A&Cギャラリーです。
 
 
 
バックスタンプも無く、なんの手がかりもないのですが
目があったときに、小さい頃を思い出すような懐かしさに気持ちが和んだティーカップです。
 
トルネードの部分がきれいに透けていつまでも眺めていられます。
 
柄はハンドペイントの素朴なぶどう
色の使い方が柿右衛門みたいで
もしかしたら里帰りなのかなと思ったり・・・
 
だとしたら「ようこそお帰り」
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに出す前にご縁があってお嫁に行った子たち。

私の備忘録と、かわいいのでひと目だけでも見ていただきたいのと。

 

見てやってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またすてきな縁結びができますように!
 
 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
Instagram●a.and.c.gallery
 
 
 

 

A&Cギャラリーです。
 
 
週明けはこんなハンサムたちでスタートです。
 
フランスではステンレスはINOXって言われるステンレス品がいろいろ。
 
中でも楽しいのが一人用のフレンチプレスコーヒーメーカー
デザイン違いでふたつあります。
 
どちらも、ガラスカップはOLD DURALEXの耐熱強化ガラスです。
 
アウトドアに似合ういでたちです。
家に居てもちょっと非日常な気分になれそうです。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな2段コンポートは

 

チョコレートなどちょっとしたお菓子をのせるのにいいサイズです。

 

花柄の華やかなカップソーサーにも

分厚いマグカップにも

ちゃんと合わせられるすてきなハンサム君です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに大きく写っていますがミニです。

 

一人用のミルクピッチャーとか、はちみつやソース入れのサイズです。

活躍してくれそうですが、ひとつしかないのが残念。

 

 

 

今週もよろしくお願いします!
 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
06-6479-0311
Instagram●a.and.c.gallery
 

 

A&Cギャラリーです。
 
 
日曜日なのにいろんなお客さまに出会えた嬉しい一日になりました。
 
そんなうれしい気持ちを代弁してくれるような可愛いお皿と再会です。
 
1923年のフランス
OrchiesとHamageが合併してできたMoulindesLoups&Hamageという

長い名前の会社。

 

フランスの会社は長かったり読めなかったりで

小さな頭では覚えにくいです。。

 
 
目が合って好きだと思えば
会社などどこでもいいと思うのですが
会社の歴史がおもしろかったりするので、ついつい調べたくなります。
でも残念なことにすぐに忘れます汗
 
今日もたのしい一日をありがとうございました
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
 

 

 

A&Cギャラリーです。
 
 
もうお嫁に行きましたが、ブログを書き忘れていました。
フランスからはるばる来てくれたエスカルゴプレートです。
 
 
エスカルゴなんてもちろん食べませんが
ちゃんと壁にかけられるようにもなっているし
何に使うかはさておき
お花のエンボスがとにかく可愛くて!

 

 

連れて帰ってくださった方はどんな使い方をしてくださるのかな・・・

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
 

 

A&Cギャラリーです。


空は青くて
街には笑顔がたくさん
バラ祭一日目の楽しかった今日が終わりました


ポンコツな私
優しいお客さまに助けてもらってばかり
ホントに感謝しかありません😂❤️



暗くなった街に
ビンテージの明かりは優しいです
A&Cギャラリーのお客さまみたいです

明日もバラ祭
日曜日だけど12時からopenしますね

明日も皆さんと楽しい一日にしますね🎈🎈













にわか本屋屋さんや
撮影リース品のセールや
お楽しみもあります






A&Cギャラリー
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル
06-6479-0311

A&Cギャラリーです。
 
 
青空を見て朝からごきげんに出勤してまいりました!
 
今日、明日はうつぼ公園の初めての秋のバラ祭です。
 
朝から人通りも多くて楽しげな京町堀。
 
バラ祭の帰り道に遊びに来てくださいね。
 
撮影リース品やら、にわか本屋さんやらで
わちゃわちゃとたのしい店内になっています。
 
 
 
そしてご紹介させていただくのは
ドイツのビンテージ
 
1954年から1990年の間に作られたSeltmannWeidenのティーセットです。
 
白地にブルーの百合の紋章のような柄がとても清楚な感じです。
 
写真は昨日の閉店間際に撮ったのですが
日暮れ時の蒼い街の色にとてもなじんでいました。
 
 
カップソーサーが2客
シュガーポット、クリーマとトレイもあります。
この3点はばら売りしていますが、セットで連れて帰ってくださる方には少しだけお安くしています。
 
カップもソーサーも六角形
縁取りの青いラインもしっかり役目を果たしていますよね。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは旧東ドイツ KAHLAのひとり用ポットです。

