突然ですが、


□胃やお腹がはる

□げっぷ、ガスが多い

□ため息がでる

□胸や喉がつかえる感じがする

□イライラする

□怒りやすくなった

□不安感が強い

□憂鬱な気分が続く

□生理不順


など、

当てはまることは

ありませんか?


これらは

気滞(きたい)

という状態のときに

起こりやすい症状

です。


気は

のびのびと

妨げられることなく

体を巡っていると

調子が良いのですが、

なんらかの問題で

阻滞されると

気滞という状態になり、

上記のような症状が

現れます。


遊走性だったり

発作性だったり

痞えたり

詰まったり

膨満感があったりで、

ため息やガスが出ると

症状が軽くなる

ことが多いですが、

ひどいと

痛むこともあり、

情緒の変動で

現れる症状が

増強したり軽減したり

することも多いです。


時期的にも 

春は

伸びやかに成長する季節

なのに、

ここのところは

明るい話題に乏しくて

我慢せざるを得ない

ことも増えてきているので、

気滞の症状が現れる方は

多くなるかもしれません。


家では

適度に体を動かして

発散するのも

ちょっと難しい…

というときには、

香りのよいものを

食事に取り入れる

のはいかがでしょうか?


薬膳では

香りのよいお茶や食材は

気の巡りを良くする

ものが多いです。


教科書に載っているものでは

ジャスミン、玫瑰花、

玉ねぎ、エシャロット、茴香、

柑橘系の果物

などですが、

自分が心地よく感じるものがよい

と私は思っています。


おすすめは

少量ずつにする

こと。


食材には

・温めるもの(温性)

・冷やすもの(涼性・寒性)

・どちらでもないもの(平性)

があって、

例えば

イライラ怒って熱っぽいときに

温性のものを

大量に継続して摂取すると

かえって症状が悪化する

ということもあるので…。



美味しいなあと思う

バランスが良い食事に、

ちょっとプラス

してみたい食材の

性質や効能を調べて

献立を考えるのも

楽しいものです。



こういう本もあります。



玫瑰花紅茶



玫瑰花(ハマナス)

性味:甘微苦/温

帰経:肝脾

効能:理気、解鬱、化瘀


見た目の可愛さのみではなく、

血行をよくして

痛みを軽くする効果

もあるそうです。



川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・

エーケー有馬薬局



前回に引き続き

腸活講座からです ^ ^


腸を元気にする

腸活ですが、

今回は

小腸の腸活について

です。


小腸は

栄養分の

消化と吸収

をするところ。


口から肛門まで

一本の管になっている

消化管の一部分ですが、

口から摂取したものを

初めて体内に取り込む

ところが小腸です。


体に

必要なものを吸収する

一方で、

有害なものを

体内に入れないように

管理する関所でもあるので、

体内の免疫細胞

一番集まってます。


というわけで、

小腸の腸活のポイント

小腸粘膜の

バリア機能を高めること

とのこと。


粘膜は

体外と体内の境界線。


小腸粘膜の表面には

粘液で潤った

絨毛と呼ばれる

沢山のひだがあります。


絨毛が城壁

粘液がお堀

とすれば、

城壁が高くて

お堀が深ければ

バリア機能がアップ

します。


絨毛が元気に働く

ために重要な栄養が

グルタミン

(注:旨味成分のグルタミン酸ではありません)


グルタミンは

体内で賄える

非必須アミノ酸ですが、

運動、風邪、ケガなど

体にストレスがかかると

大量に消費され、

体外からの摂取が必要になる

こともあるそうです。


肉、魚、卵、海藻、大豆など

に多く含まれていますが、

熱に弱いので

生食の方が

効率よく摂取できる

とのことでした。


生食って

消化するのに

負担が大きいとも

思うので、

少量ずつコツコツ摂る

のがいいと

個人的には思います。


腸活のために

作られた

水溶性食物繊維配合の

オリジナルサプリメント

もあるので、

自分で検証後に

またご報告したい

と思います‼︎






川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・エーケー有馬薬局





コロナウイルス対策の影響で

会議室やホールで開催する

勉強会は軒並み中止

になっているのですが、

インターネットで

ライブ配信を視聴したり、

ライブビデオで

音声やチャットで意見交換できる

ような勉強会の開催も企画され、

むしろこっちの方がいいんでは?

