コレステロール① 卵は1日何個食べてよい? | 【浦和 くら整体院のブログ】

【浦和 くら整体院のブログ】

浦和唯一の自律神経&カラダの痛みの整体院 首こり腰痛専門!カラダに関する知識の向上とさらなる進化をみな様にお届けいたします! 詳しくホームページをご覧下さいhttps://kuraseitaiclinical.com/ LINE登録をされますと健康情報とお得なサービスが定期的に配信されます!

食事で認知症を予防するにはどうすればいいのか?「1日3個、卵を食べるといい。卵に含まれるレシチンが、脳機能を活性化させます!」
本当ですか?
1つ1つ紐解いてみましょう💡

卵を食べるとコレステロールが上がる?


プロテインスコアが最高の100点満点である卵は、私の大好きな食材のひとつです。

そこで、すかさず、この質問
「卵を食べすぎると、コレステロールが高くなるからよくないのでは?」

やっぱりそうきますよね。

そもそも、卵を食べるとコレステロールが上がるという迷信はどこからきたのか? 

話は1913年にさかのぼります。

ロシアの病理学者ニコライ・アニチコアが、ウサギにコレステロールを与えたところ、耳の血管に動脈硬化が起こったことから、コレステロールは悪いものといわれるようになりました。

しかし、ウサギは草食動物です。
草食動物は、小腸からコレステロールをどんどん吸収し、動脈にコレステロールが付きやすいのです。
肉食動物はコレステロールを食べても、小腸で必要以上に吸収せず、足りない分をさらに肝臓が合成していることがわかっています。
人間はもともと雑食ですから、小腸で吸収がコントロールされています。食事からのコレステロールは3分の1しか血液のコレステロールにならず、足りないコレステロールは肝臓で再合成され、毎日、人体に活かされています。この見事な調整能力を、生体恒常性(ホメオスタシス)といいます。


卵についていえば、人は1日に10個食べても基本的には大丈夫のようです。

もちろん、卵アレルギーの人は別ですが、そうでなければ、卵というのは子どもにとっても大人にとってもお年寄りにとっても、不足しがちなタンパク質やビタミン、ミネラルを補い、
卵は隠れ栄養不足を改善してくれる、手軽なスーパーフード


目玉焼き、オムレツ、卵焼きに茶碗蒸し、温泉卵にゆで卵――、毎日、おいしく食べることが、「健康」への近道です! 

卵にはタンパク質、脂質のほか、カルシウムやリン、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンC以外のビタミン類がすべて含まれている――。

それは卵のなかに、ヒヨコの脳、神経、内臓、筋肉、骨格、それらすべての細胞をつくるために必要な栄養素がつまっているからです。

私たちにとって、卵は人体の良質なタンパク源であり、食事からしか摂れない必須アミノ酸の宝庫。

そもそも、コレステロール値が高いのは悪いことではなく、むしろ低すぎるほうが問題なのだということが、さまざまな研究者から報告されています。


■コレステロールは脳の「健康」に欠かせない栄養素

コレステロールの高い人は、頭がいい。
それも、じつは冗談ではないようです。

なぜなら、コレステロールは脳の「健康」に欠かせない栄養素。

人体は60兆個の細胞でできていますが、そのすべての細胞膜の材料となるのも、このコレステロール。
男性ホルモン、女性ホルモンをつくり、さらにストレスと戦ってくれるステロイドホルモンなどの材料にもなりますから、コレステロールが高いほうが精神が安定し、頭の働きもよくなって、長生きするという報告が出てくるのも当然と思えます。

コレステロールを下げる薬を飲んでいる人の自殺率が高い、という統計もあるとか。

もちろん、コレステロールが動脈硬化を引き起こすこともあります。
けれども、日本の医療現場では、コレステロールが高いことが悪いと、根強く刷り込まれているのは悲しいことなのかもしれません。

大切なのは、善玉、悪玉のバランスです。総コレステロールの数値が高いことだけをみてしまうと逆に健康を損なう可能性も。


ご自身の食べた感覚や翌日の体調なども含め
食べ物の相性、
カラダの内側から感じるカンを磨いていきましょう!

【浦和 くら整体院】

LINE@登録していただけますと整体の簡単な

予約ができるほか

無料で相談、健康情報!お得なサービスもご案内させていただきます。

整体をご依頼の場合はそのままご予約を!

登録のみの方は登録後に一言でよいのでメッセージをお送り下さい!こちらで承認いたします!

こちらから⬇

 

【さいたま市浦和 くら整体院

【浦和唯一の自律神経&カラダの痛み整体院 首肩こり腰痛に加え不定愁訴や更年期も】