◆日程 2018年8月27日

 

◆時間 11:30~13:30

 

◆会場  日本料理 『さんかい亭』

  ※個室予約しました

 

 

◆交通 JR武蔵野線 新八柱駅 / 新京成線 八柱駅   徒歩1分

 

 

◆参加費    自分の家族の飲食代

・そば、うどん、そば+ミニ丼、うどん+ミニ丼、御膳(海鮮、天婦羅、フライ)、お子さまプレートがあります。

 

 

◆その他

希望者は、ランチ座談会のあと隣の駅のボーリング場で一緒にあそびましょう。

その後は自由解散となります。

 

 

◆お申し込み先    ※締め切り 8/24金曜日

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f294b99b240696

・座談会お申込みの際に、ランチご注文の内容も併せてお知らせください。

・メニュー http://micfoods.net/menu/lunch/

 

 

◆企画

ホームスクーラー家族有志(千葉県、埼玉県、茨城県など)

 

 

 

 

発達凸凹さんの数ある特徴の一つに、『口が悪い・暴言が多い』というのがあります。
 
「暴言」「トゲトゲしい言葉」は、言われた人は傷つきショボーン、そして、それを聞いている周りの人たちもとても嫌な気持ちゲッソリになります・・・。  
 
わたしは、日頃、我が家の発達凸凹さんが発する「トゲトゲしい言葉」について 考えたり悩んだりすることが多いのですが、
『非暴力コミュニケーション』という言葉を、数か月前にFBイベント告知ページで初めて目にした時に、
ものすごくピン!!!と来たのでした。
 
 
今回、マーシャルさんの非暴力コミュニケーションの本を読んで、
 発達凸凹の有無に関わらず!!
人間同士のコミュニケーション上のトラブルを解決する一つの効果的な手法の存在を知ることができて、

とってもとっても救われた気持ちになりました。
 
『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版』
  by マーシャル・B・ローゼンバーグ

 ※NVC=ノンバイオレント・コミュニケーション
  (非暴力コミュニケーション) 

 
 
こちらの本の考え方の一部を扱ったものが、『子育て航海術』です。
※8/9木曜日 千葉県松戸市で『子育て航海術』の体験版を開催します!
https://www.facebook.com/events/1770997712986614/
 
 
 
この非暴力コミュニケーションによって、 マーシャルさんは、
◆紛争や戦争で疲弊した地域の民族間の対立
◆暴力団と警察との対立
◆荒れた学校での教師と生徒の対立 
◆雇用者と労働者の対立
◆ティーンエイジャーと親の対立
◆30年以上続いている夫婦間の対立
◆親族間の対立 
◆うつ症状を持つ人の自分自身との対立
…などを解決に導いてきたそうです。
 
 
 
◆NVC=非暴力コミュニケーションの4つのプロセスは・・・
【1】(自分を/相手を)観察する   ※「評価」ではなく「観察」
【2】(自分の/相手の)感情を見つめる
【3】(自分が/相手が)必要としていることを明確にする
【4】(自分が/相手が)望んでいる具体的な行動を考える
 
 

それから、何かのトラブルがあったときに人には4つの選択肢がありますが、 非暴力コミュニケーションでは、(3)や(4)を行います。 
 ◆トラブル直後の選択肢 
(1)自分自身を責める 
(2)相手を責める 
(3)自分の感情と、自分が必要としていることを感じ取る 
(4)相手の感情と、相手が必要としていることを感じ取る  
 
 
子育てにおいても、この(3)や(4)は、とても有効なことだなぁぁと感じています。
 

この本を読み終わってからのここ数日、自分の日常生活の中でのイライラを、
 非暴力コミュニケーションの4つのプロセスに照らし合わせながら考えてみています。
 
 
もちろん、いきなりうまくはいきませんがっ!! 
それでも、必要以上に自分の感情にブンブン振り回されたり、 
感情大爆発して溶岩が流出する事態に陥らずに済んでいるのではないかと思われます(笑)
 
 
最後に・・・ 本の中で、わたしの印象に残った言葉が 
◆「必要としていることを表現する苦痛、表現しない苦痛」 
◆「とりわけ女性は、自分が必要としていることを表現すると批判されやすい。    
 何世紀ものあいだ、愛情深い女性のイメージ、自分が必要としていることを    
 押し殺して人の世話を優先する自己犠牲的なイメージと重ねられてきた」 
◆「自分の必要としていることを表現することが女性にとってどれだけ怖いか」  
というものです。 
 
