魔法使いケーキ屋のパティシエ一家とカフェ

魔法使いケーキ屋のパティシエ一家とカフェ

生の松原で25年間ソルシエール(ケーキ屋)を営んできたパテシエが経営する「ソルシエールカフェ」です。
隣のソルシエールのケーキは勿論、麻炭を塗ったゆったりとした空間で湧き水のようなお冷、水素水で洗った野菜のランチなどもお楽しみ頂けます。


テーマ:
こんにちは、上田公子です。

カフェには雑貨を置いているのですが、キャンドルを仕入れました。

image

右がドロップの形をしたキャンドルと左が水に浮くキャンドル。


image

水に浮かしたキャンドル。


image

暖炉の炎のようにパチパチとなりアロマの香りがするキャンドル。

ミモザの香り、などもございます。

カフェがまたいい香りになりました。

キャンドルは、マイナスイオンを放出します。

ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

心身をリラックスさせるマイナスイオンを放出し、その発生するマイナスイオンは約2万個といわれ、森林浴や滝から発生する3,500~5,000個を上回ります。

おうちに居ながら森林浴気分を味わえます。

キャンドルには、「1/fゆらぎ」という効果があり、それは、星のまたたき、木漏れ日、波の音、川のせせらぎ、そよ風などの自然現象に含まれている一定のリズムのことで、

このリズムは心臓の鼓動に近いためリラックスできるといわれています。

また、炎には空間を浄化して生命力や波動を高めてくれる力があるため、神社や教会ではよく炎が灯されているのです。

だそうです、びっくりです☆彡

そうですね、私はお寺に生まれたので、ろうそくは年中、家にありました。

大きなろうそくが本堂にあり、亡き弟が拝む時はろうそくの垂れたろうが、龍の形になっていました。

本堂には龍の飾りや色んなものがあり、今私はMomoyoさんの龍のワークを習い自分でもやっていますが、龍とは昔から縁があったなあ、などと思ったりしておりました。

だからでしょうか。

先日から、無料セッションをやっておりましたけれども、なぜかろうそくをつけてやろうと思い立ち、ろうそくを灯してやっていました。

やはり、体が大変楽でした。

良いものを見つけました。

いつも話しますようにカフェには私が使いたいもの、食べたいものを置いています。

アロマキャンドル、岩塩などもございます、どうぞご活用くださいませ。


さて、前回の続きですが、

隣のパティスリーソルシエールのシェフ(次男)は、トヨタのこれを買うそうです。


image

これです、車の事はよく分かりませんが、軽ではなくこれにした理由は聞いていません、ふふ。

以前からその車に乗りたいと言っていました。

阪急や岩田屋さんに出店をするときに、焼き菓子などの荷物もたくさん積めますし便利でしょう。


image

これは、三越、阪急さん限定のクリスマスケーキです。


image

これは岩田屋さんです。

お陰様で

image


早々に完売したようで、追加で作ることになったようです。

しかし、しかし。。。

バイトさんが辞めるそうで、今年のクリスマスはシェフとマネージャー(お嫁さん)2人だそうです。

私たちの頃は、5人とかいました。

2人とかありえないです!

なんとかするのでしょう???

以前も書きましたが、個人店のケーキ屋のクリスマスは過酷です。

肉体と精神との勝負です。

もう私は卒業しましたし、今は体力的にもできませんが、息子は私たちより時間の使い方など上手なので、なんとかするのでしょう(他人事💦)

気にしないことにします(笑)

車も頑張って買うし、頑張るのでしょう。

要らない心配のエネルギーはいりませんね、何とかできるからなんとかするのでしょう(と言いながらちょっと心配💦)

よくセッションなどで話すのですが、「やりたいこと」と「やりたくないこと」

やりたくないことは、やらなければいいんです。

やりたいことをしたらいい、楽しいことをしたらいいんです。

ただ、やりたくないことをしないと決めて「これ」をすると、やりたいことを決めたら、「これ」をするために「すること」はあります。

そこを皆さん間違えます、というかごっちゃにしてる人が多いです。

たとえば、息子はケーキ屋を継ぐか、六本木のロブションで働き続けるのか、どうするのか?

私はどっちでもいいと、言いました。

跡を継がないのであれば店は閉める、と言いました。

そうしましたら、カフェもしていないです。

そして息子は「継ぐ」と決めました。

であれば、過酷な個人店の、というかソルシエールのクリスマスを体験する必要があるんです、トップとして。

ロブションでもクリスマスは勿論、残業でしょう。

ですが、すべてを一人でやる個人店とはまた責任や色んなものの重さが違ってきます。

それも商売ですから、儲からないと商売にはなりません。

しかもうちは創業28年の老舗に入ろうとしているケーキ屋です。

お客様もついております。

私たちの頃からのお客様をがっかりさせることはできないでしょう。

斎藤一人さんが言ってありますね「儲からない商人は刀が使えない侍と同じ」だと。


image


ですから、武ちゃん、頑張って(笑)

私はカフェをしています。

パティスリーソルシエールのことは口だし手出しはしてません、ですから、応援するのみです、はい。


さて、話は変わりますが

お陰様で無事に59歳になりました。

大変びっくりしたのが、夫から花束をもらいました!

image

これです。

別に誕生日のことを書こうと思ったわけではないのですが、あまりにびっくりしたものですから(笑)

