足を運んで下さりありがとうございます

小1・年中・年少男の子3兄弟と共にやり抜く力を育てているmimisenseiです雪だるまハート

 

 

 

ダイヤモンド非認知能力を伸ばす秘訣!

ダイヤモンドおすすめのオンライン英会話

ダイヤモンドプログラミングのおすすめ

ダイヤモンド算数 幼児〜中学受験

ダイヤモンドおうち英語/多読/オンライン英会話

ダイヤモンド公文

ダイヤモンドピアノ/絶対音感

ダイヤモンド国語力育成に

ダイヤモンドふるさと納

 

 

\東大理Ⅲ 佐藤ママも愛用していた/

 

 

 
image
 

★期間限定特典付き★

特典①これだけはドリル

特典②オリジナルカレンダー

オリジナルふせん

超豪華!無料おためしワーク↓

 

国語力育成の秘訣

ブンブンどりむ

ブンブンどりむの魅力はこちらの記事→★★★

 

 

現在三男が通うくもんでは、


 

幼児用の新品のかばんを持っている子がすごく増えました。


 

首都圏にくるまでに長男が通っていた公文では、

 


小学生が来る前に

 

幼児タイムがあり、


 

長男は1対1で公文の指導者さんからみてもらっていました。


 

これは、進度が進んだときにとてもありがたいことです。

 


一方、首都圏の今通っている公文では

 

幼児タイムはなく、

 


指導者以外の先生何人かのところに

幼児がわかれて、

 


幼児+小学校低学年の子をみています。

 


ある程度教材がすすんで難しくなってきた子だと、

 

わからなくても質問できず、


 

少し時間がもったいないなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

クローバー我が家の休校中の家庭学習クローバー
リンク先の過去記事に、
お得な紹介コードを記載していますハート
(紹介制度1000円もらえる!)
 

ご検討中の方、我が家の

友達紹介コード

 

 mimisensei333@yahoo.co.jp

 

申込み時、紹介者に上記のコードを入れ入会するとAmazonなどで使えるデジタルギフト券

 

1000円分がもらえるのでぜひ桜

 
雪の結晶雪の結晶雪の結晶
 
 

東大理Ⅲ 佐藤ママは

 

「1歳から公文式」


と、お子さんたちが1歳のときから公文式に通っていました。

 
 
参考書籍)
 

現役医師で、筑駒→東大理Ⅲ
の方にお話を伺ったときは

3歳〜11歳まで公文式

に通われていました。

 

小5の途中から中学受験塾 SAPIX サピックスに入会。



 

くもん はじめたいけどいつからはじめたらいいの?
くもんに興味がある という質問をよくいただくので
本日は、我が家の公文活用法について。

 

 


 

公文式 いつからはじめた?

長男(現在年長)4歳半
次男(現在年少)2歳半
三男(現在3歳)3歳半




 

公文式をはじめたきっかけ

長男が、年少のクラスでお友達からお手紙をもらってきて
「ひらがながかけるようになりたい!公文にいきたい!」
といったことがきっかけ。


 

 

 

なぜ、公文式でひらがなが書けるようになると知っていたのか

3歳のとき一度通っていた
CMで観た「くもんいっくもん」
につられて、長男がここに行きたいといい出し、4ヶ月ほど通ったことがあったため。しかしながら、そのときは、公文についてあまり知らず、また三男の出産のため里帰りをし、退会。
その記憶があったので、
公文=ひらがなが書けるようになる
ということを長男は知っていた。


 

実際に購入した公文の知育玩具のおすすめ

 

何の教科をはじめたか

長男4歳半で 国語 算数 に入会
国語でひらがなを書けるようにしたいという強い希望と、数字が大好きなので算数も一緒にやることに。
(学年の子、先生のお誕生日を覚えていたり、歴代の仮面ライダーについて)



 

 

 

 

公文式4歳半ではじめてどうだった?


長男にとって、ベストなタイミングではじめられたと思います。
宿題をこなせるように習慣化するのも比較的スムーズにいきました。
3歳で入会したあとすぐに退会したのもいい判断だったと思っています。

 

年中の間に未来フォーラムへの参加資格をいただけたことが勉強好きにつながった


国語・算数になれてきた頃、英語も追加しました。
はじめてから一年経たないうちに
英語は未来フォーラムの参加資格(中学校課程へ)
算数もオブジェ(3学年先高進度認定)
を獲得することとなりました。
一年経たないうちに可能になったのは、
本人がやりたいという意欲があるときにはじめられたからかな?と思います。
未来フォーラムに参加したことで、その後更に公文のやる気がアップしました。

 

 

 

 

 


 

家庭学習メイン・外注とはいえない公文式


公文式に対して、家庭学習を「外注」しているという意見をたまに耳にしますが、決してそんなことはないと思います。
なぜなら、公文式の要は自宅での宿題にあるから。
親は、公文の先生と相談しながら
家庭で、宿題を見守る必要があります。
外注は、先生に任せきりにすることです。
親の関与度の高い公文式は外注とは言えないと私と夫(Dr.Q)は考えています。

 

 

公文式の進度が進んできたら


自分の学年より進度が先なので宿題に時間がかかるようになることもあります。
そんなときは決して無理して先に進まず、
少し進度を戻すこともおすすめ。
どんなに早い進度でも、
自学自習ができていなければ公文式の魅力は半減。
進度にこだわることなく、
着実に基礎学力を高めることが大切。

 

 

最後に


本日は、現在年長の長男の公文式についてお話してきました。
長男は「お手紙を書きたい」
という、自分で見つけた目標のためにはじめたことで
習慣化・継続につながったのではないかと考えています。
現在年少2歳半ではじめた次男の公文式のお話もまたしていきたいと思います。



佐藤ママは1歳から公文式
現役医師(筑駒→東大理Ⅲ)の方は3歳〜
我が家の長男は4歳半


いつはじめたらいいか
というのは、それぞれ異なると思います。

 

 

 

大切なこと


決して
「〇〇(お友達)がやっているからやらなきゃいけないのかな?」


と、他の子と比べて焦るのではなく、
我が子をよく観察して
はじめ時を見極める。


それぞれのご家庭が、
「目的」を持って公文をやりたい!と思ったときがチャンスです。




 


かくいう私も一度失敗していますので!


 

 

 

***

 

 

 

オンラインインターナショナルスクール

→グローバルステップアカデミー 

 

にて、「英語で算数を」学び始めた長男ハート

→グローバルステップアカデミー 

から、届いた算数テキストラブハート

 

 

→グローバルステップアカデミー 

(紹介制度で2回分の無料レッスン オンラインインターナショナルスクール)