仕事がつらい一因

テーマ:

私は汗が止まらなくなります。

 

 

これは卵巣がん「あるある」だとは思います。
 
卵巣を摘出するということは、強制更年期だから。
 
私の汗の一因もそれだと思っています。
 
 
でも私の場合違う要因もあると思っています。
 
 
なぜかというと、
 
 
 汗が出る場面が
 
 
仕事中、エコー検査中にほぼ限定だから。
 
 
しかもお客さんによるから。
 
おうへいに感じる方
 
しっかりとした自分を持っているように感じる方
 
話しかけてくる方
 
ずっとこちらを見ている方
 
 
で滝汗がでるからです。
 
流れてしたたり落ちます。
 
(すると集中できなくなります。)
 
 
 
これはホントに困っていて、心屋塾の同期をはじめ数名に相談したことがあります。
 
 
そんな皆の意見のおかげで
 
 
最近はヒドくはないです。
 
 
 
 
でも、やっぱり困っています。
 
 
 
でその裏には何があるかというと
 
①エコー検査で癌を見落としてはいけない
 
②人の目
 患者さんから私はどう見えているんだろう
 
③プロだからこうあるべき
  お金をいただくのだからキチンとしなきゃ
 
があるんです。
 
 
③の中に①②が含まれているのかもしれません。
 
 
①があるから、私の中では
神経をすり減らした代償で癌を見つけている気にさえなってしまっていました。
 
でですね。
 
 
 
今朝また気付きました。
 
ある方にお仕事のメールを送ったのに返事がきてなくて
 
「キャンセルしようかな」と思ってハッとしました。
 
その裏には
 
「仕事なのに。。返信すぐ出来ないのかなぁ。」
 
っていう思いがあったから。
 
 
 
 
私はどんだけ
 
自分自身で仕事のハードルをあげているんだろう。
 
人にそう思うということは、自分なら絶対そうするのにがあるということ。
 
そうすべきと思っているということ。
 
 
そんなに自分でハードル上げたら、どんな仕事をしていてもツラいに決まってる。
 
 
前のこの記事もそう。
 
お客様を満足させなけばと思ってました。
 
 
 
お客様を満足させようと必死になり
 
白黒画像の中から、小さな癌でもみつけようと必死になり
 
お客さんによくみせようと必死にしなって
 
プロ意識を持ち続け
 
 
ってそりゃあ、汗もでるっちゅーねん。
 
 
 
でね。
 
世の中にはプロだからという意識なく仕事をしている人はいっぱいいるんですよね。
 
それこそ楽しみながら稼いでいる人も。
 
 
そちら側にいきたくないですか?
 
私はそちら側にいきたいです。
 
 
私と同じようにプロだからと苦しんでる方もいらっしゃると思うんです。
 
 
プロだからではなくても、


仕事だから。
 
 これでお金をもらってるから。

も同じ。
 

 
その意識を持つことでパフォーマンスやモチベーションがあがる方はいいと思います。
 
 
実際私も、いいこともたくさんありました。
大きいところでは信頼されること。
 
 
でも、もしそれが苦痛なら手放しても大丈夫なんですよね。
 
 
手放しませんか。
 
 
プロでも間違えて大丈夫。
 
 
プロでも出来ない事があっても大丈夫。
 
 
プロでもわからないことがあっても大丈夫。
 
 
プロでもへなちょこで大丈夫。
 
 
 
無意識だからすぐに今までの考えに戻りそうになります。
 
 
でも、気づいたらまた手放す意識をしよう。
 
 
自分の体のために。
自分の未来のために。


要らない~べきは捨てましょ。


今日も読んでくれてありがとうグリーンハーツ




 
 
 
日曜に行った講演がとてもおもしろかったのでシェアします。
 
以下
発達支援トレーナーでもある本田由美子さんのブログより抜粋
 

◆講師プロフィール

​​​会社員、企業研修講師を経て、発達障害といわれる子どもたちの心身発達支援を行っている。「発達の偏見と格差をなくし、発達がみんなのものになること」を目指している。原始反射という赤ちゃんの本能の動きに答えがあることに気づき「遊び切る」ことを大切に、大人も子どもも「やりたいことを自分で決めて、最後までやりきると発達する」また成人向けの発達支援にも、身体と心のアプローチを融合させた独自の手法で個人変容の支援をしている。

2013年7月一般社団法人ここからだ設立し「発達支援コーチ」講座を開始。3年間で3000人を超える受講生を生む人気講座となり、「原始反射」の視点で発達障害を持つ方を中心に2歳~働く大人までの個別サポートまでを行い、原始反射や遊びの視点から発達する方法を伝える。

著書『人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長』
 
 
現在は、従来のような度数の矯正だけでなく、メガネを掛けることで目の使い方、脳の使い方が変わり、目が楽になる、カラダが楽になる、感性が磨かれるといった「発達」を促す、これまで世の中になかったまったくの新しいコンセプトのメガネ「発達するメガネ」を2019年1月からリリース。

 

⬆コピペさせていただいたので見にくいかも。ゴメンナサイ。

 

とにかく発達支援の界隈では有名な方なのです。

 

そして、私も発達支援コーチの初級を受けさせていただきましたし、著書も読ませていただいてました。

 

 

 

ざっくりとしすぎるまとめを。

 

私が覚えてるとこだけ笑
 
 


 

まず、朝青色光を浴びることで、夜の睡眠が促されると言うこと。

 

これは皆さん知ってるかもしれませんね。

 

その朝の青色光は朝日です。

 

その後、太陽光は青色光を出さないそうです。

 

だから、朝の青色光だけ浴びたいのですが、昼夜浴びてしまいます。

 

それはスマホやPCです。

 

そしてLEDの光も強すぎるそうで、白熱光をお勧めされていました。
 
 

 

それから、発達支援の絡みでいえば、立体視の難しい方は自分自身の立体感➡バランスが整っていないことが原因であることが多いので、

 

wii fitで整っていくことも実演

 

(うちのwii fit捨てなくてよかった~~)

 

したい遊びから体が整うって発達支援コーチですることと同じ。
 

 

あとは発達するメガネについて。

 

自分に必要な色があるんです。脳が選んだ色。

 

左右で違う色だったりします。
 

 

そのメガネをつけることによって、世界が変わります。

 

漢字か枠内に書けなかった子が書けるようになり、本を読めなかった子が読めたりしちゃうんです。

 

発達凹凸のある子は字が歪んだり飛び出して見えたりするそうです。

 

そして大人も自分に合った色をかけることによって、快適でパフォーマンスがあがるんです。

 

でも、その場合、

 

生活スタイルが変わったりすると、脳が欲する色も変わるため3カ月くらいで作り直す必要があるかもしれません。

 

気になる方はこちら



その他メタ認知についてなどなど。

 

もう盛りだくさんで興味深い話ばかり。

息子が小さい時、縄跳びが跳べなかった理由もわかっちゃいました。

 

行ってよかったなーとほんとに思った講演会でした。
 
 
 
長文読んでくれてありがとう。\(^o^)/


帰りの高速から虹が見えたよ音符