以前、ブログに「人のことを何も考えずにたまにカフェを手伝い、自分だけ好きな時にご飯を食べる、悩みもなくぐっすり寝れる夫が私の憧れだと気がついた」などと書いてますが(笑)

そのブログをみて、マスター(夫)のファンになったと言われたお客様もおられますが(笑)

私が外から帰って来たら花束があったので夫に「誰から?」と聞きました(笑)

しかも紫色のカーネーションと赤いバラの花となんと私の好きな(カフェにもある)ハートのポポラスが入っています(嬉)

夫にポポラスが入っていたと喜んで言うと「???」で、どうも偶然のようでした(笑)

私は花は、籠に入ったアレンジメントより花束が好きです。

それはなぜかというと、幸せのおすそ分けができるからです。

この中から少し母にあげたり(今は亡くなりました、喜んでいました)

お嫁さんやスタッフさんにあげたりします。
 

でもカゴで飾ってあるのは、数本抜いたら形が壊れてしまいます。

でも、お祝いとかでたくさん頂く時などは籠のほうがいいですね~。

花束をはずして活ける手間が省けますし。

「用途用途に応じて、お祝いを送るときは考えて送ったほうがいいよ、私は基本的に花束が嬉しい」

と、以前息子にはアドバイスをしたことがありました。

夫から花束をもらったのは結婚して34年になりますが、2回目でしょうか?

嬉しかったです。

image


これはなんとスタッフの松崎さんから頂きました。

わあ~綺麗な色のバラ☆彡

以前も書きましたが、ユリとバラは神様の波動だそうで、私はユリは苦手で、バラ派です。

生きた花のパワーは、「場」のエネルギーをプラスに変換して、その場所を綺麗に浄化してくれますね。

体調のバランスを整えてオーラを浄化してくれます。

よく人に言ってますから(笑) バラをたくさん頂きました。

嬉しい一日になりました。

ついでに


image

これは義姉にもらった花束☆彡

姉に写メを送るから写真を撮ってと、夫にそこではない、違うところから、などと文句を言っている顔でした(笑)

文句が言える幸せですね、はい。

40代のころは、カッコいい50歳になろうと思っていました。

今はカッコいい60歳になるのが目標です(笑)

誕生日って、今日まで無事に生きてこられたことに感謝して、今は食べるものが美味しくて仕事があって

周りの皆さんから「おめでとう」と言われ

「ありがとうございます。お陰様で無事に一つ年を取ることができました」と感謝する日だと思っています。

ありがとうございます♡

2年前も同じようなこと書いてます(笑)

それでは、カフェでお待ちしております。


当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです







テーマ:
こんにちは、上田公子です。

秋ですね~、栗の季節です。

秋の新作、栗とキャラメルソースのパフェとパンケーキが今年もできました。

image

抹茶のアイスと、ハーゲンダッツを作っている会社タカナシのプレミアムソフトクリームで作りました。


image

こちらは、お隣パティスリーソルシエールのモンドセレクション金賞受賞した「生の松原カステラ」に使っています「特宝笠」を入れています。

焼きたてです。

栗とキャラメルソース、抹茶、ソフトクリーム、めちゃくちゃ相性がいいです。

これはチョコソースではないです、キャラメルソースがあいます、面白いですね。

image


image


カフェの様子です^^


さて、

隣のパティスリーソルシエールのシェフ(次男)が、今中古のクラウンに乗っているのですが、軽を買うと言いました。

経費削減だそうです、今の自分には、それが相応しいと言いました。

もう一つは、私が載っていました赤のホンダのインサイトです。

私はこれが大好きでした。

image

これ一枚だけありました、母と唐津に行った時に撮りました。

亡くなった母と弟との思い出がたくさんあります。

これはお嫁さんにあげましたから、息子たちは今、クラウンとインサイトを持っています。

インサイトを残して軽を買うと言いました。

私は、あまり口出しはしないのですが、ちょっと言いました(笑)

「物にはエネルギーがある。人にもある。

分相応という言葉もある。あなたは、高い車に乗るに相応しい人になるよ。

お金、借りるにしても借りるとこがあるなら、買うと、そうなるよ、(行きたいその場所、そのステージ)やる気も出るでしょう。

私たちは、1200万借金して店を始めた(今のパティスリーソルシエールです)ドキドキした。でも、やる気はあったよ。

マスター(夫)もいい材料しか使わなかった。そうでないなら、今はないかもね?

返そうと思うやる気だけでしょう?」と言いました。

さあ?武ちゃん(息子)何を買うかな?(笑)です、楽しみにしておきます。

別に軽がよくないとは言ってないんです^^

あなたはどれに乗りますか?ってそれだけです♡

私は昔、軽に乗っていました。

赤いミラでした、その時はその時で楽しかったです、今は赤のベンツですが今も楽しいです。

ちなみにキャッシュで買いました、はい、ソルシエール(魔法使い)ですから(笑)

ベンツに乗るのにいらない抵抗は外しました^^

息子はその抵抗を外す話を聞こうとしません(笑)

またその話はいつかにします。


そして

そろそろ10月です。

岩田屋、三越、阪急のクリスマスケーキのカタログが出来てきました☆彡









左上がパティスリーソルシエールです。

福岡で有名店、チョコレートショップ、16区、オペラ、ジャック、さんたちと並んで息子が載っております。

どうぞ、よろしくお願いします☆彡

さあ、武ちゃん、何の車を買うかな?(笑)

