カムカムミニキーナ第66回公演「蝶つがい」(作・演出:松村武)稽古場レポート
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-06-04 19:21:35

「蝶つがい」おしまい

テーマ:カムカムミニキーナ

「蝶つがい」東京、大阪、全日程終了いたしました。 
ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。 

宣伝の段階から 
この作品の内容について話すのは実に難しいものでした。 

何の話なのか? 
どこが見どころなのか? 
何がテーマなのか? 

特にあらすじというものを作るのが難しかった。 

見てくれればわかるんだ、 
というだけでは、 
なかなか宣伝になりません。 

でも実際見てくれた多くの方々が、 
必死に、自分なりに、 
感想を言葉にしようとしてくれているのが、 
とても感激でした。 

このこと自体がこの作品のテーマの一つでもあります。 

断崖絶壁の上に建つその館で開催される秘密のサロンは潮風の吹き溜まり 

サロン・ラグナロックに集う人々は、 
身体の内に充満し、溢れ出さんとする思いの塊を、 
何とかして言葉にすることで 
現実に接続しようとする人々です。 

言葉は時に人を導く魔術であり、 
現実を欺く罠のような恐ろしい道具です。 

しかし、言葉を通じてしか我々は思考できない。 

2 / 7
思いを形にできない。 

思いを形にしないと、 
外部とは接続できない。 

社会で生きていくためには、 
この道具とは一生付き合っていかないといけない。 

だから、 
一生懸命言葉を使うべきだと思います。 

先ほどの感想について言いますと、 

「なんだかわからんけど、おもしろかった」 

とまとめると簡単ですが、 

この“なんだか”をそれぞれが必死に言葉にしようとしてくれている。 

正解なんてないですから、 
これは皆さん、そうやって言葉にならないものを 
言葉にすることでまた、 
自分が考えていることと、 
言葉のズレもわかってくるんです。 
それでまた新しく言葉にしようとする。 

この終わりなき営みを 
紋切りみたいなキャッチフレーズで 
やってると 
どんどんそのキャッチフレーズの言葉に 
自分の中身が乗っ取られていく。 

SNSの時代の功罪がここにある。 

そういうことも今回描いていたかもしれません。 


3 / 7
ところで 
今回は神話とかじゃないんだね、 
と言われましたが、 

発想の始まりは、 
富山のとある神社。 
近くに貝塚跡も点在するその地で、 
嫉妬が元になった戦の果てに 
機織りを民に伝えることになる姫の伝承が 
掲示板に書いてありました。 
(機織りという要素はボダイのマフラー壁画に残りました) 

その姫が機織りをする際に、 
浜辺の貝がひらひらと舞い、 
蝶になって姫を助けたとあります。 

僕はこの話の 
“貝が蝶になる” 
というところにひっかかって、 
「蝶つがい」を考え始めました。 

貝が九十度起き上がれば蝶になって宙を舞う。 

九十度起き上がる物語 
平面の壁に張り付いた蝶番 
それが九十度折れ曲がると奥行きの空間が現れる。 
二次元が三次元になる。 

であれば、 
三次元の壁に蝶つがいが張り付いて、 
また九十度折れ曲がれば 
四次元の奥行き、すなわち時間の奥行きが現れるのか? 

そんな感じで時間の物語になりました。 
蝶の卵が一次元の点 
一次元の青虫が動くことで二次元の線になる。 

4 / 7
二次元の青虫が立体化した蛹から三次元の世界へ蝶が羽ばたく。 
三次元の蝶が様々な時間の軌跡を描きながら、 
その気紛れな行為が花粉を媒介し 
四次元の花園が出来上がる。 

実は蝶についての神話を調べました。 
日本にはほとんどない。 
蝶がご先祖である、 
という視点はあります。(それも何となく入れました) 

で、今回はケルトの神話から色々引用しました。 
ヨーロッパ古層のケルト神話は 
まあ今はハロウィンなどでおなじみですが、 
日本の縄文文化と共通のらせん模様などがあったりして、 
繋がりがあると言われたりします。 

縄文文化、 
つまり縄文土器に書かれてるあの複雑な文様の哲学は、 
例えて言ってしまうと 

らせん、 
メビウスの輪 
クラインの壺 

つまり、始まりと終わりがない、 
ねじれの世界観です。 

これが古代日本、縄文以前の時間感覚であったと僕は思います。 
(以後失われてます) 

ケルトの神話は、この、らせん感覚な時間の神話が数多くあります。 
で、 
今回、探し当てた蝶の神話も 
ねじれた時間の物語。 

蝶の姫エディのモデルはエーダイン 

5 / 7
嵐の魔法使いハムナラはファムナッハ 

この二人の愛憎の顛末はそのまんま引用しています。 

嫉妬から水たまりにされ、 
蝶にされ、 
秘密の花園で愛する人と隠れ過ごすも、 
見つかって嵐で吹き飛ばされ、 
女性のお腹に入って生まれなおす。 
神話だとここで千年以上経過します。 
生まれなおしても 
愛する人に発見され、 
また愛憎の渦に巻き込まれ、 
五十人の中から本物をみつけるかどうかという 
男同士の争いに発展する 

