2019ルール:グリーン上で直せるようになったものって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)
新型コロナウイルスに関する情報について

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は2019ルールでグリーン上で直せるようになったものについて、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

グリーンでパットのライン上にスパイクの跡を見つけた時、直したい…

 

そう思いますよね。

 

 

以前はスパイク跡を直す事は、許されていませんでした。

 

でも2019年のルール改正で、スパイクの跡が直せるようになりましたキラキラ

 

加えて下記のものも、無罰で直せるようになりました。


・用具や旗竿が原因となる擦り傷や窪み
・古いホールの埋め跡
・動物の足跡
・くい込んでいるもの(例えば石、どんぐり)

 

修理中に、偶然ボールを動かしてしまっても罰は生じませんキラキラ

 

元の地点にリプレースとなります。


ただし、下記のものは直せませんので気を付けて下さい。(R13.1)

 

・エアレーションの穴などのグリーン全体の状態を管理する為の作業
・地面が露出した区域、
・雑草、成長がまばらな区域

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

グリーン上ではスパイクマークも直せる…

 

これは嬉しいですね。

 

自分のパットのためだけでなく、

グリーン保護のためにも、是非直したいですね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