これは本当に、その通りだなと思います。 
女性は、本当のニーズや本当の気持ちを封印して苦しんだり、
 逆に、感情大爆発して自己嫌悪したりすることが多いですよね。 
 
非暴力コミュニケーションの手法では、
相手を責めずに、自分自身のニーズや感情をしっかり見つめて、 
大爆発せずに相手に伝えるというステップを踏むところが気に入っています。 
 
今後も、じっくりじっくりじっくり、時間をかけて取り組んでいきたいと思いますオッドアイ猫 
 
 
◆お知らせ
8/9(木)子育て航海術 ~体験版~ @松戸 ☆本当の自分の願いに気づきたい☆
https://ameblo.jp/acco888/entry-12393949453.html
 

2018年8月9日 木曜日 千葉県松戸市にて

『子育て航海術 ~体験版~ 』
☆本当の自分の願いに気づきたい☆
☆自分らしく生きる「指針」を育む☆
 

 
 
日々沸き起こるいろいろな感情。 
 
その感情に、
良い悪いをつけて、
コントロールして、
出したり 出さなかったり、
無かったことにしたり・・・。
 
でもその感情、
わたしの中に確かにあったはず。
 
この感情を出すと・・・
嫌われる?
怒られる?
笑われる?
恥ずかしい?
誉められる?
喜んでもらえる?
 
 
わたしたちは、生まれてから今までの間に、
いろいろな経験をしながら、ここまで暮らしてきました。
 
母である前に、わたし。
妻である前に、わたし。
娘である前に、わたし。
部下・上司である前に、わたし。
 
いろいろな役割はあるけれど、
わたしがわたしであるために、
感情の奥にあるわたしの本当の願いにアプローチしてみませんか?

 
共感コミュニケーションを通して、
「社会に適合させるための子育て」から、
「自分の内側にある真実に目を向け、共に創造しあう家族・社会」へ。

 

子育ての航海のコンパスとなる 「 本当の自分の願い」を、一緒に探究していきませんか?
 
 
 

【子育て航海術 HP】
http://familycompass.jp/personal/logbook
 

【子育て航海術 ファシリテーター プロフィール】
川上 朝子 (かわかみ あさこ)
歯科医師としてパートタイムで働きながら、
娘と向き合う中で子どもの感情の豊かさに驚かされる。
震災後、いろいろな社会を取り巻く事実を知る中で、
それぞれの想いを知りたいと、対話、NVC、子育て航海術に出逢い、自己探究中。
 
 
 
【イベント詳細】

○日程 2018年8月9日 木曜日
 
○集合場所 JR松戸駅 「みどりの窓口」前
○集合時間 13時10分 
 
○開催場所 ファシリテーター自宅にて(JR松戸駅から徒歩約12分)
○開催時間 13時30分~16時30分(予定)
 
 
○募集人数  のこり3名
※最少催行人数の設定がございます。
「前日8/8水曜日12時まで」に最少催行人数に達しなかった場合は、9月に延期させていただきます。
 
 
 
○ お子さまの同伴について
お母さまが航海術に集中できるように、 信頼できる方にお子さまをお預けになることをお勧めいたしますが、 お預けになることが難しい場合、ハイハイまでの乳児さんのご同伴は大丈夫です。
下記のお申込フォームに、お子さまの月齢と同伴希望の旨を一言ご記入ください。
 
 
 
 
○参加費
大人1名 3,000円(お茶付き・当日払い)

 
 
 
 
○お申込フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f294b99b240696
※お申込人数に達し次第、締め切りとなります。
※締め切り日時・・・8/8水曜日 まで。
 

【企画】 くまがい あきこ
http://www.facebook.com/akiko.kumagai888

2018年7月12日 木曜日 開催!

