元七田講師のおうちモンテッソーリ✖️知育✖️自然育児

元七田講師のおうちモンテッソーリ✖️知育✖️自然育児

三人のリアルママのおうちでモンテッソーリと
幼児教育の実践記録

赤ちゃんから中学生までのモンテッソーリ教育をベースに
日本の教育を見据えたオリジナル講座開催中

元七田講師でモンテッソーリ教師の結城優子です
おとなとこどもはちがいます
目の前にこどもは何に興味があるのかな

何に困っているのかな
大人はどう寄り添えばいいんだろう

こどもは何度も繰り返し
「ひとりでできた!」を味わいます

「ひとりでできるように手伝ってください」
モンテッソーリからのメッセージ

モンテッソーリをとおして
子育ての今しかない瞬間を
おやこでいっしょに
楽しみ、よろこびあえますように。。



日本のモンテッソーリ教育は6歳までが主流 
モンテッソーリをベースに日本の小学校・中学校への橋渡しが
できるように元七田講師がお伝えします
幼児から小学生・中学生のお母様も継続ご受講頂いています
モンテが好き・モンテだけでは不安・そんなお母様をお待ちしております

一年生、女の子のお母様から

ご質問を頂きました



本のことで質問させて下さい

娘が毎朝取り組みできた時に

スタンプを押して

たまるといつも買わないような

好きな本を買うことになってます


次は占いの本が欲しいと言います。

上の学年の友達が占いの本を持っていて

それを読んだのがきっかけです。


娘が欲しいと言って

本屋さんで立ち読みする占いの本は

星座、血液型、手相占い等々が載ってます



まだ小学生のうちから

こういう類いの本を読んで

この人は何座だから

何型だからこういう人と

決めつけるようになったら嫌だなと思い

買うのを迷っています。


優子さんは占いの本

どう思われますか?




バーナム効果の話ですね

モンテは全く関係なく

私なり…ですが
昔から通る道は一通り
経験しておいた方がいいのでは
ないか?と感じて
私は子育てをしています

占いもこどもたちの
コミュニケーションの
一つのツールで
どこで線引きするかの話かな?
と感じます

星座や血液型占いも

女の子がよく通る道で
論理的より直感の割合が

男の子より多い女の子が

占いには嵌まりやすいらしい

占いなどの本を借りてきて
何型?星座は?と
話してきた場合に
いつも伝えていたのは
玉村豊男さんが東大在学中に
バイトで朝のテレビ番組
占いコーナーの執筆をしていて


「誰にでも該当するような
曖昧で一般的な事を書いていたら

当たる当たるって言われて
可笑しかった!」
というエピソード。

人間は当てはまるところだけを
切り取るのでまさにまさに…

占いなんてそんな程度

と、私はかんじている
ということと、
学生時代スイスの友人が
「日本に来て初めて

血液型を聞かれて

ドラキュラかと思った」
とコメントをセットで

伝えます

ヨーロッパでは

血によって差別するのは

ナチス時代などがあり

分類などはタブーなので…


民族によっても

血液型は割合が違うことや

タブー視されてる地域もあること

日本では血液型が

性格診断でよく使われますが
英語圏の人と話すと???ってくらいに

盛り上がらないこと。笑


星占いのほうが

ポピュラーな国も

あるよということも

ついでに伝えたり

どんな事でも

文化教育になりますね



すずめの戸締まりを

見に行きました


ぺこ、ぽこが

見に行きたいとのことで

朝7時半の回で見ました




 

主人公が各地で人の温かさに触れ

過去を受け入れて成長するお話で
前半のドタバタ劇は

コミカルなシーンも多い作品でした。

映画の中で主人公が
旅をするのですが
九州からスタートし
最後は東北まで…


風景や、方言なども違い

それも良かったです


最初の場面で

三女にこと

「長崎じゃない?」

と予想していたのですが

まさかまさかの場所でした




夏に行った

明石海峡大橋もでてきて

三女にこも

地理と映画のシーンが

繋がっていきました


たまたま、

映画前日都内に

にこと行っていた町も

出てきて

「昨日行ったところ!」

なんてこちらが興奮したりして…



まさに

モンテッソーリの

文化教育でした

もうすぐ12月

毎年どのような
アドベントカレンダーを
作ろうかと考えると
クリスマスが楽しめます

娘たちはキリスト教系の
幼稚園だったので
アドベントは
とても身近でした

楽しいクリスマスの日を
待ち望む子供たちにとって
ワクワクする
アドベントカレンダー

クリスマスがあと
何日で来るか分かるのも
楽しみの一つとなっていて
数の敏感期の時は
3人ともそれはそれは
楽しんでいました  
モンテッソーリの算数の
お仕事に絡めて
作っていました


