父が帰って来た!

テーマ:

ご訪問、ありがとうございます!

H君と別れてからしばらくして、おじいちゃん(父のお父さん)が亡くなりました。

お葬式の朝、父が来たんです!
作業着っぽい服で。

「はよ会いにいっちゃり」

どーのこーのより、それがわたしの第一声でした。

それを見ていた父の弟の嫁(わたしのおばさん)が一言

「兄さん、そんなかっこで…はよ着替えて来い」

その時、「あっ、やっぱり他人やな」って、つくづく思いました。

父のだらしなさ、母が創価学会に入っていた事などで、特に父の弟とは気まずい関係でした。


父は、島根県の現場で住み込みで働いていたそうです。

警察に相談して、居場所が分かったそうです。


父が帰って来てから、しばらくは母だけが働いていました。

けんかがエスカレートし、母が父の顔を踏みつけてるのを見ました。

父も、肩身が狭かったことでしょう。

歯を食いしばって、辛抱していました。

あんまりにも可愛そうになって、「うちの工場に来てみたら?」と、誘ってみました。

自転車で30分はかかりましたが、父は毎日通いました。

仕事は、まじめにがんばっていました。

「○ー(わたしの愛称)パパ」と、持ち前の陽気さで、すぐに人気者になっていました。

あっという間に、一つの持ち場の責任者になっていました。

父がまじめに働き出して、母の機嫌もよくなりました。


長くなりましたので、又次にしたいと思います。

最後まで、ありがとうございました!

新しい彼氏

テーマ:
ご訪問、ありがとうございます!


U君と縁が切れてから、出会いはいっぱいありました。

それでも付き合うまではいかず、顔と名前とぐらいしか思い出せません。

その中で、一人だけ続いた子がいます。

わたしの働いている工場に、新しいおばちゃんが入って来ました。
とても気さくで、すぐにみんなと打ち解ける人でした。

休みの日に仕事の何人かで出かけた帰り、たまたまその人と二人になったんです。

「息子に迎えに来てもらうわ」

そうして、赤い軽に乗ったH君がやって来ました。

「わたし先帰るから、あんたらドライブでもしてきたら?」

そのまま、和歌山まで行きました。

初対面で会話もなく、ぎこちなかったのを覚えています。

その時に、電話番号を交換したんでしょう。(もちろん家電)

背は高くなく、少しぽっちゃり。
顔は別に普通の、1つ年上のH君との出会いでした。

気が付いたら、付き合ってたみたいな感じでした。

なぜか、H君のお母さんには内緒で…

ほとんど毎日、ドライブデートでした。

夜景を見に行ったり、たまに遠出もしました。

初めて行く所ばっかりで、すごく新鮮でした!

そんな楽しい日もいつまでも続かず、分かれの時がやって来ましたハートブレイク

H君のお母さんが、疑いはじめたのです。

わたしはH君のお母さんとは、変わらず付き合いをしていました。

H君は間に挟まって、しんどかったのです。

ただの知り合いに戻ろう

もう好きになってたから、だいぶ沈みましたタラー


長くなりましたので、又次にしたいと思います。

最後まで、ありがとうございました!

別れ

テーマ:
ご訪問、ありがとうございます!


父が帰ってこなくなり、母も仕事で週に2、3回しかいない日がしばらく続きました。

母のいない日に、U君が家に来るようになりました。

お金のあるうちは外食もしましたが、ほとんどはわたしが簡単な物を作っていました。

U君は仕事もせずに、友達の家で泊まっていたようです。

U君の家もいろいろあって、家を出たそうです。

そんなある日

いつものようにU君にご飯を作っている時、「あたし何やってんやろ!?」って思ったんです。

U君の事は、もう好きでも嫌いでもありませんでした。

“今まで”とか“これから”なんか、関係なく、「もうやめた」
そう思いました。

「もう別れよ」

U君はうなずいて、泣きました。

それからは家に来ることも、電話が来ることもありませんでした。


一度家に帰ると、U君と彼の母親、弟がいました。

鍵をかけないのを、U君は知っていたから。

インスタントラーメンを、勝手に作って食べていました。

父親の暴力から逃げて来たそうです。

とはゆうものの、家に泊める事はできませんでした。

その時はお金もなく、インスタントラーメンをあるだけ渡しました。

わたしは出かける用事があったので、「おれへんうちに帰ってね」と言い残して家を出ました。

もうU君とは、関わりたくありませんでした。

その後彼らがどこに行ったのか、どうしてるのか、わたしにはもう関係はありません。


この世で無駄な事は起こらない
すべては生まれる前から決まっている…

16、17、18才

この経験は、わたしにどんな成長をもたらしたのでしょうか?

この時から、すでに階段を一歩下りていたんでしょうか?


長くなりましたので、次にしたいと思います。

最後まで、ありがとうございました!