甲府盆地の豪雪

テーマ:

2月14日バレンタインデーの早朝から降り出した雪が、

1日中降り積もり、

夕方には50cmを超し、まだまだ降り続く。

この段階で、先週の43cmはおろか、

十数年前の大雪記録も突破。

結局、翌15日(土)の昼前に止んだ時は、

なんと114cm(甲府気象台)、

大人の腰までもある。


外に出られない。

豪雪地帯の映像を目の当りにしている。


外に置いた車の屋根の除雪途中。



除雪した雪は、車の屋根の高さまである。


一日雪かきしたが、まだ車が道路にまで出られない。


暗くなって、この日の作業は終わりにしたが、

この写真の右側の物干しざおまで届きそう。


翌15日(今日)も一日雪かきに明け暮れたが、

近所の片側支持ガレージで、

つっかえ棒をしてないものはすべて全滅。

我が家の自作ガレージ(最初の写真)も、

メインフレーム(75mm角管)が、たわみ出してつっかえ棒(中央)。


我が家の被害は、屋根の鬼がわらが、雪と一緒に脱落。

それと、庭の花桃が、直径10cm以上の幹ごと折れてしまった。


従来は乾燥して、ひと冬で数回しか降らない甲府盆地の

この異常状態は、

原発事故とは別の、まったくもっての想定外。


水曜日から、また雪の予報で、

弱い部分の雪おろしが必要との事。



雪かきは明日もまだ続く。







山梨日々新聞コラム

テーマ:

ここ数年お手伝いを続けさせていただき、

先々月には新潟での展覧会を行った、渡辺隆次画家について、

12月25日の山梨日日新聞の一面のコラム“風林火山”に書かれています。

ここに、そのまま転載させていただきます。


「冬至冬中冬はじめ」。

そんな言葉の通り、冬至を過ぎて寒さが厳しく感じられる。

山梨の寒さは一様ではない。

富士北麓、八ヶ岳南麓などでは一段と身にしみるころとなった


南麓の冬を思いながら、北杜市に住む画家渡辺隆次さんが今年、

刊行したエッセー集「山里に描き暮らす」(みすず書房)を読み返した。

1939年東京・八王子市の生まれ。

77年に南麓に移り住んでからの心情がつづられている。


その中のエッセー「貧乏上手」に引かれた。

絵だけで生きていくのはいつの時代も困難なことだ

「一匹の虫のように呼吸のできる営為(それが私にとっての描くということだが)と、

ほんの少しの才能に加え、貧乏上手という粘り腰的能力が必要だ」。

絵筆を折らないための心持がそう記されていた。


自然の中にあっての暮らしで植物や動物に親しみ、

時代とともに変化する山里を見つめてきた画家。

八ヶ岳南麓の春夏秋冬に一人、施策をめぐらす文章は味わい深い。


今年もあと数日。

寒さに身を縮めながら一年を振り返れば、

うまくいかなかった事ばかりがよぎる。


「貧乏上手」はこう締めくくられる。

「人は哀しい。哀しいが、陶酔の夢の束を懐に、

どこまでも行くことができるのである。

杖をついたり転んだりと、これもまたしかし一興かな」。

貧乏上手の境地に達してこその豊かさか。

足元にも及ばない身を振り返りつつ励まされる気がした。 (井)





渡辺隆次展開催中

テーマ:

渡辺隆次展が開催中です


場所 新潟県角田山妙光寺

期間 10月10日~11月4日

(詳しくは、後載のチラシ参照)


まずは、入り口に入った途端、

100号サイズの2点の作品が、でっかくお出迎え


孟宗竹の作品台は、自分が作りました


OTOUのブログ


履物を脱いで中に入ると、

“山里に広がる生命の宇宙に”にご案内


今回はそのごく一部を紹介します


OTOUのブログ



OTOUのブログ



OTOUのブログ


今回メイン展示の胞子紋の世界(フィリア美術館所蔵)
OTOUのブログ

自分が3年間に撮りためた、アトリエの風景も

写真にして展示しています

OTOUのブログ



関心のある方は、会場に足を運んでみて下さい

OTOUのブログ



OTOUのブログ