福岡市中央区天神1丁目にある赤レンガの外観が印象的な福岡市赤煉瓦文化館。

 

この建物は日本生命の九州支店の社屋として明治42年に竣工した明治の西洋建築を代表する建物なんだそうです。

 

設計者はこちらも赤レンガの外観で有名な東京駅などを設計された辰野金吾工学博士と片岡安工学士。

 

{FD11AD6E-283E-4B8E-9B52-DC48AC24AABA}

 

{14B7A7EE-3EAC-4A34-8648-2FF44CF307E4}

 

辰野金吾工学博士と言えば東京駅の天井のドームに施された8干支のレリーフ。

 

12干支のうちの残りの4干支はどこに行ってしまったのかと思われていたのが東京駅と同時期に設計された佐賀県武雄市の武雄温泉の楼門の天井に施されているのが見つかったというミステリアスな話題がありましたね。

 

それはさておき、福岡市赤煉瓦文化館も中央部にドームがある建物ですがドームに小塔や屋根窓を配置した屋根と赤煉瓦に白い花崗岩の帯を使った外壁は19世紀末にイギリスで流行ったクイーンアン様式の応用で「辰野式」と呼ばれているそうです。

 

{40896993-11A6-46F3-9804-1DA46F6779A0}

 

昭和44年に国の重要文化財に指定され、その後に福岡市民に開かれた歴史遺産として保存し活用することになり平成4年からの復元・整備を経て平成6年から建物の内部も一般開放されています。

 

1階には福岡市総合図書館を母体とする福岡市文学館のサテライトが開設されていて福岡ゆかりの文学資料が展示されているほか応接室には様々な資料も展示されています。

 

{C252CC6C-A9DF-4BB6-BD4C-A09F38F05AEF}

 

{0CC73FD3-3699-4BAF-A716-6F1513555122}

 

2階は3つの部屋が会議室として貸し出されていて利用条件をクリアすれば有料ですが誰でも利用できるそうです。会議室の定員は8名・12名・30名の3部屋です。

 

{E45C341A-3E0C-4BF2-9314-39D5956AE8BD}

 

{626FB873-6D1E-4B9C-8DA6-436060C0A9E2}

 

館内は建設当時にヨーロッパを中心に流行したアール・ヌーボー様式でまとめられていて、建設当時の現在では珍しい上げ下げ式の窓の縦長の窓ガラスやアカンサスの葉が文様して施された暖炉のマントルピースなどそんなところも見どころ一杯です。

 

{EEB6550A-08D2-4DB3-A59F-7EF70C7A85B7}

 

{48E05DF7-A18F-4839-9655-3B09C21204F7}

 

{6BAB0E07-C4B3-4789-992E-D1EF570D8F40}

 

僕が生まれるより全然前に建った建物ですが内部は子供の頃に通った小学校などを思い出して懐かしい感じがしました。

 

ゴールデンウィークの5月3日・4日には第57回博多どんたくもありますが機会があれば是非お立ち寄りください。

 

 

《お知らせ》

 

このブログでは、僕が気になっていたり訪れた街で気になった建物などをときどきご紹介していきますので良かったらまたのぞいてください。

 

2018年4月からビルや建物などのメンテナンス業務をフルサポートする代行サービス「ビル・ドクター」の提供を開始しました。

 

重要文化財などのメンテナンスは恐れ多くてとてもできませんが、不動産賃貸管理会社が管理されている賃貸マンションやアパート、テナントビルなどの点検および異常の改善提案資料作成などの代行をさせていただくサービスです。

 

しかも定期点検と資料作成は無料(0円)。

 

費用を負担することなく管理物件の現状と改善方法の把握ができる上にメンテナンス業務の時間や手間を大幅に省くことができます。

 

ビル・建物の破損や汚損の早期発見と早期修繕は不動産の資産価値の維持向上を図るとともに空室や空きテナント対策にも有効です。

 

ご興味をお持ちいただけましたらまずはお気軽にお問い合わせください。

 

