九代目七右衛門の徒然日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

角館武家屋敷西宮家の門と主屋

2020.11.28
通りに面した立派な門の横にも

田町武家屋敷と西宮家の説明書きと、

配置図がありました。

明治中期に建てられたろいう主屋は、

見事に雪囲いしてありましたが、

閉館中でした。

角館武家屋敷西宮家ショッピング米蔵

2020.11.28
角館には2つの武家屋敷通りがあり前回までは角館城主佐竹北家の直臣が多く住んでいたエリアを見に行っていたのですが。今日は田町武家屋敷に来てみました。

田町最大の武家屋敷がここ西宮家です。

西宮家の先祖は慶長7年(1602年)に秋田へ移ってきた佐竹氏の家臣で、明治時代は角館町の町長をされていた家柄だそうです。

明治43年に建設されたという米蔵は、

西宮家で最も大きな蔵だそうで土産物売り場になっていました。

そばきり長助の黒蜜そばあられソフト

2020.11.28
角館武家屋敷通りに行き、前から気になっていたそばきり長助に行きました。

ヒマラヤから信州大学の教授が持ち帰った赤そばと呼ばれる「高嶺ルビー」と「会津の在来種」を16町歩のそば畑で栽培し、石臼で挽き手打ち十割そばを提供するお店なのですが、

今日のお目当ては、同じ蕎麦粉を使ったそばソフトです。

黒蜜そばあられソフトを頂きました。

店内の様子です。

樺細工の生地職人さんだったという鈴木さん自ら手がけた樺細工の施されたオリジナルのテーブルです。

佐藤石油神代SSでリッター122円で給油

2020.11.28
秋田芸術村を出たところにある佐藤石油神代SSに寄り、

リッター122円で給油しました。

秋田市内はリッター130円前後ですが、仙北、角館はいつも8円くらい安いです。盛岡まで行くとさらに安くなりますが、何ででしょう?

田沢湖 ビールブルワリーレストラン

2020.11.28
秋田芸術村温泉ゆぽぽの前に建つ田沢湖ビールブルワリーレストランです。

田沢湖ビールは1997年に秋田県第1号の地ビールメーカーとして誕生し、定番のピルスナーは、WORLD BEER AWARDにおいて2014年、2017年、2018年の3度ドルトムンダー部門で世界一を獲得しているそうです。

メニューも豊富なようなので、次回はここで食べてみたいと思います。

ラズベリー畑を通って、

駐車場に戻りました。

田沢湖スキー場は12月18日オープン

2020.11.28
秋田芸術村温泉ゆぽぽには田沢湖スキー場のポスターが貼ってありました。12月18日オープンだそうです。

秋田芸術村 大浴場ゆぽぽ

2020.11.28
食後は大浴場ゆぽぽに行きました。

こちらも貸し切りで

誰も入っておらず、

檜材の建物だという広々ゆったりの空間で、庭園を見ながらゆっくり温泉に入りました。

風呂上がりに飲んだ冷水がとても美味しかったです。

こことは別に小浴場とサウナもありました

ばっきゃ佐竹北家伝承 比内地鶏御狩場焼

2020.11.28
お食事処ばっきゃの照明に使われていたのは、田植えの目印にする井桁組み型枠でした。爺さん(父)がこれをコロコロ転がした跡を田植えしていた日々が懐かしいです。

おススメという佐竹北家伝承 比内地鶏御狩場焼を注文すると、

鍬に乗ったボリューム満天の御狩場焼に

さらに蕗の煮物、ナメコ、

柚子の香きのこみそ、いぶりがっこに味噌汁がついていて、とても美味しく頂きました。

温泉ゆぽぽの建物内にあるお食事処ばっきゃ

2020.11.28
お昼御飯は、温泉ゆぽぽの建物内にある

お食事処ばっきゃに行きました。

温泉付き食事券が1800円で、1500円分の食事券がついているというので購入して、

食事スペースに

向かいました。

太い古材の梁が横たわる素敵な空間でした。

秋田芸術村わらび座小劇場

2020.11.28
小劇場に行くと花がたくさん並んでおり、

近くにいた方に聞いてみると、

今日がミュージカル「養助さんの夢~心を手綯う稲庭うどん」の初日で、

1時半から開園との事でした。

3代目佐藤養助の物語で3月7日まで続くそうです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>