子どもの 「ひきこもり」 に対して も

 

発達領域の専門家として

 

ケアを行っています。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

ひきこもり者への ケア全般 

 

 

 

に 言えることですが

 

 

 

 

「説得」すること の

 

 

 

有効性は

 

 

極めて 限定的 です。

 

 

 

 

ですから

 

 

    「~は、よくないカラ」

 

とか

 

    「~を、すべきダ」

 

 

 

 

 

あなたの常識 にそって

 

 

 

介入しても

 

 

 

 

 

ほぼ 確実に 失敗します。

 

 

 

 

    ・ 孤立する自由

 

 

    ・ ひきこもる自由

 

 

 

 

 

 

保障することが

 

 

逆に

 

 

 

 

ひきこもり からの脱出の

 

 

動機になる

 

 

 

 

ことを 多く診ます。