オレンジハガキが来ない!!
なんてお話を、何回か書きました。

今回は無事来ました。
でも、FCの手続きしたの、
ギリギリっの日でした滝汗滝汗滝汗 

メルマガが来た時、「もしや、わたしのところには、案内が来ないか?」と思っていたくらいチーン


ってことで、FC限定公演、無事当選しましたので、楽しみにしたいと思います音符


両日は当選しないようになってるのね〜?
どこかで当てたいよグラサン

思い出せる内、チャチャッと備忘録。

今年のbarは、夏も冬も、カバーの選曲がとても堅ちゃんらしくて、良かったなぁ〜音譜



ACT1.

#1.『ダーティー・ワーク』オースティン・マホーンカバー

ウッドベース一本で始まって、もしや?と思っていたら、まさかのまさか笑笑

BPMが遅めだから、歌いにくそうですよね。


#2.Red Nose Reindeer』槇原敬之カバー

100円玉で入場券が買えたり、テディベアにコロンつけたり時代だなぁ~。

でも、マッキーの歌って、やはり情景描写が凄い。過去に何回か耳にした程度の知り具合なのに、聴いてるだけで、情景がバッチリ思い浮かぶ。



#3.the flower is you

懐かしき1曲。

最近の曲と比較すると、ただラブラブだけなのって、「ああ、そうね」って感じになりますね笑。昔、あんなに聴き倒したのに失笑


#4.リクエストコーナー❶『美しいひと』

王道。堅ちゃんの声に、こういうのってフィットするんですよね。

でもサビのメロがあがってくとことか、一音ずつじゃないので、ズレやすいよね。



#5.リクエストコーナー❶『いとしき日々よ』

これは、ピアノアレンジも含め、リハなしだと歌いにくいだろうな

が、良い歌いっぷりでした!


#6.『魔法って言っていいかな?』

やっぱり生で聴くと、いまだにグッと来ますね。



#7.『センチメンタル』

これも懐かしいですね。

わたし的堅さまランキングでは10位以内に入ります!

「君の香りが残るマフラー」の転調前が、歌詞もメロも堅ちゃんらしくて好きです。



#8.哀歌(エレジー)

ここから、流れが変わった気がします。なんか、クリスマスっぽくなくて、女の色んな気持ちオンパレード、みたいになってきて

お隣の付き合いはじめ?みたいな若いカップルには、酷ではなかっただろうか?^_^



色んな意味で混沌としてるACT2が、楽しかったよね!

こちらもささっと仕上げたいよ〜!


クリスマスBARの告知が、
例年よりずっと早くなったなぁ〜と
思うのは、私だけでしょうか?

仕事も繁忙期なので、
早め告知はありがたいことですが、
な、なんと、
今回もオレンジハガキが
来なかったポーン



七夕BARは、
ローチケの先行に無事当たり、最後尾でBARを見ました。
まぁ、ステラシアターなので、遠いといっても、肉眼で充分に楽しめました音符
別に、堅ちゃんの顔がみたいわけじゃなく、生音で楽しみたいから、LIVEに行くわけですし…。


で、今回も、SNSに「クリスマスBARの開催が決定しました。ファンクラブ会員の方に先行の案内を…」がUPされるまで、すっかり更新手続きを忘れていたわけです滝汗


いや、厳密に言うと、七夕BARの後、更新しないと…と思っていたんです。
でも、中途半端な時期に更新したら、また手続き忘れるな…と思い、とある記念日に更新しよう!と計画していたのですが、それもすっかり忘れてた、と言うオチなわけです滝汗


で、今回はぴあの先行で当たりました。
どうにか参加できそうですラブ

更新手続き、いつしよう?
っていうか、ちゃんと確認するメアドを登録すれば良いだけな気がする。




すっかりご無沙汰ですゲッソリ

あんなこともこんなことも、まだ書き切れていない滝汗



さてさて、最近の堅さま関連。

ビルボードには行けなかったし、J-WAVEでのOAの日は出張&仕事中というトホホ。



んが、出張はANAだったので、杉崎さんの『平井堅特集』を楽しんで来ました音譜音譜

リストは写真をご覧ください。


{AD4A73B9-A64E-4171-AF05-10E2FA296BF1}


堅ちゃん、杉崎さんと対談形式でコメントしてます。

まぁ、「歌バカだけに」についてのコメントなので、これと言って目新しい話はない⁈と思いきや


この色が堅さまのコメントです。



旅は好きか? 

大好きです!

20代はひとり旅、30代から、ひとりだと夜飲んでる時が寂しくて、今は友達と行くことが多い。


20代の頃は、失恋する度に旅に出てて、海外に行くと楽しくって、スコーんと相手のこと忘れて、「あれ?好きだったっけ?」って、毎回思ってた。


20代の時、付き合ってる子と一緒に旅行に行って、広くてきれいな海とか夕日とか見て、「なんてちっちゃいことで悩んでたんだ」みたいに思って、隣見た時「あれ、この子も要らないや!」って思って、旅先で別れ話をして、大ゲンカになったことがある。元々、そんなに好きじゃなかったんでしょう笑 



旅の必需品は?