こちらのフォームからお問い合わせください

(外部リンクに移動します)

 

 

■福岡市赤煉瓦文化館

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目15−30

福岡市の中心部、福岡市中央区天神の西鉄福岡駅や地下鉄天神駅から明治通りを中洲の方へ歩いていると、アクロス福岡という複合ビルの前に周りをオフィスビルに囲まれた「水鏡天満宮」があります。

 

{F03B9015-69E0-41EB-8629-3AB70AAF2176}

 

ここには京都の北野天満宮とともに全国の天満宮総本社とされる福岡の太宰府天満宮の祭神である菅原道真がまつられています。

 

{FA909B5A-8543-461C-AF65-B9EF7A8D2DB3}

 

菅原道真が無実の罪をきせられて太宰府に向かう道中に滞在した地に「天神」や「天満宮」が後々建てられたそうですがこの水鏡天満宮もそんな神社のひとつなんだそうです。

 

もともと今泉という村で川面に映る変わり果てた自分の姿を見て悲しみを一層深くしたと言われれる菅原道真ですが、その福岡市中央区今泉という地に建てられた社殿が、のちに「水鏡天神」または「容見天神」と呼ばれるようになったそうです。

 

その後の福岡城築城にあたり城の鬼門となる方角だった現在の社殿が建っている地に移されたんだそうです。

 

今の福岡市中央区「天神」の地名はこんなことが由来と言われています。

 

街中のビルの間に突如現れる朱塗りの社殿ですが、入り口から見るとあまりわかりませんが中に入ると池には大きな鯉が泳いでいたり都会の中心部とは思えない静かでくつろげる空間です。

 

{8B9951E9-9646-46BB-AC19-AFE065DE588B}

 

{ED55A941-538B-4A25-BB02-2115799A48AD}

 

{EE5AA7C0-C12F-4F31-A5E3-EE1183EEB34E}

 

{73D5830C-8946-4DCC-AC51-5A99CE8EA00A}

 

{E293358A-4686-4338-A8C4-53D1A43D888F}

 

{0157AE3E-B0A9-4C61-AADD-C4DBA1C5466F}

 

{4097DA44-288D-4A34-9E8F-FF1C7A764E78}

 

{67CCEB94-9483-4306-9719-122A48A7CE4A}
 
すぐ隣の狭い路地には約10店舗の博多の味が楽しめる飲食店が立ち並ぶ「博多名物うまかもん通り」という通りもあります。

 

ゴールデンウィークの5月3日・4日には「第57回博多どんたく」もありますが機会があれば是非お立ち寄りください。

 

 

《お知らせ》

 

このブログでは、僕が気になっていたり訪れた街で気になった建物などをときどきご紹介していきますので良かったらまたのぞいてください。

 

2018年4月からビルや建物などのメンテナンス業務をフルサポートする代行サービス「ビル・ドクター」の提供を開始しました。

 

神社仏閣などのメンテナンスは恐れ多くてとてもできませんが、不動産賃貸管理会社が管理されている賃貸マンションやアパート、テナントビルなどの点検および異常の改善提案資料作成などの代行をさせていただくサービスです。

 

しかも定期点検と資料作成は無料(0円)。

 

費用を負担することなく管理物件の現状と改善方法の把握ができる上にメンテナンス業務の時間や手間を大幅に省くことができます。

 

ビル・建物の破損や汚損の早期発見と早期修繕は不動産の資産価値の維持向上を図るとともに空室や空きテナント対策にも有効です。

 

ご興味をお持ちいただけましたらまずはお気軽にお問い合わせください。

 

こちらのフォームからお問い合わせください

(外部リンクに移動します)

 

 

■水鏡天満宮

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目15−4

 

