夫婦喧嘩 仲直りの方法 子供 | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。

日本では、「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言われます。

そんな夫婦喧嘩を子供が止めたお話です。

 

最近、仕事から帰ってきて、何時間も母国のお友達とのチャットに夢中になっていました。 当然、家事は後回しになったり、全くしなかったりになります。食事も外食の回数が増えてきます。

 

私が家事をやらなければ、旦那様がやることになります。

 

あれは、先週の金曜日の夜。

 

旦那様が夜10時に仕事から帰ってきました。朝は5時半に家を出ました。

 

旦那様が帰ってきて、部屋の中が散らかっているのを見て、不機嫌そうな表情になりました。

 

 

旦那様は、ダイニングのテーブルを拭き始め、床の掃除を始めました。シャワーの前に洗濯機をセットしてからシャワーを浴びます。シャワーの後、歯を磨いている間に洗濯が終わります。時間の無駄が嫌いな旦那様らしいやり方です。

 

私は、その間、ずっとチャットをしていました。

 

洗濯が終わって、ベランダに洗濯物を干そうとしたのが深夜0時前くらいでした。

 

私は、旦那様に「もう寝ようよ~。」と言いました。

 

それを聞いた旦那様は、溜まっていた怒りが爆発したかのように怒鳴ったのです。

 

旦那様:「お前がやっていてくれれば、俺はもうとっくに寝てるよ!」

私:「私だって疲れていたのよ!」

旦那様:「そっちの仕事は、定時に始まって定時に終わったんだろう?俺は朝5時に出勤して、帰って来たのが夜の10時だ。どっちが家事をやった方が効率的なんだ?」

 

言われてみれば、反論の余地もないわけです・・・

 

でも、明日でもいいことは明日やればいいと反論すると、不潔なまま寝たくないと旦那様は言います。

 

双方怒鳴り合っていたら、娘が目を覚ましてしまったのです。

 

不安そうな顔をして、私たちを見ています。

 

娘:「喧嘩してるの?」

旦那様:「いやいや、ちょっと大きな声でお話してるだけ。大丈夫。」

 

そしたら、娘は、なぜかお絵かきノートを持ってきました。

 

「はい、これ、パパとママ。」 と言い、自分の描いた絵を見せたのです。

 

 

その絵がコレなんです。↑

 

旦那様:「これ、パパとママが何をしているの?」

娘:「パパが王子様で、ママがプリンセス。」

 

「もう、いがみ合ってる場合じゃない。子供に寄り添わなきゃ。」と、旦那様も思ったに違いありません。

 

子供だからとあなどれないですよね。

 

これって、子供は、ママとパパの仲直り方法を本能的に知っているのでしょうか・・・

 

4歳とはいえ、子供は家族を結びつける強力な一員なんだと、つくづく思い知らされました。

 

私も、最近、仕事疲れを理由に、家事をさぼり過ぎたかなと反省しています。