下りのパットでよせるコツって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)
新型コロナウイルスに関する情報について

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は下りのパットでよせるコツについて、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
下りのラインは、用心して打ちたい。そう思うと大きく距離を残してしまう。


反対に「このくらいの距離ならカップインさせたい」と思うと、大きく打ちすぎてしまう。

 

下りのラインは、神経を使いますね。

 

下りのパットの時に是非、大切にして頂きたいイメージがあります。

それは

カップの手前から

 

トロトロ…

 

と柔らかく球を転がしていくイメージで、素振りをする事です。

 


平らな所や上りのパットでは、カップの反対側に球をあてていくイメージが大切と言われています。

 

距離が足りなければカップインしないから、ですね。


でも下りのラインでも同じようなイメージで打ってしまうと…

 

カップを大きくオーバーして、3パット、4パットということも起きかねません。

 

下りのラインでは、戦略を変えて

 

カップの手前からトロトロ~と柔らかい転がりをイメージして下さい。

このイメージで素振りをする事で、上手に傾斜にのせて球を転がしていくことが出来ます。



 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

「ゆったりとしたストロークがしずらい。」という方は

 

いつもより5㎜ほどパターを短く持たれると、良いですよ。

 

ゆっくりとした振り子のリズムを、作りやすくなります。

 

下りのパット時は、是非上述を参考になさって下さい。

 

柔らかい転がりで、イメージ通りのストロークをすることが出来ますよ♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