きっと地球に遊びに来たんだよね!

きっと地球に遊びに来たんだよね!

「私は誰なのか? なぜ生まれてきたんだろう?」忘れてしまっている大切なことを、思い出したい人へ…

初版本を買ってくれた方へ


赤い心の辞書「mari's dictionary」の初めてのイベントが決定しました

2021年4月22日(木)11:00~12:00くらい
(リアルでもいいよZoomでもいいよ)

お申し込みをされて、こちらからの返信が届いていない方がいたら、お手数ですがもう一度ご連絡ください


出版記念パーティーでもなく
サイン会でもなく

初版本を買ってくれた方のみが参加できる

「初版本を持っている人と内緒の話をする会」です


春分に本が届きました

やっと完成した!
嬉しいなー!

と呑気にしていたら


Rちゃんから
「脱字を見つけてしまった」

と連絡がきました


そのページを読んでみたけれど気づかない
どこどこどこ?

えーーーここ大事なところじゃないか……


翌日Mちゃんから
「違うところがあるよー」

と連絡がきました

ドキドキ
あーあーあ


その翌日、Yちゃんから
「誤字をみつけてしまった」

チーーーン


ここで、わたしはドーンと落ち込みました

1分くらいかな、イヤ2分くらいかな

どちらにしろ、ドーンと落ち込んだのです

やばい、やばい、やってしまった


車を運転しながら、わたしは叫びました

「あーーーー!バカー!!!」


どうしようもなく絶叫


自分のなかにこもったエネルギーを全放出


そして、でもしょうがないよね
もうどうしようもないよねとなり


なぜ、こんなことになっているんだっけ?と考えました

こういうことが起きている理由てなんだろうって


誤字脱字があったということで
自信をなくしたり
傷ついたりすることが目的ではないはず

これは絶対に違うなーと思いました


じゃあ、なんだ?

こんなことが起きているって
絶対に面白いことに繋がっているはずなんだけど

それってなんだ?
と考えました


そこで思いついたのが

初版本を買ってくれた人たちだけに向けて
なにかをやろうってことでした


なぜなら、わたしが落ち込んだ理由は

買ってくれた人たちに申し訳がないという気持ちだったからです


だったら、この人たちが「初版本を買ってよかった」と思うことってなんだろうって考えたんですね

そして思いついたのが、内緒のお話会でした


「はい、何ページを開いて、ここね間違っているっちゃが」
「次、何ページを開いて、ここが間違っている理由はね……」

って、みんなで笑うってやつ


そして第2版の人たちにはバレてないから内緒にするんだぞ!

というやつです笑


日時 4月22日(木)11:00~12:00(だいたい)
場所 宮崎市ワイオピピ
もしくはZoomでの参加(録画希望あり)
参加費 無料
参加条件 「mari's dictionary」初版本をお持ちの方

お申し込み方法 
メールでタイトルに「内緒の話参加希望」と入れて申し込んでください
「mari's dictionary」持っているよアピールをしてください笑
mariel⭐︎road.ocn.ne.jp
(⭐︎を@に変えてくださいね)



場所は、ワイオピピです↓

クリスタルショップ Wai-o-pipi(ワイオピピ)オーラソーマ・クリスタルヒーリングなどは宮崎県宮崎市 クリスタルショップ、Wai-o-pipi(ワイオピピ)へ。リンクwww.wai-o-pipi.com


ではよろしくお願いします


⭐︎間違い探ししよー⭐︎


そして宣伝です
先月出版した心の辞書「mari's dictionary」
第2版が刷り上がるまで、もうしばらくお待ちください

全352ページ 2530円(税込)
絶賛予約受付中です


メールで注文していただくか
各サロンさんへ注文をお願いします

mariel⭐︎road.ocn.ne.jp
(⭐︎を@に変えてくださいね)

