ロボット時代に役立つスキル | 一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ(ACL)

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ(ACL)

アーツセラピーに関する情報をお届けします。

 

 

アーツ・コミュニケーション・ラボでは

アーツコミュニケーションの社会への普及をめざし


・必要とされる方たちへの提供

・セラピストの養成

・セラピストが活動しやすい環境の提供とスキルアップ

・海外のアーツセラピー情報やアーツセラピストを招いたワークショップ


などを提供していきます。

>>アーツ・コミュニケーション・ラボのWebページはこちら

 

 

 

 

先日(11月11日)、当法人の総会を開催いたしました。

 

代表理事の北尾真理子から

 

人工知能(AI)時代を迎えるからこそ、

これからは、

アーツ・コミュニケーションを

求められる社会になってくる。

という話がありました。

 

 

そのことについて

今日は書いてみたいと思います。

 

 

人工知能(AI)が

人間の能力を上回ってきて、

絵を描くロボットもいたり、
介護の分野では介護ロボットの
開発がすすめられていたり
今、わたしたち人間がしている仕事が
なくなる可能性が
高まってきましたね。


 

だけど、
人工知能も苦手なものがあるようです。


人工知能が最も苦手なものって
どんなことだと思いますか?


それは、
「抽象的な概念を創造すること」です。


先日インターネットから
あるものを購入しようとして
チャットでやり取りをしたんですね。


そしたら、
トンチンカンな答えがかえって来まして…

 

聞いていることと、全然違っていて、

時間がどんどんと過ぎていくので、

結局のところ、

電話で問い合わせることにしたんです。

 

 

そしたら、

あっさりと5分以内で解決しました。 笑




やはり、人工知能にも限界があるんだな。
と感じた一コマでしたね。

 



いくらすぐれた人工知能も
新しい仕事を創造したり、
コミュニケーション能力が求められるものへの
代替えはされにくいですね。



アーツセラピストやカウンセラーなども
クライアントの本音を引き出し、
その感情を理解する能力が求められる仕事。

 

 

ましてや無意識という

目に見えない心の領域を扱っていくので

人工知能では、代替えされにくいのですね。




人間感情の理解は
人工知能が苦手とする分野で

アーツ・コミュニケーションは
これからの社会で必要とされる

仕事の1つといえるでしょう。

 

 

 

お読みいただき

ありがとうございました。
 

 

 

事務局 吉田

 

 

 ◆今後のイベント情報◆

 

 ■声が自由になる ヨガ・オブ・ボイス定例クラス

宝石赤神戸クラス
2018年12月13日(木) 13:30-16:00
詳しくはこちら

宝石赤京都クラス

2018年11月18日(日) 10:15-12:45

詳しくはこちらから

宝石赤東京クラス

2018年11月16日(金) 19:00-21:00

詳しくはこちら

2018年11月17日(土) 第1部 14:00-16:00/第2部 16:30-18:30

詳しくはこちら


ヨガ・オブ・ボイスの創始者シルビア・ナカッチの著書
Free Your Voiceの翻訳「声を自由に」歌うことであなたの人生を豊かにする声のヨガ

詳細はこちらから

 

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボでは、 毎月一回を目安に、読者限定の最新情報や、 アートセラピー(アーツセラピー)に関するお役立ち情報をメールマガジンにてお送りさせていただい ております。 興味のある方は、こちら からお申し込みくださいませ!


 

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス