「終わったことなんだから…」は、禁句です。 | ペットロスカウンセラーが教えるペットロスにならない方法~私とペットの幸せな終活~

ペットロスカウンセラーが教えるペットロスにならない方法~私とペットの幸せな終活~

17頭のペットを看取ったペットロスカウンセラー。「ペットが病気になっても元気」「ペットの介護や終活が幸せになる」セミナーや個別相談をしています。ゲージレスで超個別対応のペットホテル・フェレットホテルは世田谷以外のお客様にも支持されています。

ペットロスカウンセラーReibiです。

 
 
 
 
 
あなたが、
大切な子を亡くして悲しんでいるのなら
 
 
 
あなたにとって、
それは、まだ終わっていません…。
 
 
 
 
 
↑あちー! セブンイレブンにて。
 
 
 
 
 
あなたの大切な子が
 
去年亡くなったとしても
 
10年前に亡くなったとしても
 
20年前に亡くなったとしても
 
あなたが、そのことで悲しんでいるのなら
 
あなたは、まだその世界に生きています。
 
 
 
 
毎回くどいようですけど、
それに「良い」も「悪い」ありません。
 
少なくとも私は、そう思っています。
 
 
 
 
そんな時に
 
 
もう終わったことなんだから…
前に進もうよ!
 
 
 
って言う人が時々います。
(特に男性)
 
 
 
 
これは、
男性と女性の脳の捉え方が
そもそも違うからなのです。
 
 
 
男性は、「解決したい」生き物で
 
女性は、「分かって欲しい」生き物です。
 
 
 
だから、
 
確かに、
その出来事は過去のものとなっている
かもしれないし、
 
 
解決して進んだ方が良さげかもしれないし、
 
 
男性だから、そう考えるよね
っていうのが分かっていても
 
 
 
 
うるせんだよ!
お前に何が分かるんだよ!
 
 
 
って思っちゃうことってありませんか?
 
私は、ありました(笑)
 
 
 
 
 
↑やっぱり、あちー!
 
 
 
 
 
めっちゃ親切心で言ってるのも
分かるんです。
 
 
 
めっちゃ励まそうとしてくれてるのも
分かるんです。
 
 
 
 
 
でも、
 
イラっとくるんです。
 
 
 
だから、
 
 
 
 
もう終わったことなんだから…
前に進もうよ!
 
 
 
って禁句です。
 
 
 
 
それは、なぜでしょう?
 
 
あなたは、なぜだと思いますか?
 
 
 
 
 
 
↑帰宅時の図。フェレットたちのお出迎え
 
 
 
 
 
 
そうかもしれない。
うん、そうだよね。
 
 
私たちが、まだそう思えないとき
 
 
 
 
それは、
 
 
私たちにとって、
まだ終わっていないから。
 
 
 
 
私たちは、
まだそれを受け止めきれていないし
 
 
以前の私のように
受け止めたくないのかもしれないし
 
 
 
もしかしたら、
 
前に進むということは
 
その子のことを忘れてしまうこと
「思い出」にしてしまうこと…
 
そう思っているのかもしれない。
 
 
 
いずれにしても、
私たちは、まだ、そこにいたいのです。
 
 
 
 
 
 
↑ベジメンマちゃん「おかえり」
 
 
 
 
そしたら、
そこにいればいいと思うんだよね。
 
 
 
ペットロスカウンセラーって
立ち直らせるのが仕事じゃないの?
 
って思われそうだけど、
 
私は、そこにいればいいと思ってます。
 
 
 
 
これは、
別に投げやりになってるわけじゃないよ。
 
見捨てたわけでもないよ。
 
どうでもいいって思ってるわけでもないよ。
 
 
 
私たちって
納得しないことには前に進めない。
 
 
納得してないのに進んでも
 
表面的には
進んだように見えるかもしれないけど、
 
中身は
きっと立ち止まったままだと思うんです。
 
 
 
 
↑いつも一番によってくるツイたぬちゃん
 
 
 
 
そもそも、
 
進むのが良くて
止まってるのが悪い。
 
という前提が、そこにはあります。
 
 
 
でも、
 
 
その前提さえも
取っ払っていいんじゃないかな?
 
 
 
 
 
↑ブログ書きながら、振り向くと…
 
 
 
 
そもそも、
 
 
早く立ち直るのが良くて
立ち止まってるのが悪い。
 
 
という前提が、そこにはあります。
 
 
でも、
 
 
 
その前提さえも
取っ払っていいんじゃないかな?
 
 
と私は思っています。
 
 
 
 
↑ドアに挾間って寝ているコロネちゃん
 
 
 
 
進むのが良くて
止まってるのが悪い。
 
 
早く立ち直るのが良くて
立ち止まってるのが悪い。
 
 
 
って、誰が決めたのでしょう?
 
 
 
でも、
 
いつの間にかそう思っていること
ありませんか?
 
 
それが普通だ。
 
そういうもの。
 
そうしなければならない。
 
 
って。
 
 
 
 
それこそが、
 
 
 
昨日のブログに書いた
「常識」と呼ばれるものです。
 
 
 
 
 
↑うとうと…
 
 
 
 
「常識」って
言い換えるならば「他人の基準」です。
 
 
 
 
一度、その「常識」を取っ払って
 
「あなたの基準」を考えてみて欲しい。
 
 
 
 
あなたには、明確な「基準」がありますか?
 
 
 
 
 
 
あなたの「基準」に従うことが
あなたを大切にするということ…。
 
 
 
 
だから、
 
 
 
あなたが
 
あなたの基準でそこにいたいのなら
いてもいい!
 
 
 
私は、そう思います。