タイトルに「本の注文」と入れてください
目的と手段を分けることについて

ひとつ前の記事に書いたことのつづきです
ひとつ前の記事

ここに書いたことは、いくつかの見方ができるので、もうちょっと見てみたいと思います


例えば、わたしにはどんな目的があるのか考えてみると

自由に楽しく生きる
感動しながら生きる

というのがあります

自由と感動、いつもこれを欲しがっています笑


その目的(自由や楽しさや感動)を得るためのことをしているんですね

それが手段です


だから旅をします
旅は手段ですね

旅は目的ではなく手段です


旅によってわたしが体験したいのは、自由を感じたり、感動したりすることです

そして、旅以外にも自由や感動を得ることができることを手段として、いつもやっています


ワークショップやコースをする理由もこれです

それが目的ではなくて、ワークショップやコースをすると

心の自由を感じたり、感動の連続があるからです


ワークショプやコースは目的ではないんです




それをやって得られるものが、わたしが欲しいと思っているものです

それが手段によって忘れられていくことが多いような気がします


あなたは、何を得たくてそれをしているんですか

どんなことを感じたくてそれをしていますか


そして、その感じたいものを叶えるためのことをいつもしていますか

自分が得たいものがあって、そのための手段だったものが

途中から目的かのようになってしまうことがよくあります

するとなんだかイヤな気分になるかもしれません


いつもしていること、選んでいることの先には、どんな目的があるんでしょう


⭐︎マーリちゃんからの出版のお祝いをもらった⭐︎

なんて書いてあるでしょう笑


手段と目的の混合について書いてみます

こういうことは、何度も書いてきていると思うんだけど、しつこく書いてみます笑

わたしたちは、つい手段であったものが、目的にすり替わってしまうことがあります


たとえば「お金」

「宝くじが当たりますようにー!」と願います

このとき「お金がほしい」が目的のようですが

お金はあくまでも手段ですよね?


「宝くじが当たったら……」に続けて出てくるところが目的です

そのために必要なものがお金です


仕事をすることも同じです

働いてお金を得るとき

「お金を得る」が目的になっていることが多い


でも、あくまでもお金って手段として必要なものであって

お金が目的はないですよね


「働かないと食べていけなくなる」と多くの人が言います

「食べていけなくなると思うと怖くて、仕事を辞められない」と人は言います


コースでもこういう話はよく出てきます


そして「安定していたいんです。安心して生きていくためには、仕事を辞めることができないんです」

と答える人が多いです


で、で、ですよ

このやり取りのときに「目的」がハッキリと浮かび上がります


「安心して生きていきたい」

これが目的です


わたしは、安心したいんだ
安心した状態で生きたいんだ
安心が欲しいんだな

って気づきます


そして

お金があればそれが手に入ると思っているんだな
って気づきます


で、このとき「安心のためには、仕事を辞めてはいけない」と思っているということと

それで「今、安心しているのか?」ってことです


安心は大事です
安心して生きていきたいです

海外旅行に行ったときも、これをすごく感じますよね

どれだけ普段の生活が、安心で安全で守られているかに気づきます


だから安心して生きるというのは、わたしたちにとってすごく大事な欲求です


ここで今日のタイトル「手段が目的にすり替わっている」です


目的は「安心したい」

そのための手段が「お金」とか「仕事をする」とか他にもたくさんあります


「安心」のための手段を仕事以外でも、もっと自分に与えたらいいなーと思うんです

一番、シンプルですぐにできるのは「深呼吸」ですね


「安心したい、安心がほしい」と焦っているときって、呼吸が浅くなっていると思います


深ーい、ゆったりとした呼吸をしながら「安心したい、安心がほしい」って、たぶんなりにくいです

試してみてください


「安心したい」「安心できない」という不安感が出てきたときは、たぶん素敵なアイディアと繋がりにくいんです

だから、余計に安心から遠のいてしまう


なので「安心できない」という思考回路になったときこそ

「今、自分にどうやって安心を与える?」ってことを意識すると

少しかもしれないけれど「安心」の方に入っていく


そしてきっと「安心している場合じゃない」ってまた考えだすだろうけど笑


そしたらまた「今、安心を自分に与えよう」と意識する


その繰り返しですね


何を言いたいかと言うと

目的よりも手段が大事になっていないか?ということです

手段は変えることができるけれど

目的は変わらないんです


目的は自分が本当にほしいものだから

手段なんて別のものでも変えがきくんです


ちょっとこのことについては、また続きを書きますね


⭐︎緩むー⭐︎




そして宣伝です
先月出版した心の辞書「mari's dictionary」
第2版が刷り上がるまで、もうしばらくお待ちください

全352ページ 2530円(税込)
絶賛予約受付中です


メールで注文していただくか
各サロンさんへ注文をお願いします

mariel⭐︎road.ocn.ne.jp
(⭐︎を@に変えてくださいね)

タイトルに「本の注文」と入れてください