ハート子育ての悩みを解決!子育て応援サロンハート

【開催地:東京・三河島】

【対象】赤ちゃん~高校生を子育て中の保護者

 

本サロンの子育てアドバイザー : よしおか ゆうみ先生

 

よしおか ゆうみ先生 は、かの有名なトップゴルファー 石川 遼 選手 のメンタルサポートをされたご経験があり、

https://conobie.jp/article/3713 )

現在もプロを目指し邁進するジュニア・ゴルファーたちの精神面を支えるお仕事をされています。

また長年、家族カウンセリング、パートナーシップカウンセリングもされており、

『男女の脳はすれ違うようにできている!』(エイ出版社・2015年)も著されました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4777936074/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_n8FnBbZC2H4YZ

 

今回の子育てサロンは、共育ステーション 地球の家 が主催ですが、

ゆうみ先生と地球の家スタッフの出会いは2012年で、それ以降、公私に渡りお世話になってきました。

ゆうみ先生の柔らかい物腰と、チャーミングなキャラクター、そして包容力のあるアドバイスは

どれもとても魅力的で、わたし(熊谷)の憧れの大人の女性です。

 

このサロンで、素敵なゆうみ先生と皆さんのご縁を繋ぐお手伝いをさせていただけたら幸いです!

 

 

共育ステーション 地球の家 

熊谷 亜希子

【BLOG】http://ameblo.jp/chikyunoie/

【FB】https://www.facebook.com/chikyunoie

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
三河島 子育てサロン





子育てには悩みがつきものです。
赤ちゃんのときも、
幼児期も、
学童期も、
思春期も、
次から次へと悩み事がでてきます
でも、どんな時でもママとパパの笑顔があれば、
子どもはスクスク成長してくれるはず!
過去2万組以上の家族と信頼関係を結んできた
ファミリーシップ、パートナーシップの
アドバイザー よしおか ゆうみ先生に
心の悩みを聞いてもらいましょう

泣いても、悩んでも、
笑いあえる家族でいられますように。
(赤ちゃんから高校生を子育て中の保護者の方が対象となっております。お子様連れでどうぞご参加ください。
妊婦さんももちろん大歓迎です)

***********************
【日程】 7月12日(木)
※奇数月の第2木曜日に開催していく予定です。
開催予定:7/12、9/13、11/8、1/10、3/14
 
【時間】10時半~12時
 
【参加費】大人1名 1500円(お茶菓子付き)
※おやつが必要なお子様はお茶菓子代300円を別途ご用意ください。
 
 
【会場】みんなのおうち三河島
住所:東京都荒川区東日暮里6-27-12
交通:JR「三河島」駅から徒歩5分
   JR山手線・京浜東北線・京成線「日暮里」駅から徒歩11分
 
 
【対象】赤ちゃん~高校生を子育て中の保護者
 
 
【申し込み】事前予約制
◎開催3日前(7/9月曜日)までに下記アドレスにお申込みください。
 
メール matsudo☆chikyunoie.jp
(※☆の部分を@に変換ください。)
必要事項
①お名前
②お子様の同伴の有無
③お子様の年齢
④いま悩んでいること
 
 
 
子育てアドバイザー
よしおか ゆうみ先生
≪プロフィール≫
・株式会社プライム・ヒル 人材育成事業部長
・ファミリー心理カウンセラー
・プリマリタル(結婚準備)カウンセラー
・保育・教育・子育てアドバイザー/講師
・MCC結婚生活相談センター 副センター長
・アスリートジュニアのメンタルスクール主宰
・任意団体 asobi基地 顧問/アドバイザー
 
 
💛大学や幼稚園での講演会や雑誌掲載などで活躍中の
ゆうみさんからのメッセージ💛
「幼少期から自立するまでの成長の道筋を知っておくことは大切です。大きな目で子どもの育ちを捉えることで、
親としての心構えや子どもやパートナーを観る目に
余裕が生まれ、自分も家族も幸せに過ごす時間が確実に増えます。
 私が教育現場で取り組んできた実践研究、幼児が自立するまでの長年にわたる追跡調査、思春期にスポーツに取り組む子どもたちのメンタルサポート、様々な家族相談などの経験をもとにしてお話します。様々なエピソードを交えながらお伝えしますので、どうぞ楽しんで聴いてください。
 
■著書

『男女の脳はすれ違うようにできている!』(エイ出版社・2015年)

https://www.amazon.co.jp/dp/4777936074/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_n8FnBbZC2H4YZ

 

 


【主催】共育ステーション 地球の家

【BLOG】http://ameblo.jp/chikyunoie/

【FB】https://www.facebook.com/chikyunoie