今日の昼過ぎに仕事の資料を探しに福岡市中央図書館へ行ってあれこれ本棚を見て回っているときに“あるある”な本を見つけてしまいました。
 
{606F3BB6-268E-4348-9A3E-DA8C48BECF9C}

この本のタイトルを見て、そう言えば最近はこういうことなくなったなあと思いましたが以前は必ずと言って良いくらいに僕もこの症状に見舞われてました。
 
なぜ本屋さんでトイレに行きたくなるのか
 
{5C8230DF-E5E2-4652-8A2A-B123030DC42B}

これホントに何でだろうと思ってたことだったのでタイトルに共感というか興味津々になってしまい、仕事にまったく関係ないですが思わず借りてしまいました。
 
今日は時間がなくパラパラと見ただけですが、1985年に起きたあることを発端にこの症状には「青木まりこ現象」という名称が付けられてその原因をめぐってネット上でさまざまな説が取り沙汰されていたんだそうです。
 
諸説は以下の通り。
 
 
その①【インクの匂い説】
本の印刷に使われるインクに含まれる揮発性の化学物質が原因になっている
 
その②【条件反射説】
梅干し=唾液のように紙の匂いでトイレットペーパーを連想して便意をもよおす
 
その③【まぶたスイッチ説】
本を読むと自然にまぶたが下がるがこのまぶたが便意のスイッチになっている
 
その④【リラックス説】
好きな本を探せるという環境で精神的にリラックスした状態となり便意が促される
 
その⑤【幸福否定に基づく異常現象説】
本を選ぶという幸福感に対して体が便意をもよおすという手段で抵抗している
 
その⑥【過敏性腸症候群の一種説】
膨大な量の活字に囲まれて本を探さなければというプレッシャーで便意をもよおす
 
 
どれももっともらしいけど何か笑ってしまう説ばかりです。
 
著者はこの中で過敏性腸症候群の一種説が疑わしいと言っていて理由として腸が第二の脳とか小さな脳と言われるくらいに素晴らしい機能を持った臓器で脳と密接な関係にあるのではというようなことが書いてありました。
 
腸はすごい超能力の持ち主
 
内臓の感覚に忠実になろう
 
内臓の感受性が鈍くては世界が感知できない
 
ソマティック・マーカー仮説
 
腸は第六感を働かせている
 
こんな言葉も出て来ていましたが著者は脳科学や心理学、医療、ストレス、健康などを得意なテーマとしているらしく本のタイトルに留まらない展開になっていました。
 
この話以外にも、「なぜなんとなく人を好きになってしまうのか」「なぜなんとなく行列に並んでしまうのか」「なぜ左回りに行動してしまうのか」とか全6話の構成になっています。
 
ご興味が湧いた方は最寄りの本屋さんか図書館へトイレを済ませて行かれてくださいませ。
 
自信がない方はお近くのAmazonへ(笑)

うちには12歳になるフレンチブルドッグ(犬)がいてこのブログに以前も書きましたが2年か3年ほど前から腸の病気を患っています。

 

病気になった頃ネットで色々な情報を集めましたが、今日は同じ病気の疑いがあるとか同じ病気になっている犬の飼い主さんに何らかの情報になればと思ったのでこれまでの経過を書きたいと思います。

 

あくまでうちの犬の場合のことなのでどこまで参考になるか、また、僕個人の私的見解を含めて間違った情報も多々あると思いますのでそこはご理解の上お読みいただければ幸いです。

 

最初に異常がわかったのは2015年の9月。毎年春3月と秋9月に受けていた健康診断(血液検査)の結果でタンパク質(アルブミン)の数値が基準値の下限値を下回っているのを指摘されました。

 

{78CBC0BF-9578-4B55-AF2C-A779BBEF7C1E}

 

その頃はまだ10歳で今より全然元気でしたし、一時的な数値の可能性もあるので経過観察となりました。

 

下回っていたと言っても0.2ポイント程度でその後の血液検査でも極端に数値が落ちることはなく様子を見ている状態が続きました。

 

それでも徐々に数値が下がる傾向だったため昨年2016年の春頃に原因を確かめる検査を始めました。

 

動物病院の先生の話を僕が記憶している範囲ですが、タンパク質の数値が下がる原因は腎臓の病気、肝臓の病気、腸の病気と大きく3つあるとのことで消去法で確認をしていくことになりました。

 

まずは腎臓。尿と一緒にタンパク質が余計に排出されていないかを確認するために尿検査。異常なしでした。

 

次にタンパク質を作る肝臓。これは肝臓を詳しく調べる血液検査。これも異常なしでした。

 

消去法で最後に残った腸に異常がある可能性が高いということになりました。エコー検査などの結果、先生の見解は腸からタンパク質が漏れてしまう蛋白漏出性腸症ではないかということでしたが、確定の診断を出すには内視鏡検査をしなければわからないとのこと。

 

内視鏡検査は全身麻酔で行うため年齢的なことも含めていろいろなリスクを伴うこと、仮に蛋白漏出性腸症や最悪で悪性腫瘍などが見つかってもこれという完璧な治療法があるわけではなくどちらにしても投薬療法しか選択肢がないことなどの説明を受けました。

 

タンパク質の数値が基準値内に戻ることはなかったもののどんどん下がるわけでもなく、日頃は今まで通り元気でしたし、外見は問題があるように見えなかったので、ほどなく内視鏡検査はしないと決め、投薬治療もステロイド剤の投与になるため、もうしばらく数値の様子を見ながら決めたいと先生に告げていました。

 

そうしていた昨年の夏、確か7月頃だったと思いますが、ある日突然に下痢をし出してその日の夜か次の日には真っ赤な血便になり、まったく食事を摂らなくなりました。

 

急いで病院に連れて行きました。ここまでの経緯や下痢をしているため腸の異常で間違いないということでしたが、見るからにグッタリしている状態なので、とにかく下痢を治す治療をお願いしました。

 

下痢に効く錠剤(抗菌剤)と整腸剤を処方してもらい、それを飲ませはじめて確か1週間以内くらいで便の状態も戻り食欲も回復したと思います。

 

それをきっかけに本格的な腸の投薬治療を始めました。

 

処方されたのはステロイド剤と抗菌剤。抗菌剤は何度か投薬をやめようとしましたがそのたびに便の状態が悪くなりいまだに服用しています。

 

最初の頃は1日にステロイド剤を朝・夕の2回、抗菌剤を朝・昼・夕の3回服用して2週間ごとに血液検査をしてタンパク質の数値をチェックしていました。

 

あと、食事からのタンパク質摂取を促進するために病院推奨の高タンパク質、低脂肪で消化性に優れたごはんに替えました。

 

犬の個体によるそうですがステロイド剤によって一気にタンパク質の数値が基準値に戻って、最終的にステロイド剤の服用を止められるのが治療効果としては一番望ましいのだそうです。

 

しかし、うちの仔は数値が少し上がったものの基準値の下限とその下限値からマイナス0.2ポイントの間を行ったり来たりでステロイド剤の効果があまり出ませんでした。

 

それでもステロイド剤を長期間服用するのは肝臓への負担や筋肉の衰えなど様々な副作用があり望ましくないということで、ステロイド剤でその下限値あたりをキープできる用量まで減らすために(一気に減らすとまた下痢などが始まる可能性があるので)徐々に量を減らしながら2週間ごとに血液検査で数値を確認することを続けました。

 

そして先月、投薬をやめられなくてもこの用量まで減らせれば副作用も最低限に抑えられると動物医療の中で言われているというステロイド剤の使用量まで減量してもタンパク質の数値が維持できることが確認でき、今日が治療開始からはじめて1ヶ月を開けての血液検査でした。

 

何とか無事にというより、治療をはじめて以来初の下限値を0.2ポイント上回る検査結果でこれで一旦検査の継続は終了となりました。

 

{72E3AC63-EA4F-4AAE-A79C-42F5927C330C}

 

前回まではタンパク質の数値だけの血液検査でしたが今日は念のためにその他の部分の数値も見れる血液検査にしてもらいました。

 

全体的に問題はありませんでしたが肝臓の数値が若干悪くなっていました。問題があるレベルではなかったのですがこれもステロイド剤の副作用とのことでした。

 

今後は体調に異常などがあれば当然すぐに診察を受けますが、この肝臓の数値などを含めて2~3ヶ月に一回くらいのペースで血液検査を受ける予定になりました。

 

ちなみにフレンチブルドッグがこの蛋白漏出性腸症という病気にかかるのはとても稀なんだそうです。

 

人間の年齢で言うと、もう90歳くらいのおばあちゃんになって最近はゆっくり目の白内障が進んでいたり、耳も遠くなったり、でも奥さんが冷蔵庫を開けたり僕らが何か食べようとするとすぐに駆け寄って来るので耳が遠いのは都合が悪いときだけかなと思ってますが(笑)

 

今日も血液検査の説明を僕が受けているときにふと見ると先生の方をジッと見て一緒に説明を聞いてる素振りをしていました。僕がしゃべると僕を見るし、ちゃんと聞こえて見えてるようで少し安心しました。

 

{B8C6D6A6-40F3-4521-BBFC-133CAE8A3949}

 

でも、痛みや辛さがあるようには見えませんが、以前より寝ていることも多くなったし、散歩もあまり長く歩こうとしなかったり、投げたボールをすぐに見失ったり、やはり老いがかなり目立って来ました。

 

でもまだまだ長生きしてほしいと思っています。

分譲マンションの販売や賃貸マンションの入居者募集などの不動産広告をはじめ様々な広告でよく見かける「駅から徒歩〇分」と書かれたこの分数
 
{C95BB4A7-A8FE-46C3-AEEF-F7AFA67CB40B}
 
これどうやって測ってるかご存じでしょうか?

実際に歩いて測っている?

答えは80メートルを1分と換算して算出されています。
 
最寄り駅から物件までの距離が400mだとすると徒歩5分と表示されるわけですが、1分未満は切り上げと決まっているので420mだと6分となります。

これは不動産情報誌スーモの物件情報の見方のページでも解説してあるくらいなのでご存知の方も多かったと思いますが僕は以前やっていた広告代理業の仕事で不動産関係の仕事を多くやっていたことで知りました。
 
{E87BD4C9-78DD-48EB-979E-C30C679EBDBD}
 
{35159D5F-9187-435B-87A6-21385FA4EEAA}
 
{029D9BBB-3A8B-46C9-B6B2-54EA0D98802E}

ちなみにこれは「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」というもので定められていることなんです。
 
当時、僕がお客さん(不動産会社)の販売物件などの広告制作のために徒歩分数を調べていた頃はゼンリンの地図を使ってたとえば駅から物件までの長さをものさしで測り、地図の縮尺で距離を割り出して…という感じでしたけど今はグーグルマップなどで簡単に出るじゃないでしょうか。
 
最後に80m=1分ってどんな基準なの?
 
健康な女性がハイヒールを履いて歩く速度が基準となっているそうです。
 
たとえば若い男性が歩くと表示時間より短く、年配の女性が歩くと長く感じたりするのはこのためだと思います。
 
 

《お知らせ》

 

2018年4月からビルや建物などのメンテナンス業務をフルサポートする代行サービス「ビル・ドクター」の提供を開始しました。

 

「ビル・ドクター」は不動産賃貸管理会社が管理されている賃貸マンションやアパート、テナントビルなどの点検および異常の改善提案資料作成などの代行をさせていただくサービスです。

 

しかも定期点検と資料作成は無料(0円)。

 

費用を負担することなく管理物件の現状と改善方法の把握ができる上にメンテナンス業務の時間や手間を大幅に省くことができます。

 

ビル・建物の破損や汚損の早期発見と早期修繕は不動産の資産価値の維持向上を図るとともに空室や空きテナント対策にも有効です。

 

ご興味をお持ちいただけましたらまずはお気軽にお問い合わせください。

 

こちらのフォームからお問い合わせください

(外部リンクに移動します)