今日は、靴選び3つのポイントの2つ目をご紹介!

 

 

今日も健康になるための情報をお届け致します。

 

では早速、2つ目のポイントは

 

 

    
「つま先1/3だけ曲がる靴」

 

 

です。

 

何それ?ってなっているかもしれないので説明していきます!

 

 

靴のかかとを持って、つま先を写真のように地面につけるか、反対の手でつま先を押さえ、グッと押してみてください。

そこで、靴の先1/3だけ曲がる靴を選んでください。

 

写真のバツじるしのように全体的に丸く曲がってしまう柔らかい靴は、前回同様それ以上触わる必要のない靴なので、そっと棚に戻して見なかったことにするか、その靴の事は忘れてしまいましょう。

 

新しい靴を曲げるなんて〜と思っても子供のため、あなたのために思いっきり遠慮なくやっちゃってください。

店員さんの影に隠れてこっそり!ワラ

 

じゃぁ、これが無い靴ってカラダにどんな影響を与えるの?

ってことで、柔らかい靴を履くとこんなことが起こります。

 

・足がすごく疲れやすくなる

・痛みの原因を悪化させやすい

・安定性が悪くなる

・足趾、股関節の動きが悪くなる

スポーツをしている場合

・ジャンプ力にも影響が出る

・マメなどが出来やすくなる

などなど

 

えっ!!マジですか?(今心の中でこう言いませんでした?ワラ)

 

ホントです。

想像しただけでつま先だけ曲がる靴を選ぶって大切!ってことがわかってもらえると思います。

 

例えば、

すぐに疲れた!とか

すぐに座り込んでしまう。とか

すぐに抱っこして!

と言うお子さんいませんか?

 

それ、単純に子供の体力が無いのではなく、靴が原因かもしれません!

 

想像してみてください。

柔らかい靴を履いて学校に行くのに疲れて、学校では最強に足に良くないフニャフニャの上履きを履いて1日過ごして、また足に疲れがたまり、放課後柔らかい靴で走り回ってさらに足が疲れる。

そして、スポーツをしているお子さんはさらに運動で疲れる+靴が軟らかいと倍疲れる!!!

 

いったいいつ子供の足の疲れは取れるのか?

 

そりゃ、足も痛くなります。

疲れたと言いたくもなります。

 

なので、今日お子さんのために

 

    
「つま先1/3だけ曲がる靴」を選ぶ!

 

が大事!って事覚えていただけると助かります。

子供は自分から「この靴疲れやすいから嫌」とは絶対に言いません。

 

なのでこうしたことに気をつけてあげることが出来るのは親御さんだけです。

 

こうしたことを知って、少しでもお子さんの健康的な成長にお役立てください。

 

そして今日はぜひ、前回のかかとの硬さにプラスしてつま先だけ曲がるかどうか今お子さんが履いている靴、自分が履いている靴を確かめてみてください!

 

そして、もしかかとも靴の底どっちも柔らかい!

とか、どちらかだけ柔らかい!

などがあれば、健康のために靴を見直してみてください。

 

柔らかいけどどうしよう・・・

となった方は

LINEで僕に直接、無料相談も出来ますのでこちらからどうぞ↓

 

友だち追加

 

お気軽にご相談ください!

 

次回は、3つ目のポイントです。

お楽しみに~!!

うえすぎ整体院の上杉です。

 

今日はやっと予告していた

 

 

    

「子供の靴選び3つのポイント」

 

 

の1つ目をお話ししていきます。

 

いったいどんな靴を選んだら良いの?

と言う具体的な話をききたい。ですよね。

 

まず、具体的な靴選びの方法は大人も子供も変わりません。

ここで注意は、機能性の高い靴を見分けることが出来るようになりますが、お子さんの足に合っているかはまた別だと言うことを覚えておいてください。

 

では、早速1つ目のポイント!