今年は…



IKEAにしてみました




開けると小さな紙袋

これを使って

アドベントカレンダーを

作成します


アドベントカレンダーを

作っていると

一歳のときは

飾りを取って

なくなってしまうので

飾りが上半分になったり、


もうここまで手
が届くようになったなとか
絵や文字が上手になったな、とか、
成長を定点観測しているようで、 
楽しみ

部屋の雰囲気も華やぐ
アドベントカレンダーです




今年は自治会の役員もしていて

子どもたちに

三密を避けた

クリスマスの

お楽しみ会を開催します


子どもたちにとっても

温かい気持ちになる

12月になりますように…





ダイソーでもアドベントカレンダーが

販売されていました



6年分のアドベントカレンダー


長崎の旅三日目は…



佐世保駅を出てむかったのは…



武雄温泉駅

目的は…


西九州新幹線に乗るため…



始発駅でパチリ!

西九州新幹線が佐賀が通らず

苦肉の策での開業だったことを

長崎の友人に聞いて納得

何でも理由があるんだなぁ





「長崎市内運転出来たら

日本どこでも運転出来るって

言われてるよ」

と友人から聞いて

三日目は観光タクシーを

お願いしました


路面電車と自動車と

狭い路地に、

急坂に一方通行…

確かに長崎市内の運転

私には無理でした。笑




今回ご縁を頂いた

個人タクシーの高田さん

みなさんに紹介したい位


お孫さんがいるおじいちゃまで

子どもにも優しく

丁寧にお話くださいます


市内の歴史を辿りながら

観光をして下さり

自分では行けない場所

知らない場所も

観光してくださいました


歴史が多少わかるにこには

ぴったりの時間になりました




平和公園の像は少し左を向いています

そこにも理由がありました



大浦天主堂の落下したドーム


原爆資料館では

高田さんが一つ一つ丁寧に

説明してくださいました





ベーシックコースご受講者様からの

リクエスト講座

中学受験社会科講座・地理編

第一回を開催しました


中学、高校受験に

必要な社会とは?

社会が嫌い…

教養を身につけたい…

お子様に教え方がわからない…

そんなお母様にお届けする

6回講座です

(春開講からは7回講座になります)


春からは一般の皆様にも

ご受講頂けます

(年明けにご案内致します)


感想をご紹介します


ーーーーーーーーーーーーーーーー


今日はありがとうございました!
頭がパンク気味でまだ

若干放心状態ですが

とりあえず日本地図を

部屋に貼りたいです

わが家は中受なしの

区立小中で進学校とも

ちょっと程遠い感じの

子どもたちなのですが

優子さんの講座は

受験のためだけじゃなく

人生を楽しくしてくれる

要素いっぱいで

とにかく私が楽しかったです❤️

復習しつつ

Amazonポチポチしつつ(笑)

次回をまた楽しみに待ちます😍


中学2年生・小学校5年生のお母様

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

盛りだくさんの内容で

頭がパンパンになりそうですが

とても楽しい時間でした


子供が小四で

中受の塾に通塾しているため、

今、社会の勉強を一緒にやっています


優子さんが

都道府県や都道府県の特色が

わからないと

つまらない暗記になると

仰っている意味が

よくわかりました


でも逆に言うと

その土台ができていると

横と縦の知識がつながった時

最後のピースが

はまった時のように

全部の理解が

深まるのかなぁと思いました。


まずは私が勉強して

子どもと一緒に知識を

深められたらいいなぁと思います


アドバンスコースの再受講から

今回の社会科講座を受講して

知識の繋がりが広がっていく

感覚があります


丸覚えではなく原体験も含めて

深められれば「楽しい社会」

となるだろうし

旅先でもまた違った意味で

楽しめると思います


ちなみに大王製紙の社長さんは

儲けたお金でカジノで

使い果たして捕まったんだよ

と子ども達に余計なアナウンスまで

していた主人…


お陰で紙と言えば愛媛と

思い込んでる我が子達…


明日は早速学習した

北海道を

アナウンスしたいと思います


また次回も楽しみにしています

私も予習します。笑


4年生・2年生・年長さんお母様


ーーーーーーーーーーーーーーー

昨夜はありがとうございま
優子さんの知識の広さ深さを

改めて実感し感動しました


自分一人では

こんなにいろいろ

関連付けられなかった

だろうなーと思い

受講してよかったです

親になり、子に教えたり

伝えたりしようという段階になって

自分の知識の大半が

理由に裏付けられてないことに気付き

またそこを知ることが

勉強の楽しさの一側面なのだと

気付くことができました


まだまだ教えられる段階まで

習得できていない私ですが

こども達には私のような

単なる暗記ではない勉強をして

教養を広げていってほしいと思っており

今回の内容だけでなく

勉強についての考え方学び方を

伝えて行けたらなぁと思います。

話は飛びますが

北海道に日鋼記念病院という

以前は家庭医育成で有名だった

病院があるのですが

受講後にふとそれを

思い出して調べてみたら

室蘭にありました


変わった名前の病院だとしか

思ってなかったのですが

室蘭で鉄鋼業で、そこからか!!

(興奮!)


昔は

日本製鋼所職工共済会病院だったと

あるので

知識と知識が繋がりました!


病院の名前は

公立病院などその地区の地名を

冠している病院も多いですが

企業が福利厚生に作った

病院も見られます


京都には三菱記念病院

もうなくなりましたが

逓信病院(郵政省)

大阪には松下記念病院など…


また、地域に縁がある企業や

個人が出資されていることもあったり


京大には任天堂が

出資された病棟があります


京都府立医大も日本電産という

会社の永守会長さんが

出資された

陽子線治療センターがあります


普段あまり深く

考えていなかったけれど 

なかなか興味深いことにも

気付けました


また

任天堂や永守さんのような

取り組みこそ

規模は違いますが

我が家が目指す

教育方針の一つなので

そういうこともこども達に

伝えて行けたらなと

色々なことを考えさせられました。

また次回も楽しみにしています…

せめて前日に大急ぎでも

予習できますように…


小学校3年生・年中のお母様

ーーーーーーーーーーーーーーーー


(秋休み軍艦島へ…)


今回の中学受験社会科講座地理編は

「自分が社会が

大嫌いでどう教えたらいいか

わかりません

教えてください」

と言うリクエストを頂き

開催しました


「地理」と聞くと

河川や山脈の名前を暗記させられた

中高時代の退屈な授業を

思い出して

社会が嫌いな人もいます


本来の「地理」は

地形や気候などを

暗記する科目ではなく


「地理」には

地形、気候から始まり

産業や貿易、交通、人口など

毎日の生活で目にする

ありとあらゆるものが

含まれています


「地理」を学べば

世界経済が

わかるようになります


学問としての地誌学は

特定地域における

地形・気候や

人文、都市・経済

歴史・交通などの

相互関係を総合的に考察し

地域的性格を究明することにあります


この視点があると

地域的性格をより正確に

説明できるようになります


地誌学では

地域のスケールを

大陸レベルから国家レベル

都市内のコミュニティレベルにまで

設定します。 


例えば

アジア地誌、

日本地誌

熊谷地誌など

さまざまなスケールの地誌を

考えることができます


まさに、

モンテッソーリ教育の

全体から部分へです


そして地理を

積み重ねていると

歴史に繋がっていきます


知識のストックが

ある点を超えたところで 

答えを導く事が

できるようになります

量が質に転化します


理解はそこそこ進んでいた問題も

解けない場合には

次の問題とつなげたり

全体を見回す力が

まだ育っている

途中になります


いわゆる

ワーキングメモリの容量が

増えている課程です


その容量が少しずつ増えていき

ある一定のラインを越えたことで 

一気に問題を解けるようになります


たとえ問題が解けなくても

基礎知識を理解できたら

考えている間に実力が付く

というのは真実だと思います


5.6歳から始まる

こどもたちにやってくる

文化の敏感期

日本地理を楽しく

学ぶことができます


次回中学受験社会科地理講座は

メルマガにご登録してくださった

みなさまに優先してご案内します


メルマガ


元七田教師の幸せが増える
おうちでモンテッソーリ メルマガは
下記よりご登録ください  

8日間は下記についてお届けし 
その後毎週金曜日20時に
モンテッソーリや幼児教育
ママのイライラなどについて
お届けします


①元七田教師だった私が

モンテッソーリ教育に出会って

②七田教師だった私が
モンテッソーリ教師に興味を持った理由

③ モンテッソーリ教育以外は
タブーなのか

④ モンテッソーリ教育の強み弱み

⑤ わたしが七田教師になった理由

⑥ 七田に入ってわかったこと 

フラッシュカード意味とは?

⑦ 七田のこどもたちは何故優秀か?  

⑧ 何故勉強させるのか


 

リニューアルしたメルマガは
下記よりご登録ください
▽画像をクリック