 

紺色の太いラインがいさぎよくて素敵なポットです。

 

しかも一人用のサイズなんて、滅多に出会いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
Instagram●a.and.c.gallery
 
 
 

 

A&Cギャラリーです。
 
 
イギリスで1927年から1961年まであったSalisbury
1961年以降はトーマスプール社に譲渡され会社はなくなりました。
 
イギリスではめずらしい気がするのですがオリーブの柄です。
 
サンドイッチプレートと16cmプレートが6枚
デッドストックのように綺麗な状態で揃っています。
 
華やかさはありませんが、白地にシックなオリーブがとてもすてきです。
 
大皿と取り皿のようして普段使いにもできますね。
 
セットできましたが、いつものようにお皿1枚でもご遠慮なくどうぞ。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
Instagram●a.and.c.gallery

 

A&Cギャラリーです。
 
 
 
アメリカで1892年に創業したThe Libbey Glass Company
 
リビーがガラスメーカーで初めて電球を作ったのが1904年
 
それから40年後のハンドエッチングの素敵なデザートグラスが今回の出会いです。
 
デザートグラスですが、これで日本酒やワインを飲んでますって言われるお客さまも!
 
いつものお酒がいっそう美味しくなりそうです。
 
常識にとらわれないって素敵ですね。
 
 
 
リビーは今ではアメリカでいちばんのガラスメーカーになりましたが
やっぱりビンテージグラスにしかない良さがあります。
 
エッチング模様もふたつを比べると全然違っています。
真上から見ると円にもゆがみがあるし
ベースの大きさも違います
 
そんなこんなを楽しみながら秋の夜長を美味しく過ごしてくださいね。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
Instagram●a.and.c.gallery
 

 

A&Cギャラリーです。
 
 
最近とっても出会いの多い100歳を越えたアンティーク。
 
いつもバックスタンプを調べてから
「わぁ!この人100歳越えてるやん」
と、びっくりしているしだいです。
 
このお皿も、カケも貫入もなくとっても綺麗なので
まさかアンティークとは思いませんでした。
 
1890年から1968年までイギリスにあった会社
ThomasFurnival&Sons
1913年には社名をFurnivalsに変え、1968年には他社に売却されました。
 
バックスタンプのイカリと短刀のマークは1890年から1910年までのもの。
 
 
放射状になみなみとなった形がとてもすてきです。
 
柄は薔薇ですが、ブルーの薔薇ってきれいですね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日没が早くなりましたね。
気温は定まりませんが、地球の動きはぶれないですね。
少しホッとします。
 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
 

 

A&Cギャラリーです。
 
●○●○●○
明日10/6(土)は臨時休業
10/7(日)10/8(月)は定休日です。
●○●○●○

 

 

イギリスのウィローパターン

今回は少し大きめのデザート皿。

直径は22.5cmあります。

 

 

ウィローパターンにかかせない絵柄がしっかり描かれています。

柳、二羽の鳥、楼閣、三人の人が渡る橋、小舟などが、
白地に青(ブルー&ホワイト)で描かれた正統派のウィローパターンです。

 

このウィローは老舗紅茶メーカーのRingtonsが

いろんな陶磁器会社とコラボして作ったウィローです。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは直径14.5cmの小さなボウル

 

1891年創業Booths Ltd.のブルー&ホワイト

1900年代初期のものです。

 

先日やってきたウィローのクリーマーのデザインとよく似ています。

花や果実が描かれていますが、やっぱり少しシノワズリーな絵柄です。

 

貫入はありますが、ひびやカケはなくとても綺麗だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気が回復していい週末、すてきな三連休になるといいですね!
また来週、火曜日からよろしくお願いいたします。
 
今週も本当にありがとうございました。
 
 
A&Cgallery
大阪市西区京町堀1-8-31安田ビル101
06-6479-0311
★__お問い合わせは電話かメールでお気軽にどうぞ__地方発送もいたします★
Instagram●a.and.c.gallery