それでは、カフェでお待ちしております。


ここの7ページにクリスマスケーキが載っております。



当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです




テーマ:
こんにちは、上田公子です。

ハロウインの季節になりましたね。

カフェには雑貨が色々ありますが、ハロウインも置きました。


image


image

こうやって作っていました、自家製です。


image

小物もあります。


image

返却口のリースもハロウインにしました。

image


image


image

image

いつものカフェの風景でした。


そして

先日も書きましたが、イギリス在住のカリスマヒーラーMomoyoさんに習ったスピリチュアルアナトミーの無料セッションの宿題をしていましたが、終わりました、ふう~。

男女30歳以上の方、20人以上やりました。

私のセラピスト歴は10年くらいでしょうか。

今まで、有料でセッションなどはやっていましたが、このスピリチュアルアナトミーでのセッションは初めてやりました。

面白かったですね、まず第一結果がでてます。

以前もアトピーの方がセッションに来られて、1時間後の帰るときには皮膚から汁がでているのが、乾燥していたり

などとは結果は出していましたが、私がエネルギーを使いすぎて起きれなくなったりがありました。

エネルギーは、見えないですから怖いです。

見えないものは、優しい、甘い、辛い、楽しい、も見えないですね、世の中には見えないものが多いです。

アインシュタインの相対性理論では、有名な式がありますね。

E=mc2。エネルギーと質量の関係式です。

これはちょっと昔、コーヒーのCMであっていました。

Eは物質のエネルギー、mは物質の質量、cは光速を表しています。

つまり、エネルギーは物質の質量に光速の2乗をかけたものに等しいという意味です。

簡単に言うと、わずかな質量の中にも膨大なエネルギーが秘められていることを表した式だそうです。

この話はこれくらいにして(すぐ話が飛びます)

遠くの大阪の方などには、スカイプでやりました、あとは対面で佐賀からも来てくださいました。

皆さん「自己愛」が足りないなぁと感じました。

家族のことが心配で、家族を一番優先的に考えてしまい、自分が何をしたいかより家族のことを考えてしまう、これは男性も女性もそうでした。

私もそうだったのでよくわかりますが、何せ時代が変わろうとしていますね、ちょっと昔と今では価値観も生活スタイルも違う。

こうやってずっと変わってきました、「時代」「常識」などは変わっていくものですし、国によっても違いますね。

だって、平安時代とか人の妻に手を出したりとか、その昔をほりさげれば、神様だってゼウスだってそうですよね。

神様って凄いことしてますよね?

私は日本書紀やら、平家物語やら読んだ時に「何ということでしょう?」って思いましたもん(笑)

夜這いとか、湖で水浴びをしている女神を強引にとか。。

凄いですよね💦

だから、ほんとに「良い」「悪い」などとは存在しないのだろと思います。

話しはとってもそれましたけど(笑)

どうして人はこうなってしまったのでしょうか?

「ご自分を大切に」がとっても難しい時代になっているような、そんな気がします。

自分のことばかり大事にしないで人も大事にする、当たり前のことですが、人ばかり大事にして自分を粗末にする、ということは、自分が痛む、ということ。

まあ、よく考えれば当たり前のことでしょうか?

Aさんがセッションに来られて、精一杯頑張ってあるのに、いっぱいいっぱいで辛そうで泣かれる。

私は「Aさんを一番幸せにするのは何よりAさんしかいないんです」というとまた泣かれる。

人は何かを解って欲しいって思ってますね、そうですね、私もそうです。

皆さん笑顔で、または泣き笑いで帰られる、少しでも心が軽くなられたらいいなあと思いました。

おかげさまで思った以上のお礼のメールなど、また有料でもしてほしいなどと言われ、頑張ってよかったなあと思っています。

無料セッションをやった私はというと、やはりお金を頂かないのでそれなりにいつもより疲れます。

以前セラピストをしていた頃は、起きれなくなっていました。

熱がでないのに、ほんとに起きれなくなるんです。

痩せないんです、食事をしなくても浮腫んでいくんです。

エネルギーはお金で交換するのが一番うまく受け取ってもらえます。

けれどこの私のエネルギーを無料でお渡しするということは、エネルギーバランスが壊れるということです。

が、しかしプラクティショナーになるのに宿題なので無料でやりました。

そして私はカフェをやっています、働いています。

ケアは今までもそれなり塩風呂に入るとか、それなりにやっていますが、考えました。。。

そうだ!エステに行こう☆彡

私も家族のことを考えて自分を後回しにするのは辞めよう、そしてだんだん変な疲れが減ってきています。

そして人にケアすること、してもらうこと、100対0です(笑)

バランスとっても悪いです。

母もいなくなったし、私に何かケアをしてくれる人いないです。

考えました、ケアしてもらいに行こう。

そして結婚式の時にエステしてもらった以来、エステに行ってきました。

ブログでいつも「いいね」をくださっていて、いつかエステにいくことがあれば、ここに行こうといつでしたか?決めていたところでした。

行きました、ドキドキでした。

なぜなら私は超がつくほど敏感で、だから繊細な微細な人の心のことがわかると思っているのですが、プラクティショナーとしては便利でも、日常生活はちょっとやっかいです。

色んな化粧品などもあわないものが多いですし、 口紅をつけて腫れたりとか、今までリフレクソロジーなどにも行ったことがありますが、あまりに強い施術をされると必ず眠れなくなります。