 

「かかとの硬い靴を選ぶ」

 

これが靴を触ったときに一番に確認するポイントです。

 

どういうことかと言うと

かかとを写真のようにつまんで潰れてしまう、かかとの部分を踏んで履けるような靴は子供や痛みのある人は選んではいけない靴になります。

あなたがもし、お子さんの健康的な成長を願うのであればオススメはしません。

 

運動をしているお子さんは特に気をつけて下さい。

パフォーマンスにも影響します。

はっきり言うとパフォーマンス落ちます。 

そして、ケガの原因にもなります。

 

と言うことで、手に取ってかかとを触って柔らかければその靴はそれ以上触る必要のない靴です。

そっと、棚に戻して見なかったことにするか、その靴のことは忘れてしましょう。(笑)

いくらかわいくても、いくらかっこよくても

いくら靴屋の店員さんに人気だと言われても

子供の健康的な成長を妨げる靴なのでやめておきましょう。

靴屋の店員さんは治療家ではありません。

靴のことは知っていっても、その靴が子供の健康にどのような影響を与えるかまでは知りません。

 

靴の勉強のために読んだ何十冊の本にも、昨日受けた靴のフィッティングセミナーや他の勉強会でも絶対に言われます。

 

靴においてかかとが硬いは、健康的な足でいるためには命のように大切なモノなんです。

 

前の記事を読んでいただいた方は、どうしてか理解してくださっていることと思います。

 

なんでそんなに危険なの?と言う疑問を持った方は前の記事をご覧ください。

 

 

今日僕がお伝えしたかったのは、

 

靴を選ぶときは必ずかかとを触って

 

 

    
「かかとの硬い靴」

 

 

を選んでください。

 

これだけ覚えていただければ幸いです。

子供の健康的な成長

アスリートのパフォーマンスアップとケガの予防

そして、100歳まで自分の足で歩き続けたい方は、ぜひ正しい靴の選び方を知ってください。

 

少し靴のことが気になってきた!

と言う方はぜひ、ご相談ください。

 

いきなり来院はちょっとハードルが高い・・・と言う方のために

LINEでの無料相談も行っております。

 

友だち追加

 

お気軽にご連絡ください。

うえすぎ整体院の上杉です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

子供の靴の話の続きの前に

もうすぐあるイベントGWについてのお話!!

 

今年のGWどこかに出かけられますか?

 

旅行に買い物いろいろと出かける計画を立てられている方も多いと思います。

そこでよく聞くお悩みは、お出かけるのは良いけど、途中で足がくたくたになって歩くのが嫌になってしまった。

思いっきり楽しめなかった。

一緒に行った人に気を遣わせてしまった。

家族で行ったが1人でベンチに座って待っていた。

 

こんな経験はありませんか?

 

と言うことで今日はできるだけ足が疲れない靴の履き方をご紹介します。

 

 

それは

 

「靴紐をしっかりと締める」

 

たったこれだけです。

 

けど、効果は絶大です。

 

本当であれば、足のサイズを測って、機能性の高い靴を履くことによって靴が歩きをサポートしてくれるので疲れにくくなります。

驚きの違いがありますが、大半の方はそんなの気休めだと思っていると思います。

なのでまず、自分の靴で少しでも今より歩きやすくなる方法を体験してみて下さい。

 

<靴の履き方>

1.靴の紐を先まで緩めた状態で足を入れる

2.かかとを”コンコン”と地面についてかかとの位置をしっかりと合わせる

3.つま先を浮かせた状態で紐をしっかりと締めていく

4.上まで紐を締めて結ぶ

 

 

 

靴をちゃんと履いてGWせっかくの楽しいお出かけを

「ここで座って待ってようかな」

で終わりにしないで下さい!

 

もし、GWの予定がなければぜひうえすぎ整体院でカラダを整え、自分の足に合った靴選びを体験しに来て下さい。

 

GW営業のご案内

4月29日(金) 休み

4月30日(土) 通常営業

5月1日(日) 休み

5月2日(月) 通常営業

5月3日(火) 10:00~18:00

5月4日(水) 10:00~18:00

5月5日(木) 10:00~18:00

5月6日(金) 通常営業

5月5日(土) 通常営業

 

ご予約お待ちしております。

よいGWをお過ごし下さい。

 

うえすぎ整体院の上杉でした。

いつもうえすぎ整体院の配信や活動を温かく見守り応援くださいありがとうございます。

院長の上杉です。
 
そして、この度は大変申し訳ありません。
皆様に、大事なお知らせをしなくてはならない状況となってしまいました…。
非常に心苦しいのですが、当院で取扱っているインソールの値上げのご案内となります…。
心苦しくも、6月1日(水)から価格改訂をさせていただきます。

 
これに伴い、値上げ前に仕入れ先への注文が殺到し、在庫が確保出来なくなる可能性があります。
つきましては、値上げ前に購入を希望される方のインソールを確保させていただこうと思っております。
購入を希望される方は、希望の個数を4月20日(水)までにご連絡ください。

 

商品については、腐るモノではありませんので、当院で作成まで保管させていただきます。
 
<今回の流れ>
希望の個数を4月20日(水)までにご連絡ください

(仕入れ先に在庫があれば追加で発注することは可能です。4月末まで)

お支払いに関してはご注文いただいた際にご案内させていただきます。

(まとめて在庫を確保しておきたい方は金額が大きくなりますのでご相談ください)

現在インソールを使用していただいている方は、新たにインソールが必要になるまで当院で責任を持ってお預かり致します

新しくインソールを作成したいときにご来院いただき、熱形成によるインソールの作成をしてお渡し。
 
となります。

つきましては、もしご家族やご友人に痛みでお困りの方がいて、当院のインソールをオススメしてあげようかなと思っている方がいらっしゃっいましたら、値上げ前にインソールのご注文とご予約をいただければその方の分も在庫を確保させていただきます。

 

そして、とても心苦しいこのお知らせにたいしても、当院のインソールを体感いただき驚きと感動を受けていただいている方がたくさんいらっしゃいますので、ご家族やご友人の方にすすめていただく際に、予約の混雑が予想されます。

 

ですので、患者様の大切なご家族ご友人など1人でも多くの方にご予約をおとりいただけるように、僕はゴールデンウィークも働きます。(笑)

 

5月3日(火)、4日(水)、5日(木)

午前10:00~午後18:00まで

営業させていただきます。

 

それでもご予約が取れない場合は、直接お問い合わせください。

その際、お問い合わせはLINEでのお問い合わせが一番スムーズに対応させていただくことが出来ますので、こちらからご連絡ください。

 

友だち追加


ご不明な点などありましたらいつでもご連絡下さい。

 

ここからは値上げに至るまでの経緯を説明させていただきます。


実は1年ほど前から取り扱いの業者は本社より値上げ要請を受けておりました。

 

この2年以上にわたるコロナの影響で、原油等の原料価格の高騰が報じられております通り、海外から取り寄せている当院のインソールもその煽りを受けました。

 
原材料が4割高、輸送費は一時4倍高となり今なお高騰は続き、さらにその影響で国際輸送の成立自体の困難度が増し、遅延も頻発している状況です。

 
ただ、少しでも患者様に良くなってほしいと言う想いから、値上げを食い止めていただいている状況でした。


しかしながら、それも限界と最終通知が来ました。
力が及ばず、患者様にご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。

ただ、実は海外諸国では、当院取り扱いのインソールは3万円以上で販売されている国も実在しており、現在の販売価格は安すぎると何度も言われておりました。

 
しかし、そもそも僕がこのインソールを取扱いたいと思ったのは、自らの利益ではなく患者様にとって本当に貢献できるモノだと自分自身が実感したからでした。

 
僕は「自分と同じように痛みで苦しむ人を1人でも減らしたい。」と言う想いから治療家になり、1人でも多くの方に痛みなく過ごしてもらいたい。痛みでやりたいことを我慢しながら過ごしている方に、もう我慢しなくて良くなった!とよろこんでもらうことに人生を懸けております。

 
だからこそ、痛みで悩む多くの人の手に届けるためにギリギリでやってまいりました。

しかしながら、今回の価格改訂ついては長引くコロナの影響でどうしようもないことを、何卒ご理解いただけましたら幸いです。

 

この長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

うえすぎ整体院 院長 上杉たつと

こんにちは。

うえすぎ整体院の上杉です。

名古屋市中村区でやっています。

 


前回は、子供の走りが靴で変わる!

と言うお話をさせていただきました。

 

今日は、その続きで、

なぜ、靴選びが健康維持に重要なのか?

 

早速結論からお伝えすると

「足は身体を支える土台なので、

その土台が変形すれば身体全体のバランスが悪くなる」

からです。

 

当院に痛みでお悩みのご高齢の方がご来院されますが

多くは、足の変形や、ゆびの変形があります。

 

これはいつからなのかは調べることが出来ませんが

治療院に来る子供の足を見ると、

年をとって身体に痛みを抱えている方と同じような

変形を呈しているお子さんが多きことに気づかされます。

 

これは、明らかに子供の頃の靴選びに原因があります。

子供の時の靴選びを間違ってしまうことで将来、痛みや変形が強くなる可能性のある身体になってしますと言うことです。

 

オソロシイ・・・

今日は、一般的に多くの方が間違えている靴選び間違いあるあるをご紹介いたします。

【靴選び間違いあるある】


・速く走りたいから軽い靴を選ぶ

→これ間違いです。

靴を持って軽い重たいはあまり関係ありません。

速く走りたいなら、軽い靴より機能性の高い靴を選びましょう。

 

・子供の足は軟らかいから、靴も軟らかいモノを選ぶ

→これ間違いです。

次回説明しますが、軟らかい靴は子供の軟らかい足を守るには役不足です。

軟らかい靴を履き続けると、足やゆびが変形しやすく最悪の場合、痛みに繋がります。

そして、これが子供の靴選びで最も多い間違いだと思います。


・すぐに大きくなるから大きめのサイズを買っておこう

 

一番よく聞くセリフです。


→これやばいです。どのぐらいやばいかというと

豆腐をビニール袋に入れて振り回して2階から落として

豆腐が崩れていませんように!って言っているぐらいやばいです。ワラ

 

わかりづらい?

 

あえて壊れる状況にして、壊れませんようにと願うようなモノ。

 

健康に悪い靴を履かせて、健康に元気に育ってね!と願っているようなモノ

 

足の変形、ゆびの変形、ケガをさせてしまう靴選びを知らず知らずの内に

していると言っても良いほど、子供の成長にとって悪影響を及ぼします。

 

健康被害は意外なところにも

例えば、

うちの子ゲームのしすぎで姿勢が悪いんです。

集中力がなくてじっとしていられないんです。

運動神経が悪くてまっすぐ走れないんです。

体力がなくてすぐに疲れたと座り込むんです。

 

これ、実は靴が原因かもしれません。

靴が合っていないせいで、こうしたことが起こりやすくなります。

詳しくは前回の記事をご覧下さい。

 

 

 

本当に、靴だけで子供の成長は変わります。

もちろんすべてがそうなるとは言いません。

しかし、うちの子扁平足かも、足のゆびが曲がっているような気がする

なぜかよくつまづくし、よく転けるなどがあれば靴の存在を疑ってください。

本当に靴だけで変わるおこさんもいらっしゃいます。

 

そんなこと言うけど、じゃぁどんな靴を選べばいいの?

 

って、心の声が聞こえました。

と言うことでどんな靴を選ぶと子供の足を守れるのか?

次回はそんなお話をしようと思います。
お楽しみに!