旅の必需品は、今まで隠してたんですけど、体重計。毎回持って行く。ちょっとヒキますよね。旅から帰って来て翌日にテレビに出ることがあるので、基準体重をオーバーしないために。



今後やってみたいこと。

まだまだ旅には行きたい。世界中のいろんなところに行ってみたい。とりあえず次のバケーションの時は、体重計は持ってくかと思います


みたいなエピソードでした!





『歌バカ2』も出ちゃって、

河口湖の余韻に浸りたいのに、CDも聞きたい、

なんて、ぜいたくなカオス的状況になっています笑い泣き

 

ではでは、

Ken's Bar 2017@河口湖ステラシアターの思い出、

行ってみよー!

 

 

#01.泳げ、たい焼き君

ACT1の一曲目から、ウッドベース一本で始まって、

「もしやこのコードは?」と思っていると、

歌い出しが毎日毎日 僕らは鉄板の』と来た!

会場も大いに盛り上がり、手拍子も盛大。

 

いつも思うのが、

楽器一本の時に手拍子が大きすぎると、

BPMがズレる可能性が大きいのでは?と。

堅ちゃんが歌いながら調整しようとするのを感じることもあるけど。

 

で、今回も手拍子に引っ張られてしまうのでは?、

と感じるほどに盛り上がり、

MCもいれずに2曲目に突入。

 

 

#02.LIFE is…

堅ちゃんのテンションも高めだったのもあると思うけど、

珍しく1番のABメロのピッチずれ。

持ち直したかな?と思いきや2番のサビもややズレ。

と、「あらら~」な感じでした。

わたし、『LIFE is…』好きなので、かなりガッカリモードに突入。

 

MC挟んで、

 

#03.ナチュラルに恋して

3曲目はPerfumeの『ナチュラルに恋して』。

七夕だからラブラブな曲を、なのか、

パフュームの曲を歌いたい、なのか、

この曲を歌いたい、なのか。

パフュームなら、他の選曲のほうが盛り上がりそうだけど、

ここも堅ちゃんらしいという感じでしょうか。

 

リクエストコーナー

#04.キャッチボール

先ほどのピッチずれがなんだったの?と思うほどの安定感。

 

#05.バイマイメロディー

開演前にPVが流れていて、

「ああ、懐かしい~」なんて思っていて。

わたし、サビ前の歌詞が全く思い出せずドンドン歌が進んでいく。

リクエストコーナーにしては珍しいピアノ&ギター編成。

 

#06.TABOO

ギター一本、しかもフラメンコギターアレンジになっていて、

かなりカッコ良いアレンジ音譜音譜

わたしの気分もアップアップアップ

 

KC松尾さんプロデュースのこの当時の曲って、

好き嫌い分かれるのかもしれないけれど、わたしはかなり好きです。

やっぱり松尾さんはいろんなジャンルに造詣があるので、

いつ聴いても古さを感じないんですよね。

 

ま、それはアレンジでそうしてるのもあるかと思うけど。

そうなると、BARのアレンジは、

堅ちゃんが結構細かくバックミュージシャンに注文出すようだから、

堅ちゃんのおかげでもあるのかな?

にしても、『TABOO』のような打ち込みを、

アコースティックアレンジにしても遜色ないことに、惚れ惚れしました。

 

 

#07.even if

鈴木さんのピアノ一本で。

鈴木さんのピアノでこの曲聴くと、

堅ちゃんの弾き語りとはまた、全然違う世界観を感じます。

 

堅ちゃんそれは、私小説的な、

あるいは堅ちゃんの20代はこんな感じだったのかな、と思ったり、

自分自身の過去の経験を思い出したり

 

鈴木さんのピアノだと、一気に高級感と言うか、

映画見てるみたいな、バッと全部がくっきりはっきりと映像化されて、

そのにいるのは全く知らない人たちなのに、

気持ちは手に取るようわかってしまう、みたいな気持ちになります。

 

鈴木さんのピアノ、端正で、

堅ちゃんのメロディとともにある一音一音が、大好きです。

 

 

#08.思いが重なるその前に

ACT1の最後は『思いが重なるその前に』。

やっぱり河口湖ステラシアターに来たら、これ歌わないとね!

懐かしき『マヨネーズ』。

 

この曲は、カローラのCM曲として、

本人出演のCMでながれていたのですが、

その当時はタイトル未定で、

そのCM内で特徴的に使われていたマヨネーズが、

ファンの間で仮タイトルとなってました。

 

で、2004年の初の河口湖ステラシアターの公演で、

「タイトルも決まりまして」とのMCと共に初披露された曲なのです。

 

あの、反響せず、広い空に向かって、フワッと広がっていく感じが、

CMのイメージともぴったりで、

ジーンとしたことを思い出しました。

 

 

 

ACT2は、まだ全然進んでいないけど、近日中にはどうにかしたい。

というか、上記の通り、

思い出して書いているというより、

私がそのとき何を思っていたのかという内容になってしまっていて、

スミマセン…ゲッソリゲッソリ