施術などもも今までお付き合いで行ったことがありますが、蕁麻疹ができたり、体が苦しくなったり

その理由は今はわかってきましたが、とても不便なというか辛い時期もありました。

ですから、私は施術をする人になろう。

心と体の施術を受けると、受けるところ(問題点)を考える、問題を考えてしまうから、そこが広がる、だから施術をする人だと整った人になるから、そうなろう。

と思っていた時期もありました。

色々考えました。

今考えるとバランス悪いですね(笑)

ロサマリアの吏見(さとみ)さんの施術はとても軽く気持ちがよく、使ってあるお化粧品もあいましたし、何より帰って眠れたのが嬉しかったです。

またお世話になろうと思いました。

ふと、吏見さんにご自分のケアはどうされているのですか?と質問したら

4時などに起きて、きちんと食事をとり筋トレをして体操をして体を整えないとお客様のケアができないとお話をしてくださいました。

さすがプロですね☆彡

もうすぐ私は来月で59歳になります。

皆さんが若いね~どうして若くいられるのですか?と聞かれますが「それはソルシエール(魔法使い)だからです」と、いつものセリフです(笑)

たまに真面目に「常に勉強をしているから、細胞が若いんです、学ぶ気があるので」と言っていましたが、マスター(夫)は、学んでなくてジャズを聴きに行ったり、飲みに行ってるだけですが、若いです。

マスターは60代ですが、50代に見られています。

だから、勉強ではないなあと最近思います(笑)

「自己愛」でしょうか?^^

以前ブログで、人のことを考えない、好きな時に好きなことをして、どこでもぐっすり寝れる夫が私の憧れ(私にはできない)と書きましたが

やっぱり「自己愛」は大事かと思います。

エステは、この年で始まりました、よかった~~。

40代の頃は、素敵な50歳になろうと思っていました。

50代後半の今は「カッコいい60代になろう」と思います。

それは見かけも勿論ですが、「生き方」も、です。

それでは、さとみさんところに乘っている50代後半の自営業の方とは私のことです。

どうぞ↓






それでは、カフェでお待ちしております。



当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです






テーマ:
こんにちは、上田公子です。

9月ですね。

先日から、お掃除だけでもしてくれるスタッフさんが欲しいと言っていましたが、来てくださいました☆

今までいた大学性のバイトさんが掛け持ちバイトをはじめ、また部活もして、あれもしたいこれもしたいというお年頃、なかなか当店に入れなくなり、私は腹をくくり(笑)

私がカウンターするしかないなあと(最初は私ではなくバイトさんにカウンターをお願いしようと決めてカフェを作ったのですが)

しよう!と思った矢先に、なんとフルタイムで働いてくれる土日もでれるスタッフさんが来てくれました☆

何年待っていたことか・・・。

しかし、今までもそういうことは、ありました。

素敵なバイトさんが来ないかなあ~と思っていたらなかなか来なくて、仕方がないので腹をくくり「もういい!私がする」と思ったとたん、できるバイトさんが来た、みたいなことは、よく考えれば28年間の中にいくつかありました。

世間でもありますよね、赤ちゃんが欲しい欲しい、あきらめたとたんできた、などなど。

それって大吉転じて凶となると同じですね。

易の卦から出た言葉で、陽の卦が極点に達するとそれ以上の吉がないことから、かえって凶に近づくということ。

反転するんですね、物事はすべてコインのように裏と表があり、表が反転して裏に変わるという法則。

「災い転じて福となす」とも言いますね、幸せと不幸は紙一重で、背中合わせにくっついている。

今まで私もバイトさんでたくさん傷ついてきたので、ちょっと用心深くはなっていました、それは書くと長くなるので(笑)

カフェをオープンした時から、フルタイムで働いてくれる人がいませんでした。

前にも書きましたが、オープンから14時で帰る人、15時までの人、お正月休みとGWとお盆休みは数日間はカフェの休みと関係なく休む人、週に2度しか入れない人、ほぼ奥様バイトは土日休む人、カフェは土日が忙しいのに・・などなどでした。

フルタイムで働く人、なんで来ないのかなあ~~?

でも、スタッフさんを大事にと思い、出来る範囲で長く続いてほしいと思って、採用してきました。

募集をすると来てくれますが、面接だけでお断りをした方も多いです。

面接が、言葉使いがとてもおかしい人、挨拶もよくできない人、面接中に壁に寄り掛かる人、目を見ないでキョロキョロしながら話す人、態度がみるからに横柄な人、などなどは

最近は、面接の時点でお断りをするようにしました。

勿論、育てたらそれなりに素敵な接客ができるようになると思いますが、そのような方は時間がとてもかかります。

頑張って教えて、出来ないので辞めます、などもよくありました。

それは私が教えても、先輩バイトさんが教えても、そうでした。

今いるスタッフさんは、大人で色々経験してあるので、私がどうしたいかすぐわかってくださるので嬉しいです。

笑顔の素敵な方です。

隣のパティスリーソルシエールも今バイトさんは1人しかいません。

人手不足です。

しかしこれは材料屋さんに聞くとどこもそうらしいです。

近くの焼き鳥屋さんがありますが、そこの大将も「バイトが面接にくるといって来なかった」というので、「そのパターンはよくありますね」などと話したりします。

ハローワークは人であふれ、求人雑誌などはいつものことですが、ハローワークからの求人でも面接に来ることになっている人も来ないなどと、あります。

ハローワークの人がよく謝られます。

なんか、凄い時代のような?

これが時代というものなのでしょうか?

今は好きなことをして楽しいことをして過ごそう、自分を大事にしようという世の中に変わりつつありますね。

でも、どこまでそれが出来るか、ですね。

前回書きましたが今、私はイギリス在住のMomoyoさんのスピリチュアルアナトミーという方法で無料セッションをやっています。

今までセラピストをやっていて、色んなやり方、たとえばカウンセリングリーディングなどでセッションをやっていたのですが、このロンドンで習ってきたスピリチュアルアナトミーの、心理学とスピリットの両方を使ったやり方は初めてです。

今、男女あわせて20人ほどやりましたが、全員30代以上です。

その中で泣かれた人が多いです。

それは皆さん「自己愛」が足りないんです。

人から文句を言われる、私は一生懸命しているのに、頑張っているのにどうして?って、それって実は自分を大事にしていないからなんです。

外と中は同じです。

「自分の中で何が起きているか」だけです。

この人が良いとか悪いではない、バイトさんも私の中での問題なんです。

でもどうしたらいいか、わかりませんでした。

他人を優先して、本当の自分の気持ちを全く聞いていない、本当は自分は何をしたいかもうわからなくなっている人たちが多いです。

私もずっとそうでした。

お客様がこれが欲しいと言えば、それを作る。

お客様がこれにして、と言われるとそれにする。

バイトさんが15時までと言えば、ラストまでいてほしいけどそれを受け入れる、しかも笑顔で。

バイトさんが今日で辞めますといえば、それを受け入れる(しかないですね)

私もずっとそうでした、一生懸命しているのに、どうしてうまくいかないの?何が間違っているんだろう?

でした。

今はMomoyoさんのセッションを受けて、イギリスに行ってわかりました。

「ボディ、マインド、スピリット」これで人間はできているのに、マインドでボディとスピリットを引きずっている。

こうしなきゃいけない、ああしなきゃいけない、そして苦しくなる、それでもやめない、しなきゃいけないから。

するとボディから、スピリットからの信号が来る、どこかしら痛くなる、呼吸が苦しくなる。

そしてそれを無視する、無理をする、病気になる。

ですね。

私は骨折をしました、折れた腕が反対むいていました、4か月カフェを休みました。

その時に、周りから「働きすぎだから休みなさいってことよ、そんなひどい骨折でもしなければ動きをとめないでしょう、もう十分働いてきたでしょう」などとに言われました。

そうですね、ちょっとかなり無理をしていたので、このままでは過労死する? 大丈夫休みながらなら、などと自分に言い聞かせ、やらなくちゃとやっていました。

ず~と働いてきて休むことがない私は、知り合いのマヤ鑑定士さんや色んな人から「命をかけて働いている」とか

真顔で「マグロですか?」などと言われました(ウケる)

ちなみにマグロは24時間泳ぎ続けています。

なぜなら泳ぐことで呼吸をしているから、止まると窒息して死んでしまうのです。

ほんとですね~。

自分軸がないんです、すべて他人軸でした。

「自分を大事にする一人の時間を作るんです」
「一日の数時間でもいいので自分をしたいことだけする、やってみてください」
「人ではなく自分はどうしたいか、考えるようにしてください」
などなどとチャネルングしながら、色々言うと泣かれます。

言いながら、これは自分に言っているんだと思います。

セッション中、倒れて泣き崩れていた方もおられます。

その後は、子供さんのような笑顔で起きられます。

Momoyoさんのいう「人生はどれだけ人を愛せるか、どれだけ自分を愛せるか」だけ

「人は水と思い込みでできている」

ほんとにそう思います。

人を大事に、自分を大事に、こうしなきゃと思っても自分だけで実は人はそう思ってないかもしれません。

私はよくセッションで「あなたが何より一番大事にするのは、あなたなんですよ」とか言います。

それくらい、自分を大事にしてない人、それさえも気づかない人、私は一生懸命やっているのにうまく行かない何で?という人は、まず本当のスピリットの私は何がしたいんだろう?

何が苦しんだろう?この痛みは何なんだろう?って考えてみてください、

などと言います。

うまく行かないのは必ず何か原因があるはずです。

それは色々です、それを掘っていくセッションをやっています。

でも解れば、変えなくていいんです、自然と好転していきます。

よく聞く「あなたはあなたのままでいい」です。

東大と一緒に研究をしてある「病気は、心理学×言語学×脳科学で消していく時代」また「本当の自分に出会えば病気は消えていく」の著者、梯 谷 幸 司さんも同じことを仰っています。

「人間は信じ込みでできている」「人は体を使って命をかけて自分を表現する」と。

本当の自分はどこにいますか?

です。

私もイギリスに行ってそれらを考えるようになったのと、この本に出合ったのが同じくらいでした。

本当の自分との対話です、何がしたいの?何がしたくないの?です。

ちゃんと聞いてあげることですね、私もやっとそうしています。

自分の声を聞くようになったら、こうやって来てほしい人が来てくれる、面白いです。

セッションの感想文を頂くのですが

「ご飯が食べれるようになった」
「眠れるようになった」
「ニタニタがとまりません」
「あの涙はなんだったんだろうと今も不思議です」
「なんというか公子さんの言葉は魅力的です」
「会えなかったお母さんに会えて嬉しいです」
「思考をとめるってこういうことなのかなあと改めて今感じています」

色々嬉しいのを頂きます。

Tさんの感想文。


会社の中に自分がいるんじゃない、
自分の中にすべてがあるんだ、
という意識の広がりとともに、
今後は自分のやりたいことは全部やれる!
と感じた後のことです。

私が一番望んでいた契約の形になりました。

そして最近、ただの日常を美しく感じる時間、増えました。

私も、きみこさんへの信頼があったので
いろんなことに気づくことができました。
ちゃんと休む、ってことを教えてもらえたことで、
自分の中からちゃんと待っていたものが出てきて、
その後外側が変わる体験もできました。

出会う人が持っていらっしゃる世界観、
自分の持ってる世界観、

いろんなものを自分の中で融合しながら、
これからは生きていけるな、と思いました。

今はセッションを受けさせていただく前とは
感覚がまったく違います。
手錠が外されたような感じです!

まだここはわかりませんが、
お金の流れも変わってくるかもしれません。

本当に感謝しています。
プロになられたきみこさんのセッションを、受けることを楽しみにしています。



Iさんの感想文。


そう!スカートを履こうと思いました。

そして、明るい自分に似合う色を身につけようって!

息子がママ、花柄が似合うと言いました!びっくりです‼️

花柄のスカート、探し中です。

ウクレレを買ってもらいました、私は歌を歌おうと思います。



Kさんの感想メール。

昨日はありがとうございました!!

不思議な体験でしたが、とても癒されました。
そのせいか分かりませんが、めちゃくちゃ眠いです。

以前ヒプノを受けた時は、頭で考えてイメージしたという印象が強かったのですが、今回はイメージが浮かぶ方が先でした。

会ったことのない母の姿、顔は分かりませんでしたが姿はリアルで驚きました。

今回は貴重な体験を本当にありがとうございました。

上田さんと話せたことも嬉しかったです。



全員の皆さんが何かしら嬉しいメールをくださいました。

私は無料セッションをやるなかで、こんなに喜んで頂いて私で役にたつのであれば、私は残りの人生プロになろうと決めました。

それで、10月またロンドンのカレッジに行ってきます。


世の中には、不思議な力を使い見えない力を使うセミナーに行き、「なんかわからんけど、凄いみたいよ」とか、またはコーチングのように脳をトレーニングしていく、などと現状を好転させるやり方は色々ありますが

私がやっているこのスピリチュアルアナトミーの凄いのは、心理学とスピリット、両方扱います。

スピリットは学ぶのではなく体験するものです。

会ったことのないお母さんに会うだとか、です。

隣のパティスリーソルシエールのシェフ(次男)が言いました。

「バイトがいないのは原因は俺のせい、カフェは代表(私)が原因。だから性格を治さないかん」と。

私は「性格は変えられる、変えたが良いという人、変えなくていいという人、色んな人がいるでしょう。変えなくていいとよ、変わらんやん」と言いましたら、とっても違うという顔をしていました💦

世の中には、こうしたらいいとよ、などとたとえば摂食障害の人に「自分を大事にしてください、食べないようにしてください」などと言ったりしますが、それが出来ないから病気が治らないんです。

もっと自分を大事にしてください、というのなら、どういう風に大事にするのか?そしてスピリットのご自分にちょっと会わせてあげる、心理学とスピリチュアルと両方をやると変わってきます。


いやいや、息子よ、君は凄い☆

若いのにほんとによくやっている、また今年も岩田屋、阪急にクリスマスケーキを出すし、私たちができないことをやっている。

でも、違うとよ、誰のせいとかないと、自分を認めて演じるのよ。

仕事の自分、遊ぶ自分、我慢する自分、生活する自分、演じるのよ。

性格は変えんでいいとよ、我慢しているとわかって認めてあげればいいとよ。

と言いましたが、わかってくれないようです。

まあ、それも「これが絶対いいよ!」というわけではなく人それぞれに自分にあったやり方があるでしょうから。

まあいいや、私が楽しそうにすると彼も変わるでしょう。

今までもそうでした、母親の影響は子供には大きいですから。

では、このお話はこの辺で失礼します^^

今日は、カフェの大人のバージョンです。


image


image


image


image

image

Tシャツをきてくださっています。


義理姉が「大人の人たちがゆっくりできるカフェはいいね~、そちらは子供から大人まで幅広くいいね~」と言ってくれます。

そうですね、目に見えない「空間」感じる「空間」感じる心、大事にしています。

癒されるということは、感じることが一番ですね。

なんか落ち着く、なんか気持ちいい、それら、ですね。

自分の心も、感じてあげよう、そう思っています。

それでは、カフェでお待ちしております。



当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです


テーマ:
こんにちは、オーナーの上田公子です。

先日、オーストラリアの木「ユーカリポポラス」が来ました。

image


image


image

博多区のうらかわ園芸さんにお願いしました。

私がどうしても鉢は素焼きがいいとか、ポポラスがいいとか、色々探してくださって、願いを叶えてくださいました(嬉)

うちと同じで跡取りの息子さんが会社をなさっておられましたが、とっても誠実でいい人で丁寧なお仕事をしてくださいました。

今時こんな若ものがいるのだと嬉しくなりました。

そして、ポポラスは葉がハートの形です。

image

ユーカリは、観葉植物としてだけではなく色々な効果があります。

ユーカリの成分は殺菌、消炎効果、清涼作用、風邪や防ダニ、心を安定させる、などなどです。

これでますます外のテーブルも快適です。


さて、先日も書きましたが、カフェの新しいやり方ですが。

只今.11時~16時です。

毎月、月曜日定休ではなく、これから毎月、一週間休もうかと思っています。

昔、隣のパティスリーソルシエールをしている次男がフランスに行っていた頃、「日本人は働きすぎやん」と言っていました。

私が先日イギリスに行った時に、デパートで買い物をしていたのですが、20時閉店と知って買い物をしていましたが、10分前になったらシャッターがおりてきました(笑)

あちらは、忙しくなったらシャッターを閉めるそうですし(笑)

人々がいつも笑顔でよくカフェで食べて飲んでワイワイしていました。

働きすぎるというストレスがないのかしら?と思いました。

そして美味しいコーヒー屋さんがあるということで、カレッジのみんなと行ったのですが、16時で閉まっていました。

カレッジが16時までだったので、このカフェには滞在中は来れないやん、と思いました(笑)

今、その真似をしています。

そして「もう閉まるの?」というお客様の気持ちもよく解ります。

でもイギリスのどこの店員さんも楽しそうでとても親切でした。

公園もとても広く犬が走っていて、犬同士がじゃれ合って飼い主が呼ぶと帰る。

犬が吠えているのは聞いたことありませんでした。

ストレスがないんだと思いました。

イギリスの公園は、犬と子供のためにあるそうです。

子供も親と一緒にランチをしたり、走ったりでした。




とってものんびりと穏やかな気持ちになりました。


16時で閉めて月に一週間休むなどと、それで経営がやりくりできれば、それでいいのですが、どうしても今より長く10時~18時などと開けるには私とマスター(夫)だけではできません。


もう25年も18時間労働など働いてきた私たちは、お客様のご希望になるべく答えたく作りたいケーキではなく、お客様が作ってほしいというケーキを作ってきました。

自分たち主体ではなく、お客さん主体でした。

たとえば、マスターはオペラやザッハトルテを作りたい、しかしお客様はグリンティー(抹茶のロール)やレモンパイがほしい、よく出ていました。

マスターはというと、抹茶のロールやレモンパイはただ生地と生クリームをあわせただけ、と言います。






ザッハトルテやオペラは、プロにしかできません。

オペラなどは、アーモンドの生地とガナッシュと8層になっていて、表面が板チョコのようでした。




これがオペラでした。

見習いパテシエさんなどは勿論できません、チョコを流し綺麗に板チョコのようにする、なかなかこのようにはできません。

しかし

時代は変わりました、お客様も大切にですが、自分の気持ちも大切に、疲労はいけません、もう働きこむ年代はおわりました、そしていい接客ができません。

一度、名前は忘れましたけど吉井の自然食品のレストランがあって、そこは若いお母さんばかりが仕事してあって

予約はできないで、来た人から入るようになっていて、オープンと当時に行かないと入れないくらいの人気のレストランがありました。

そして15時でしたか、閉まります。

そこで働いている若いお母さんたちはまだ幼い子供がいるから帰るんです。

いいなあ~、そんな働く人たちのことを考えている店っていいなあ~と、8年ほど前でしょうか、思いました。

カウンターの力のブログのところにも書きましたが、やはり「質の良いおもてなし」をするカフェでありたい、それならばやはり接客が大切です。

私は、ケーキ屋よりカフェのカウンターの方が簡単と思っていましたので、あまり考えずに変な人でなければ採用していました。

ケーキ屋はまず慣れないケーキを取ること、慣れないとケーキの触り方をしらないと壊します。

そしてケーキを取りレジを打ち、レジに値段がありますがケーキの名前を覚えないと打てません。

そして箱に入れる、ケーキはお土産に持って行かれることも多々ありますので、綺麗に箱詰めしないといけません、ケーキが少しだと動いて壊れます。

そして三角のケーキ、丸いケーキ、四角のケーキ、色々の組み合わせがありその都度、要れる箱の大きさが変わります。

昔は私がつきっきりで教えて、1か月もすると上手になっていました。

でも、できる子、出来ない子半々でした。

出来る子は続いていきました。

それに比べてカフェはただオーダーを聞いて、厨房に伝え、お客様のところに持って行くだけ、だと思っていましたが

バイトさんが赤ちゃんができたり、転勤で辞めたりとして、私がカウンターにず~とたっていたら(私はバイトさんがいるときは、厨房です)

色々見えてきました。

ひとつだけ言うと、先日込み合った時がありまして、その時にお客様が入って来られたり出ていかれたり、その都度トイレのチェックをしながら、テーブルを片付けながら、お席に案内しておりました。

厨房を見ながら、一緒のタイミングでカウンターでジュースを入れて持って行ったりしていました。

ちょっとの間、手が空いたので、コーヒーのスプーンがくすんでいたような感じがしたので、ダスターで磨いたらピカピカになりました。

そしてお持ちしました、当店はセルフですが、お客様のところにお持ちした時、食べたお皿が空いていたらさげてきます。

それも出来ない人もいました、まだ入っているジュースをもって来た人もいました。

思い出しましたが、

焼きカレーのスプーンがあり、色々経験豊富な期待をしていたバイトさんが「お客様がカレーのスプーンが汚れていたと言われました」と言いました。

何が言いたいんだろう?綺麗に洗ってないって言いたいのだろうか?と。

私は、それは洗った人(厨房の人)拭いた人(カウンターの人)持って行く人(カウンターの人)誰かが気がつけば、防げたはずです。

「誰でも完璧ではないです、助け合うこと、あなたも持って行くとき、ちゃんと見て下さい」と言いました。

うなずいてありましたが、そんな時私は考えます、というか落ち込みます。

私ならお客様に出すときに、トレーにスプーンを並べた自分が気が付かなかったことを恥じます。

私はお客様がカフェを出るときは笑顔でお帰り頂きたい、それだけです。

それがお客様がお金をはらって気分よくでる、いくらこだわって体にいいものを出しているといっても接客がちゃんとできなければ、意味がないと思います。

ですから、今はマスター(夫)と私で回しています。

何人お客様が来られようとお待ちくださるので、回ります。

ちゃんと「お待ちいただけますか?」と断ったら笑顔で待ってくださいます。

お席をつめて頂いたり、子供用の椅子をあっちにもっていったり、こっちにもっていったり、泣いている子には絵本を持って行ったりしますが、改めてバイトさんはどこまでできるだろうかと思いました。

もちろん、根気強く教えたらできるとは思いますが、今まではできる人はいませんでした。

先日、実家の久留米のミスタードーナツに行きました。

ここは私が小学生の頃にできて、日本一売れてるミスタードーナツの店としても取り上げられていました。

セルフのそこの人たち見ていましたが、4人おられて、若いのにみなさん、お客様が入ってこないときもず~と動いてありました。

ドーナツのトングを拭いたり、ジュースを継ぐところを拭いたり、トレーを拭いたりと、てきぱきとリズムよく動いてありました。

珍しく誰も入ってこなくて、しかしそれは動きがとまることなくバイトさん同志話すこともなく、リズムよく動いてありました。

するとトントンとお客様が入ってきました、すぐに動ける、良い感じだなあと感心しました。

スターバックスも厳しいようですね。

売れている店はそれなりに厳しいのでしょう。

しかししかし、

イギリスのカフェは店員どうしが楽しそうによく話している間、お客様が待ったり話に入ってきたりするそうです。

いいのでしょうか?(笑)

うちのカフェはというと、ちょっと前はバタバタと動く人、じわ~としている人、ただカウンターに立って何をしようかと考えている人、色々いてくれましたが、なんというかリズムがないなあと感じていました。

私なしでもできていましたので、昼から私がカフェに入っていくとき、覇気がない、そんな感じもしていました。

店を初めて28年です(隣のケーキ屋を含めて)、商売をやりだして28年です、時代はどんどん変わります。

しかし、おもてなしの心、そして言われるからやるのではなくミスドの定員さんのように、みんなが動くにはどうもっていったらいいか?

バイトさん同志が上手に助け合いながら笑顔で働くにはと、日々考えますが、たまに嫌になります(笑)

今は人を教えるのがちょっと苦痛です。

もう28年教えています、教えて教えてお金を何万も払い、出来ませんと言われ辞めていく。

そのたびごとに落ち込みます、昔はこんなに誰も辞めなかったのになあ~、とちょっと疲れています(笑)

出来る人は就職したり、赤ちゃんが出来たりして辞めていかれました。

また10月はイギリスにプロのプラクティショナーになるために渡英します。

私の老後の仕事にします(笑)

いつかは、ここのカフェは隣の息子が上手にやるでしょう。

私は今、Momoyoさんのスピリチュアルアナトミーの無料セッションをやるなかで、知り合いが「よく眠れるようになった」「ご飯が食べれるようになった」「涙がとまらない」「変わりたいのに変われない、気が付きました」などなどと

喜びの感想を頂きます。

誰でもがプラクティショナーになれるわけではありません。

ただ、私でお役に立つのであれば、私の残りの人生、喜んでくださるのであれば、プロになろうと思いました。

そしてセラピストもカフェと同じくらい経験してきました。

10月はまた10日ほど休みます。

「人生はいかに自分を愛せるか、いかに人を愛せるかだけ」ですとMomoyoさんは言われます。

ほんとだなあと思います。

カフェでカウンターが難しいということに気が付きました、そして私は言葉使いも注意します。

言葉で空間は変わります。

「何を売るのか?」「何を販売するのか?」よく聞きますね。

隣は美味しく綺麗なレベルの高いケーキです。

うちは、いつも言いますが「空間」です。

私は「空間」を作っています。

ここにいたら気持ちがいいなあ~とお客様が言われます。

そうです、さりげなく気持ちがいい~、そこが狙いです(笑)

それには、「人」大事です、どなたでもいう「企業は人」ですね。

さりげなくみせるには、それなりの努力がいります(笑)

お掃除と雑用をしてくれる人募集してます、いないかなあ~~。

イギリスの良いところを取り入れた新しい店のやり方、模索中です。

ちょっとやってみます。

私と一緒に心地いい空間を作れる方、お待ちしています☆彡


当店のショップカードのご案内です。

来店ごとにポイントがつきます、また登録された方にはお得な情報(月に1~2度)やクーポンがございます。

ただいま夏休みプレゼントとしまして、ミニソフトクリームプレゼント中です。

よろしかったら、ご利用くださいませ。

↓ここをクリックです。
image

そして

メニュー一覧はこちらです。

所在地はこちらです。

◆ソルシエールカフェのホームページはこちらです




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス