来年改定される『バンカーの規則の緩和』について | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターののヒロコ・ベンダーホーフです。
 

今日は来年改定の『バンカーの規則の緩和』について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
ブローガ―さんから下記のようなご質問を頂きました。
 
ルール改正で、来年からバンカー内でも

極端にライが変わらなければソールがついてもOKになるって聞きました。

本当でしょうか?
 

ビーン。様 

 
 
素晴らしいご質問ですね。
 

2019年1月1日施行が予定されているルール改正は、1984年以来の大きな変更と言われています。

 

その一つに、”バンカーの規則の緩和”があります。

概要は下記の通りです。

 

「バンカー内では、限られた制約(球のすぐ近くでクラブを地面につけてはならないなど)は維持される。

 

だが、ルースインペディメントを動かしたり、一般に手やクラブで砂に触れても罰はなくなる。」

またバンカー内でのアンプレヤブルについては、下記の選択肢が加えられます。

 

「2 打罰で、球をそのバンカーの外側からプレーすることを認めている追加の選択肢が、加えられる。」

 

これらの改正は「規則を近代化し、より理解し易く適用し易くするため」の変更だそうです。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
「ゴルフはルールが分かりづらい。」
 
という声を耳にすることがあります。
 
これらの改定でルールが分かりやすくなり、ゴルフを一層楽しめるきっかけとなると良いですね♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります