人生はごちそう!Thamba'n食堂☆

人生はごちそう!Thamba'n食堂☆

良いエネルギー屋さん。屋号はThambaと書いてサンバ。心や魂を整えるカウンセラーをしたり、主婦をやったり。依頼があれば、お祓いをやったり。野球オタクで実況アナウンサーの旦那氏と神奈川で暮らしてます。元・証券営業マン。



《LINE@やってます》


※最新情報やチャネリングメッセージなど配信♪↓登録はこちらから!↓


https://line.me/R/ti/p/%40wkg5475s(もしくはLINEのID検索「@wkg5475s」





自分の指を自分の鼻の穴に突っ込んで
「誰やわしの鼻の穴になんか突っ込んだやつは!」とキレたり、


自分の口に自分の指を近づけて、
乳首と勘違いして吸ってみたらお乳が出なくて
「乳が出えへんやないけー!」とキレる鉄子。

彼女はまだ自分の手を見つけていない。笑


人生ってよくこういうことが起こりますわな。




自分には「手」という便利なものがあって
それで外側のものに触れたり掴んだりできることを
彼女はまだ知らない。

あと1ヶ月くらいしたら「手」見つけられるかな。
1年経てばすっかり使えるようになるんだろうな。




今日はベビーカーで30分もお出かけできました!
最長記録!!!!(しかしベビーカーに乗るときの顔はいぶかしげである。)

オムツも新生児サイズからSサイズに
サイズアップ!!

成長する鉄子。


もはや私のブログはスピリチュアルカウンセラーブログではない、どうしよう!(笑)

自負を持つ=自分の負を持つ。


自分がしてきた負の経験を無かったことにせず、いろんな角度で捉える。


「私はこれ(負)を持ち、

これ(負)と共に歩み、

これ(負)によって辛い思いをし、

これ(負)による困難をなんとか乗り越えて、

これ(負)のおかげで今生きている。」と


負を恥じず、負を無かったことにせず、負をニュートラルな状態で持つ。


そうすることで

自信が生まれ、覚悟が生まれ、生きている理由を理解し


「なんか知らんけどこの人の話を聞きたい」 


「なんか知らんけどこの人といると癒される」


「なんか知らんけどこの人といるといろんなことに気づける」


という人になるんじゃないかなぁ?と思います。


むしろ、その自負がない状態で

借り物の素晴らしい言葉をそのまま話したとて、

気づきも癒しも生まれない気がします。


結局、在り方が

他者の気づきや癒しを促すんじゃないかな。





自負とは

自分の才能や仕事に自信をもち、誇りに思うこと。また、その心。


らしいです。


才能や仕事に自信を持ち、誇りに思うために

何か新しいことを身につける必要はあまり無くて、


自分の人生で請け負ってきた「負」を

深く理解すれば


自ずと「自負」は生まれるんじゃないかな?


鉄子氏(改め、萩子氏)

きのう無事1ヶ月検診終わりました!

体重は1.2キロふえて、身長は4.5センチ伸びていた!


健やか!


ベビーバスから湯船での入浴に切り替えオッケーとのことなので


昨日早速、湯船にいれたら


早速、ウンチ@湯船 してたので

大物になりそうです。


健やか!


Thamba


もう2週間前くらいになっちゃうのですが、
産院から退院した当日から1週間ほど《産後ケア施設》にお世話になってました。


産前から利用する予定だったので、
妊娠32週から仮予約してスムーズに入所できました!



…というのも、うちの夫婦はそれぞれの実家が福岡&大阪。そしてコロナのため里帰り出産も考えておらず。


その事を母子手帳をもらいに行った妊娠2ヶ月の時に、保健師さんに話すと
「だったらこの制度をフル活用して!」と紹介してもらったのが産後ケア制度でした。


私が住んでいる川崎市では助産院がやっている産後ケア施設がいくつかあり、そこを最長6泊7日まで3分の1の自己負担額で利用ができるというもの。


「わぁ、韓国でそういうのがあると聞いていたけど日本でもあるのね!利用したい!」と思って、妊娠初期の段階から利用する気満々でございました。

(韓国ではそういった産後ケアをする施設は調理院と呼ぶみたい)

 


で、利用の手順に沿って予約をして
いざ利用をさせていただくとビックリ‼️


部屋が綺麗✨


料理が美味しい✨✨

△ある日の朝ごはん

△ある日の晩ご飯


トイレやお風呂は共用ですがこちらも十分綺麗!

