あなたは、仕事の残業が多いと悩んでいませんか?

あなたの周りには、仕事の残業が多いと悩んでいる人はいませんか?

 

 

ここ数年、多くの会社が、働き方改革などの影響から、

残業時間の削減や休日の増加といった方針が実施されていますよね。

ホワイト企業を目指しているのか?

本当の理由は分かりませんが・・・

 

 

 

         

 

 

 



長時間労働は必ずしも利益をもたらすわけではなく、

むしろ非効率化だとも言われています。

長時間労働はデメリットが多いと思います。
 

 

過度な長時間労働は、健康面に深刻な影響を与えることがあります。

ある調査によると、長時間労働の影響で睡眠時間が5時間程度になると

心臓病や脳卒中の発症リスクが高まるのだそう。

また、週の労働時間が55時間以上の人は、

労働時間が36〜40時間に人に比べて冠動脈疾患の発症確率が1.08倍、

脳卒中の発症確率が1.33倍に高まるのだそうです。



何年も前ですが、月の残業時間100時間以上ってことがありましたが、

もっと早く、このような発表をしてほしかった!

と、言っても未だに残業の多い会社もありますよね。

ブラック企業ですけど。

私も、ブラック企業で頑張っていました(笑)



アメリカでは、長時間残業を行う社員は、

“時間以内に仕事を終わらせることができない能力の低い人”と

言われるようです。

確かに、同じ内容の仕事を短時間で完了できれば、

そのぶん、ほかの仕事をすることが可能。

定時に仕事を終わらせれば企業側も残業代を支払わなくて済みますよね。



もしも、企業に尽くそうと考えて長時間労働を繰り返したとしても、

体調を崩して長期間欠勤すれば、

企業に多大な迷惑をかけるという皮肉な結果になってしまいます。

実際、そういう人いますよね。

 

 

肉体的からも、精神的からも影響されている人が多いです。

残業時間とは関係のない人もいますが(笑)

 

 

あなたの周りには、このようなお悩みを持っている人はいませんか?

あなたは、いかがでしょうか?

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

イライラ、モヤモヤはため込まずに吐き出しましょう。

ため込んでいたら、体にも悪影響を及ぼすことになります。

ためてばかりでは、心も身体も病んでしまいますよ。
ため込まずに吐き出しましょう!

 

 

 

 

 

 

あなたは、人間関係のお悩みはありますか?

あなたは、人と会うのが面倒ということがありますか?

あなたは、自分は嫌われているのではないかと考えることはありますか?

 

 

人間関係の悩みを抱えている人が増えていますよね。

しかし、人間関係の悩みで最も大きな要因とは、実は自分の思考に隠れているとも言われています。

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

人間関係に悩みやすい人の大きな特徴のひとつが、完璧主義であること。
そう言われると、

”自分は完璧だなんてことはない” と思う人が多いかもしれませんが、

実はその”完璧ではない” という思考こそが、完璧主義である証拠。


 

人は人、自分は自分ということを忘れない
嫌われる勇気を持とう
友達が多ければいいというわけじゃない!
人間関係にとらわれすぎない

小さな幸せを見つけることが重要

 


人が生きていくうえで、人間関係は切っても切れないものですが、
人間関係ばかりに目を向けず、趣味や仕事・習い事・資格など、

自分を高めるものに目を向けてみると
自然と同じ感覚を持った仲間が集まることがあります。


人間関係にもう悩みたくない!

そう思ったのであれば、まず考え方の転換をするのも一つの方法かもしれません。

簡単なようで難しいですよね。

 

 

人間関係の悩みは尽きることがないと思うし、切り離すことも不可能。

生きていくうえで、人間関係の悩みはつきもの。
しかし、考え方ひとつでその悩みは軽くもなるし重くもなります。
人間関係の悩みから開放されるには、今ある生活や環境に感謝をして、
小さな幸せを見つけることが重要かもしれません。

 

 

 

 

         

 

 

 

 

イライラ、モヤモヤを吐き出してスッキリしてみませんか?
第三者(他人)になら吐き出すこともできるのでは?
そして、ため込んだ気持ちを身体から吐き出しスッキリしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの周りには、5月病と思われる人はいませんか? 

あなたの周りには、5月病のような症状の人はいませんか?

 

 

ゴールデンウィークが明けた頃、無気力や、疲労感が抜けない、

などの症状に代表される5月病。

 

 

 

 

 

         

      

 

 

 

 

5月病って・・・

  5月の連休後に、学校や会社に行きたくない。

  なんとなく体調が悪い。

  授業や仕事に集中できない。

  などの状態を総称して「5月病」と呼ぶ。

 

  初期症状としては、やる気が出ない。

  食欲が落ちる。

  眠れなくなる。

  などが挙げられます。

  これらの症状をきっかけとして、徐々に体調が悪くなり、

  欠席や欠勤が続くことがあります。

 

 

 

 

主にストレスが原因。

進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、

特にストレスが溜まりやすい時期です。

 


5月病は病院などで使われる正式な病名ではないそう。

医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、

発達障害、パニック障害、不眠症といった病気などがある。

五月病の原因で一番多い病気は適応障害ですが、

実は発達障害の人もいると考えられている。

 

 

発達障害には、自閉症、注意欠如・多動性障害(ADHD)、

アスペルガー症候群など、さまざまなタイプがある。

計算や暗記が得意で学生時代には成績優秀だったが、

社会に出るとうまくいかないという人は、アスペルガー症候群の可能性が。

 

 

5月病って、新しい環境に馴染めず、

色々な精神的症状が現れる状態のことを言うそうですね。

対策としては、睡眠、栄養管理、運動、楽しむ時間を作る、

ゆっくり入力入浴、というのも方法らしいですよ。

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

5月病ではないと思いますが、年中、5月病らしき人もたまにいますよね(笑)

実際の5月病とは違うかもしれませんが常に仕事を辞めたい。

仕事を変わりたい。って、いう人がいます。

ストレスって怖いですね。

 

 

たまったストレス吐き出していますか?
我慢してため込んではいませんか?
ためてばかりでは、心も身体も病んでしまいますよ。
ため込まずに吐き出しましょう!

 

 

 

 

 

 

あなたは人の視線が気になるということはないですか?

あなたは人の視線が気になって仕方がないということはないですか?

 

 

人の視線が気になる。

人の視線が恐怖。

 

 

対人恐怖症や視線恐怖症など言われることが多いようですが 

社交、不安障害 の症状の一つとされ日本では古くから

対人恐怖症として研究が進められているようですね。

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

きっかけは些細なこと、

視線が恐怖になるって事が多いようです。

目は口ほどに物を言うとも言われますし、視線を送るだけで色々なことが伝わります。

見ている方が何も考えていなくても、見られている方は、

色々考えてしまうのでしょうね。

 

 

あまり人のことをじっと見続けているのも、相手にも失礼。

ジロジロ人を見るものじゃありません。

と小さい頃に言われた記憶があります。

 

 

視線の恐怖にはさまざまな種類があり

人に見られているという、他者視線恐。

自分が人を見る視線が相手を不快にしているのではないかという、自己視線恐怖。

その中で目立つのが、正面を見られず、

代わりに周りをチラチラ見てしまうという、脇見恐怖があるようです。

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

視線の恐怖までいかなくても

今は、いろいろな人がいて、いつ何が原因で

想像もしていないことが起こるか分からない時代ですから、

知らない人と目線を合わさないようにしています。

たぶん、無意識のうちにそうしている感じがします。

自分を守るのは自分ですから!

 

 

 

気になることは、吐き出しましょう。
たまったストレス吐き出していますか?
我慢してため込んではいませんか?
ためてばかりでは、心も身体も病んでしまいますよ。
知り合いには言えないけど、何も知らない第三者なら相談しやすいこともありますよ。 

 

 

 

 

あなたは、人の口癖が気になることはないですか?

あなたの周りには、口癖が治らない人はいませんか?

あなたの周りには、同じ言葉を何度も、何度も言う人はいませんか?

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

人の癖について、以前に書きましたが、

人の口癖も、気になるということはないでしょうか?

私は、よくあるのですが、と言っても、

私も、口癖があると思うので、人のことは言えないのですが、

話をしていると、口癖を何度も何度も繰り返す人がいます。

 

 

聞いていて、私は気になるのですが、そんなことはないですか?

この人って、口癖なのかな?

聞いていると、気になり、また言ってる。

また言ってる、と回数を数えたりしてしまいます。

 

 

例えば、お話を聞いていて、言葉の最初に

  え~
  あっ
  あの~

などつける人がよくいます。

なんだかクッション言葉のような、感じに使っている人が多いような気がします。

 

 

そして、本題の話が耳に入らなくなってしまう時が、たまにあります。

めっちゃ、失礼な人ですよね。 

しかし、そちらの方が気になってしまうのです(笑)

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

  でも
  だって
  どうせ

という、言葉を使う人も多いですよね。

 

 

 

ちょっと聞いてほしいこと。
今、これ聞いてほしいと思うこと。
たいしたことじゃないけど、話したい~
プチ発散も必要ですよ。