連休中は夏みたいに暑く、それでもあまり外出できない日々が続いているので、ずっと見たいと思っていた

 

ミシェル・オバマのドキュメンタリー、"Becoming"をNetflixで見ました!
 

日本でも公開しているようです。
 

 

注意この記事ではネタバレがあります
 

 

結論から言うと、

 

見るだけで、そしてミシェル・オバマの発言を聞くだけで元気がもらえるし、ポジティブになれて頑張ろうって思えます!

 

特に、働いている女性やワーキングマザーにおすすめ。


 

まず、イントロで流れるKirk Franklinと言うゴスペル・シンガーの曲を聞いただけで、テンションが上がりました(昔、ゴスペルをやっていました

 

そもそも、私は"Becoming"をずっと読みたいと思っていて、英語版を買おうかと思いきや、とても長そうだったので日本語版が出るのを待って、日本語版をKindleで買ったんです。

 

その後最初だけ読んだものの、放置していました・・・。

 

そして、ドキュメンタリーが出ると聞いて、とりあえずは先にテレビで見ることに。
 

 

ミシェル・オバマって、日本ではどう受け止められているか分からないんですが、アメリカでは凄まじく人気なんです

 

もしかして、オバマ大統領より人気だったりしない?!?と思う程です。

 

政治界だけでなく、音楽系の授賞式やトークショーにも引っ張りだこ。

 

ミシェル・オバマが登場するだけで、すごい声援や歓声が聞こえて、スタンティング・オーベーション。

 

どのアーティストや有名人よりも、歓声のレベルが違います。本当、びっくりするくらい。

 

それだけ、多くの人が憧れている存在なんですね。

 

ドキュメンタリー"Becoming"を見てもそれが良くわかります。


 


 

 

このドキュメンタリーは"Becoming"の本を記念して、全米を回ったツアーに焦点を当てています。

 

サイン会や、ブッククラブにミシェル・オバマが出席すると、彼女を見るだけで感極まって泣いてしまう人や、「信じられない、夢みたい」と言っている人がたくさん。

 

特に彼女はアフリカン・アメリカン、ラティーノ、ネイティブ・アメリカンの若者(高校生や大学生)に集中的に会いに行きます。

 

彼女は「若者が国の将来を担う」「若者やマイノリティーの投票率が低いのは問題」と、若者に関するアクティビティに注力しています。
 
「黒人女性」と言う立場から、今までの逆境や「初の黒人ファーストレディ」としてのプレッシャーにどう対処していったのか、と言うことなどに、的確に答えていきます。
 

 

質問に答えている彼女を見て、下記のことを思いました。
 

  • とにかく一つ一つの発言が心に残るし、ポジティブだし、力がある
     
  • 人と繋がるのがすごくうまい。サイン会でも少ししか話していないのに、他人の「ストーリー」をうまく引き出している。
     
  • 自分の過去の経験や辛いこと(過去にメディアから受けたバッシング、結婚に関するカウンセリングを受けたことなど)をオープンに話し、それで更に親近感が湧く
     
  • ユーモアを交えて話す。
     
元ファーストレディなんですが、親しみやすくて、説得力があって、パワフルで、ポジティブな力をもらえるんです。
 
 
私が特に心に残ったのは、
 
  • 彼女がオバマ大統領の選挙キャンペーン中や、ファーストレディになってから、メディアの批判や世間からの冷たい視線を受けても、

    「とにかく朝起きたら、ちゃんと1日1日仕事をして、成果を出すことが大事」

     
  • 「一人一人はそれぞれにストーリーがある。でも大事なのは自分のストーリーに「価値がある」と思うこと。そして、自分の弱さを出してもいい。そうすることで人と繋がることができる」
     
と言った発言でした。
 
 
確かに、彼女は自分の弱さや本当の自分を見せているので(高校の先生に「プリンストン大学に行けない」と言われて落ち込んだこと、不妊治療、結婚で大変だったこと、ホワイトハウスでの生活など)、それがたくさんの共感をよんでいるのではないでしょうか。
 
とにかく見ているだけで元気をもらえる"Becoming"、おすすめです!

最近のNew York Timesの記事(外出自粛中の日本における夫婦の家事分担について)を見て、色々考えるところがあったので、今回はその話題について。

 

家事分担は家庭や文化よって事情も違うので、一概に「こうである」「こうすべき」とは言えないですが、

 

「フルタイムで働きながら、子育てをどうやりくりするか」について、文化的背景や私の家庭の家事分担を見ながら考えてみたいと思います。

 

私の家族構成・働き方は、以下の通り。
 

  • 私:週5日フルタイム、3月中旬から在宅勤務
  • 夫:週5日フルタイム、コロナ前から在宅勤務
  • 娘:一歳半

* ベビーシッターさん:今は週3日、夏からフルタイム
* 周りに家族はいない


 

夫はコロナ前から在宅勤務だったので、特に今までと変わりありません。

 

私の家庭では、家事分担をざっくり考えると(ちゃんと数えたことはないのですが)
 

  • 私:50%、夫:50% (今)
  • 私:40%、夫:60%   (コロナ前)
     

くらいだと思います。

 

家庭で家事分担について話したことはありません。そして、家事について喧嘩になったこともありません。

 

「何となく」この配分が成り立っています。

 

 

 

 

文化的背景

ダイヤオレンジ夫の文化背景ダイヤオレンジ
 

夫の家族は台湾系なのですが、台湾では男性が積極的に家事をするそうです。例えば、男性が主に料理をすると聞きました。

 

義理の両親の家に泊まったとき、確かに義父が積極的に家事をしていました

 

洗濯やお皿洗いは義父、料理はテイクアウトも多いですが、義母と半々くらいでした。


 

ダイヤオレンジアメリカでの子育てダイヤオレンジ
 

アメリカで小児科の定期検診に行くと、男性(パパ)が付き添いしているのをよく見かけます。また、保育園の送り迎えでも男性(パパ)をよく見かけます。

 

子供が産まれたと同時に、男性が病院の同じ部屋で2日間、付きっきりで一緒に育児をするのが普通だし、

 

「子供が産まれた瞬間から、夫婦で一緒に育児を頑張る」

 

という雰囲気を感じ取りました。
 

 

うちの家事分担事情

 

ダイヤグリーン育児ダイヤグリーン
 

コロナ前は夫が保育園の送り迎えと、寝かしつけ、夜泣き対応という重めの育児タスクを引き受けていたので、夫の負担が60%くらいだったのではないかと思います。今は保育園の送り迎えがないので、私と夫でちょうど半々くらいです

 

未だに寝かしつけは夫担当ですが、その代わり私は昼の寝かしつけやお風呂、ご飯をあげるのを担当しています。

 

娘と遊ぶ(外に行ったり屋内で遊ぶ)のも、ちょうど半々くらいです。

 

夜泣きは今はあまりないので、前に比べると楽になりました。

 


ダイヤグリーン洗濯ダイヤグリーン
 

洗濯は日本にいた時よりアメリカの方が断然楽なのでは?!と思っています。
 

  • 洗濯は週一回(自分たちのもの)
     
  • 子供の洋服は週二回洗濯する
     
  • 乾かすのは全て乾燥機
     
  • 洗濯を畳むのはベビーシッターさんにお願いする
     
日本にいた時は、洗濯の回数が多かったり、外にちゃんと干したりする場合が多かったと思います。
 
畳むのをお任せしているのが大きいですが、洗濯に関してあまり労力は使っていません
 
 
ダイヤグリーン掃除ダイヤグリーン
 
コロナの前は、月一回、クリーナーさんに来てもらって、念入りに部屋や洗面所を掃除してもらっていました
 
子供ができる前は自分たちで掃除していたのですが、フルタイムで復帰してからなかなか時間が取れないと、
 
「じゃぁ月一だけちゃんと掃除に来てもらおうか」
 
という結論に。
 
今はコロナで来られないので、自分たちで掃除していますが、
 
  • 気がついた時やできるときに掃除機をかける(主に夫)
     
  • 洗面所やお風呂も気がついたらできる範囲で(主に私)
     
  • おもちゃを片付ける(夫と私半々)
     
と言った感じです。
 
もちろんクリーナーさんに来てもらうとピカピカになりますが、状況が状況なので、多少汚くても気にしていません。

 

 
ダイヤグリーン料理ダイヤグリーン
 
うちの場合、料理が一番ネックです。
 
夫も私もあまり料理が好きではありません。コロナ前は毎日のように外食したりテイクアウトしていたりしました。
 
ただ、ずっと家にいるとそういうわけにも行きません。
 
現在は、
 
  • もしどちらかが料理したかったり、どうしても食材を使わないといけなかったら、料理する。
     
  • 料理したくなかったら冷凍食品に頼るか、テイクアウトにする。
     
と言ったスタンスです。
 
いつも夕方になると
 
 
お母さんお父さん「今日夕飯どうする〜?」
 
 
という会話になり、
 
もし「私料理しよっか?」というボランティアがいないと(笑)
 
 
お母さんお父さん「昨日の残りとか冷凍食品とかあるっけ?」
 
 
となり、それもない場合
 
 
お母さんお父さん「じゃ注文しようか。」
 
 
って感じになります。
 
ちなみに、食器は全て食洗機で洗い、フライパンなどだけ洗っています(これも夫と私で半々)
 
しかも、最近はずっと家にいて食器の消費量が多いので、「紙皿」をたくさん使って、食器洗いを防いでいます(笑)
 
ここまで書くと、すごく手抜き&面倒くさがりな感じですが、料理に対してはそこまでエネルギーを使いたくない2人なのかもしれません。
 
 
 

お互いやっていないことを補う
 
家事分担について家庭で話したことはないですが、何となくお互いを補っている、というのが毎日の状況です。
 
例えば、
 
  • 私が料理した日には、夫がフライパンなどを洗う(か、その逆)
     
  • 私が部屋を掃除したら、夫はゴミ出しに行く(か、その逆)
     
  • 夫が掃除機をかけたら、私は洗面所を洗う
     
  • 夫が夜の寝かしつけ担当で、私は昼の寝かしつけ担当
     
  • 私が午前中に娘と散歩に行ったら、夫は夕方娘と外に行く
 
など、1人がある家事をしていると、それを察してもう1人が違う家事をする、と言った感じです。

 
結論として、「こうしたら家事分担がうまく行く!」と言ったルールや法則はないと思います。
 
個人的な価値観や意見、文化的背景もあるので、上記の状況に納得がいかない方もいるかもしれません。
 
それでも、私の家庭の場合は
 
  • 頑張り過ぎずに、手抜きしてもいい
     
  • 食洗機、乾燥機などのツールに頼みつつ、完璧でなくてもいい
     
  • 必要なら外注したり外のヘルプを求めてもいい
     
  • お互いを思いやり、補う
     
といった形で、週5日のフルタイム+育児が何とか成り立っています。
 
最後に、以前こちらの記事に書いたのですが、子育てをする上で大事なのは
 
「ママがハッピーでいること」
 
だと同僚の人によく言われました。
 
家事をする上でも、お互いに負担がかかり過ぎず、補いながら、そして時には助けを求めながら、ハッピーでいられるように過ごすのが一番ではないでしょうか。
 

アメリカでは今週土曜日〜月曜日がMemorial Dayと言って3連休になります。

 

今年はコロナで外出できないですが、いつも連休中にやっていることがあります。

 

それは、

 

子供服をセールで買うこと。

 

今年はお店に行く代わりに、オンラインで買おうと思います!

 

ベビー服や子供服は、可愛いくてたくさん買いたくなってしまいますが、私は下記の方法で買っていてあまりお金は使っていない方かな、とは思っています。
 

  • ママ友に譲ってもらう
     
  • たまに行われる日本人の不用品交換会のようなイベントで譲ってもらう
     
  • 義母や友達からのプレゼント
     
  • 足りない物は自分で新しい物を買い足す
     
自分で新しい物を買う場合、3連休や大型連休(サンクスギビング後のBlack Friday、クリスマスの後など)を狙ってセール中に買っています。
 
アウトレットで買うと更に安く買えます!
 
コロナ中でも、最大70%オフなどを見かけたので、今週末がチャンスですね。
 
子供が産まれる前は、どこで子供服を買ったらいいんだろう?と思っていましたが、今は行く場所が大体決まっています。
 
そこで、今回はアメリカで買える子供服おすすめブランドを5つ紹介します。
 
 
 
Carter'sはアメリカで一番メジャーな子供服ブランドの一つ。価格も手頃でセールも頻繁に行っています
 
お手頃価格なのに、可愛い洋服もたくさんあります!
 
アウトレットや連休中はいつもCarter’sに行って、何かしら買っています。
 
おすすめは春服や夏服。また、上下セットで売っていることが多く、嬉しいです。
 
最近買ったお気に入りの春服
 
 
また、ドレスっぽいお出かけ用の洋服も売っています。パジャマ、ズボン、ソックスなどベーシックなアイテムも安く買えるので重宝します。
 
お出かけ用のちょっとしたドレス+ズボン
 
 
また、なぜかセーターなどは見かけないので、冬服は他のところで買っています。
 
 
Cat & Jackはターゲットで買えるブランド。
 
最初は、ターゲットで子供服?と思っていたのですが、ベビーセクションに行くと可愛いものが売っています!また、値段もお手頃価格です。そして、近くのターゲットでいつでも買えるのが有難い。
 
友達に聞いても、ターゲットで子供服を購入している人をよく見かけました。
 
おすすめはトップスやズボン。季節に限らず、夏服も冬服も買ったことがあります。帽子や靴、手袋のような小物も売っています。
 
冬によく着ていたセーター。何回着ても質が悪くならず良かった!
 
 
ハワイに旅行に行って夏服が急遽必要になった時も、Carter'sで冬服が見つからない時も、ターゲットに行くと用途にあった洋服がすぐ見つかりました。
 
ターゲットは洋服以外にもベビーセクションが充実しているので、頻繁に買い物に行っていました。
 
 
3. Baby Gap
 
Baby Gapは他の国に行っても人気なブランドの一つだと思います。
 
おすすめは秋服、冬服。また、ズボンもよく買っています。
 
去年の年末にニューヨークに行ったのですが、「カリフォルニアでは着ないような服も必要だろうし、防寒対策しないと!!」と考えていた時に、同僚に「Gapは可愛い冬服がたくさん売ってるよ!」と教えてもらいました
 
実際に行ってみると、セーターや、トレーナー、分厚いズボン、帽子、手袋、靴下、どれもかわいい物がたくさん見つかりました!
 
今も、少し寒い日にはGapで買った少し厚めのトップス(トレーナーか薄いセーター)を着ています。
 
薄めのセーター。春に寒い時にでもまだ着れます!
 
 
値段は少し高めなので、これこそセール時期やアウトレットを狙って買いに行くのが良いと思います
 
 
4. H&M
 
H&Mも、Gapと同様、他の国で購入できるかと思います。
 
同じくおすすめは秋服と冬服、そしてパジャマ靴下も可愛い物が売っています。
 
パジャマ。お気に入りで毎日のように着ていました。
 
 
値段はGapと同じような感じか、それより少し安いくらいなので、同じくセールでたくさん購入しました
 
 
Janie and Jackではとっても可愛いドレスが売っています。またデザインが上品。
 
お値段は高いので(最低でも60ドルくらいかそれ以上します)、特別な理由がある時にのみに購入します。
 
今まで利用したのは結婚式に参加用のドレスを買った時。
 
娘は一歳半ですが、今まで3回結婚式に参加しました。3ヶ月の時に一度、8・10ヶ月の時に一度Janie & Jackでドレスを買いました。
 
カーディガンと合わせるとより可愛い!上品&高級なので特別な時にだけ来ました。
 
 
特別な日しか着る機会がないので、2回着ただけでも、「役目を果たした!!」と思ってしまいました(笑)
 
ただ、セットで買った白いカーディガンは、他のドレスを着た時にも使い回せるので助かっています
 
普段着も売っているのですが、高いので今まで買ったことがありません(苦笑)
 
今年はネットでの購入ということで、実際に見て買えないのは残念ですが、どんなセール品があるのか楽しみです
 
皆さんは、お気に入りの子供服ブランドはありますか?
 
 

アメリカは今週末、Memorial Dayで三連休です!

 

・・・と言っても、外出自粛中なので、どこにも行けないのですが(苦笑)

 

ベイエリアは今も外出自粛令が出ているのですが、今週からお店(本屋さんやリテール系)がピックアップ限定で徐々に開店しています。

 

近くにあるカフェやレストランも、モバイルオーダーやテイクアウトのみで開店し始めていて、天気の良さに加えて今週末はたくさんの人が出歩きそうな気がしています滝汗

 

私も2ヶ月半くらい家にずっといるので(スーパーや家の周りの散歩を除く)、そろそろ出かけたい!!と言う気持ちも強いのですが、やはり怖いので、結局は家で過ごすと思います。

 

「外出自粛中にたくさんおもちゃを買ってしまった」

 

と言う声をよく聞くのですが、私も間違いなくその1人です(笑)

 

保育園に行っていた時は、定期的におもちゃを交換してくれたり、おままごと用の台所など大きなおもちゃもあったので、家ではあまりおもちゃを買っていませんでした。

 

しかし、ずっと家にいるのであれば、同じおもちゃだと飽きてしまうので、最近いくつかのおもちゃを購入しました

 

一番買って良かったと思うのは、以前紹介したWater Tableですが(今も毎日のように遊んでいます)、

 

今日は主に室内でも使える、娘が一番熱中しているおもちゃを紹介!

 

それは・・・塗り絵とチョークです。

 

既に持っている方も多いかもしれないですが、クレヨンと塗り絵の本を買ってから、よく集中して遊んでいます。

 

丸レッドクレヨン丸レッド
 

クレヨンは日本人のママ友が持っていたようなクレヨンが欲しいと思い、アメリカでは手に入らないと思っていたのですが、Amazonで検索すると普通に売っていました。

 


 

MiMoo 12 Colors Paint Crayons Painting Pencil Sticks Washable for Toddlers, Kids, Children, Boys and Girls, Safety and Non-Toxic Stackable Crayons

 

このタイプの物は持ちやすく(人差し指に入れて持つと塗り絵をしやすいです)、汚れないし、もし汚れても拭いたら消えるし、割と丈夫だし(今のところ一本しか折れていないです)、大満足!

 

あまり汚れないと言っても、最近はパソコンや椅子に色を塗っていて困ることもありますが、拭けば大丈夫です。

 

また、塗り絵だけでなく、クレヨン自体を積み上げて遊ぶのも好きです。
 

 

丸レッド塗り絵の本丸レッド
 

クレヨンと合わせて、塗り絵の本も買いました。

 

何を買っていいか分からなかったのですが、Amazonで検索するとたくさん種類が出てきます。

 

とりあえず「初めての塗り絵」みたいな一歳半でもできるような簡単な物を探し、下記の物を購入。対象は1〜3歳のようです。

 


 

My First Toddler Coloring Book: Fun with Numbers, Letters, Shapes, Colors, and Animals! (Kids coloring activity books)

 

この本ですが、動物、数字、アルファベット、形、色などが大きく書かれていて、余白もたくさんあってオススメです!!

 

ちょうちょが好きで、すごい勢いで何度も色を塗った娘(笑)
 

 

ページ数も約150ページほどで、ボリュームがあります。

 

イラストが可愛いので、色を塗りながら動物の名前や鳴き声を書いたり、余白にお絵かきもできます。最近は「わんわん」「ニャーニャー」と言ってクレヨンを渡してくるので、私が動物のイラストを書いています(笑)

 


 

 

丸レッドチョーク丸レッド
 

こちらはつい最近購入!

 

外出自粛中は、基本的にアパートの周辺を散歩しています。

 

ある日散歩していると、誰かが地面にチョークで大きな絵を描いていました。娘がそれを見てとても嬉しそうだったのと、ある日同じアパートの女の子がチョークを娘にくれて、気に入ったので購入を決意。

 

Amazonで探すと、思ったより種類が少なくて(有名なブランドCrayolaも一つくらいしかなかった)、みんな買っているのかな?と思いました。とりあえず下記の物を購入。

 

 

Regal Games Chalk City - 20 Piece Jumbo Washable Sidewalk Chalk

 

最初はチョークはもうちょっと大きい子向けかな?と思っていたのですが、毎日のように外で楽しそうに遊んでいます!

 

娘は線を描いたり、既に描かれた絵を見て興奮したり、指差したりしています。

 

私は何も凝ったものを描けず、結局犬や猫やお花などばっかり描いていますが、もうちょっとうまくチョークで絵を描けるようになりたいです。

 

 

皆さんは外出自粛中に買った、おすすめのおもちゃはありますか?

在宅勤務になってから、娘のスクリーンタイムは確実に増えました。

 

私はテレビっ子だし、テレビから色々学べることもたくさんあると思っています。

 

スクリーンタイムに制限は設けていないし、あまり気にしていなかったのですが、さすがに最近スクリーンタイムが増えてきたので、小児科の先生に相談したところ

 

30分くらいが望ましいけど、状況が状況だし、なかなか難しいわよね。自分のできる範囲でベストを尽くしてね。でも外出禁止のうちは、少しくらい超えても大丈夫。私の子供も目安の時間を超えているわ」

 

と言われました。

 

正直、確実に30分を超えています・・・滝汗

 

最近日本語教育を見直しはじめたこともあって、Eテレの「いないいないばぁ」をひたすら見せたり(「お母さんといっしょ」や他の番組はまだ興味がないみたいです)、こどもちゃれんじのDVDを見せて、以前よりは少し充実していると思います。

 

それでも、いないいないばぁもしまじろうも同じ物を何回も見ているので、もうちょっと他の動画も取り入れたいところ。

 

以前、こちらの子供のスクリーンタイムは制限すべき?という記事にて、娘が好きなYouTube動画をいくつか紹介しましたが、今日はそれぞれの動画について詳しく紹介したいと思います。

 

ちなみに私はアメリカ在住で日本語のYouTube動画を見せていますが、下記のものはもともと英語だったものが日本語や他の言語に訳されているので、日本にいて日本語や英語を学びたい場合にも活用できるかと思います!
 

 

ダイヤオレンジSuper Simple (日本語英語
 


これは娘も私も大のお気に入り!何と言ってもキャラクターや絵がどれも可愛いし、親しみがわきます。パペットもかなりクオリティが高いです。

 

曲は「きらきら星」「マクドナルドじいさんのぼくじょう」「あたま、かた、ひざ、あし」"Itsy bitsy spider" "Row row row your boat" など日本語でも英語でも有名な童謡がたくさん含まれていて、馴染みのある曲が多いです。また、歌詞もそのままになっていることがほとんど。

 

一方で、知らない曲もありますが、色や形、動物、食べ物などの名前を覚えるのにぴったりの曲もたくさんあります。

 

ほとんどの動画を見たと言っても良いくらい、ハマっています(笑)
 

 

ダイヤオレンジSuper Jojo (日本語英語
 

 

こちらも娘が大のお気に入りで毎日のように見ている動画。

 

両親+3人の子供+犬の家庭が舞台で、毎日の生活を童謡のメロディーをベースに替え歌として歌っています。

 

童謡の替え歌なので、童謡を学びたい!という場合には向いていないかもしれないですが、動画がお気に入りのようで、かなり集中していつも見ています。

 

特に、アイスクリームやデザートを作ったり、犬と遊んだりする場面が好きなようです。
 

 

ダイヤオレンジセサミストリート(日本語英語
 


世界中で大人気のセサミストリート。私も小さい頃日本で見ていました。

 

日本語の吹き替えがあったよなぁ〜と思いながらYouTubeで検索していると、日本語公式のチャンネルを発見!

 

そこまで動画数は多くないですが、いくつか吹き替え版を見ることができます。

 

娘は最近エルモが大好きで、見ていない時でも"Elmo!" "Elmo!" (発音は英語)と言うようになりました。
 

 

ダイヤオレンジBabyBus (日本語英語



Super Jojoと同じようなタイプで、パンダや他の動物が主役で、童謡をベースにしながら歌詞を変えています。

 

動画を作っている会社は中国にあるようで、たまに動画の中の文字が中国語になっています。

 

やはりアイスクリームやドーナツ、ハンバーガーなど食べ物が出てくる時に、すごく興味を示して画面に食いついています(笑)

 

ダイヤオレンジLittle Baby Bum(日本語英語
 


 

こちらもSuper Jojoと同様、両親+子供の家族を舞台にして、童謡をベースに日常生活を描いた動画が多いです。

 

また、それ以外にも数や動物、乗り物が出てくる動画などもたくさんあります。
 

 

皆さんはお気に入りの幼児向け動画やチャンネルはありますか?

 

他にもおすすめの動画があればぜひ教えて欲しいですニコニコ