と思うようなこともあったりして…。


大変なときこそ

新しいことが定着するチャンス

ということもあるのかも

しれませんね^ ^


そんな感じで

腸活講座の第1回目が

先日あり、

参加しました。


腸活といえば

腸によい食事、

善玉菌や

その餌になるようなものを

多く摂って、

便通を整える

というようなことが

思い浮かぶ

かと思います。


大筋はその通り

ではあるんですが、

店頭で相談を受けている

お客様の中には

腸活と称して

『ヨーグルトは食べてるけど

あんまり効果は感じないなぁ』

で終わりになっているような

方も多いと感じます。


今回からの講座を通じて、

なんで腸活が大切

で必要なのか、

理屈の部分と

実践のところと

ちょっとずつ紹介

させて頂いて、

みんなで元気に

なれたらいいな

と思います。


で、

今回は

大腸の腸活

についてです。


結論から言うと、

大腸の腸活では

大腸の腸内細菌の多様性

を高めて、

短鎖脂肪酸をつくって

もらえるように

していくことが大切

とのこと。


短鎖脂肪酸というのは

酢酸、酪酸、プロピオン酸など

有機酸の一種で、

大腸内の腸内細菌が

オリゴ糖や食物繊維などを

発酵することでつくられます。


この発酵には

複数の腸内細菌による

関与が必要なので、

多様な腸内細菌が

共存していることが必須です。


短鎖脂肪酸は

腸内を弱酸性に保ち

悪玉菌の増加を抑えたり、

ぜん動運動を促進、

ミネラルや水分の吸収に関与、

粘膜をよい状態に維持して

病原菌の侵入を防いだり、

便通を整えるなど、

腸の機能を良くする以外に

血流に乗って全身に運ばれて

脂質代謝や免疫調節

にも寄与するそうです。


肥満解消

アレルギーを改善

したい場合にも

大腸の腸活が重要

な訳ですね‼︎


普段の生活では

・よく噛んで食べる

・お腹を冷やさない

・旬の野菜を積極的に食べる

・なるべく無添加の食品を食べる

・肉や脂など腐敗が進みやすいものは

食べ過ぎない

ことなどが

おすすめです^ ^



さくら祭りも残念ながら中止ですが、

きれいに咲き始めていますよ‼︎


川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・エーケー有馬薬局



先日

情報番組の

スッキリで、

白髪に悩んで受診

する若い方が増えている

というものが取り上げられて

いました。


原因のひとつとして

ストレスがあり、

ストレスで増加した

ノルアドレナリン

という神経伝達物質によって

髪に色をつけるメラノサイトが

影響を受けるらしく、

消失してしまうと再生せず

白髪のままになってしまう

とのこと。


よく噛んで食べると

ノルアドレナリンの分泌を調整する

セロトニンを増やすということ、

カツオはセロトニンの材料になる

トリプトファンやビタミンB6

が豊富でおすすめの食材

とのことでした。



また、

栄養不足や血行不良

が原因の白髪の場合は

改善することもあり、

38~40℃のお湯を

1分間ながして

頭皮マッサージすると

血流改善にいいそうです。



漢方では

髪といえば、

血余

腎の華


髪は血によって

栄養されていますが、

根源は腎の精が

血に転化して

精血が旺盛であることで

ふさふさ

ツヤツヤの

髪を維持します。


また

血を貯蔵して

全身の血液量をコントロール

しているのは

ですが、

疏泄といって

全身の気の流れをコントロール

もしていて

ストレスを受けると

気の流れも影響を受ける

ことが多いです。


ストレス

気が滞る

血流も滞る

髪に栄養が届かない

白髪

ということも

あるわけです。


春は

肝気が旺盛になりますが、

肝の機能が弱っていると

かえって不調を訴えて

ご相談にいらっしゃる方も

多いです。


急に白髪が増えたり

薄毛や艶が減ったなど

気になっている方は、

もしかしたら

この季節は

通常よりも不調を強く感じて

いらっしゃるかもしれません。


ストレスに強くなる

体力つくりに

漢方薬はおすすめですので、

気になる方は

ご相談くださいね‼︎



肝血虚の代表薬といえばこれですね ^ ^


特に

生理がある女性は

常に血が不足しがちになる

ので、

コツコツ血の貯金を続ける

ことが

心身ともに健康美

でいるためにおすすめです‼︎




川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・エーケー有馬薬



季節の変わり目で

気候が変わりやすかったり、

花粉が多く飛んでいるからか、

花粉症だけでなく

皮膚の状態も何となく不安定

という方が

結構多いです。


アトピー体質の方は

敏感肌なので、

気になってちょっと触った

ところから

痒みが拡がって

掻き壊してしまった…

というパターンが

かなりあります。


必要以上に

触らない

掻かない

というのが一番の治療

と私は思っているのですが、

簡単そうで

一番難しい

ところでもあるようです。


『皮膚の状態が悪い時に

 良くなるようにしていくケア』


『良い状態になった時に

 良い状態をキープできるようにするケア』


とは少し違いがあって、

常に炎症がある状態というのを卒業して

ツルツルに近い状態をキープできていると、

皮膚が多少悪化してしまったとしても

最小限で食い止められて

回復も早い

ことが多いです。


具体的には

皮膚のバリア機能を強くする、

つまりは

丈夫な皮膚を作ってその状態をキープする

ということ

なのですが、

生活習慣・スキンケア・薬の使い方

の3つが重要で、

人によって

3つの中で何処が手薄になっているのか

というのが違うので

自覚がない方は

相談いただければ‼︎

と思います。




再生したい皮膚が

沢山あれば、

元手(栄養)も

沢山必要です。


例えば

ビタミンA(レチノール)は

皮膚や粘膜を健全に保つ

ために必要です。


動物性の食品では

レチノールとして

レバーやうなぎ、卵黄

に多く含まれています。


植物性の食品では

吸収されるとビタミンAに変換される

β-カロチンが

人参やほうれん草などの緑黄色野菜

に多く含まれています。


食事で賄えきれなければ、

栄養剤も上手に

取り入れましょうね‼︎



川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・

更年期・アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・エーケー有馬薬局