アカンプリッシュ 松本のブログ

アカンプリッシュ 松本のブログ

㈱アカンプリッシュ代表取締役 松本真二の日記。
思ったこと、感じたことを綴っていきます。

●店舗・オフィス
●店舗・オフィスの内装施工
移転の際の家具・電話工事

行っております。


HPはこちら → accamplish HP         

採用も随時行っています → 日本仕事百貨さん          


テーマ:

分かったつもりと、重ねて学ぶことの重要性

2年前に視察に行ったザッポスという会社へ
再度訪問する機会が訪れました。
靴の通販を行っている会社で、日本ならロコンドという
会社のサービスが近いかと思います。
< ザッポス >
https://ja.wikipedia.org/wiki/Zappos.com

ザッポスは、現在はamazoの傘下ですが、それでも

自分達が大切にしていることや価値観を守りながら
運営を続けているところは素晴らしいなと感じます。

 

 

2年前に行き、社内ツアーに参加して案内してもらったので
ある程度は分かっているつもりでした。

たしかに、ある程度は分かっている内容でしたが、
2年前と比べて自分の状況や会社の状況が変わってきているため
非常に学びが多くありました。

「同じことを学んでも、自分を取り巻く環境が変われば
 学びは大きく変わる」

そして、知っている、と分かったつもりは勿体なく、
自分よりも優れている人にからは時間を置いて

重ねて学ぶことも重要だという気づきがありました。

自分で意識的に反復して学びの時間を作るようにすることが
非常に重要だと感じたツアーでした。

良い時間でした。

 


テーマ:

とても久しぶりにブログを書きます。

 

テーマは

「繁盛する歯医者さんはどんな歯医者さんか?」

 

先日、お医者さん向けのコンサルティングをしている方と

お話しをする機会がありました。

 

開業医の中でも、歯医者は非常に競争が激しく、

生き残ることが難しく、医院を繁盛させるのは

かなり困難だとのこと。

 

「繁盛する歯医者さんと、そうでない歯医者さんの

 違いはなんですか?」

と聞いたところ、


「腕の良し悪しはある程度は関係するだろうけど、 大きく影響しないんです。

 繁盛するために必要なのは、患者さんとコミュニケーションが

 ちゃんと取れるかどうかなんです。

 

 ドクターたちは若いころから、先生、先生と言われてきました。

 そのため一部のドクターには自分が患者やスタッフから

 どう見られているかを見誤る人もいる。

 また、腕が良ければ患者は付いてくる、と考える人もいるが

 実は患者は腕の良し悪しを判断できない人がほとんど。

 

 治療するのは当然のことなのですが、大切なのは、

 患者さんの話をちゃんと聞き、分かりやすく説明し、

 患者さんの希望と自分達の治療の折り合いを

 上手に付けられる人なんです」

 

 

自分を振り返ると、たしかに「そうだよな」と思い当たる節があります。

私たちの仕事も、一部のお客さまからは先生と呼ばれることがある仕事です。

 

しかし、良いものを創ろうとする気持ちが強すぎて、お客さまを置いてけぼりにしては、意味がありません。

全く違う業界の方とのお話しでしたが、得るものは大きかったです。

 

 


テーマ:

ナゼかスタッフの方に美人が多いと噂の不動産屋さん

「ウィル・ビー」さんの改装を実施しました。


ウィル・ビーさん

http://www.will-be.co.jp/


カフェっぽく、明るく、というご要望にお応えするべく、

デザイン・施工を行いました。


IMG_2150.jpg


お客様の座るカウンターは、既製品では良い質感や

サイズ感が無いため、全てオーダーで作成。

カウンターひとつでも、皆さんの細かなこだわりが詰まっています。


IMG_2152.jpg


渋谷近辺で、物件をお探しの方は是非お出かけください。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス