のあノート
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2021年1年10月24日北総花の丘公園譲渡会

本日、1/24印西市北総花の丘公園にて譲渡会でした。

千葉県にコロナで緊急事態宣言が出ましたが、人も集まらないし行きました。

それとQの希望者がいて、Qがオシッコを長く我慢できないと聞いて「考える」と言った方が来るかもしれなかったので行きましたが、その人を含めて誰一人今日は来ませんでした。

一人も来なかったのは今までで初めてかも。

雨だったし、緊急事態宣言が出されているせいでしょう。

公園に人が一人もいませんでした。

 

Qです。

 

暇なのでブラッシングしました。

毛が浮くように抜けていたのですっきりしました。

 

次回は2/28日です。

コロナは収まっていないとは思いますが、開催予定なので皆様のお越しをお待ちしております。

 

2020年11月22日北総花の丘公園譲渡会

本日11月22日は北総花の丘公園にて譲渡会でした。

カレンダーを買いに里親さんたちが来てくれました。

だから賑やかな譲渡会でした。

参加はQちゃん。

 

クッピーもカレンダーを取りに来てくれました。

 

カレンダーは完売しました。

次の譲渡会は来年1月24日です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

Qとオムツ

Qはオシッコが我慢できないようです。

今までに二回、足を上げて一回目は猫の二階建てのケージに、二回目はテレビのレコーダーにしました。

もう一回は書庫の一角が水浸しになっていました。

散歩と散歩の合間に家でオシッコをしてしまうのは老犬だったカイとあまりにも長時間家を空けていた時にもずくがやったくらいです。

4-5時間でオシッコに出したり、夜外に連れて行ったりとしているのですが、大丈夫だろうと思った時にはやられます。

長時間空けないように昨日なんかは夜中の一時過ぎ、私が寝る前に外に連れて行きましたが、庭を10周くらいしてもオシッコせずで何なんだと思いました。

今朝は私が出かける前8:30くらいに外にオシッコに出たのですが、出ませんでした。散歩が5時で三時間半くらいでは催さないようで、出ない時はやらないみたいです。

どんな犬でも外に出すと必ずオシッコするのですが、Qはそうではないようです。面倒だ。

昨日からオムツをすることにしました。

外に繋いでもいいのですが、当面はオムツ対応。

オムツを嫌がらずに付けてくれているのはよかったです。

 

2020年10月25日北総花の丘公園譲渡会

本日は新しくQを迎え入れ、二ヵ月ぶりの北総花の丘公園にて譲渡会です。

 

初参加のQです。

 

カレンダーを買いにたくさんの里親家族が来てくれました。

珍しいくり丸です。

 

くり丸の家族のミクちゃんです。

 

風太です。

 

優しい豆太です。優しいのでみんなに好かれます。

 

 

 

ボビーです。

 

豆太とボビーは保護されていた時一緒にいました。

共に13歳だそうです。

12年前だから覚えているかと思いましたが、わかっているようです。

 

我が家に長くいたメリーです。

優しい家族に迎えられ、びくびくした感じがなくなりました。

 

たくさん来てくれて賑やかな譲渡会でした。

カレンダーもほぼ完売です。

ご協力、ありがとうございました。

次回の譲渡会は11月22日です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

帰りにカレンダーを届けにガソリンスタンドをしているななのところに寄りました。

ななは怖がりで私のこともすっかり忘れて怖い。

だからケージに入っている。

 

家族の猫は自分が守らなくてはならないと思っていてすずに私が触れると気が気でなく出てくる。

このすずちゃん、とてもかわいいんです。

 

 

Qちゃん、英語わかる Sit, Hand, Down

Qちゃんは間違いなく飼われていて捨てられた犬。

お座りできるかしらと思い「お座り」と言うとなんとなく雰囲気を察してやりました。

お手も私が手を差し出すのでそこに載せました。

前飼われていたところで教えられていたのかどうなのかよくわかりませんでした。

 

我が家の命令は「食べてもよし」の「よし!」以外はすべて英語。

その癖でQにもSitというとすぐに反応してお座り。

 

えっ、英語わかるの?

じゃあ、Hand

お手しました。

 

お代わり Anotherは知らないようでHand でお代わりできました。

私も Hand, Hand で Anotherはあまり使いません。

 

もしかして Downもと言ってみたら伏せできました。

 

Wait 待てもわかるようです。

 

 

Qは英語の命令で躾されていたようです。

そんな人が捨てるんだ・・・

里親募集 Qちゃん

茨城県の愛護センターから引き出してもらったQちゃんが来ました。名前がQちゃんとなっていてかわいいけどなんでQちゃんと思っていたのですが、9/9に捕獲されたからそうなったのだろうと、先日カレンダーを我が家まで買いに来てくれたいつも障害者テニス大会にいっしょにでるHさんに言われてきっとそうだろうと思いました。頭いいなぁ。本人が頭の回転が速いと言っていました。

 

里親募集始めました。

Qちゃんです。

 

リストで見たよりも大きい感じがしました。

穏やかで堂々とした感じがします。

たまにうちの猫たちを威嚇してワンと吠えますが、特に問題もなく過ごしています。

落ち着いていて、じっとしています。

 

来週の日曜日10/25の譲渡会に出ます。

良縁がありますように。

 

2020年9月17日もずく正式譲渡

2020年9月17日もずく正式譲渡になりました。

本日フィラリアの検査で強陽性だったのが、-マイナスになっていたそうです。

そして心雑音もなかったそうです。

もずくは我が家で家に入る時に興奮して4度動きが止まり、倒れたことがありました。

病院に行くとフィラリアの症状で、でもフィラリアが治っても今までダメージを受けた心臓はそのままと言われました。

また興奮すれば倒れるかもしれないですが、もずくは現在いつも室内なので家に入ると興奮することもないでしょう。

何かうれしいことがあれば起こるかもしれないですが。

とりあえずはマイナスになってよかったです。

 

我が家に一年以上いたもずく。

待って良縁に恵まれました。

穏やかで幸せそうです。

保護犬の逃亡が頻繁にあるそうですが、今は散歩の時も二本のリードで用心してくださっています。

上の写真のようにね。

我が家でも放れて捕まらないことはあったのですが、捕まえさせないだけで遠くにいなくなってしまうことはありませんでした。

でも用心に越したことはないでしょうね。

 

3匹の不妊去勢手術、無事終了

朝、6時過ぎに家を出て鹿嶋の現地に7時少し過ぎに到着。

三匹の手術は昨日終わっていました。

それぞれのケージに入れてもらっていました。

6,000x3=18,000円。

安いですが、前回のメス猫妊娠していてプラス1,000円で7,000円と合わせると25,000円。

手術自体、餌をやっている彼らにやる気がなかったからお金を出す気は毛頭ない。だんだん腹立ってきました。餌やるから増えるんだよ。餌やるんだったら不妊去勢手術まで責任持ってほしい。

 

なかなか捕まらなかった三毛猫♀

 

そこそこ人懐っこい♀

 

こちらもそこそこ人懐っこい♂

 

これで不幸な命が増える心配はなくなりました。

残りのオス、お願いしておきましたがどこまで本気でやってくれるかわかりません。

捕獲器ももう一匹の性別不明の子を捕まえるように置いているのに使っていない様子。

使うように言いましたが、やってくれるかは不明。

この二匹はお金出してくれるか聞いてみよう。

出すならやらないと言いそうだけど。

子猫3匹の不妊去勢手術、できる

5月に近所で餌をやっているお宅で子供を産んでしまった猫3匹の手術をしました。

その生まれた子たち4匹が、子供を産み、産ませる月齢になり、そこのお宅に捕まえるようにずいぶん前から言っていましたが、2匹が捕まえられず、私も先週その家に行ったのですが家の中で逃げて捕まりませんでした。

最初は全く生まれた子たちの手術をする気なんかなく、だれかにもらってもらうなどと言っていたから、捕まえようする気になっただけでもましでしょう。

 

今日の4:45前に3匹が捕まったとおばさんが来ました。

メス2匹とオス一匹です。

え~、4匹って言ってたのに。

手術をしてもらう鹿嶋まで一時間も掛かります。

そして連れて行き、迎えに行くのに2往復しなければなりません。

捕まらない一匹はオスだからいいと無責任なことを言います。

自分さえよければいいのでしょうか。

その子が他の猫を孕ませればまた不幸な命が増えます。

絶対にあきらめないようにお願いして、3匹だけ手術することにしました。

 

午後6時過ぎに鹿嶋に到着して、優しい先生にお願いしてきました。

明日、彼女の出勤前、午前7時に迎えに行かなければなりません。

私にはそれから日曜日テニスの試合でできなかった1日そうじが待っています。

気が重い。

でも3匹の手術をすれば前よりは気が楽になります。

もう一匹のオスと、前回手術したこの4匹たちのおばあさんが産んだ猫、もう一匹もまだ捕まりません。

本気で捕まえてほしい。

 

この子が産み続けていました。

妊娠していました。

5月の3匹のうちの一匹も妊娠していました。

つまり半分は妊娠していたのです。

これ手術していなければどんだけ増えていたでしょう。

手術できてよかった。この子も人慣れしておらず、捕獲器で捕まえた子でした。

ここまでどうして気が付かなかったのか、そうなることはわかっていても餌をやり続けています。

これからは餌をやって栄養状態がよくなっても、子供は産みません。

 

お金は出してもらえるから別にやりたくもないけどやってもらおうかという感覚でしょうか。

帰宅してからおばさんがお礼のものとしらすを私と先生に持ってきましたが、そんなものはいらないのです。

それを買うお金を手術代として当ててほしい。

自分たちが手術したという感覚をもってもらいたい。

でも無理。

私が手術をするのは猫のため。新たな不幸を産ませないため。

おじさん、おばさんのためではないからウダウダ言わない。

でも夫にはこの不満を聞いてもらいました。

 

2021年オリジナル・カレンダー販売中

3月から作り始めていたカレンダー、8月末に入稿し、出来上がりました。

今年もよろしくお願いします。

一部500円です。

みんないい顔で載っています。

幸せそうです。

このカレンダーで癒されてくださいね。

よろしくお願いします。

ご注文はFBからでも、HP アニマルサポート・ノアからでもできます。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>