日本が地震に偽装して
地下核実験をしているのは
今や ~ 世界の常識!











管理人

記事の題名通りです。
日本国内においては、国民が知るべき事を
何も知る事が出来ないといった状況が
戦後よりずっと続いています。

また、日本語による検索においても
そのほとんどが統制下にあります。
本気で何かを調べようとした時に
初めてその事実を知る事が出来ます。

その結果・・・
日本国民だけが何も知らないといったような
奇妙な現象が生まれるに到っています。

また、政治・経済に限らず軍事~自然災害、
国民の健康に関する情報といったものも
当然~統制下にあり、真相を語ろうとする
人間の口は封じられてしまいます。
その傾向は、近年ますます酷くなっています。

前回の記事→ 『お知らせ』の内容については
多くのブログ読者の皆さんの関心を呼んだようです。
私のほうに多くの問い合わせが舞い込んで来ています。

今後、どういったサイトが真の真相を語って
いるのかが徐々に明らかになっていくでしょう。
但し、そういった秘密の情報は伝え方を慎重に
しないと、ブログ閉鎖や消されることも心配しないと
いけないような恐ろしい社会になっている事も
同時に知っておいて欲しいと思います。

今や、日本で何が起っているのか?
或いは、何が起ころうとしているのか?
ガンや難病の秘密は何故、隠されているのか?

皆さんは、以上のようなことを知らなければ
日本で生きていくことさえも困難になっている事を
しっかり肝に銘じておかなければなりません。
私はあまり目立たないように~あらゆる真実を
静かに皆さんに伝えていくつもりです。
















2011年世界フィギュアスケート選手権は、
2011年4月24日から5月1日にかけて、
ロシアのモスクワのメガスポルトで行われた。
本来は2007年大会以来4年ぶりに日本の東京で
開催する予定であったが、開催直前に発生した
東日本大震災の影響により一旦中止・約1か月間
延期され、モスクワでの代替開催となった。

ロシアのプーチン大統領は、
フィギュアのアイスリンクに
3.11人工地震波形を示し、
全世界に、東日本大震災が人工地震によるもの
であることを暗に訴えました。

ロシアのプーチン様が全世界に
3.11人工地震波形を示す!!!

https://www.youtube.com/watch?v=e7FEV1PSNXU





9月11日の夜に
最新のメルマガを配信しました。

メルマガ92号
北海道大地震の真実


届いていないメルマガ読者の方は
私までご連絡ください。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!





$wantonのブログ






お知らせ

テーマ:
お知らせ









管理人

昨日・11日の夜に最新のメルマガを
配信させていただきました。

メルマガ92号
北海道大地震の真実

あらためて記事を読み直してみて
感じたことは・・・やはり、
ブログでは公開出来ないなと痛感しました。

特に、日本全国に公表されている気象情報の中に
地震前に、大きな異変が出現しているのです。
しかし、それを詳細にブログで書く訳にはいきません。
それこそ、ぶっ殺されてしまいます。

ただ、その大きな異変を予め知っていれば、
前もって、人工地震が起こされることが
およそ分かるということでもあります。
しかも、どこで起こされるかも判明します。
分かるでしょ・・・
どれだけヤバい内容か。


★メルマガ92号
北海道大地震の真実

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

以上の二つの記事を見れば、
今、日本で何が起こっているのかが
およそ理解出来ると思います。

ただ、★メルマガ92号を真に理解するには
★メルマガ第78号を見てもらう必要があります。
なので、★メルマガ92号に関心を持たれて
新規にメルマガ購読をされた方には、特別に
★メルマガ第78号を無料で提供させて
いただいております。


実は、9月6日の北海道大地震について
色々調べていて気づいたのですが、
北海道地震と北海道人工地震の二つで
検索しても、今回の私のブログ記事が検索欄から
完全に消されているといった事実が判明しました。

今や、検索しても全く出て来ないサイトにされて
しまっているのか、或いは、今回の私の記事が
拡散されるのを特に嫌ったものとしか考えられません。

実際に、リチャード・コシミズなどのブログを
見ても人工地震だと大騒ぎしている事と
安倍の総裁選を有利に運ぶ為のものといった
低いレベルのものばかりが目立ちます。
早い話、世間一般の井戸端会議と何ら変わらない
ものばかりが検索で出て来ます。
他のブログサイトも大なり小なり同じ様な内容に
終始しています。

そろそろ、皆さんは・・・
真実を知るべき時です。


ところで、今年の11月でメルマガを始めて
ちょうど3年になります。
考えてみますと、今日までよくやって来れた
ものだと、我ながら感心しているところです。

来月の10月に3周年記念の特別イベントを
大々的に考えています。
どういった特典内容にするかは考慮中です。
3周年記念に恥じない大きなサ-ビスに
しなくてはとはりきっています。







【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




$wantonのブログ




北海道大地震の真実

テーマ:
北海道大地震の真実








上の写真をご覧下さい。
北海道厚真町の山間部を空から
撮影したものです。

皆さん、こんなすさまじい光景を
かつて目にしたことがありますか?
頭で考えるのではなく、どうか・・・
心で感じてみて下さい。

心で感じた事というのは、
思考レベルよりもはるかに高い領域にあります。
そして、その光景を心にきざみつつ
決して忘れないで欲しいと思います。

厚真町が震度7だったこと。
一番強烈な震源であったことは明らかです。
そして、地震波形が人工地震そのものであったこと。

つまり、厚真町の山間部付近に爆心地があったと
判断するのが最も妥当です。
全て、事実を元にした科学的考察からなる
結論を私は前回の記事で書いたつもりです。

目の前にある事実というものは、
気象庁が発表した数字よりも確かなものです。
多くの人が、気象庁の発表した幾つもの数字を
元にして議論していることが嘆かわしいです。

ある大きな政党の事務局の人が気象庁の中堅幹部
との会話記録を私に教えてくれました。
その事務局の人は、私のブログ読者の方です。

なので、どんなところかある程度、知っています。
ただ、その情報ソースを明らかには出来ません。
犠牲者が出てしまいますから。

気象庁の発表というものは適当なものが多いです。
何もない普通の地震などについては、まあ、
ある程度はまじめに発表していると思いますが、

人工地震疑惑があるものについては、
意味深な数字を前面に出したりしています。
そして・・・
地震の深さについては、奥の院の闇から指示された
数値を堂々と発表しています。
これは、過去に多くの前科があります。
当ブログでもその事実を検証して来た歴史があります。

更に、緯度~経度・・についても同様です。
全く見当はずれのものはさすがに出しませんが
微妙に数字を細工しています。
数秘術のカバラ変換をして最終的に、18だの
6だのといった帳尻合わせは普通に行われています。

そもそも、気象庁という役所そのものが、
人工地震を起こしている連中によって
完全支配されている組織な訳です。
そんなことも知らない人があまりにも多過ぎます。

ところで・・・
私のところに、北海道の皆さんから多数の
情報提供がありました。
ブログ的に書けるものもあれば
書けないものまであります。

そんな訳で、今回・・・
いっそのこと、メルマガで記事にすることにしました。

イルミナティに敬意を表して
彼らが大好きな11を用いることにしました。
9月11日に、最新のメルマガを配信します。
宣伝もかねて・・・。(笑)

メルマガ92号
北海道大地震の真実



911
311
・・・という具合に、11という数字は
イルミナティのテロ実行時の常用~数字です。
このように証拠といいますか足跡を残すのが
彼らにとっての誇りであり自画自賛でも
あると考えられています。

ところで、9月6日の北海道大地震ですが、
地震直後に、ある超大国から日本国に向けて
既に、『 警告 』が来ています。

「また、地下核実験をやりやがったな」
・・・という意味合いのものでしょう。

尤も、地下核実験は日本単独では無理です。
水爆は、アメリカが持っているのですから。
それが、一つのヒントになります。

最後に、北海道大地震には続きがあるのでしょうか?
終わったのではなく、これから本番が
始まろうとしている可能性について考えてしまいます。
恐らく・・・
日本本土のどこか・・・大都会???。
考えたくもありませんが。

今回は、起爆に小型水爆が使われ、
地震をより巨大化する為に
HAARPが使われた可能性が高いです。
北海道市民からその証拠のような通報が来ています。

しかし、この二つの併用で起こされる地震が
どれほどのものになるのか分らなかったので、
広大な北海道が選ばれたのだと思います。
つまり、試験をした可能性があります。
我々としては、もはや・・・
本番を心配する段階に入っているのかもしれない
・・・とだけ申し上げておきます。











お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











北海道地震に被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。











管理人

先ずもって、北海道地震に被災された
皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今尚、緊急に助けを必要とされておられる
道民の方々がたくさんおられます。
是非、迅速な救助を道庁や国にお願い致します。


今回も、非常に厳しい情況であるにも関わらず
不謹慎ではないかとのお声をいただくのを承知で
北海道地震の疑惑を取り上げざるを得なくなりました。

というのも・・・
大変な被害を受けられた北海道の地元の方より
何かおかしい・・・是非~調べて欲しいとの
緊急の通報が寄せられたからです。

以下 北海道民 通報者様~より 9月6日8時8分

本日、私の地元、実家もある北海道で地震がありました。
家族とは連絡が取れ、安堵しているところです。
気になる事があり、連絡致しました。
家族の者がラジオを聞いていると、
旭川と帯広は地震前に停電になったそうです。
何か変です。
出来たら調べていただけませんか?

======





調べてみますと、地震前に停電になるといった
現象とか事例は無いそうです。
偶然なのか?・・・
或いは、地震と何か関係があるのか?

一度にものすごい電力を必要とするものを
探れば、HAARPしか思い当たりません。
但し、HAARPは地震をより巨大~拡大させる為の
補助装置と考えられています。
起爆は、無論・・・水爆です。

地震兵器とかいうものがあるらしい
HAARP

https://ameblo.jp/64152966/entry-10773868888.html

確たる真相までは闇の中ですが、しかし、
可能性がある以上、記録に留めて置く必要があります。


北海道地震が、3時8分に発生というところで
オヤ・・・と思いました。
更に、震度6強といった数字が並ぶに及んで
これは変だと感じました。

2018年9月6日3時08分
↓ ↓ ↓ ↓
11 9 6 11

9 → 333
6 → 33
11 → イルミナティのテロを指し示す数字
震度6強 → イルミナティそのものを指す数字

つまりね、今回の北海道地震で出ている数字は
全部・・・イルミナティ関連のものなんです。
基本的な考え方としては・・・
偶然にこうなることは、自然界においては
絶対に有り得ないということなんです。
確率的にも何十万分の一の確率でしょう。


震源深さは40kmと発表されているが
そうであるとするなら・・・
以下の地震波形はまず有り得ない。


【防災科学技術研究所】
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/quake/




ドカーン





つまり、震源深さ40kmというのは、
ウソである可能性が高い。
地震波形は~ほぼ100%に近いくらい
人工地震であることを教えてくれています。






3時8分に地震が起きて、3時9分に
官邸に危機管理センターが設置されたと
菅官房長官がテレビで話しましたが
夜中の3時といえば、ほぼ全員が寝ている時間帯ですね。

そんな時間帯に一体誰が起きていたのでしょう?
しかも、間髪入れずにたった1分で
危機管理センターが設置されたなんて・・・
とても信じられない。

7月初頭の西日本の大雨大災害の時には
その夜に、安倍総理を始めとした自民党幹部連中は
飲み会をやっていたというのにね。

9月6日の一連の流れを見ていると
どう考えても始めからシナリオが出来ていて
極めて迅速に、各自がその通りに動いているとしか
考えられないのです。


振り返ってみると・・・
2016年の熊本地震の震央に自衛隊基地が
あることが大きな話題になりましたが、
今回の9.6北海道地震の震央にも自衛隊基地が
あるという奇妙な一致。

陸上自衛隊 安平駐屯地



産経デジタル  2018/09/06 15:35
【北海道震度7地震】
厚真町の震度は7 気象庁

気象庁によると、北海道の地震で
厚真町の震度が7だったと判明した。
国内で 震度7が観測されたのは平成28年の
熊本地震以来で観測史上 6回目

======

厚真町の震度は7 気象庁

また、7と6が同時に出て来ました。
皆さん、もうこの意味知ってるよね。
そう、イルミナティを代表する柱となる
二つの数字です。

話を戻します。
つまり、厚真町を中心にして
周囲20キロのどこかが震源地であった
可能性が高い。
そう・・・爆心地です。
大抵は、断層に近いところで爆発させます。
やはり断層だな・・・と。(笑)
震源の深さは、恐らく10キロ以内でしょう。

こういった大災害が意図的に起こされる理由
としては、★メルマガ第78号に明快に
書かれています。

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?


一部のみ引用

政府・日銀の本当の狙いは
ハイパー・インフレへの誘導


日銀と政府の金融政策のすべてが、ハイパー・インフレ、
預金封鎖、資産課税への準備であることは明白です。


・・・とあります。
ハイパー・インフレになると、4000兆円超の借金も
例えば、十分の一??? くらいまでも下落します。

その十分の一になった借金分を国民に支払わせようと
するのが、預金封鎖、資産課税 です。
大変分かりやすいでしょ。
米国や官僚達の国家犯罪を消し去り
何もなかったことにする。
つまり、そういう魂胆なのです。

早い話・・・
日本国民の生活はグチャグチャになりますわね。

しかし、それを遂行するには、やはり、
緊急事態条項⇒内閣独裁権を行使するでしょう。
その為に、自作自演の大規模テロが懸念されます。
2020年夏の東京オリンピック前にです。
しかし、これはあくまでも可能性の話です。

預金封鎖、資産課税・・なんてことをやらかすと、
時の政権は国民から完全に支持を失います。
だから、何がなんでも内閣独裁権が必要なのです。

======


管理人

緊急事態条項 ⇒ 内閣独裁権・・・の為の
環境整備 と考えたら全てに説明がつきます。
★メルマガ第78号~の全文には
その全てのからくりや秘密が分りやすく書かれています。

つまり、今後にかけて
更に大きな災害やテロ事件が用意されている
という訳です。
私がメルマガで書いた通りのことが起きているので
我ながら・・・怖くなっています。







お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









宮川紗江選手 vs 塚原夫妻
~ 対決における核心の問題点!








管理人

今回の1件は皆さんもご存知の事と
思いますが、何も私が記事にするような
大きな政治問題ではないと疑問に感じられる
かとも思いますが、私も色々と感じることもあり
敢えて、記事にしました。

そもそも、一個人が大きな団体組織や会社の
幹部を相手に告発するというのは
余程のことなんです。

会社でよくあるのは、セクハラやパワハラです。
大抵の場合、告発した被害者である女性や会社員は
うやむやにされた挙句に会社を辞めていかざるを
得ない情況に追い込まれてしまいます。
最悪の場合・・・ウツ病~自殺にまで到ります。
これは意外に知られていませんが事実です。

告発者に待っているのは、組織的な報復です。
再就職しようとしてもその多くがはねられます。
会社組織っていうのは横つながりがありまして
告発者はブラックリストに入れられてしまいます。
これは公然の秘密となっています。
自殺に追い込まれるのは、就職出来ないだけではなく
孤立に追い込まれるからです。

こういった陰湿な圧力や報復に対抗出来るのは、
唯一、大きな世論を味方につけることですが、
ごく一般の会社にいては、それは到底不可能です。

宮川紗江選手の場合、オリンピック選手ということも
あって世間やマスコミが注目してくれます。
そこが、一般の社員と決定的に違うところです。

そうは言っても、やはり18歳の少女です。
へたすると、今までの輝かしいキャリアの全てを
失う結果になってしまう可能性があります。

なので、宮川紗江選手は自分のオリンピック選手
としての存在をかけて告発したのは明らかです。
キャリアや人生そのものを駄目にするかもしれない
危険性を承知の上で、敢えて、告発した訳です。

しかし、塚原夫妻の対応は最悪のものでした。

日本協会の塚原光男副会長(70)
『 全部~ウソ 』

日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)
『 どんなにお金を使っても勝つまでやる 』

まさに最悪以外の何物でもありません。
塚原夫妻に対しては
私の記事を贈りたいと思います。


怒りの感情を
そのまま言葉や
行動に移しちゃダメ!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12379688247.html

ねっ~ ピッタリでしょ。(笑)


ところで、今回の騒動の中で最も感心させられたのは
暴力を振るったとコーチとしての無期限の登録抹消処分を
受けた速見佑斗コーチ(34)の対応と言葉でした。


速見コーチの申立取り下げに池谷幸雄氏が号泣
「相当悩んだと思う。早く復帰させてあげてほしい」

https://news.careerconnection.jp/?p=58944

速見コーチはコメントの中で、
「そもそもの原因は協会の処分ではなく、私の暴力行為です。
もとを正せば私の行動により
一番被害を受けているのが宮川選手です。
(中略)どうすれば選手ファーストになるのか考えた」
と明かした。

日本体操協会は29日の会見で、速見コーチの処分は
永久的なものではなく、再登録の道があることを示しているが、
速見コーチはこれも勘案し、
「自身が行っている申立は選手ファーストではない」
と考えたそうだ。

「私がすべきことは処分を不服として争うことではなく、
処分を全面的に受け入れ反省し、それを皆様に認めてもらった上で、
一刻も早く正々堂々と宮川選手の指導復帰を果たすこと」

と考え、申立の取り下げに至ったと言う。

池谷さんは、速見コーチのコメントを聞くと涙を零しながら、
「取り下げるのかどうするのか相当悩んだと思います」
と心境を慮った。

「宮川選手の指導をどうしたら早くできるのか、
それが一番望んでいることだし、そのためにどういう選択が
一番いいのか考えた結果、これしかないと思って
こうしたと思うんです。
そういう気持ちを考えると本当に早く復帰させてほしい」

一方で、体操協会に対する不審感も露わにした。
速見コーチから宮川選手への暴力行為を協会に
「急いで調査すべき」と報告した人物について、

「なんでこの時期にっていうのが最初からあるわけですよね。
この大事な時期に、誰が言ったのか。
発言を見ると、どうしても僕は、報告をしたのが
塚原千恵子先生にしか思えないなというのがすごく残念。
試合を目前にした大事な時期に、なんでっていう……」

と泣きながら語った。

<引用終わり>
------------------------------------------


選手を第一に考える・・・
そこに全ての答えがあると思いました。
同時に、全ての基本になるのではないでしょうか。

そこの核心部分に照らし合わせれば・・・
今回の騒動に登場するあらゆる人物の真価が
映し出されるのではないかと感じました。


速見コーチだけではありません。
具志堅協会副会長の対応も立派でした。

『 18歳の少女がウソは言わない 』

『 塚原光男副会長の言動は非常に残念 』

『 もしパワハラがあったなら大問題 』

『 協会は選手を第一に考えなければならない 』

具志堅協会副会長の言葉は・・・
まさに、私たちの気持ちを代弁するものでした。
拍手を贈りたいと思います。


次に、塚原夫妻が宮川選手に謝罪する事態になりました。
これについては、塚原夫妻の意向というか本心というよりも
所属する朝日生命からのきつい申し入れがあったのでは
ないかと私なりに推測しています。

ネットや世論の動向を見れば一目瞭然・・・
塚原夫妻は最悪の悪者になってしまっています。
その世論の矛先は、そのまま・・・
朝日生命体操クラブ ⇒ 朝日生命 そのものに
向かっていくことは避けられません。

これは、朝日生命のイメージを非常に損なうことは
避けられず、ある意味、朝日生命側が非常事態だと
判断したのは当然ともいえましょう。

塚原夫妻と朝日生命側との間で、一体どのような
会話が成されたのかは大体想像がつきます。

朝日生命
『塚原さん、あなた方は今、どのような立場に
立たされているかご存知なのですか?』

『まさに最悪です。それだけに止まらず・・・
怒りは朝日生命本社にまで及んで来ています。』

『被害を最小限に抑える為にも直ぐに、
宮川選手への謝罪文を出して下さい。』

『でなければ、我社としては塚原さん夫妻との
契約を全面的に見直さざるを得ない。』


塚原夫妻 宮川への直接謝罪を希望
「宮川紗江選手に対する謝罪」全文

http://news.livedoor.com/article/detail/15247813/

日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)と
夫の光男副会長(70)が2日、代理人弁護士を通じ
直筆の署名入りでコメントを発表。
パワーハラスメント受けていたと告発した
体操女子の宮川紗江(18)に対し
「直接謝罪させて頂きたい」とした。
以下、ファクス全文。

 宮川紗江選手に対する謝罪

 前回の私たちのプレスリリースにより、一部報道では、
私たちの「反撃」「反論」や「徹底抗戦」という報道がされました。
しかしながら、信じて頂けないかもしれませんが、
私たちには、そういった意図は一切ございません。

もっとも、私たちのプレスリリースにより、
さらに宮川紗江選手を傷つけ、誤解を与え、恐怖心を抱かせ、
不信感、不快感を与えてしまったのであれば、
全ては私たちの責任であり、本当に申し訳なく思っております。
私たちもプレスリリース後に、宮川紗江選手がテレビ番組に出演し、
発言をされている姿を拝見しておりましたが、
私たちの配慮不足や自分たちの名誉を少しでも回復したい
という私たちの勝手な考え等のため、さらに宮川紗江選手を
深く傷つけたと知り、大変申し訳なく思っております。

私たちは、体操協会の副会長及び強化本部長という立場であり、
一人一人の選手に敬意を持たなければならない立場にあります。
また、何よりも「一人の大人」として、私たちの落ち度も認め、
私たちの正当性を訴えることよりもまずは宮川紗江選手に誠実に謝罪し、
向き合うことが大事であるにもかかわらず、宮川紗江選手を
深く傷つけてしまったことに対して、重ねてお詫び申し上げます。

また、多くの番組において、司会者の方々やコメンテーターの
方々から私たちのプレスリリースに対するご意見等を
いただいておりますが、私たちはそのようなご意見等も
全て真摯に受け止めております。

ところで、一部の報道にありますとおり、塚原千恵子の
「黙ってないわ」など、塚原光男の「全部うそ」などの
私たちの感情に任せた自分勝手な発言等により、
私たちが宮川紗江選手と対立姿勢にあるとの印象を与えてしまいました。
このような発言につきましても宮川紗江選手や宮川紗江選手のご家族に
対して、恐怖心や不快感等を与えてしまったと思っており、
本当に申し訳なく思っております。

今回の一連の報道につきましては、その過程はどうであれ、
私たちの落ち度が大きな原因と考えております。
そして、私たちは、今回の一連の件につきまして、
宮川紗江選手に対して直接謝罪をさせて頂きたいと考えております。
もちろん、宮川紗江選手は私たちに会いたくないかもしれません。
まだ18歳という年齢であり、さらに将来を期待されている
宮川紗江選手に対して、私たち二人の大人が与えてしまった影響は
計り知れず、宮川紗江選手を深く傷つけてしまったことは
許されるものではないと思っております。
それは、取り返しのつかないことかもしれません。

しかしながら、もし、私たちに、直接謝罪をお伝えできる機会を
頂けるのであれば、宮川紗江選手に対して直接謝罪を
させて頂ければと思っております。

そして、今後、私たちは、前回のプレスリリースで
お伝えしたとおり、私たちの宮川紗江選手に対する
ハラスメント問題につきましては、日本体操協会が
立ち上げる第三者委員会の調査活動に全面的に協力し、
その判断を待ちたいと思っております。

そして、このプレスリリースの内容に関しましても、
私たちの配慮や想像力不足等により、
さらに宮川紗江選手を傷つけてしまうかもしれず、
また多くのご批判又は厳しいご意見、そしてまだまだ
ご納得いただけないこともあるかと思いますが、
その点につきましても真摯に受け止めたいと思っております。

加えて、今年の10月25日から11月3日まで
カタール・ドーハで開催される、東京オリンピックの
出場権のかかった第48回世界体操競技選手権大会を控え、
さらには、その大会に向けた9月24日から9月30日まで
及び10月7日から10月13日まで の2回の合宿を控え、
現在、とても大事な時期にある日本代表候補選手の皆様に対し、
この度の一連の問題で、落ち着いて練習できない状況を招き
多大なるご迷惑をおかけしていることについて、
深くお詫び申し上げます。

最後に、国民の皆様に対しても、
2020年の東京オリンピックを控え、
多くのスポーツ選手や関係者たちが頑張っており、
日本全体で盛り上げていかなければならないこの時期に
私たちが未熟であったため、このような騒ぎになってしまった
ことを深くお詫び申し上げます。
私たちが言う立場ではないかもしれませんが、
どうか日本のスポーツ、日本の体操、そして日本の誇りといえる
各選手を応援して頂ければと思っております。

以上

塚原光男

塚原千恵子

<引用終わり>
------------------------------------------



塚原夫妻の宮川選手への圧力で
「朝日生命体操クラブが存続の危機!」






お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




Once Upon A Time In The West





避妊薬ピルを飲み続けると
乳がんや白血病の発症リスクを高くする!







Q3.
更年期障害の治療に用いられるホルモン補充療法や,
避妊の目的で用いられる経口避妊薬(ピル)は
乳がん発症リスクを高めますか。
https://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g1/q03/

【A】ホルモン補充療法の中でも,
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲスチン(プロゲステロンなどの黄体ホルモン)を
併用する方法では,乳がん発症リスクは,
わずかながら高くなることが確実です。
エストロゲンだけを補充する方法では,
乳がん発症リスクは少なくとも
高くはならないことが示されています。

しかし,エストロゲンだけを用いると
子宮内膜がんが増えます。
一方,経口避妊薬の使用においても,
乳がん発症リスクはわずかながら高くなる可能性があります。

引用終わり
======


管理人

検索して出て来る記事というものは、
大抵の場合、企業や権力者よりのものが
圧倒的に多いです。
なので、
乳がん発症リスクはわずかながら高くなる
・・・といったような製薬会社におもんばかった
ような表記になるのは明らかです。

我々としては、ピルやホルモン補充療法は
乳がんになる可能性や危険性がある
という風に捉えておきましょう。

ただ、それだけではなく・・・
白血病の引き金になることも判明しました。


以下のような物質もリーキーガットを招く原因となります。
https://rehabilizyoho.com/cate37/en668.html


・痛み止め(NSAIDs)
・経口避妊薬(ピル)
・抗生物質
・ステロイド
・アルコール
・乳製品(カゼイン)
・加工食品
・トランス脂肪酸
・人口甘味料






抗生物質や痛み止めの乱用で胃や小腸がボロボロ
~ 結果、小腸でカンジダが大繁殖!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12342592175.html




管理人

リーキーガットは、白血病と大変大きな関係があります。
なので、リーキーガットを招くピルが無関係である
訳がないことはご理解いただけると思います。

そして、以下の薬剤は~みな全て白血病の原因になる
可能性があると考えるべきです。


・痛み止め(NSAIDs)
・経口避妊薬(ピル)
・抗生物質
・ステロイド
・アルコール
・乳製品(カゼイン)
・加工食品
・トランス脂肪酸
・人口甘味料


結論として、避妊薬ピルは
乳がんと白血病の原因になると
ご理解いただけると思います。

更に重要なことがあります。

海外の有名な文献より

プロゲステロンと乳がんの真実

記事の概要

エストロゲンとプロゲステロン受容体の両方が
高レベルである女性は、しばしば癌を
生き延びる最良の機会を有する。

プロゲステロンは、エストロゲンによって促進された
腫瘍細胞の成長および分裂を遅らせる。

研究は、プロゲステロン受容体がエストロゲン受容体を
効果的に「再プログラミング」し、
影響を与える遺伝子を変化させることを発見した。

天然プロゲステロンは抗癌効果を有するが、
合成プロゲステロンは抗腫瘍効果を示さない。

合成プロゲステロンは乳がんに関連するだけでなく、
これらの癌は「より積極的で致命的」である傾向があります。

合成プロゲステロンが受容体上に存在する場合、
天然プロゲステロンは受容体を占有することができない。


プロゲステロンは体内のエストロゲンの作用を
バランスさせる働きがあります。
エストロゲンは乳癌および他の癌と関連しているが、
プロゲステロンは抗癌作用を有する。

プロゲステロンは、癌細胞の増殖を停止させる
「腫瘍抑制遺伝子」P53の発現を増加させ、
細胞を「自殺」させることによって癌細胞を
死滅さえさせる。

以下の植物および栄養素を消費すること

アブラナ科の野菜
レスベラトロール
セージ、ショウガ、クルクミン(ウコン)、
アシュワガンダ  必須脂肪酸、例えばオメガ3脂肪酸
甘草
ヤドリギ
ビタミンD
セレン
ビタミンC


引用終わり
======


結論として・・・
合成プロゲステロンは
絶対に摂取してはいけない。


ウィキペディアより
医薬品としてのプロゲステロン

日本薬局方収載品は、プロゲステロン(結晶性の粉末)、
プロゲステロン注射液(油性の注射液)の2品。
生殖補助医療(ART)のホルモン補充療法に用いられる。

これまでは天然型プロゲステロンの筋注製剤を用いたり、
ウトロゲスタン膣坐剤などの海外製品を
医師が個人輸入の形で入手、あるいは院内製剤として
自作していたが、2014年9月26日に「ルティナス膣剤」
(フェリング・ファーマ)の製造販売が承認された。
ARTにおける黄体補充の適応を有した日本初の膣内投与製剤となる。
専用のアプリケータ(使い捨て)を用いて膣内に挿入する。
同年12月販売開始となったが、薬価未収載である。

引用終わり
======


合成ステロイドはガンを誘発する。

ステロイドホルモン
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3_%E5%90%88%E6%88%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E5%90%88%E6%88%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

ステロイド系抗炎症薬

プレドニゾロン、デキサメサゾン

筋肉増強剤に使用されるステロイドは
アナボリックステロイド








お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!





もう秋、誰もいない海!






肝炎・腎炎・膵炎の真犯人!?








お知らせ

メルマガ特別イベントは、8月31日の深夜0時
をもって終了とさせていただきます。

新メルマガ移行
~1周年記念~
特別イベント 

https://ameblo.jp/64152966/entry-12393190458.html
  ↑
イベント内容は、上の記事をご覧下さい。



肝炎・腎炎・膵炎などの真犯人とは!?

管理人

肝炎・腎炎・膵炎だけではなく、
その他・各種の臓器の炎症は多く見られます。
その炎症の恐らく真相であろう大きな秘密の一部
について皆さんは知っておかれたら良いでしょう。

これらの臓器の炎症は、多臓器不全から・・・
各種のガンに発展する可能性があります。

そもそも、肝不全、腎不全、各種の臓器不全なんて
よほどの強い毒素が関与していると考えるべきです。
その最悪の毒素を出すのは、カビ菌、ウィルスなどです。

肝不全でよく出てくるのは、
A型やB型~C型肝炎ウィルスです。
ウイルスは現在,A型,B型,C型,D型,E型,
G型の6種類となっています。

炎症を起こすと書かれていますが、その毒性を
検索してもほとんど書かれていません。

ただ・・・ 出典より

肝炎とは、なんらかの原因で、
肝臓に炎症がおこった状態をいいます。
肝臓を顕微鏡で見ると、正常な場合は血液の通り道で
ある類洞に接して肝細胞が規則正しく並んでいます。
ところが炎症がおこると、肝細胞の周囲に白血球系の
細胞が入り込み、肝細胞が壊れます。
この状態が1~2か月以内で治るものを急性肝炎、
6か月以上続くものを慢性肝炎と分類しています。





なんらかの原因で・・・
炎症がおこると、肝細胞の周囲に白血球系の
細胞が入り込み、肝細胞が壊れます。




医学出典では、現象面だけを書いて
何の解説にもなっていません。
多くの人が読んでも何のことか・・・
さっぱり分らないでしょう。

これでは説明になっていません。
白血球系の細胞って一体何ですか?
何故、肝細胞の周囲にこれが入り込むのですか?


白血球系の細胞って、カンジダの可能性も
考えておく必要があります。

ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html

●分子模倣 

カンジダ・アルビカンスの表面上のたんぱく質に
対して出される抗体(CR3-RP)は
特定の白血球の受容体と構造的・抗原的に似ています。
この「分子模倣」は抗体を免疫細胞に対して形成し、
それが宿主の抗腫瘍・抗カンジダ防衛を
遮断する可能性があります。


何も、肝臓だけの話ではありません。
腎臓もそうですし、膵臓もありますし、
その他の臓器においても同じ事がいえます。

私が一番の疑問に感じるのは、
自然界最強の毒素であるマイコトキシンの
アフラトキシンなどを産出するカビ毒や
カビ菌のことが全く関連づけられていない
という恐ろしい事実に気づくのです。


何故、そのような各種~臓器の炎症を
引き起こすに到ったかと言いますと・・・
細菌・カビ菌・ウィルスが体内において
大増殖してしまったからです。
同時に免疫力低下が関係しています。

細菌・カビ菌・ウィルスが大増殖する原因と
しては、幾つもの要因が重なっています。

★糖分の摂り過ぎによる体内の過度の酸性化

★抗生物質やピルによる悪玉菌の増殖

★大気汚染都市や放射能汚染地域においては
 人体が異常な 窒素循環 に巻き込まれる。


【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
  社会環境や人体にカビが大繁殖する!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html

1. 窒素化合物と放射性物質とカビ、細菌。
空気の成分の約 80%は窒素。
工場や自動車、放射性物質で生成された窒素酸化物
(NOx)は酸性雨や光化学スモッグの原因にもなっている。
そして窒素は環境を循環する。

9. しかし窒素化合物が体内で常に飽和状態、
又はヘモグロビンが異常となり過剰に溜め込まれた
場合にはどうなるか…。
タンパク質(窒素を含む)等が、窒素過剰な状態になれば、
細菌、カビなどの繁茂を体内で招くことになる。
つまり、人体が異常な窒素循環に巻き込まれる。

-------------------------------------


免疫力低下を招くものとして・・・

食品・毒性添加物の大量摂取であったり、
抗生物質や鎮痛剤にあると思います。
更に言うと・・・
電車やバス、病院や公共施設で大量に撒かれている
殺菌薬がその原因となります。
そして、放射能や農薬が考えられます。


以上のものによる免疫力低下と
★体内の過度の酸性化
★人体が異常な窒素循環に陥る

以上に挙げた幾つもの要因が複合的に
重なって、細菌・カビ菌・ウィルスが大増殖する。

結果、体内の免疫力低下が同時並行して起こり、
各種~臓器の免疫力も低下し、体内の双方の力関係に
変化が起こり、細菌・カビ菌・ウィルスなどが
優位になって各種~臓器が細胞への侵入を
許してしまうのである。

特に、カビ菌は毒素を出し続けるので
臓器は更に痛め続けられることになる。

しかし、カビ菌は血液や患部の培養によっても
ほとんど検出されない。
この理由については、既に知っているのですが、
その機序の説明はかなり難解なのでここでは割愛します。
深淵な生物学が関係しています。

結果、各種~臓器の炎症が起こっても
本当の原因はいまだ解明されておらず
当然・・・適切な治療が施されない結果となります。

このような炎症が長く続きますと、やがて・・・
細胞のミトコンドリアが白旗を上げます。
圧倒的多数のカビ菌の前に屈服してしまうのです。
そして、やがて・・ガンを発症します。

以上の説明は、海外の著名な医学博士により
その仕組みが医学論文の中で明確に記述されています。
ただ、残念なことに日本の医師は知りません。

あくまでも大まかに説明しました。
しかし、ここまでの話だけで
皆さんへの大きな参考になると思います。

例えば、カビ菌の代表格であるカンジダですが、
どうすれば抑え込むことが出来るかは
皆さんもある程度、ご存じだと思います。
また、対抗する強力な薬剤も存在します。

薬事法の関係もあり・・・
ここでは、あまり詳しくお伝え出来ないのが
大変残念です。

ただ、あなた や ご家族の人たち に
もし万一のことがあれば、この記事を
思い出して下さい。

ブログ的にお伝え出来るのは
ここまでです。
今の世の中というものは、
何も知らないということは・・・
そのまま死に直結します。

何故、真実が世に伝わらないのか???
真実を語る医学者や細菌学者の大変多くの人間が
・・・消されているからです。
一度に、100人の著名医学者が消されたこともあります。
国民はそんなこと、何も知りません。

大変・・・怖い世の中になってしまいました。
なので、公開記事の中でお伝え出来ることは、
自ずと制約されることを・・どうかご理解下さい。



癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html







お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










ガン・白血病・難病の人の
生命力を直ぐに
10%アップする方法!







お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


ここ最近、腎機能低下や腎不全をはじめとして
人工透析をされておられる方々のご家族の身内の
奥様方より、何件もの問い合わせがありました。
中には、歯科医師の奥様もおられました。

メルマガ91号の中では・・・
何故、そのような腎疾患に陥ってしまったのか?
その原因について明らかにしています。

膠原病についてですが、原因や真相については
本当のところはほとんど分かっていません。
原因が分からないので、根本的治療が施される
こともなく、ステロイドや抗生物質や各種薬剤が
次々と投与されることこそが最大の問題なのです。

この原理は、ガン患者の時とほぼ同じです。
やはり、本当の原因は未解決のままです。
そして、抗がん剤、放射線治療、手術、
更に、検査~検査の繰り返し。

皆さん、この原理を是非、覚えておいて下さい。


また、人工透析の問題点と透析をより安全
~確実に行う方法についても書きました。
実は、人工透析はある一面、かなり~危険なんです。

そもそも、腎機能低下~腎不全に到る原因で
一番多いのが腎炎です。
肝炎も皆さんご存知の通り。
ここから全てが派生しているのです。

メルマガ91号の中では・・・
肝炎や腎炎の真犯人らしきものを書きました。
これは、検索しても絶対に出て来ません。
だから、治らないというのが悲しい現実です。

話を元に戻します。
腎臓の機能低下で、特に問題になるのが、
体内の老廃物と毒素の濾過がうまくいかなくなり
そして、それが蓄積することです。
毒素は、身体中をまわることになります。
結局、これは昏睡と死につながる可能性があります。

メルマガ91号の中では・・・
それに対して即効ある改善策について書きました。


腎不全に近い透析患者さんの喫緊の最重要課題
として 石灰化大動脈弁疾患 の問題 があります。
身体中のあちこちにカルシウムが溜まるという
深刻な病状が多発します。

中でも、心臓の大動脈の弁~付近に出来る
カルシウムは、石灰化大動脈狭窄に到り
即~患者さんの生命が危機的状況に陥ります。

メルマガ91号の中では・・・
心臓の大動脈の弁あたりにカルシウムが
溜まっていく本当の原理~原因・・並びに
大動脈弁石灰化の進行を遅らせる方法などに
ついて書かせていただきました。

今の医療現場の実情としては・・・
心臓の大動脈弁あたりのカルシウムが
多過ぎて手術は出来ません。
ハイ・・・それで、終わりなんです。
そこから先が全く無いのです。
そうしますと、死ぬ人が無数に出て来ます。


免疫抑制剤とステロイド ですが、
その問題点についても書きました。
この二つの薬剤は、短期間はともかく、
中期~長期に渡っては、使用し続けて
良いことは全く何もありません。
それどころか、助かるチャンスと
生きる可能性の芽を奪ってしまいます。

だって、人間が助かる道は・・・
そのほとんどが本人の免疫力にかかっているのです。
それを抑えてどうするんだって話ですよ。

何故、こういった極めて異常な治療法がまかり通るか
というと、そもそもの病気の根本原因がまるで分かって
いないからなんです。
これが、現代医療の最大の問題点だと思います。


今日は、こういった難病をはじめとして
ガン・白血病の皆さんへの応援として
少ないお金で、直ぐに、生命力や免疫力を
10%アップする方法をお伝えします。

テレビタレントの みのもんた さんは、
超人気司会者ですから、その仕事スケジュールは
ものすごくハードです。
みのもんた さん、曰く・・・
私が何十年もの間~病気もせずにやって来れたのは、
定期的に酸素カプセルに入っていたからです。


全ての病気の原因は酸素不足・電子不足・ATP不足
http://16296315.at.webry.info/201705/article_5.html

補足

【超簡単】
ATPの構造や働きをわかりやすく解説してみた!

https://aji3.com/structure-and-function-of-atp/



酸素不足は・・・
生命力の低下と免疫力の弱体化を意味します。
つまり、命の炎を消すに等しいとご理解下さい。

酸素不足は絶対にまずい!
  本当にヤバイ!


なので、緊急にしなければいけないことは、
無理やりにでも、身体に酸素を送ることです。


携帯酸素吸入器 オキシゲンインヘラー レスピア
&レスピア専用交換用酸素ガスカートリッジ5本入

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kireispot/ke091ke092.html?sc_e=afvc_shp_2327384

価格 12,204円(税込)



その他 ↓
イワタニ(Iwatani) ピュア 酸素缶 2本セット NRS-1
¥ 1,733より

引用終わり
============


管理人

安価でしかも簡単に誰にでも出来ることを
いつも私はご紹介しています。
重曹の飲用やアルカリ温泉もそうですね。

しかし、それぞれの記事を継続して見ていなければ
その本当の重大性には決して気づかないのです。
つまり、様々な病気の根本原因を知っていなければ、
本当の意味での理解は到底無理なのです。

人というものは、真に理解していなければ、
実行には移さない生き物です。
理解していただく為には、私の記事を
継続して見ていただく以外にはありません。

それが・・・
いつか、あなた や ご家族の皆さん に
真に役に立つと
私は信じて疑いません。

人の命以上に大切なものなんて
この世に・・・
他にあるでしょうか???







【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




Unchained Melody ライチャス・ブラザース






力を合わせて困難に立ち向かえば
~ 希望は決して私たちを見放さない!








新メルマガ移行
~1周年記念~
特別イベント

https://ameblo.jp/64152966/entry-12393190458.html


管理人

記事の題名はダイアナ・ロスの
If We Hold On Together~から採りました。
今の私たちに一番求められているものと
共感したからです。

今年の7月後期に実施しました
メルマガ特別イベントですが、
おかげを持ちまして大変多くの
購読希望をいただきました。
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

イベント期間は7月31日をもって
終了とさせていただいたのですが、ただ
8月に入ってからもイベント特典アリの
希望者が後を絶ちません。

そこで、今回は特別に
今日、8月22日より8月31日までを
特別イベント延長期間とさせていただきます。
ただ、これ以降の延長はもうありませんので
ご希望の方は、8月31日までにお申込み下さい。

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は私のほうまで
ご連絡下さい。

メルマガ90号の一部を公開します。

以下 ↓ 最後のところのみ


~ 前略 中略 ~


ところで、〇〇 様 の子供の頃の話ですが、
ご両親がお仕事で大変忙しくしてて
放置されていることが多かったそうです。
食事は、200~300円ほど手渡され
ほとんど外食ばかりだったそうです。

菓子パンやコーラといったものが大好きで
食べているものといったら、そのほとんどが
化学物質の添加物だらけのもの。
これでは、いずれ病気になっても仕方無いと
いったような生活をされておられたようです。

今でこそ、添加物が大いに問題にされている
ご時勢になりましたが、40~50年前は、
そんなことを気にしている人は皆無だったのです。

思いだされるのが、2017/11/29の
★メルマガ第63号
第1回 ~
ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

この中に出て来る舞台女優様のお若い頃、
苦学をしていた時の一節。

以下 ↓

食品添加物のこと。

私の母は、食事に味の素をつ かっていました。
また、30代はじめ、わたしは東京で歌の勉強を
しながらフリーターをしていて、
食べていけなかったので、バイト先の廃棄の弁当や
パンをもらって食いつなぎました。
これも、遠い原因です。

<引用終わり>


結局、〇〇 様 も 舞台女優様 も
膠原病を患われてしまいました。

タイだったか、フィリピンだったか
忘れましたが、野犬を捕まえるのに
味の素を使っていましたね。
エサに味の素をたっぷりかけてやるんだそうです。
そうすると、食べた後、野犬はフラフラになり
そこを捕えるのだそうです。

やはり、食べ物ってものすごく大切です。
病気になるかならないかの境目になります。
運の悪い人は、それが原因で命さえも失います。
そう、味の素の野犬と同じ運命になってしまうんです。


私は、〇〇 様 からのメールを何度も
読み直しましたが、真っ先に感じたのは、
まことに失礼だとは思いますが、
よくぞ、今日まで生きて来れたものだと・・・
本当にそのように感じさせられました。

私は、率直にそのように電話で〇〇 様 に
お話ししました。
今や、綺麗ごとや気休めなど
何の意味も持たない事は
お互いがよく理解しています。

事実、私は〇〇 様 の生命力のすごさに
感嘆させられたのです。
腎不全 ~ 腎移植 ~ 更に腎機能低下・・・
ステロイドを30年間も摂取し続けた事。
免疫力はズタズタ。
ガンやどんな病気になったって何ら不思議では無い。
でも、今・・貴女は生きている。

私は思うのです。
〇〇 様 が25歳頃の時に、メルマガを通して
知り合っていたら、恐らくは・・・
まるで違った人生になっていたのではないかと
今にして思ったのです。

私なりにもっと良い治療法を伝えることも
出来たでしょうし、少なくとも・・・
腎移植という最悪の事態にはならなかったはずと
頭に浮かんだのは事実です。

ただ、もう一つの考えも浮かびました。
〇〇 様 の生命力には驚嘆させられましたが、
もしかしたら・・・
生かされているのではないかと
ふと、感じたのです。

何故、私がそのように感じたかと言いますと、
まさに、自分自身がそのような数奇な人生を
歩んで来たからです。


私の使命は人の手助けになること
~それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12280374503.html


ものすごくたくさんの死ぬ機会というか
ピンチが連続して何十年もの間ありました。
徹夜仕事の帰り、居眠り運転での対向車との衝突。
にも関わらず、ケガひとつしなかったという
信じられないような出来事も経験しました。
今でも、その記録は〇〇警察署に残っています。

そして・・・

今から20数年前の話ですが、当時、
環境問題に取り組んでいました。
その時に、仲間の1人~〇〇君から言われた
言葉を今でもはっきりと覚えています。

~ 大事な情報は・・・
いつも金平さんから出て来るね! ~


生かされている・・・多分。
何かの役割があるのかもしれない。

私は、2011年3月11日を
目の当たりにして、
今こそ、何かを成すべき時だと直感しました。
そして、掛け持ちでやっていた二つのアルバイトの
一つを辞めて、ブログに全精力を費やしたのです。

私にはそのようないきさつがあります。
なので、〇〇 様 からのメールを
何度も何度も読み返しているうちに
なにやら、私と同じ様な運命を感じたのです。

〇〇 様の背後には、同じ様に苦しんでおられる
数十万人の方々がおられると思います。
〇〇 様に何かの役割があるとすれば
それは、一体何でしょうか?

〇〇 様との4時間以上にも及ぶ話の中では
そのような話までしたのです。
そして、私は彼女に以下のようにお話しました。

〇〇 様には、何かの役割があるような
気がしてなりません。
もし、そうなら、
多分、あなたは・・・死なない。

そして、最後に、私が貴女に何かをすると
いうのではなく、お互いがいつも連絡を取り合い
ながら一緒に協力しあって良い方向に向かうように
共に頑張りましょう。・・・と。


かなり長くなりますので、
科学的考察による観点からの〇〇 様への
実際の治療法についてのヒントといった
ものを後編でお届けしたいと思います。

メルマガ91号 
後編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

今日から、数日のうちに配信させていただきます。




ダイアナ・ロス If We Hold On Together





【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




ひき潮 ~ 矢沢永吉






猛暑の東京オリンピックで
選手に熱中症で死人が何人も出たら
一体誰が責任取るのでしょう!?








熱中症で1カ月に765人も死亡? 
 正しい数字の認識が重要

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakazawakosuke/20180721-00090148/

実際、ひと月あたりの熱中症による
死亡者はどのくらいになるのか?

厚生労働省が発表している人口動態統計における
月別の熱中症の死者と、総務省消防庁が発表する
熱中症による救急搬送の死者数を並べてみると、

例えば、年間1731人が死亡した2010年(平成22年)
には、7月に657人、8月に765人が熱中症で
死亡していたことがわかる。

ちなみに、同年同月に、総務省消防庁が速報として
発表した熱中症による死亡者は
7月が95人で8月が62人と10分の1程度の数にとどまる。

それ以降を見ても、10倍以上、数が違っている月が多い。
こうした事実が人々に伝えられていないことも、
現状の熱中症対策が遅れていることの
大きな要因に思えてならない。

<引用終わり>
------------------------------------------


2010年における
厚生労働省 が発表した熱中症死亡者数

7月に657人が死亡!!
8月に765人が死亡!!



しかし、実際に公表された数字は
総務省消防庁 が速報した死亡者数

7月に95人が死亡!!
8月に62人が死亡!!






高須院長 東京五輪に苦言
「死者が出る。10月にずらすべき」

http://blogos.com/article/318542/



如何でしょう、皆さん。
この本当の数字を国民のほとんどが知りません。

しかし、2020年の東京オリンピックで
世界のアスリ―ト達の何人かの死亡する人が
出た場合には、大問題となることは必至です。

アスリ―ト達は炎天下の酷暑の中で猛烈に
死に物狂いで競技をする訳です。
熱中症による死への危険性は一般の人
どころではありません。

特に、マラソンは最大の問題になるでしょう。
海外の国やメディアは絶対に黙ってはいません。
必ず、日本国としての、或いは中心にいる関係者の
責任が追及されるのは間違いありません。

それだけに止まらず、とんでもない額の賠償が
発生することになりそうです。
日本の国家としての信用は地に落ちるでしょうし、
天文学的賠償は国民が支払わされることになります。

日本のマスコミと違って、海外のマスコミは
徹底的に大騒ぎすることは必定。

日本の名誉と信用がズタズタになり、
取り返しのきかない事態になるでしょう。

そこで問われるのが、何故、そんな危険性の高い
酷暑の真夏に開催時期を決めたのかですが・・・

第32回オリンピック競技大会は、
2020年7月24日から8月9日までの17日間、
日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。


これは間違いなく、経済効率の観点から開催時期が
決定されたのは間違いありません。

全国の学校が夏休みに入る時期と重なり、
観客動員とテレビの視聴率が期待出来るからです。

しかし、人の命からの観点はゼロに等しい。
はなから、人の命なんて全く考えてもいない。
ただ、儲かればよいという一点だけが
最大の関心事だった訳であります。

建設~土木・・・利権。
観客動員とテレビの視聴率

儲かるのは、一部の建設会社と広告会社。
テレビは視聴率で大儲けし、更には、
利権政治屋のふところが潤うだけです。

そして、多くの死人が出たりした時の大問題が
発生したら、そのツケは全て国民に払わせる。
なんと、情けない国に成り果てたのでしょうか。

そういえば、東京オリンピック誘致には
安倍総理が最大限に関わっています。
私は知らない・・・では済まないでしょう。










しかも、安倍総理は
大噓をつきまくって誘致しています。
汚染水は、アメリカまでも流れていますし、
首都圏~関東も放射能汚染されている事実は
海外のメディアもしっかり認識しています。







管理人

安倍総理を筆頭に
東京オリンピック組織委員会~会長の
森喜朗総理も決してただでは済まない。

私に言わせると
国家反逆罪に相当する!!!


森会長などは、この期に及んで
熱中症の心配から、サマータイムの導入を
安倍総理に提言する有様です。

これなどは、もし何かあった時の為の
アリバイ作りとしか思えません。
だから、サマータイムと言ったのに
・・・なんてねぇ~。

現実に東京オリンピックが開催されるのか
どうかについては、私はまだ半信半疑なのですが、
一番危惧することは・・・

東京オリンピックで死者が出て国際問題化するに
止まらず、それを契機にして・・・
海洋汚染問題が一挙に浮上して来て
賠償問題に発展することです。

それこそ、近隣諸国は無論のこと、
世界中の国々がそれに相乗りして
大変な騒ぎにまで発展することです。

事実、鳩山元総理の研究会においては、
放射能による海洋汚染については
最悪~1千兆円規模にまで膨らむ可能性が
試算されたようです。

そうなると、国家破産です。
うがった見方をしますと、そういった流れに
なるようにシナリオが出来ているのではないか
とさえ非常に強い懸念を私は抱いております。

サマータイムがどうしたこうしたとか・・・
そんなんで騒いでいる場合じゃないですよ。
皆さん。

しかも、共謀罪を成立させましたね。









管理人

国家破産という恐ろしい言葉が
出て来ましたが・・・
実を言いますと、日銀が今やっているのは
異次元緩和であると多くの人はご存知だと
思います。
これって、ハイパーインフレに誘導する
ものだと多くのサイトで書かれています。

ハイパーインフレ
 ↓
国家破産
 ↓
預金封鎖

これを強行するには、必然的に
共謀罪と緊急事態条項が必要となるのです。
つまり、偶然なんかじゃない。
全てつながっているのです。

このあたりの事を書いたのが
★メルマガ第78号 でした。もう既に、
多くの読者の方が目にしているものです。


★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?


<一部引用>

日本の財政赤字は、表向き~1000兆円を
超えています。
しかし、これは一般会計の話です。
特別会計は、その3倍はあると判明しています。
つまり、実際には4000兆円を超える
巨額になっています。

しかも、借金は更に増え続けています。
もうどうにもならないところに来ているのです。
しかも、特別会計の暗黒の闇を消し去る必要があります。
そのの闇を暴露しようとする官僚や政治家は
みんな殺されてしまうので黙して語らずです。

解決策は、一つだけ。
リセットするのです。

ハイパー・インフレになると、4000兆円超の借金も
例えば、十分の一??? くらいまでも下落します。

その十分の一になった借金分を国民に支払わせようと
するのが、預金封鎖、資産課税 です。
大変分かりやすいでしょ。
米国や官僚達の国家犯罪を消し去り
何もなかったことにする。
つまり、そういう魂胆なのです。

早い話・・・
日本国民の生活はグチャグチャになりますわね。

しかし、それを遂行するには、やはり、
緊急事態条項⇒内閣独裁権を行使するでしょう。
その為に、自作自演の大規模テロが懸念されます。
2020年夏の東京オリンピック前にです。
しかし、これはあくまでも可能性の話です。

預金封鎖、資産課税・・なんてことをやらかすと、
時の政権は国民から完全に支持を失います。
だから、何がなんでも内閣独裁権が必要なのです。

<引用終わり>
-----------------------------------------







東京オリンピック誘致
 ↓
共謀罪成立
 ↓
日本国内~偽旗テロ事件勃発
 ↓
緊急事態条項⇒内閣独裁権~発動
 ↓
東京オリンピック
 ↓
アスリート死亡事件発生
 ↓
海洋汚染問題~国際化
 ↓
日本に1千兆円近い賠償請求
 ↓
ハイパーインフレ
 ↓
国家破産
 ↓
預金封鎖
 ↓
日本はIMF管理下に
 ↓
日本版FEMA、いよいよ始動!


皆さん・・・
一部については、あくまでも可能性について
のみ書いていますが、しかし、
可能性は皆無ではありません。
ただ、それらの全てがつながっていることに
気づいていただけたと思います。

可能性がある以上、それらの全てを
文字にしておくことです。
近い将来、必ず役に立ちます。



自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、
これの本当の意味分ってんの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html

<一部引用>

FEMAの真の正体は、
人口削減を推進する世界統一政府NWOの軍隊です。
日本版FEMAも当然、彼等の指揮下に入る事になります。
日本版FEMAが発動されたら、
本当の指揮官は日本人ではありません。

日本版FEMAを口にしたり推進しようと
している日本人は、世界統一政府NWOの手先です。
この手先は、民主党にも自民党にも
いるので用心して下さい。


世界各国のFEMA → 世界統一政府NWO へ移行

もちろん、ここ日本においても、
上の図式は例外ではありません。
アメリカでデフォルトが起こると、当然、
米国で大混乱が湧き上がりますが、しかし、
気をつけなければならないのは、反政府不満分子を
徹底的に炙り出すために、一般市民に混じって、
集会やデモを暴動化させようとたくらむスパイが
配置させられる可能性が非常に高いといった事実です。

そして鎮圧行動に出て、デモ隊を徹底的に検挙し、
収容所送りにする狙いです。
収容所送りにされた多くの民衆には、
ガス室が待っています。
もう既に、数百万以上の棺桶が用意されているそうです。

― 中略 ―


国民は赤,青,白,黄,黒に分類される。
それに先立つ6週間前に赤(クリスチャン)は
逮捕され即座に処刑(ギロチン)される。

青はその6週間後に逮捕拘留されCAMPに収監され,
矯正教育を受けるがNWO(統一政府・新世界秩序)に
従わず獣の刻印666を受けない者は殺される。

白は12歳以下の子どもで箱型の住居に収監され
666の刻印を付けた両親とはその屋上でしか
会うことは出来ない。
両親はBreeder(飼育者)と呼ばれる。
子ども達は新しい世界の役人として教育される。

黄は13~20歳の者でやはりNWOの警察か
軍隊に所属させられる。

黒は50歳以上の成人で直ちに殺される。


これらの殺戮には毒ガスとギロチンが使われる。
この間,アメリカ軍はほとんど外国に行っており,
国連(UN)軍がアメリカに駐留する。

国連軍はロシア,中国,ドイツ,日本,中米などの
200,000人の軍隊で構成される。

米国はNation(国)ではなくCorporation
(会社という集合体)なのであり,
それは英国(ロスチャイルド)が筆頭株主
というわけだ。

-引用終わり-










【光軍の戦士メールマガジン】


8月11日に最新のメルマガを配信しました。 
届いていない人は、私までご連絡下さい。 

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




アメノウズメ塾上級サバイバル編
①教えは政治家、預言者、宗教家から?
 マイケル・ジャクソン 暗殺