治療しているはずのその歯の 止まらない痛みはどこから? | ふなつデンタルクリニックのブログ

ふなつデンタルクリニックのブログ

 熊本市南区、アクアドームくまもと 隣にある ふなつデンタルクリニックです。
 こちらのブログは、スタッフが運営しています。
 医院からのお知らせ
・症例・休診日
 などを発信していきたいと思います。
 よろしくお願いします。

このブログは、院長監修のもと ブログ管理人が制作しています
 
歯が痛くて治療に行き、エンド(抜髄、歯の根っこの治療、歯の神経を取る)をしたのに
 
痛みが止まらない。
 
そんなとき「歯、自体がもうだめになっているので抜きましょう」と
 
歯を抜く提案を受けたことはありませんか?
 
しかし、、、、、、、、
 
本当に歯、自体がだめになっているのでしょうか?
 
 
 
エンド(抜髄・歯の根っこの治療)において、
 
 
 
 
歯1  歯の根っこの奥に神経がまだ残っている
 
 
 
 
歯5  エンドをしたあと、きちんと根の先まで薬が詰まっていない
 
歯6  治療中に歯が割れてしまった
 (場合は、残念ながら抜歯になります。先ずはご相談ください)
 
などなどの理由で、歯、自体はまだ大丈夫なのに
 
痛みが止まらず抜歯を勧められて、他に選択肢が無いように思えて
 
大事な歯を抜いてしまっていことがあるかもしれません。
 
 
 
当院では、マイクロスコープを用いて拡大して患部を見ながら
 
治療するので(ワーキングビュー)
 
肉眼では見つけることが出来そうに無い極めて細い根管も見つける事が出来、
 
さらに「見ながら」治療するので、細い歯の根っこの先まで抜髄(神経を取る)し、
 
もちろん、根っこの先端まで薬を詰めています。
 
 
(公開許可をいただいています。こちらの方はこの記事の方とは別の方です)
 
 
 
 
今回ご紹介するのは歯3 
 
「リーマー(歯を治療する器具の先の方)が折れて歯の中に残っている」ケースです。
 
 
当院では、他院の先生や、患者さんからのご紹介で
 
セカンドオピニオン(時にはサードオピニオン)を求められたり、
 
再治療を依頼されることがよくあります。
 
 
 
Aさん(女性)も、知り合いのB先生からのご紹介で来院されました。
 
Aさんは、B先生の元へ、他院で歯の根っこの治療をして何ヶ月も経つのに
 
なかなか痛みが止まらず相談に来られました。
 
B先生が診てみると、、、
 
リーマー(抜髄をするときの器具の先端)が折れて歯の中に残っていました。
 
このリーマーを除去するには、マイクロスコープを用い
 
ワーキングビューにて治療しないと除去することはかなり困難です。
(そういう理由で、折れたリーマーが歯の中に残されてしまいます)
 
 
 
 
なるべく歯を抜かないで残す選択をされるB先生は
 
当院へ、Aさんをご紹介くださいました。
 
 
 
 
 
 
B先生の見立ての通りリーマーが歯の根っこ近くに折れて
 
放置されていました
 
マイクロスコープを用い
 
 
リーマーを除去しました。
 
この治療の時の様子はこちら
※ドクター向けの動画です。
 一般の方には刺激が強いかもしれませんので、
 「痛そうな」画が苦手な方はご遠慮ください。
 
 
 
 
 
 
そして、同様にマイクロスコープで見ながら根っこの先端まで
 
薬を詰めました。
 
 
 
 
当院院長は、歯は、なるべく抜かない方が良いと考えています。
 
 
 
 
 
歯の根っこの治療をしたはずなのに、痛みが止まらないとき、
 
そこには、何らかの原因が必ずあります。
 
 
その原因をみつけ、治療することで
 
歯を抜かずに済むことが多々ありますニコニコ
 
治療中の歯の痛みで疑問を持たれていらっしゃる方も
 
まずは、ご相談ください。(セカンドオピニオン)
電話 096-227-3717
 
抜きたくないその歯を助ける事が出来るかも知れません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの方の治療中の動画 です。
 
「痛そう」な画ではありませんが、
 
音声、コメントの無い、治療中の通しの動画です。
 
 
 
 
 
 
 
病院マイクロスコープを日々の診療に取り入れたいとお考えの
 
ドクターの方、 当院ではマイクロスコープの研修も行っております。
 
 
詳しくはホームページをご覧ください。
 
 
 
 
頑張れば誰でも出来る咬合療法 東京・熊本ふなつ会についてはこちら
 
メインホームページはこちら
 
各種研修会についてはこちら
 
これまでの内容については第一歯科出版 季刊 しか医療での連載でご覧になれます