4月22日(木) 午後より

 

看護学部 小城キャンパスにて、 新4年生を対象に

就職説明会が開催されました!!

 

新4年生、これから、インターン、就職見学会など

 

進めていくことになります。

 

コロナ禍で、大変ですが、できる限り、情報収集に努めていくが必須ですゲホゲホ

 

 

 

さて、今回、

 

多数の病院、医療機関様にご協力いただきました。

 

はじめに、正野学生委員長より、お礼の挨拶をされたあと、

 

まずは、2教室に分散して、ご参加いただいた各病院の職員様より

 

病院紹介が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

質問なども活発に行わていたようですね~

 

 

 

 

 

 

 

その後は、

 

 

 

3201大講義室へ移動し、

 

 

 

個別相談会が行われました!?

 

 

 

真剣に聞いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ご協力いただいたのは13の病院、医療機関でした。

 

済生会 唐津病院 様

国立病院機構 佐賀病院 様

佐賀中部病院 様

唐津赤十字病院 様

佐賀整肢学園こども発達医療センター 様

佐賀整肢学園からつ医療福祉センター 様

ひらまつ病院 様

山元記念病院 様

高邦会 高木病院 様

祐愛会 織田病院 様

伊万里有田共立病院 様

佐賀県立医療センター 好生館 様

河畔病院 様

 

本日はご多忙な中、

病院関係者の皆様、誠にありがとうございました。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


令和3年 4月6日
西九州大学は佐賀市文化会館で
入学式を行いました。

看護学部は、定員90名に対し、
105名の入学生を迎えることができました。
今回の入学式は、コロナ禍ということで
保護者の方には、ご参加を控えていただきました。
 
保護者の皆様には、ご協力いただき、
ありがとうございました。

入学生の皆さんには、
きっと、この看護学部を選び、
入学したことがよかったと思える日がくることでしょう😃








小城市 江里口市長からのお祝いのことばです。

江里口市長、ありがとうございました。
また、いつも、いつも、当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。





ようやく、完成年度を迎えた
西九州大学看護学部‼️
地域の中の大学❗
これからは、
小城市の活性化も目指していきます❗







医療機関の皆様からも
たくさんのお祝いのことばをいただき、
ありがとうございました。


明日からいよいよ授業開始‼️


文科省からの厳しい審査を合格した
地域、臨床、教育のプロフェッショナルが
皆様を責任もって指導していきますグー

サクラが綺麗ですよ~


大学周辺、小城公園は

今、サクラが満開です目目



大学前の駐車場。
我先に、サクラを見ようと、
連日、お客さんで一杯ですニコニコニコニコ








まだまだ、
これからですかね~☺️


サクラに見とれ過ぎて、
ついつい、一旦停止しないで
警察に切符きられてる方もいるので、
くれぐれも、安全運転、交通ルールを守っていただくように🙏します😃












いよいよ
4月から新学期を迎えます。
新一年生が入学して、
ようやく、完成年度をむかえる
西九州大学看護学部‼️
今年の入学生も
おかげさまで、100名越えそうです音譜

あとは、4年生の国家試験❗
看護師国家試験
保健師国家試験

頑張っていきましょう‼️



いや~

 

もう早いもので、3月も中旬にさしかかりましたニコニコニコニコニコニコ

 

 

 

みなさん、お元気ですかウインク

 

 

 

 

3年生の領域実習もすべて終了でき、

 

 

コロナ禍という厳しい状況の中でも

 

 

実習受け入れを承諾していただいた

 

 

 

医療機関のみなさまに感謝です。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のお題、

 

 

 

 

そう “臨床 美術” ポーンポーンポーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で臨地実習ができない厳しい状況の中、

 

 

 

 

 

本学部では、学内実習もうまく進めていったわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

老年看護学実習の学内実習で、

 

 

 

 

 

 

福岡県久留米市の絵画・造形教室「アトリエSHO彩」の先生に

 

 

 

 

 

来学していただき、

 

 

 

 

3年生対象「老年看護学実習」の一環として、臨床美術の講義と演習をやっていただきましたおねがいおねがいおねがい

 

 

 

ホント、綺麗な先生でしたおねがいおねがいおねがい

 

 

 

 

看護=アート=サイエンス

ナイチンゲールも提言しています。

そう、スピリット、心のケアの追求というのは、大学での座学、臨地実習だけでは、とうてい難しい。。。。

 

 

しかし、そこを、

心のケアとして取り組む「臨床美術」の事例を含めてお話していただき、実際に体験の時間を作っていただきました。

 

 

 

 

何事においてもそうですが、

一生懸命取り組む、

集中するという姿勢、

そして、共に互いの作品を鑑賞し、言葉で伝え合う時間というのは、どこに行っても誰であっても、輝いていますねおねがい

 

 

 

 

 

 

臨床美術の演習を通し、ありのままの「わたし」を受容される喜び、正解のない世界があることを知ること、そして、自らの感性を高めていくことが、他者への想像力を培うことにつなげることをご教授いただきました。

 

 

“ありのままの「わたし」を受容される喜び、正解のない世界があることを知ること、そして、自らの感性を高めていくことが、他者への想像力を培うことにつなげる” という言葉は、先生の言葉を引用させていただきましたが、

この言葉は、素晴らしいですよね~

 

 

 

豊かな感性を持ち、立派な看護師になってもらいたいですne~お願いお願いお願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:アトリエSHOU彩

 

 

 

 

 

 

白い(またはパステルカラー)木綿生地にポリエステル綿を詰めたキワニスドール。

 

身長約40cm、体重約50g、とても素朴な形で、目も鼻も口もありません。ただ一つ身に付けているのは、

国際奉仕団体キワニスのマークの小さなラベルだけです。

 

しかし、このちょっと風変わりな、小さな人形が、普通の玩具の人形とは違った方法で、

病気の子供達に大きな力を与えているということです。

 

医師が人形に内臓の絵を描いて、治療の説明に使われ、

人形に注射をしたり、手術の説明にも使われていることもあるとのことです。

 

さらに、看護大学では実習に使われたり、養護学校では児童に体の説明に使われたりと様々な使われ方をしており

小さな患者さんは大好きな人の顔を描いていつも側に置き、退院の時は持ち帰っているとのことです。

 

本学3年生のTくんとMくんです。

満面の笑みですね。人の良さが分かります( ´艸`)

 

さて、このキワニスドール、

1988年にメルボルン、ナナワディング・キワニスクラブで誕生し、オーストラリアで普及するとともに1994年から北欧に伝播し、

2001年11月に日本地区に導入されました。

 

現在までに聖路加国際病院、東大病院、慶應病院、順天堂大学病院、日赤関連病院及び学校、北里病院をはじめ715の医療機関その他に約4万個のドールを贈り、小さな患者さん達を癒し、医療関係者と患者さんとのコミュニケーションをスムーズにしているということです。

 

 

 

今回、

2月19日(金)にキワニスドール会長 大嶋公子会長が来学され、本学学生にキワニスドール30体をいただきました。

 

大嶋会長が「この人形に、お母さんの似顔絵を描く子どももいる」と多様な使用方法を紹介されると、

看護学生らは納得し、深く頷いていました。

 

学生は、「キワ二スドールを初めて知った。将来働く現場でも、活用したい」と話しており、

今回贈呈された「キワ二スドール」は小児看護実習で使用されます。

 

 

 

 

 

佐賀新聞関連記事:

【動画】看護実習に「キワ二スドール」 佐賀キワ二スクラブ、学生に贈る|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE (saga-s.co.jp)

 

引用元:

東京キワニスクラブ キワニスドール – 一般社団法人 東京キワニスクラブ (tokyo-kiwanis.or.jp)