カムカムミニキーナ公演 vol.69『猿女(サルメ)のリレー』(作・演出:松村武)稽古場レポート
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「猿女(サルメ)のリレー」残り3ステージ!

こんばんは!

立ち読み男こと、元です!

「猿女(サルメ)のリレー」、11ステージが終わりました!

残り、3ステージ!!

はやかっ!!!

長崎弁で、はやいっ!!!

先週の金曜日の2ステージ目より、さすがに良くなってます。

初日から、こんな感じでいきたいのですが、やはりお客様に観ていただいて演劇は完成するもの。

初日からいけないのは、仕方なし。

ベストは尽くしてるが、仕方なか。

お客様に観ていただければ、いただくほど、良くなると思います。

さらにより良くするために、1時間ほどの舞台稽古や開場の30分前がキーになります。

今日の舞台稽古では、立ち位置の修正と

転換のテンポアップを。

開場30分前の時間は和気あいあい。

狙えるとこが少しでも、当たるように。

ネタの修正、ニュアンス?の修正。

声を大きく、最後を上げて。

などなど。

完全なる完成はないです。

日々、よくなるように努力です。

残り3ステージも、不断の努力を!

そんな稽古風景を、

後方からのみの写真。

私の性格から後方からのみになりました。

申し訳ございません(^^)





劇場でのご観劇がきびしいならば…

明日の19時の回


日曜日の14時の回

生配信をやります!!

そちらもどうぞよろしくお願い致します!!


明日のブログ担当は…

礼です!

どうか、バトンを受け取ってくれますように!

ありがとうございました!!

では!また!




◉猿女のリレー◉





こんばんは!スガです!

本日は夜公演のみ。
客席は満席。
本当にありがとうございます。
うれしすぎる悲鳴です。

劇場の感染症対策はばっちり。
安心してご観劇いただけるよう、
座・高円寺のスタッフさん、劇団スタッフ、お手伝いさんが消毒を毎公演念入りにしてくれています。

感謝です。





今日の感染者数増加の報道。

にも関わらず足を運んでくれたお客様には多大なる感謝です。
今日のカーテンコールで松村さんも言ってましたが

勇気を持ってご来場くださり、ありがとうございました!

初日開場直前の集合で松村さんが
「初日だけどこれが千穐楽になるかもしれない」と全員に言いました。
過去出演させていただいた作品への毎公演全力で挑む気持ちはいつもと一緒だけど
今回はこれが最後になるかもしれないという緊迫感と緊張感相まっていつもに増して身体に力が入ってる気がます。
いつもと一緒だけど一緒じゃない。
当たり前が当たり前じゃないをものすごく痛感する本番期間です。








この状況なので劇場まで足を運ぶのは・・という方、
土日は浅草九劇さんに出張いただいてオンライン生配信ございます!

11日(土)19:00開演
12日(日)14:00開演
(受付は開演30分前まで!)




ぜひこちらでもご観劇いただければうれしいです!







本日の開演前の
たばちこ(田原靖子)先輩を!
ぶれててすみません!笑





たばちこ先輩もですがバックに映るお花の照明がとってもかわいくって好きな写真です。





明日ご来場の皆様どうかお気をつけてお越しくださいませ!


それではおやすみなさい。
スガでした。




『猿女のリレー』スペシャルサンクス

こんばんは、長谷部洋子です。
思えば6月入って10日間はリモートだったので、
実質稽古場に入ってからの稽古は20日程度しかない。
あれ?
小道具少なくするって話は?
っていうのはつゆと消え、
いつも通りの小道具量。
よく間に合ったなぁ、
と今でも不思議に思うほどの物量。
それは沢山の方々にお手伝いしていただいたからこそ!

前回出演いただいた蜂谷眞未さまに、
good morningから、なんと澤田育子さまに久保田南美さま、
蜂谷さんから噂を聞きつけた吉田壮辰さま、
カムカムお馴染みの丸山雄也さま、
気づけば小屋入りしてから制作さんのみなさまにも、
銀の紙吹雪を切っていただいたり、
ゲストのみなさまにも稽古中からめちゃくちゃ手伝っていただきました!
沢山の方々に、カムカムの小道具、つまり、
今作品の出演者たちを作っていただきました。








と、みなみなさまに、
スペシャルサンクス!!!!!
有難さに包まれた舞台であります。
楽日まで頑張ります!

洋子でした!




『猿女のリレー』休演日


こんばんは、みくです。

カムカムミニキーナ
『猿女のリレー』
開幕から6日が経ち、本日は休演日です★

各々、エネルギーチャージ
出来たでしょうか?

明日もなんとか上演できそうです。
本当に本当にありがたく、うれしいです。。!

正直私は稽古が始まる前、
この公演を上演するのに
不安な気持ちが大きくて
出演するかしないか悩んでいました。

「コロナで演劇界も、自分の生活も先が見えない。」
「どの団体も中止を決めていく。」
「もし感染者が出てしまったら。」
「この時期に演劇をしてお客様が
来てくれるのか。」

松村さんにそんな不安な気持ちを
ドバドバ書き殴ったラインを送りました。

『そんな不安な気持ちなら舞台に立たない方がいい。』

これが松村さんの答えでした。

どの団体もためらっているのなら
誰かが先陣を切らないといけない。
不安なら不安が無くなるくらい
感染予防対策をこれでもかってくらい
キチッと徹底する。
劇場が不安なお客様は
生配信のチョイスが出来るようにする。
もちろん劇場での対策も完璧に。

私の不安視していた部分を
クリアにしてくれて、
作品への参加を決意しました。

毎日毎日稽古をし、作業をして、
本番初日。
カーテンコールでお客様の姿を見て
そして、拍手を聞いたときに
本当に幕が上がったんだとホッとして、
舞台に立つのを怖がっていた自分が
恥ずかしくなり、
お客様の熱い拍手に心が震え、
この作品に携わった人全員が誇らしく思え、
演劇をこの先も絶やしちゃいけない。
って、胸の奥がギュってなって。

こんなに名前の付かない気持ちってあるんだなって初めての経験でした。

その気持ちは初日だけじゃなくて、
毎公演、無事に終わる度、
カーテンコールでお客様に
お礼が出来た時に毎回起こる感情となりました。

次は本番ができるか。
明日中止になるのではないか。
そんな毎日の公演も初めてです。

こんな試練が、30周年に訪れるなんて
カムカムミニキーナは演劇の神様に
天岩戸を開けてごらんなさい!と
命じられた気がしてなりません!!!

岩戸、開くかな。
開けなきゃな。
全員で、ひたすらに。必死に。

明日も私達は2回も舞台に立てます。
キャスト、スタッフ、そしてお客様
全員がこの作品のために協力しているから
出来ることです。
当たり前な事なんて1つもないです。
有難い。有難いです。本当に。

昼公演ではアフタートークもございます。
お世話になってるスタンダップコメディアンの
清水宏さんをお迎えします!!
楽屋でこっそり聴きながら公演の
お片付けをしたいと思います♪

明日も劇場で待ってます!

では、舞台写真をどうぞ!!!

凧じいとあられ君。

プリさんのササラ。美しく、そして怖い!

チャーミングなお面は皆んなで作りました。

頓服ばあちゃん、大好き。

オオアマ様!つっちー様!かっこよすぎる!

トミーさんはアベノマスク着用!

女子の中でこのメイクしてる時イケメンと話題の亀さん。

待ち受けにしたい、美しすぎる小道具隊長。

松村さんはお父さんのように袖から舞台上を見てます。

まだまだ写真あるので
TwitterやInstagramの更新もチェックしてくださいませ!

では最後に


かじはるが作ってくれた
お人形さんたち。
じつは、この人形達の顔!
今回出演していない劇団員になってます!
(八嶋さん・吉田さん・栄さん・よしなり)

だから、気持ち的には全員出演中♪(笑)

みくでした!

「猿女のリレー」濃厚接触!

田端玲実です。
すみません。日をまたいでしまいました。

毎ステージ、カーテンコールで見に来て頂いたお客様の顔をみると、感動で涙がでます。

この時期に、劇場まで足を運んで頂いた。
遠いところから電車を乗り継いで、高円寺まで来てくれる。
それを思うと本当に感謝の気持ちですいっぱいです。

皆さんからの感想も、
私たちが今この時期だからこそ芝居をやる意味を
ちゃんと理解してくれて、
それに拍手してくれて、応援してくれる。

お芝居を観る側もやる側も
気持ちは一緒だと、
カーテンコールで涙がとまりません。

毎回お客様のいるステージに立つ度に、
客席にお客様のいる劇場を感じて
天岩戸の岩戸が開いた!
と、感じています。

そして、芝居中、お客さんと濃厚接触を感じています。


そして、
客席ディスタンスに、客席と客席の間に置かれた
積み石(写真をとったはずが、、、すみません)
芝居中は、人に見えます。

劇場はひとつになってます。

みんな劇場での芝居を、演劇を
必要としています。

幸せです。








猿女のリレー、リレーします。

こんばんは。そうごです。
今日は2ステージありました。
ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました!
まだ3日目ですが、多くの方に見ていただいて、たくさん感想を寄せてもらい、そして自身としても、演劇やっぱ楽しいなぁと思う限りです。

今日に至るまで、もうそれはそれは大変多忙な日々でした。過去1だと思ってます。
だからその分、本番を終えた後の充実感は格別!


でもやっぱり疲れます。
しげじぃ(初めて言いました)もすごい寝づらそうな格好で寝てました。

明日は14時のステージのみ。
ぜひ見に来てくださーい

そうごでした。

猿女のリレー

プリタこと藤田記子です!


いつ強制閉幕しないとも限らない状況ですが、無事2ステ「猿女のリレー」やることができました。
ありがとうございました‼️

毎日色んなセリフがギュンギュン迫ります‼️

一緒に作品を作りに劇場にきてください‼️
全てを見守るために配信を観てください‼️
よろしくお願い致します‼️

さて

直行直帰が合言葉の「猿女のリレー」出演者&スタッフ陣は、打ち上げもリモート。
初日打ち上げリモート飲みは、深夜に及び、zoom画面の前で男梅みたいなシワシワの顔で寝るという醜態を曝してしまいました。
リモート飲みの弊害として限界を越えてまで飲んでしまうということではないだろうか。
私だけ?


とにかく
劇場にお客様がきてくれて舞台がやれることの幸せを噛み締めています。

12日千秋楽まで無事に公演できますように、お客様が安心して舞台を観れますように祈るばかりです。
どうかよろしくお願いいたします‼️

初日!「猿女(サルメ)のリレー」

こんばんは!

元です!

7月2日!

「猿女(サルメ)のリレー」

幕開きました!!

ありがとうございました!!

いつ、また、あのような日々に戻るかもしれない状況。

よく言われる、

「初日は楽日のように、楽日は初日のように」

この格言が例えでもなくなるようだった。

開場前の座・高円寺のスタッフみなさんと

カムカムのスタッフさんでの

客席清掃

普通ではないのだ。

でも、普通の安心感を。

ありがとうございました!

明日もいろんなことに感謝しながら、

2日目を!

座・高円寺でお待ちしてます!

距離を保つために客席にはあるものが置かれてます。

明日は、初の有料生配信も!

朝の座・高円寺前の「猿女(サルメ)のリレー」のポスター

夜のは、ブレブレでした😅

なので、なし。




明日、プリタさんへ!

猿女(サルメ)のリレーのブログのリレー!

猿女のリレー あとは走り出すのみ

こんばんは

かじはるです。

本日、場当たり1日目。
劇場が開くとともに入り
閉まるギリまで、1分たりとも無駄な時間はない!って感じで並々ならぬものが渦巻いています。


こんな、あの、惑星の大戦争、的な映画に出てきそうなこの2人、一体何でしょう。
あるシーンで見たら納得の出来映えだったんだけど、、、
2人とも似合ってました。

カムカムの舞台裏見たら
きっとみんな子供みたいにワクワクすると思うんですよね。

怖い〜!キモイー!
と先輩達にパシャパシャされてたこの子も
とっても可愛く仕上がりました。

足が可愛いと思うのだけど
全く同意を得られませんでした。

我々も小道具もスタッフも音も光もみーんな
スタート切る用意は着々と進んでいます!

あとは皆さん目掛けて走り込むだけ!

『猿女のリレー』小屋入り

こんばんは。

みくです。

今日から劇場入り。
なんとかここまで来れました。

しかしホッとしていられません。
千秋楽を迎えるまでは、
今まで以上に予防を徹底して、
お客様、キャスト、スタッフ
皆さまが元気に『いい公演だった』と
思えるように、徹底した
コロナ対策をして参りたいと思います。

さて、
そんな小屋入りの今日も
作業はてんこもり!!!!!

オーディション組の
あべちゃん、まるこ、ちえ。
そして
ゲストのトミーさん。
「両面睨み節」に出演いただいた
そーたつさん。
KAKUTA団長なりさん。
そして今回はお休みの栄さん、よしなりが。

お手伝いに来てくれました。
嬉しくて嬉しくて
ハグしたいくらいでしたが
グッと堪えて、粛々と作業を。





みなさん、本当にありがとうございます。
こんなに支えてくれる人が
沢山いる公演、絶対に成功させたいです。

『猿女のリレー』

このタイトルにもあるように、
リレーはバトンやタスキを
継ぐことで成り立つもので、
それは演劇に似てるなって思います。
台詞だって段取りだって受け取って繋げる。
小道具も衣装も台本から受け取ったものを
形にして繋げる1つのバトンだなって
すごく、すごく、思える稽古期間でした。

少し話が逸れるかもしれないけど
自分が歳を重ねるにつれ、やっぱり
母の料理の味ってものをしっかりと
受け継ぎたいなって気持ちになってきたんです。
将来結婚するかわからないし
自分が母になるっていう
未来も今のところ想像できませんが、
少なくとも自分だけでも
その味を受け継ぎたいと思ってて。
いつか子供もできたらその味を
引き継いで欲しいとも思ってます。
だから、自粛期間も母親と
こんな料理作ったよ。とラインを
送り合う事がたくさんありました。

それを演劇ではどうすべきなんだろう、とも
思い続けた稽古期間。

松村さんや先輩劇団員、
出演してくださる演劇界の大先輩から、
自分なりに"演劇バトン"を
感じ取らないとなって思って。
それを自分の後輩にどんな形で、
どんな言葉で伝えていけばいいんだろうかって。

レシピのない演劇というごちそう。
なんだか、壮大すぎて
訳が分からなくなっちゃうんですが…

ひとまずは、
この『猿女のリレー』という作品を
超濃厚で、超刺激的な、あー!もう一回食べたい!
ってなるような一皿にしたいです。


そして自分なりに先輩たちの
繋げてきた演劇バトンを
キャッチできるように、
バトンのパスがとっても苦手な私は
もっともっと必死に、舞台に
食らいついていきたいと思います。



沢山の方の支えで開幕する
『猿女のリレー』
ぜひ、目撃しにいらしてください!!

では、最後に!
かじはるが作ってたお人形を。


こわすぎてトラウマになりそうです。
今夜、夢に出てきませんよーに!

みなさまもよい夢を。

みくでした。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>