カムカムミニキーナ公演 vol.70『燦燦七銃士』(作・演出:松村武)稽古場レポート
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「燦燦七銃士」完走です。

「燦燦七銃士」全19ステージやりきることができました。

こんな状況の中で、
勇気と覚悟を持って劇場まで足を運んでくださった皆様、
まことにありがとうございました。
そして各ステージ、
共にこの作品を創ることに「参加」していただき、
まことに、お疲れ様でした!

配信でご覧いただいた方にも感謝申し上げます。

カムカムミニキーナの演劇は、
皆様の想像力がフル稼働して初めて完成するものです。
他と比べてもそこは極端な部分があるかもしれません。

その完成形は、
観客の皆様それぞれの頭や心の中にあり、
観客の皆様それぞれの数だけ存在し、
時にはこれからもずっとそこに残り続けることもあるでしょう。

7月の「猿女のリレー」ともども、
このコロナ禍において、
届けるべき、
届くべき、
「然るべきお客様」である皆さまと共に、
今、ここにある、かけがえのない演劇を創ることができたこと、
とても奇跡的で価値のある濃厚接触であったと思い、
これからの我々の活動の、一つの礎となっていくことでしょう。
そして皆さまにとっても、
この観劇経験が、
皆様の人生の何らかの一部の礎となっていくようなことがあるのなら、
本望ですし、
それが演劇の力だと思っています。

この演劇の力が、
このコロナ禍のような混迷にあってこそ、
何かを動かす可能性となるのだと信じて、
これからも我々は、
ひるむことなく、
どんどん演劇を創り続けて行こうと思います。

色んなところで、
衣食住演劇
などと少し大げさに、
演劇のポジションについて言ってきました。

しかしこのコロナの一年の二作品で、
むしろその思いを新たにしたところがあります。

娯楽の一ジャンルにとどまらず、
古来より
演劇の持つ特別な力、
その可能性について、
そしてその意味について、
何かほんの少しだけですが、その核心へと近づけた思いがします。

同じ空間を共有し、
機械を介すことなく、
生の音を耳にし、動きを見る。
時には匂いも。
五感で直接接触してこそ感じ、共鳴、連動する内なる自己の運動、
そうでなければ、なしえない、
この特殊な演劇的体験というものは、
その最も大事な肝の部分を想定外に封じてきた、
コロナというイレギュラーな状況あってこそ、
より深く意識することができたのではないかと思います。

そういう意味では、
この想定外の自然災害は、
一方で、
想定外の認識や思考を生むこともあるということ。

ただひたすら困っているばかりでなくて、
これを機に逆に成長してやろう。
そんなことを考えることができたのも、
演劇という現象のおかげです。

端的な例を出すと、
拍手ってものの本質に、
初めて少し理解に近づけた気がしました。
毎ステージの拍手の違いがしっかりわかる。
拍手という行為は何とも深遠な行為です。
その行為によって届くもののすべてを言葉でうまく言い表せない。
物理法則を越えて、
それは大袈裟に言えば、
大いなる平和へと繋がる人間の発明です。

何か長大な文章になりそうになってきたので、
この辺りで止めましょう。

長大なのはいずれ、
僕の個人ブログの方で書くかもしれません。

ともあれ、
カムカムミニキーナ30周年はこれで一区切り。

来年以降も
コロナがどうあれ、
やれる限り、たくさんの演劇を皆さんに届けていきますので、
どうか懲りずに受け取ってください。

ありがとうございました。
お疲れ様でした。

  松村武

PS 今回の作品で幕末の歴史に興味を持った方がいらっしゃると聞きました。参考にした資料リストを。

*カションとメリンスお梶
「慶喜と隆盛」福井孝典 作品社
*小栗上野介
「罪なくして斬らる」大島昌宏 人物文庫
*おでゅまキャラ
NHK大河ドラマ「八重の桜」
*徳川斉昭・吉子・慶喜・井伊直弼・ちゅっちゅくちゅう
NHK大河ドラマ「徳川慶喜」
*篤姫・徳川家定
NHK大河ドラマ「天璋院篤姫」
*全体
「ダルタニャン物語」アレクサンドル・デュマ 講談社文庫
(野暮庄右衛門はボナシュー。お紺はコンスタンス)

*来年の大河ドラマは渋沢栄一が主人公で、まさにパリ万博へ行った日本人の一人。きっと万博の話は出てくると思います。(和製三銃士芝居はフィクションなので出てきません。)




燦燦七銃士 大千秋楽松本!!

こんにちは!めいみです!
昨日のブログ更新遅れました…!
すみません…!

本日はいよいよ燦燦七銃士、大千秋楽でございます!
松本市民芸術館にて。
あっという間だったようで、最初のリモート稽古が遠い昔の記憶のような不思議な感覚ですが、それほど濃密で緊張感を持った期間でした。

まず無事に初日をスズナリで開けられた喜びと、地方公演に向けてのPCR検査をクリアして全員で心置きなく出発できた大阪公演。
1公演1公演をありがたくやらせていただき、ついに大千秋楽。
本当にうれしいです。。

昨日は松本市民芸術館での場当たりで、東京、大阪とはまた少し仕様がかわり、衣装をどこに置くのか、小道具どこに置くのか、毎度のことながらプチパニック起こしながら無事に上演するための準備をいたしました!
ご来場の皆様、お気をつけてお越しください!

そして、昨日は朝早くに松本の美味しい空気を吸いがてら、松本城へ。
そして稽古後にも、ライトアップされた松本城へを。
お蕎麦食べたいけど、外食は我慢して、美味しい空気を食べる事にしました笑

松本城、昼と夜で色の印象が全く変わるんだな…という感動でした!

さて、最終公演、いつも通り楽しむぞ!!






「燦燦七銃士」大阪千秋楽!

こんばんは洋子です。

「燦燦七銃士」大阪公演終幕いたしました!
いつもながら大阪の皆さまの暖かさに救われて
楽しく舞台を終えることができました。

残念ながら、大阪の美味しいお店に食べに行くことができないので、
テイクアウトで大阪を楽しんでおります。
ふと舞台から見上げた照明が、たこ焼き器に見えました。
たこ焼きはもちろん551も楽しみました。
今日のテイクアウトはカレーです。
いつかまた大阪の街を楽しめます様に。







近鉄アート館のみなさま、ありがとうございました😊

次は松本へ参ります!
明日は早速舞台仕込みます!
ご来場予定の皆様、どうぞお楽しみに!

残りワンステージ!
全力で燦燦七銃士お届けいたします!


燦燦七銃士 大阪初日!

礼です。

燦燦七銃士大阪初日を迎えました!
本日来てくださった皆さんありがとうございます!
明日来てくださる皆さんお待ちしております!


近鉄アート館は8階にあるので高いところにいる高揚感みたいなものがあります。今高いところにいるなって。
今回換気のため裏通りも色々とドアが開いてるで余計感じます。


何かブログにあげる写真あるかなと探したらこれが出てきました。


わかりますか?
観劇済みの人にもわかりにくいと思います。

これ馬です。
まあ畳まってます。
初めて折り畳み自転車見たときくらいどうなってるのかわかりません。

毎回スガが馬をメンテナンスしてるんですけど、厩務員みたいです。厩務員であり、本番は馬自身です。

作中で僕は一回馬に乗るんですけど、サイレンススズカに乗ってる気分です。それくらい名馬です。





『燦燦七銃士』大阪上陸!!!

本日は、稽古場ブログの更新を忘れてしまった人々が次々と投稿する日になりました。
11/11(水)の稽古場ブログを担当しておりました、亀岡でございます。
更新遅くなってしまい、すみませんでした!
11日は午前中に東京を出て、昼過ぎに大阪入り。
バタバタの一日だったので、写真撮ってないので、大阪入ってからの写真をチラホラと。




14日、15日、近鉄アート館にて本番でございます。
感染対策万全でお迎え致しますので、是非是非お越しください。

『燦燦七銃士』大阪仕込み日




こんにちは!
スガです。


投稿が少し遅くなってしまいました!すみません!!!





昨日は丸一日近鉄アート館仕込み日でした!




スズナリとは異なる形状。




小道具もセッティング🧸



大阪に来れたお人形さんたちも
柳の下でなんだか嬉しそうです!




いつもなら仕込み終了後に
外で大阪グルメを堪能しに行くのですが
今回はできないので
テイクアウトした551やたこ焼きをホテルで堪能。
窓を開けると・・・


通天閣!

みんなとわいわいできないのはちょっと寂しいけどしっかり満喫しています!




今日は場当たり!


安全運転で参りたいと思います!



チケット好評発売中です!!!



以上スガでした!


 


『燦燦七銃士』東京公演おわり!

こんにちは。

本日の稽古場ブログは
未来が担当いたします!
よろしくお願い致します😊

さて、
昨日2020/11/09!
カムカムミニキーナが
初進出しました下北沢ザ・スズナリにて
『燦燦七銃士』東京公演が
無事に幕を下ろしました!!!

コロナの影響で7割ほどに
客席数は減らさざるおえなかったものの
連日その席はほぼ満員!
そして浅草九劇の配信スタッフさんによる
生配信もたくさんの方に
ご視聴いただきました!!!

この場をお借りしまして、
ご来場いただいた皆様、
ご視聴いただいた皆様、
ザ・スズナリさん。
浅草九劇さん。
ありがとございました!

そしてここから旅公演が始まります。
千穐楽の日に旅公演に関わる
キャストスタッフ全員が
PCR検査を受けました。
感染対策はこれでもかってくらい
行っておりましたが、こればかりは
もう、自宅待機をしながら
全員陰性である事を神様に祈るのみです。
受験の合格発表のようで本当に怖いです。
何をしていても気もそぞろ。
どうにか、この『燦燦七銃士』を
大阪と長野に連れて行きたい!!!
お願いです、神様!お願いします!

さて、そんな
『燦燦七銃士』
手前味噌ですがとっても
清々しくて大好きな作品です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

(ここからすこしネタバレ要素が入ります。
観劇前に読みたくないよって方はごめんなさい!)
ーーーーーーーーーーーーーーー

たくさん大好きな台詞があるのですが、
毎回聴いていて胸が熱くなる
台詞があります。
それは、
ゲストで出てくださっている清水宏さん
演じるカションさんの台詞で
"この身は器だ。風を孕むエクスプレスだ。人生は芝居で、芝居は人生で、ただ爽やかな風が気持ちよく通り過ぎるのみだ。"
"器になるのだ、自由の器に。そしてこの身に風を通して、然るべき相手に届けよう。"

というもの。
【自由の器】
とっても素敵な言葉だなぁっていつも思います。

まだまだおちょこみたいな
わたしの器。

轆轤の上でくるくるまわって
おんなじ失敗繰り返したり
力の入れ加減が分からずに
ぐにゃっと変形してしまったり、
それでも何度も挑戦してみて
大きく深い器になれたらいいなって
強く強く思います。

そしてカムカムミニキーナにいると
たくさんの自由の器が居るなって
思うんです。
大きさも形も色も全部違うけど
全種類大事にコレクションして
皆んなに見せびらかしたい
素敵な器がたくさんあります。
素敵な器たち、地方でもキラキラ
輝くとおもいます。おたのしみに!

そんなカムカムミニキーナの
30年目の作品の中で
10代の頃から
ずっとずっと背中を追いかけ続けた
八嶋さんを劇中でも追いかけ続ける
役を貰えたのがご褒美みたいで
とってもうれしい。
ふとした瞬間に、
『あ、八嶋さんと2人だけの
シーンを演っているんだ。』と
シンプルに驚くときがあります(笑)
村田新十郎様!
大阪でも松本でも追いかけ続けますね!

そして、このお話の最後には
和製三銃士に携わった人たちの
顛末が語られる場面もあります。
そのシーンもお気に入り。
幕末という激動の時代でそれぞれが
最後までそれぞれらしく生き抜いた
んだなって思えるラスト。

台詞としては語られませんが、
元さん演じる紋太と私が演じる杏里の
夫婦のその後も想像してしまいます。
あの後も
紋太は杏里に『ほら!紋太さん!
行きますよー!』と手を引かれて芝居小屋に
通ったりしたのかなとか。

亀さん演じる野暮と知恵演じるお紺。
仲直りしてかわいい子供も授かったりして
また新しい時代に合わせた
商いを始めたりしたのかな、とか。

たくさんの人がそれぞれの場所で
きっと生きていったのだろうと
想像できるこのラストが大好きで
実際に江戸時代を生きていた人たちの
ことも考えてしまいます。

そして令和の時代を生きる自分も
風通しのよい器でいよう、と
歴史に名は残らないけれど
この時代を生き抜いたんだって
胸を張って人生を全うしたいなって
思いました。

いつ何が起こるか分からないし
むしろ今、想像も出来なかった
ことが現在進行形で起こっている
この時に、この作品が
然るべき相手に届き、その相手が
また然るべき人に届けてくれている
ことを実感し、心が熱くなれた
東京公演でございました。

さあ、そんな東京公演
毎日がドタバタで写真もなかなか
撮れませんでしたが!
数少ない写真の中からお気に入りの
写真をアップしておわかれです。


今回お休みの
栄治郎さんとよしなりさん。
仕込み手伝ってくれました。
ありがとうございました!






松村座長のオリジナルヨガ。
入念なウォーミングアップ!


最後は偶然、
八嶋さんと同じポーズしてました。
かわいいお腹が出ていたので
モザイクかけておきます!


こちら、スズナリ魔の通り。
上手と下手を繋ぐ唯一の通りが
この狭さ!!!!
ひと1人も真っ直ぐは通れません。
松村座長は挟まって通れなかった為
泣く泣く奈落までおりて
劇中、上手と下手を何往復もしてました。
お疲れ様でした!


ストレッチ中の洋子さん!
体をほぐして温めないと
カムカムのお芝居は大変!
しっかりと準備をしていたら、


八嶋さんにちょっかい出されて
一時中断!この後もまたストレッチ
再開してました。


バラシ中の靖子さん。
この先輩は、大体どこかに
ゴミがくっついてます。
お尻や靴の裏。
ご本人の鏡前にもなぜかそこだけ
紙吹雪のゴミがたまっておりました。
かわいいです。


女子劇団員が
全員メロメロ、今奈良さんです。

とある公演日のマチソワ間に
この寒い時期なのに奈落で
氷たっぷりの水筒を飲みながら
パソコンでお仕事してる
今奈良さん。

足の上げ具合も
女子のきゅんポイント掴んでます!
オジきゅんブーム到来!


バラシを終えて帰りの電車を
待つレイくん。
亀さんがみんなにホッカイロを
くれました。
あたたかかったね。


最後はお気に入りの小道具を!
船に人間や猫がみんな乗船!
楽しそうですね!!!
スガの笑顔も光ってる!

さあ、地方へ小道具さんたちも
向かっておりますよ!
みんなで出港です。よーそろー!

みくでした。

「燦燦七銃士」東京公演千秋楽!

こんばんは!

元です!

「燦燦七銃士〜幕末エクスプレス1867〜」

本日、東京公演が無事におわりました!!

東京公演期間中、ご来場、配信でのご視聴、ありがとうございました!!

いやー!

東京公演、終わりました!!

よかった!

東京公演、終わった!!

撤収作業が終え、大阪へ向けてのトラックに荷物を積んでの帰り道。

初日の頃に比べると、明らかに寒くなってた。

初日に比べると、明らかに千秋楽の芝居は変わってた。

寒くなって、よくなってた。

気候も芝居も生き物だ。

以前、木曜日の僕のカムカムTwitterにて、

カムカム小道具あるある

「作った小道具が作ってわりとすぐにカットになる」

をご紹介させていただいたのですが…

その時に出番なしになった僕が作った小道具が、本番ではばっちり出番です!

色を塗ってもらい、一瞬ですが、燦燦と出演してます!!

さて、どのシーンに出てるでしょうか?( ◠‿◠ )

大阪公演、松本公演をご観劇予定のみなさま、ぜひ探してみてください!

旅公演に向けて、気づいたものを片っ端からバッグに詰めております。

松本は寒いのだろうな。

何を着たら大丈夫かな?

なんて考えるのも旅公演の楽しみ。

旅を感染対策しながら楽しみつつ、しっかりとやることはやる。

では!

大阪と松本でお会いしましょう!!!

東京公演!

まことにありがとうございました!!


燦燦七銃士 14ステージおわり!

おつかれさまです。
本日は田原靖子が担当させて頂きます。

燦燦七銃士、14ステージがおわりました〜〜。
ご来場くださったみなさま、誠にありがとうございます!

怒涛の2ステの日々でしたが、東京はあと1ステと思うとなんだかあっという間で、
明日で東京千秋楽だという実感がまったくわきません。
あと15ステくらいありそうな気分です。
なぜだろう?
スズナリのもつ住処感が、そうさせるのか、、?

そんなこんなで今日は昼夜ともに配信もありました。
配信でご覧になってくださったみなさま、誠にありがとうございます!
カムカムを気にかけてくださってとってもうれしくありがたいことです。


明日は東京千秋楽!
本番の幕開きと立てることに感謝して、
明日もいつも通り参りますー!

よろしくお願いいたしますっ!

写真は、楽屋に一人でいたらふと気配を感じてみてみると、今回かなりキーポイントで各所登場している猫ちゃんが、ゆっこさんの鏡前でのびのびしていました。
くつろいでる!

思いを込めて作った小道具は、大事に扱って、たくさん登場もして、いのちが宿るもんだなー。

かめさんが一生懸命作ったスガの馬も、かわいいですよ!!

それでは、また明日!
靖子でした!

燦燦七銃士10ステージ

こんばんは!
本日のブログ担当めいみです。

いつ誰が発熱して中止になるかわからないドキドキの中10ステージもやることができました!
このまま何とか松本の大千秋楽までいきたい!
チケットを買って楽しみにしてくださってる全てのお客様と完成させたい!
全力の感染対策で明日も参ります。

本日は昼夜の2回公演でした。
ゲラと呼ばれがちな私は、言ったら怒られそうですが、どれだけ集中していても本番中笑ってしまう事があります。
もちろん、他の人には気づかれないようにしますし、私自身喋ったり動いたりする前には何とか笑いを飲み込みますが、今日は本当に心の底から後ろ向いてるシーンで良かったと思いました…笑

想像してみてください。
二頭身の人形が、今までは、ポンって現れるだけなのに、ちょこちょこちょこって歩いて登場してきたら…
しかもそれを動かす『そうごさん』と、『かじはる』はめちゃめちゃ真顔で…当たり前ですけど…
しかも松村さんの演出で…
もう、すべてがかわいい😂

その人形の写真撮ろうと思って撮るの忘れてきちゃったのですが…
10ステージもやって、まだまだ毎日変わります。
燦燦七銃士、東京は残すところあと5ステージ
明日明後日の4ステージは配信もあります!
ぜひ、見てみてください!
そして東京千秋楽は若干チケット残っているみたいです!
一緒に完成させたいです!
よろしくお願いします☺️
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>