まあだいたいこんなところ。 
口承文化なので、 
人名や筋は一通りではありません。 

バロンはバロル 
一つ眼の邪眼を持つ巨人族の王 
槍でその眼を貫かれて死にます。 

ちなみに 
コービンの名前の由来は 
バロルをバロンにしようと思って、 
バロン・コービンとふと思いついて、 
その時は気づかなかったのですが、 
後から考えたら 
プロレスラーの名前でした。 

まあこういう古代要素をちりばめながら、 
よくインタビューなんかで言うのですが、 
新幹線の車窓の景色みたいに流れていく演劇の物語を作りたい 
というのが目標でして、 

6 / 7

今回の芝居を終えて、 
今、新幹線の車窓を流れる景色を見ながら、 

一瞬で消えていく人影 
ずっと長時間、止まっているように見える雲 
劇的に登場する富士山 
奇跡的に視線を止めた山道の鳥居 
見落としてしまういくつもの事象 

などを演劇に落とし込む方法が 
劇団としてより具体的になってきたなという実感があります。 

ちょっともう長くなりすぎているので、 
また続きは僕のブログの方でいつか。 

最後は「蝶つがい」である意味一番キーとなる台詞なのに、 
冒頭にさらっと流れていくので見落としがちなボダイさんの台詞を 

「つまり僕が不死であるということは皆さんの信頼次第、 
まさにこれ皆さんの問題なんですね」 

虚構とは何か。 

この問題を巡る、 
またさらに複雑極まりない物語を 
次回十二月公演「偽顔虫47」でもご期待ください。 

どうもみなさん、 
ありがとうございました。 

松村 





2018-06-04 00:21:37

蝶つがい終了

テーマ:カムカムミニキーナ

『蝶つがい』全公演終了しました!!

ご観劇下さった皆様誠にありがとうございます!

行こうとしたけどなにかしらのご都合で行けなかった方々、お気持ちありがとうございます!



稽古から考えると2ヶ月弱蝶まみれでした。

こんな蝶を考えることはこの先ないと思います。


でもよく考えると今年本物の蝶を見てないなと。

もしかして蝶って大分減ってる?

調べてみます。。 

まだ蝶から離れられなさそうです。



大阪で撮ったロビンマスクの前にいるゆでたまごみたいな亀さんでお別れです。ゆでたまご先生。



2018-06-02 21:36:58

蝶つがい 大阪

テーマ:カムカムミニキーナ
こんちは、菊川です

蝶つがい

大阪来ましたー

毎回思いますが、大阪のお客様は暖かいですね〜

今打ち上げです


ぐわんばりま〜す
2018-06-01 21:49:09

『蝶つがい』明日は大阪初日です!

テーマ:カムカムミニキーナ
おつかれさまです!
本日の稽古場ブログは田原靖子が
担当させて頂きます。

6月はじまり!!!

本日全員大阪に集結し、劇場にて場当たりでした。
久しぶりの近鉄アート館!!




客席と舞台がとっても近いので、
臨場感たっぷりでございます!!


台下で小道具も待機。




台下でがんばる劇団員もあり!


大阪公演にて『蝶つがい』の世界はラストです!
明日は14:00と19:00より。




ただいま頼れるスタッフさんたちと、キャストたちで、屋根裏部屋のような場所で決起集会中!


明日、劇場にて一同心よりお待ちしております!!

では、靖子でした!

2018-05-31 19:12:28

『蝶つがい』大阪仕込み!

テーマ:カムカムミニキーナ
こんばんは!元です!

本日、大阪で近鉄アート館にて仕込みです!

東京公演と同じ舞台設営しました!

もちろんです!

大阪公演がはじまる感が高まってまいりました!

明日は、夕方から舞台稽古!

大阪公演がはじまる感がさらに高まってることでしょう!

大阪公演、3ステージ!

てことは、『蝶つがい』、あと3ステージ!

大阪で『蝶つがい』をやれることはうれしいことですが、同時に終わりが見えてさびしくもあります。

終わりが見えてくる、一つ。

「小道具振り分けリスト」

公演後の小道具をどうするか?

処分する

倉庫に保管する

どなたかにあげる

この3本柱の振り分け先になります(^^;;

これを見たら、終わっちゃうなぁ…と思うのであります。

しかし!

本番がはじまると、あっという間!

感傷的になることは一切ないです(^^;;

ではでは!

近鉄アートでお会いしましょう!

お待ちしてます!

あ、今日で私の稽古場ブログの担当もラストです。

東京公演にご来場いただいたお客様、まことにありがとうございました!

大阪でもお待ちしてますよーーー!!!

ありがとうございました!









2018-05-30 16:50:28

蝶つがい大阪入り!

テーマ:カムカムミニキーナ
みくです。

昨日から大阪に入りました。
大学時代の同級生と飲み歩きツアー!
立ち飲み屋で知らないおじさんと
仲良くなって蝶つがい見に来てくれる
約束をしました笑★
素敵な一期一会ですねえ。

そして今日はみんなで
搬入!!!

劇場の神棚に深々と頭を下げる栄さん。


携帯をなくして落ち込む亀さんと
話を聞いてあげるあんな。


搬入後はみんなでホッと一息!

早めに終わったので
我々女子チームは
ウィンドウショッピングへ( ^ω^ )

今年は女子力を上げたい!
と言う、めいみのためにスガが選んだコーデに
身を包んで双子みたいな
めいみとスガ。

めいみ、女子力あがってるよ!!!

そして、可愛い古着屋で
私の理想の男性を発見しました。

イッケメーン。
私はオーバーオールが似合う
男性が本当に好みです。
オーバーオール男子、お待ちしてます!

可愛いお洋服も買えて大満足。

ウィンドウショッピングの後は
スタッフさんと合流して
串カツへ♪♪


沢山食べて飲んで元気がつきました!



さあ明日も頑張ろう!!!

みくでした。
2018-05-30 00:48:02

蝶つがい、大阪へ向けて舞い上がる

テーマ:カムカムミニキーナ
遅くなりました!
こんばんは!そうごです!!

先日「蝶つがい」東京公演が千秋楽を迎え、一旦一休み、と思ったのも束の間!!今週末行う大阪公演のために夜行バスで移動なうです。

バスの休憩中にちょっとずつ書いてます。
同じバスに乗ってる劇団員はみんな若手の中の若手なので、なんか友達と旅行に行ってるみたいです。

いやぁ、今回のこの「蝶つがい」、いつも以上に時間が経つのが早い!!
もうあと3回しかない!!
信じられない!!
しかし、観た人は何度も何度も思い出すだろう。
そんなことを思って大阪も頑張りたいと思います!

それでは!!
待ってろ!!オーサカ!!!




2018-05-28 21:25:28

蝶々つがい!photo!!

テーマ:カムカムミニキーナ
蝶々つがい❗️photo‼️(笑)

栄治郎です!!
ご来場の皆様、貴重な時間、お使い頂き誠にありがとうございました。
無事、千秋楽迎える事が出来ました!
誠に誠にありがとうございます♥️
今日はもう余計な事は書きません‼️
僕が仕留めた写メの連打お送り致します✨









今回の新型ティーシャツ、デザイン共に、生地、着心地最高です。

いよいよ、関西、大阪、阿倍野、ハルカス‼️
向かいます✨

幻想的で美しい、舞台しか表現出来ない、
その場その時しか共有出来ない刹那の一時、
一緒に楽しく、共有いたしましょう🎵

阿倍野ハルカス、近鉄アート館にてお待ちしておりまーす!(笑)

皆様、お楽しみに☆





2018-05-27 23:08:40

「蝶つがい」東京千秋楽

テーマ:カムカムミニキーナ



洋子です!
「蝶つがい」東京の全ステージ終了いたしました!
ご来場の皆様、誠にありがとうございました‼️
おかげさまで、ただ今楽しい打ち上げ中です😊

大入りも配り終え、
恒例の松村さんと栄さんのやりとりあり。

次は大阪に向けて万全に参ります!
大阪のみなさま、近郊の皆様、
遠方からいらっしゃる方、
もう、全ての方、
心よりお待ちしております🎶

洋子でした!

本当に大阪、待ってます!
2018-05-26 23:16:07

蝶つがい 明日って・・?!

テーマ:カムカムミニキーナ



お疲れ様です。スガです。



明日は、
ついに

東京千穐楽

です。


長かったような早かったような、なんだか不思議な感覚です。




連日たくさんのお客さまにご来場頂き、嬉しい限りです。
終演後、物販コーナーに立たせて頂いておりますがドアから出てくるお客さんの反応を見るのが毎日の楽しみです。

あとは
開場までのウォーミングアップ光景。

こちらは八嶋さんと元さん。

なんだかほっこり。




いろいろなウォーミングアップ。



面白いです。




この光景を見て


あぁ、わたしカムカムすきだなあ。

と実感いたします。












まぁ、そんなことはいいんですけど、

明日は千穐楽。



泣いても笑っても東京公演ラスト1回。



お席がまだ少しあるようです。
ステキな日曜日を過ごしたい方はぜひ座・高円寺へ!
全力で非日常にお連れいたします。












1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス