二年生・大きな数がめんどくさい | 元七田講師の幸せがふえる おうちモンテッソーリ

元七田講師の幸せがふえる おうちモンテッソーリ

元七田講師の幸せがふえるおうちでモンテッソーリ

三人のリアルママのおうちでモンテッソーリと
幼児教育の実践記録

赤ちゃんから小学生までのモンテッソーリ教育をベースに
幼児教育の考えも盛り込んだ幸せがふえるオリジナル講座開催中

モンテッソーリは

具体物を触ってから

数字という抽象化にむかっていきます。

数字はこどもにとっては、ただの記号。

10

100

1000

と、数字をみても

どの位の量かわかりません、

だから、モンテッソーリでは、
金ビーズという、具体物を触って
10はビーズが10こ。
それが10本あると100
その100の塊が10枚重なると1000と

触って体感します。



先日プライベートレッスンに

きてくれた二年生の男の子

お母様からは

先取りしている三年生の

大きな数がわかっていない

とのご相談を受けていました



3年生で学習する

「10000より大きい数」の単元では

数が大きくなり苦手意識をもつ

子どもが増えてきます



紙に書いてある数を見るだけだと

イメージがわかなくなり

なんだか難しい…と

感じる子が増えてきます




学校では数直線を利用して

一万より大きな数の表し方を習いますが

モンテッソーリの上級算数では

具体物にふれることができます 



取り組んだキューブは

緑が一つで1000

10個合わさると10000

1万が10個で100000

10万が10個で100000




大きな数になっても

繰り上がりのやり方は

金ビーズと同じ




最後は数式にしました

「大きな数って

数えるのがめんどくさい」


「そうだよね」


「どうやって数えてるの?」


「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、

じゅうまん、ひゃくまん……」





学校で習うやり方で

1の位から順に数えていきました



「たしかに大きな数になると

面倒だよね」




「漢字でかくのもわけわかんない」


Yくんは大きな数そのものの理解は

とてもできており

繰り上がりの仕組み

何倍などの言葉にも

躓きはありませんでした


ただ、漢数字の読み取りが

面倒だと感じていたYくん

このあとお仕事を進めました 



小学生になると

効率性を求めはじめるので

幼児とは違うアプローチが

必要になります



わからないことがあると

つい大声を張り上げて

しまいたくなりますが

怒鳴っても怒っても事態は変わらない



うちの子は

だめだ、と決める前に私たちに

出来ることがたくさんあります







◆講座・メルマガ◆

おうちでモンテッソーリ

ベーシックオンラインコース


4月開講満席キャンセル待ち終了

7月開講クラス満席

キャンセル待ち受付中


7月平日クラス
日常生活の練習 7月1日 木曜日
感覚教育 7月16日 金曜日
算数教育 7月29日 木曜日
言語教育 8月5日 木曜日
文化教育 8月18日 水曜日
粟井まどかさんより勇気づけ 
8月25日 水曜日


7月週末クラス
日常生活の練習 7月10日 土曜日
感覚教育 7月17日 土曜日
算数教育 7月31日 土曜日
言語教育 8月7日 土曜日
文化教育 8月21日 土曜日
粟井まどかさんより勇気づけ 
8月28日 土曜日


おうちでモンテッソーリキャンセル待ち・次回優先案内お申し込みはこちらよりご登録くださったみなさまへお届けします


ベーシックコース講座内容はこちらから



こども向け

モンテッソーリプライベートレッスン

6月まで満席・7月以降募集中




  講座内容のご案内  


モンテッソーリベビーコース

モンテッソーリベーシックコース

モンテッソーリアドバンスコース

おうちでモンテッソーリ収納クラス