助産師さんが常時いてくれるので、
沐浴はしてもらうこともできるし
沐浴練習もできる!
(私は何度か練習させてもらった)

おっぱいマッサージも毎日してもらった!
(そのおかげで張りづらく、必要な時にびゅんびゅん母乳が出るおっぱいになった)

そのほか、小さな質問にもいつでも答えてもらえる!
(抱っこ紐の付け方、爪の切り方とかとか教えてもらった)

…という感じで、
退院したら「即赤ちゃんとの家での暮らし!」というわけではなく、ワンクッション挟むことでいろいろと赤ちゃんとの生活のリズムを掴めたり
身体を休めたりすることが出来ました。

それでも家に帰ってからは不安や心配が残っていましたが
最近は鉄子、改め萩子氏も生後1ヶ月も近づき
ぽっちゃんぽっちゃんになってきて
圧倒的成長を感じられるので
私の心も安定してきました〜!

△ぽっちゃんぽっちゃんアングル


家に帰ってからは旦那氏、ママーズ(実母&義母)のおかげもあり、母子共に元気に暮らしております☺️

これからさらに
家事や仕事とのリズム、
萩子氏の成長に伴う諸々のこと…など
初めてのことがたくさんあるかと思いますが
息抜きしつつ、マイペースも大切にしながら
ぼちぼち頑張って行こうと思います✨


Thamba

明日退院だよぅ!あっというまだった!

無事抜糸も終わりました。
めっちゃ怖かった。。笑

全然痛くないのに。。。
全然痛くないのに「痛い、痛い」言うてまうくらいに怖かった。。笑



明日からは今度は産後ケアセンターで1週間生活します。これも楽しみ(^^)




病室の窓はとっても日当たりが良かったんだけど、目の前でがっつり工事してたからカーテンも窓も閉めっ放しだった。

だから天気も気温も分からない、浦島太郎状態を過ごしていた。
ひたすら身体の回復&授乳の日々。




でもまぁこれがですね…!
めちゃくちゃ楽しかった訳です!!!!




なんなんだろう…とても浮世離れした空間なのだけど、わたしには圧倒的に現実だった。「なんなんだ!このリアル感は!!」という気持ちでいっぱいになった。

私の身体はどんどん変わる。
自分のために帝王切開での傷を癒やし、それと並行して鉄子のためにオッパイを作っている。


あんなに動いただけで死にそうに痛かったお腹も
ほんの数日で結構スタスタと動けるようになるし

母乳のために水分をなんとか溜め込もうとして
身体がむくみまくるし

生きる力を鉄子に渡すために、
母乳を通して自分の血をドコドコ鉄子に渡していく。




「女のひとの身体というのは勝手に人のために仕様を変えていけるのだな、自分の意志とは関係なく。

だから意識くらいは自分本位でないとバランスが取れないんだな。」



そんなことを思ったりした。




新生児の首はくったんくったんだけど案外強く持ったとしても大丈夫だし、
なんと儚く強くて逞しい生き物なんだ!新生児!!と思った。


あと

「お前は今、口を大きく開ければお腹が満たされるというシステムの中で生きてるんだな。」

「まだお前はお前自身の手を見つけていないのだな。」みたいな

新生児観察が面白かった。





そして圧倒的に可愛い!!!!!!



外の世界が例えどんな状況であろうと

決して邪魔されることはない幸せな空間を赤ちゃんは存在するだけで創り出している。

きっとこれが圧倒的な「現実感」「リアル感」「今ここ感」を生み出してくれていたんだろうなぁと。

そんなことも思いました。



身体以外の変化としては

頭動かなさすぎて
計算が本当にできなくなった(笑)

暗算できなくなってて「やばー」って笑けた。

繰り上がり・繰り下がりはもちろん
繰り上がりも繰り下がりもしない計算もできなくなっていた(笑)

赤ちゃんとのコミュニケーションを測るために言語外・理論外の世界の住人になっているから
あんなに思考タイプの私なのに
全然計算できなくなった。

すごいすごい。面白い。ほんとに。

私の世界が違う仕様になったんだなぁ
私の身体や意識も違う仕様になったんだなぁ。

Thamba


※当面のあいだは
コメント頂きっ放しスタイルです。

返信できませんが全て読ませていただいてます♪
励みになっております※

たくさんのお祝いの言葉やご連絡ありがとうございます!

当面落ち着くまでは
コメントは頂きっぱなしスタイルでやらせていただきます!


各方面のSNS、コメント返せずすみません!
みなさんのコメントはげみになっております!


私は身体がかなり回復してきました!
点滴やらなんやらいろんな管を付けながら(笑)、
授乳する機会もなかなかないので
かなり稀有な体験ができています。


今日からは管なしで
母子同室で生活しております。
それと同時におっぱいも張ってきて
おぉぉ、身体が母になってきていると
なんだか楽しい気分です。

今週の中頃には退院して、
次は出産前から予定していた産後ケアセンターでの生活に1週間ほど入ります(^^)

どんな感じなんやろうね?
沐浴指導をまたしてもらったり
授乳指導もしてもらえたり、
いろいろ教えてもらえつつ
身体もゆっくり休ませてもらえるみたいです。

こちらもまた楽しみ。