コレステロール②「最低1日3個」を気にせず卵を食べてもいいの? | 【浦和 くら整体院のブログ】

【浦和 くら整体院のブログ】

浦和唯一の自律神経&カラダの痛みの整体院 首こり腰痛専門!カラダに関する知識の向上とさらなる進化をみな様にお届けいたします! 詳しくホームページをご覧下さいhttps://kuraseitaiclinical.com/ LINE登録をされますと健康情報とお得なサービスが定期的に配信されます!


■ポイントはコレステロール値のバランス
そもそも、何が善玉で、何が悪玉なのか? 

善悪で分けることにも疑問はあります。
血液検査の結果に「HDL」と表示されているのが善玉で、「LDL」と表示されているのが悪玉、と覚えておくことは知識として必要です。


LDLは細胞膜やホルモンの材料


であり、血液の流れによって全身に運ばれます。あらゆる場所に滞りなく運ばれたあと、余ったコレステロールを肝臓に戻す。
お掃除コレステロールがHDL」で、医療現場では善玉と呼ばれるようになったようです。

赤ちゃんが成長するときも、妊娠中の女性も、多くの細胞分裂をくり返す子どもにも、ストレスの多い旦那さんにも、コレステロールは大切な材料だということをしっかり覚えてください。

体内のLDLコレステロールが必要な場所に届けられ、使われなかった分はHDLによって回収される。
すばらしいメカニズムであり、人体の調整力ですね。
そして、ポイントはコレステロール値のバランスです。LDL値をHDL値で割って、2以下であれば問題ないとされています。不安に感じている方は、心臓や頸動脈エコーなどの画像診断や甲状腺検査をしてみましょう。

■やみくもにコレステロール値を下げると、多くの疾病の引き金に?


卵を食べるとコレステロール値が高くなるからよくない」といわれ、
画像診断を受けることもなく鵜呑みにすることで、「脳」の健康に欠かせないコレステロールの数値まで下げてしまわないようにしましょう。さまざまな体調不良を感じるのは「脳」です。
やみくもにコレステロール値を下げれば、多くの疾病の引き金となりかねないことは想像がつきます。

コレステロールが危険といわれるようになったのは、
LDLコレステロールが酸化しやすいためです。酸化コレステロールは体内でいろいろな悪さをしますから、酸化させないように、加熱、加工された食品などに含まれる
劣化した油には注意をすることが大切です。

脂質代謝異常や、糖質過多の食生活による体の糖化や酸化も原因のひとつになります。内臓脂肪や、脂肪肝と指摘されている方は注意をしてください。コレステロールを薬で下げようとする前に、まずは正しい減量と運動、食習慣の見直しをするのが、真の健康体質になる鍵です。

卵のコレステロールは、いわゆる善玉のコレステロールで、体内に入ると悪玉コレステロールを下げる働きもあるといわれていますので、安心して食べててよいと私は感じています。

ちなみに、私は1日3個の卵を食べつづけたことがありますが動脈硬化などはまったくありません。

今も、毎日1~2個の卵はしっかり食べていますが、コレステロール値は問題ありません。

40歳以降は記憶に関する食材を積極的に食べること

いまの日本社会で働く方は、さまざまなストレスにさらされています。人より抜きん出て結果を出すには、脳の疲労を克服し、集中力をアップするためのサポートを、身近な方が工夫することが大切です。

卵は最適な食材では?

ストレスが多ければ多いほどタンパク質が必要とされます
集中と記憶に欠かせないレシチンが豊富なのですから、ほんとうに有り難い食材です。

大事な会議、日々の疲労回復、ストレスがたまっていたら朝食に卵料理は必ず準備してくださいね。

高齢になってからの心配は、なんといっても認知症です。


いま、徘徊などで行方不明の方は年間1万人を超えているそうです。体だけでなく、脳の栄養を学ぶのは、大切な人を守りつづけるうえで、とても大事なこと!

とくに40歳以降はそれまでのツケがきますから、記憶に関する食材を積極的に食べることは必須です。好き嫌いも、その人の栄養状態を左右するので、そのことによってどんな栄養素が不足しているかも大きなポイントになります。

医療アンチエイジングが進むと、あらゆる症状が薬で処理されることが多くなります。

医師も心配して多くの薬を処方してくれるのですが、臓器も年をとります。

薬は生体にとって異物
栄養は生体の材料。薬の前に、副作用のない栄養で体を労わりましょう。

薬を必要とする場合にも、栄養は副作用の予防に必要です。それを考えて食事をつくることは、大切な人の未来を守ること。

病気になってから後悔するのではなく、未然に防ぐことが大切です。

■卵の黄身は認知症予防に効果的

集中力が散漫になったり、ここぞというときに重要なことを忘れてしまう、などは大切にしたいサインです。そんな症状が気になったら、認知症予防のためにも、卵の黄身を食べましょう。

黄卵に含まれるレシチンが、脳の神経のいちばんのキー食材です。

レシチンの主成分は脂質ですが、水と油を仲良くさせてくれる天然の乳化剤です。



卵のレシチンは、神経細胞に多く存在し、神経伝達物質のアセチルコリンの原料となり、脳機能を活性化します。アセチルコリンが不足すると記憶障害やアルツハイマー病等の脳血管障害の原因となることもあると報告されています。

頭の回転をよくしたいと願う受験生はもちろん、最近、物忘れがひどくなったと気になる人も、認知症を不安に思う親たちにも、ぜひ1日3個の卵を。善玉コレステロールを上げ、脳の神経細胞を活性化させるためにおすすめしたいのですね!


【浦和 くら整体院】

LINE@登録していただけますと整体の簡単な

予約ができるほか

無料で相談、健康情報!お得なサービスもご案内させていただきます。

整体をご依頼の場合はそのままご予約を!

登録のみの方は登録後に一言でよいのでメッセージをお送り下さい!こちらで承認いたします!

こちらから⬇

 

【さいたま市浦和 くら整体院

【浦和唯一の自律神経&カラダの痛み整体院 首肩こり腰痛に加え不定愁訴や更年期も】